3月11日 タスマニアスライドトークショウ

f0050534_621719.jpg

3月11日に再びタスマニアの写真でスライドトークショウを行います。今回のオーストラリアアメリカツの旅のお話もさせていただきます。もちろんタスマニアのワインとチーズもお出しいたします。予約制ですのぜひお早めにご予約を。そして有料ですいません。

今回はタスマニア政府観光局アダムパイク氏も出席いたします。とても気さくでユニークの方なので生の最新のタスマニア事情もお聞きできます。お申し込みは下記まで
日時 2006年3月11日 土曜日
時間 15:00より16:30
場所 アートグラフ フォトスクール 中央区銀座2-9-14 銀座松屋デパートの近くです
木戸銭 1000円
ご予約 お問い合わせ
アートグラフフォトスクール 03-3538-6630
artgraph@shashinkosha.co.jp
協力 タスマニア政府観光局 日本カメラ
# by masabike | 2006-03-05 06:30 | Comments(2)

オーストラリアアメリカツアー

f0050534_61502.jpg

 約1ヶ月にわたるオーストラリア、アメリカ、再びオーストラリアツアーを終えて3月4日帰国いたしました。約7万キロのわたる旅、オーストラリア大陸2回縦断、アメリカ大陸横断そして乗った飛行機の搭乗回数15回、救命胴衣と緊急時のマニュアルをほかの乗客にお教えできるぐらい乗りました。ダーウィンのカンタス航空のスタッフに「下手なうちのクルーより飛行機に乗ってるわね」と言われてしまいました。カメラマンで食えなくなったら客室乗務員に転職しようと真剣に考えています。ともかくもうふらふらです。昨日帰国して食べたラーメンと餃子のおいしかったこと涙物でした。

今回は雨季のオーストラリア北部ノーザンテリトリーでの稲妻の撮影と、アメリカ東海岸ニューヨーク郊外のボルチモアでのエデュケーション ツーリズム コンファレンス(世界中から観光業者と各国の政府観光局が来る大イベント)での初のアメリカでの写真展の2つの目的の旅でした。

これから何回かに分けて旅の模様、風景、食べ物をお見せいたします

今回の写真はオーストラリア北部ダーウィン郊外の海岸です。雨季のスコールの雲がこちらに向かってきています。アボリジニの家族が楽しそうに週末を釣りをしながらすごしていました。「今日の結果はどう?」と聞くと「帰りにフィッシュ アンド チップスの店に行かなきゃならない」と
答えてくれました。今日の結果は残念でした
# by masabike | 2006-03-05 06:21 | Comments(0)

トークショウ

f0050534_14111455.jpg

今回好評につき3月11日午後3時より再度、ワインチーズ、酒田のおせんべいつきでタスマニアトークショウを行います。申し込みはアートグラフフォトスクール03-3538-6630までお願いいたします。
詳細はブログのバックナンバーをご覧ください
# by masabike | 2006-02-05 14:13 | Comments(0)

疲れたときのチョコレート

f0050534_1113399.jpg

この2週間新しい撮影の準備と、銀座の富士フォトサロンでの写真展の準備で、一日中狂ったように忙しい。疲れてしまい少ない脳みその容量がパンクしそう。そんなときにはやはりチョコレート。タスマニアでも撮影のあいだ、立っても歩いても食べられるので朝ごはんチョコと言うのがだいぶあった。これは今朝食べたチョコ、おいしそうだったので食べる前に1枚。パシャ。
# by masabike | 2006-02-05 11:17 | Comments(0)

春眠

f0050534_23503797.jpg

今日、タスマニア写真のトークスライドショウをした。おかげさまで多いり満員。うちのスポンサーのカンタス航空、タスマニア政府観光局、酒田米菓さんからの協賛のワインとチーズとおせんべいでお客様も満足したみたいでした。当人は話していたのでワインが飲めませんでした。そのかわり奇特なお客様から早々のバレンタインのチョコレートをいいただけました。春から縁起がよいです。そしてあまりの寒さのためコスプレするのを忘れました。

けさタスマニアのホストファミリーに電話すると、夏真っ盛りとのこと。動物が元気に走り回っているとのこと、これは反面ドライバーにとって恐ろしいことで、以前ぽっさむを轢いたときうちの亜アシスタント君は「石ですよ、石、石に間違いないですよ、そうしときましょ」と車の中でわめいていた。そういえば昨年のくれ向うでは春先に撮ったワラビーの親子はどうしてるだろうか、このごろばたばたしているので僕もワラビーと日向ぼっこしながら、ワインでも飲んで転がっていたいです
# by masabike | 2006-02-04 23:53 | Comments(0)

アシスタントの恩返し

f0050534_0121993.jpg

 昨日2月1日、うちのアシスタントのY君に接待してもらました。彼は1998年からうちでアシさんをしていましたが、ともかく食べる、食べる。お昼に1.5キロのカレーライスも食べたことがあるくらい。撮影中はかれのメシはこちらが出していたので、いつもわが事務所のエンゲル係数は高かった。でもその分オーストラリアの砂漠では過酷な肉体労働をさせていた。撮影中にチョンボをするといつも「出世したらおごります」と彼は言っていたがほんとかなと思っていたが、年末突然「銀座でめし食いませんか、おごりますよと」言われてびっくりした。いよいよこの世の終わりが来るかと思った。「飯と言ってもまさか吉野家じゃないの」というと「任せてください」と言い
昨日おしゃれなタイ料理レストランで、さらに美女2人まで用意してくれてご馳走してくれた。気分は将軍さまでした。やはり持つべきものはアシスタントかな。
# by masabike | 2006-02-04 00:27 | Comments(0)

北海道

f0050534_22354049.jpg

学生時代の北海道写真を整理していたらこんなのが出てきてデジタル化しました。実際撮影したのは24歳か25歳のときだと思う。場所は北海道のオンネトー、そのころはあまり風景専門に撮影していなく、鉄道、田舎の人、白鳥、などなど。ただこのときは珍しくオンネトーで風景に専念して3日ぐらい撮影した。このとき僕はこの山の中で、タレントの桜田淳子さん出くわした。まったくのプライベートで来ていた。あまりの肌のきれいさと美人だったので「こんにちは」と言うのが精一杯だった。まさしくこの人はトイレに行かないと思った。そのあと近くの野中温泉のユースホステルの前でまたあって記念写真を撮らせてもらった。いままでアイドルの人と写真を撮影したのはその1回きりだ。2年前久しぶりに野中温泉に行くと宿の人が「あれお客さん、昔淳子ちゃんが来たとき来ていたよね」と覚えていてくれた。 
 そのころ撮影は考えようによっては今のオーストラリアより大変だった、学生時代は冬になると2ヶ月近く北海道を旅していたが、いくらバイトをしてもカメラ機材やフイルムを買うとお金が無く、自分で白鳥の撮影用に買ったパンの耳くずやビスケットのくずを食べていた。口癖は「あー白いご飯が食べたいだった」冬の北海道の写真を見るたびにその大変な思いを思い出す。でも今は楽しい思い出。今でもそのときの撮影をしていた仲間とはいまでも中のよい仲間。残したのは作品だけではなくいい仲間と、いい思い出だと最近実感する。やっぱりこれからも旅を続けよう。いつか冬の北海道をもう一度ゆっくり旅して撮影したい、できればモノクロのフイルムで。
# by masabike | 2006-01-29 22:57 | Comments(0)

守り神

f0050534_15321826.jpg


仕事柄いつも留守がちが多い。ジプシーというか遊牧民みたいな生活。なんとなくいないときでも家になにか生き物の気配があればと思い、猫を餌付けした。今3匹いる。この白と黒の猫がボスというかお父さん。名前はまだ無く。毎朝「猫、猫」と呼んでいる。
僕が寝坊すると、ガラス戸をたたいて起こす。そのとき背伸びして肉球を窓に押し当てる
そうするとついついえさをあげてしまう。

でもえさを食べたら知らんぷり、その点だけは僕は猫が好きになれない。でも朝いないときには妙に1日心配になる。
# by masabike | 2006-01-28 15:39 | Comments(1)

タスマニアスライドトークショウのお知らせ


f0050534_1023055.jpg

私相原がタスマニアで撮影した作品をお見せしながら、トークをしてかつフルーティーなタスマニアワインとチーズを召し上げっていただく企画です

日時 2月4日(土)
場所 アートグラフフォトスクール 中央区銀座2-9-14 2階
時間 3時~4時30分
会費 1000円 ワイン、チーズ込み
最寄り駅 丸の内線銀座線 銀座駅 徒歩3分
       有楽町線 銀座1丁目駅 徒歩3分

協力  タスマニア州政府観光局 日本カメラ

お問い合わせ ご予約は アートグラフフォトスクールまで
電話 03-3538-6630
artgraph@shashinkosha.co.jp
お待ちしております
# by masabike | 2006-01-27 10:41 | Comments(3)

銀座

f0050534_8245671.jpg
普段日本にいるときはあまり風景写真を撮ることはありません。撮るのは広告の撮影がほとんどで、不動産、金融のイメージや人物それから各種雑多な撮影。でもサラリーマンの時営業マンで毎日プレゼンテーションと、打ち合わせ、接待の日々だったのでシャッタがー自分で切れる今が一番楽しいですし、自分が撮影した広告の写真を多くの人が見てくれると思うと充分エキサイティングな仕事だと思います

大体毎日銀座汐留界隈の現像所、フイルムエージェント、クライアントさんを回って営業をしたりフイルムをチェックしたりしています。サラリーマン時代を含めると約20年の銀座がよいです。

きのうも打ち合わせで銀座を廻り、ニコンのカメラを点検にサービスセンターに行ったりしました。毎日歩いていても時間と天気でビルでさえもすばらしいランドスケープの一瞬に見えることがあります。この写真は東銀座の新しいビルです
# by masabike | 2006-01-26 08:21 | Comments(2)