Workと作品

Workと作品_f0050534_23234079.jpg


FUJIFILM X-Pro2+FUJINON XF50mm F2.0

毎回言うようだが、コロナ禍でオーストラリアは鎖国でロケに行けない。でもその分 日本の国内で今まで見過ごしていたエリア 食わず嫌いだったエリア まるで足を踏み入れていないエリアを関東圏中心にロケハンで廻っている。第三者との接触を避けてバイクでお弁当を持って行き 極力 対人接触を減らしている

コロナでなくても、いつか加齢とともに苛酷なアドベンチャー的なロケはできなくなる日が来ることは確実。でも写真はやめたくない、なのでアドベンチャーをリタイアしても撮影出来る、身近な自分だけのロケ地の引き出しを作りためておく目的もある。

どんな職業でもリタイアもしくは最前線から身を引くときは来る。これは自然の摂理。

今回のあちらこちらロケハンで昔 撮影をさせていただいた、とある田舎町にあるレストランの前を通った。だが看板が残っていたが廃業し廃屋になっていた。今回のコロナの影響ではない。もっと以前だ。そのレストランのオーナーシェフの方は、都内のとある有名ホテルの副料理長。超有名店だった

ホテルレストランをリタイアされて、そのシェフの方は、とある田舎町で長年の夢のご自身のレストランを持たれた。味は天下一品。ある広告の企画で料理をお願いして撮影させていただきに、彼が開店したばかりのレストランにうかがった。こじんまりとしているが品の良いお店、奥様とお二人で切り盛りされていた。撮影終了後 作られたフレンチを7~8品 テイクアウトのパックにしていただいた。元副料理長いわく「僕の料理は冷めても、あとからチンすれば美味しく食べられるよ」と言われた。

帰宅後 電子レンジしてチンして食べると、我が家で豪華なフレンチフルコースが食べられて驚いた。当時カメラマン見習いで手取り10万5千円のお給料では、普段もたいしたものを食べていなかったので、あの味は生涯忘れない。彼は味もさることながら作る手際もすごかった。まさにレジェンドだった

その後 フリーランスになり少し生活に余裕ができたとき、1~2回伺った。2000年を過ぎたあたりで、また聞きで彼のお店が倒産してリゾートホテルの住み込みシェフになられたとお聞きし、驚きと残念さで悲しかった。あれほど名シェフなのに…と思った。でも自分もフリーランスのフォトグラファーになり幾度も、社会の大嵐に会った。当然 フリーランスになったときは、バブル崩壊後の失われた10年とも20年とも言われる時期の真っただ中。上手いと言われたフォトグラファーもどんどん消えていく。個展や写真集を出していた人でもどんどん消えていく、中には悲しいかな本当に世の中から命ごと消えていく人もいた。リーマンショックもしかり

自分は運よく生き残れた。
プロフェッショナルと言われるフリーランスの世界、これは写真も料理も すべての創作活動にかかわる事に共通するが、上手な事だけでは生き残れない。写真が上手 絵が上手 音楽な上手 料理が上手それだけでは生き残れない。プラス セルフプロデュース能力 WORKとしての業務遂行能力も求められる。オーナーシェフであればお店の管理や仕入れ さらに支払い請求を円滑にする。マーケティングを考える。フォトグラファーも同じ 好きなカメラだけ買っても駄目、好きなカメラではなく必要なカメラ。名品ではなく戦力 そしてランニングコストや損益分岐点を考えなければならない。特に写真は趣味と仕事のボーダーが難しい。ついつい仕事に関係ないカメラやレンズを買ってしまう。そうするといざ仕事の勝負の時の軍資金と戦力が不足する。このWORKと作品造りや創作活動のバランスの良い両立が難しい

とくに自分もそうだが、創作系の仕事をする人の多くは事務的な事 マネージメント的なことが苦手な人が多い
なので経営や事務的なことは、その道にたけているパートナーを見つけるのが良いのだろうと考える

そしてライバルや新人さんたちは毎年生まれてくる。上手いと言われた プロみたいだからと言われた、コンテストに入賞したから、それだけでプロフェッショナルの世界に入るにはとてもハイリスク。料理の世界を見てつくづく感じた。フリーランスあるいは自営でするには、上手なのは当たり前それにいかにセルフマネージメント&プロデュース力があるかだ。写真が上手これは仕事をする上での最低のスタートライン

フリーランスあるいは自営業は、スポーツでいえば選手兼監督業。名選手でも名監督の素質が無ければチームは生き残れない。

バックミラーで小さくなる廃屋と化したレストラン。もう一度どこかであのフレンチを食べてみたい。どこかで元気で寸胴のスープ味見をしていてほしい。


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。


# by masabike | 2021-06-14 00:02 | 写真アート | Comments(0)

都電のある町並み

都電のある町並み_f0050534_17430346.jpg

























都電のある町並み_f0050534_17430100.jpg


Nikon D6+Nikkor200-500mm

 ハイテク都市と言われる東京 でも東京の東 北 西は意外とローカル

庶民の暮らしの中にしっかり根付いている。
今は禁止されたが、子供のころは線路が遊び場。そして線路は通勤通学の道 大人の井戸端会議の場所だった
そんな街中の電車のイメージを撮るために超望遠の圧縮でお見せします


三ノ輪橋から早稲田まで、都電に乗るともう1つのローカル東京の顔が見えます



都電のある町並み_f0050534_17483244.jpg

住宅街で妖しい雰囲気で撮ってました 笑
写真はうちの秘書が撮影してくれました


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





# by masabike | 2021-06-13 17:49 | 鉄道写真 | Comments(0)

静かな冬 タスマニア

静かな冬 タスマニア_f0050534_09123276.jpg






























静かな冬 タスマニア_f0050534_09221857.jpg




































静かな冬 タスマニア_f0050534_09222087.jpg


Nikon D700+Nikkor14-24mm 70-200mm
2008年8月撮影


オーストラリア タスマニア州 クレドールマウンテン 世界遺産
撮影協力 カンタス航空 タスマニア州政府観光局



タスマニアは冬が始まっています

山は雪が降り静かな時間を迎えています

雪が降り寒いと言っても東北の岩手 秋田ぐらいの寒さで、日本の東北ほど雪も降りません

冬のタスマニアは観光客も少なくとても静かでです。雨と雪が多いですが,その分森はとてもきれいです。暖炉のあるコテージや山小屋でお茶やワインを飲みながらタスマニアの冬を楽しみにお越しください。テレビのドキュメンタリーで言うほど苛酷な環境ではないです。治安もとてもよく地元の方はフレンドリーです。森の中を散策しても危ない動物や、もちろんなまはげとかいません 笑


今年の冬のタスマニアは日本からは無理ですが、来年 2022年 ぜひ世界で最もピュアな空気と水を体験しにお越しください。タスマニアの森の精霊たちも皆さんをおもてなししてくれます

Friend of Tasmania
Masaaki Aihara



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








# by masabike | 2021-06-13 09:23 | タスマニア | Comments(0)

トトロのいる駅 上総大久保



トトロのいる駅 上総大久保_f0050534_08271625.jpg




FUJIFILM GFX50S+FUJINON GF100-200mm

雑木林と竹やぶに囲まれてちょこんとある駅 それが上総大久保。ここは待合室の壁にトトロが描かれている。そのせいか撮り鉄だけではなく、宮崎ファンや観光客も休日には多い

夕暮れになると、確かにトトロが出てきそうなそんな感じ

観光客が多いのは予想していたので、撮影は平日に行っていたが、天気の関係で土曜日に行くと観光客?ユーチューバー的な方も

皆さん自撮り動画撮るのに熱心でした。でもどうせここで撮るなら昭和のコスチュームで来てほしかった 男性は昔ながらの開襟シャツに帽子とか、女子は昭和のセーラー服とか。そうすればもう少し絵になるので助かるのですが・・・・・・・笑




ただ撮り鉄専科の方は、きちんとマナーを守り撮影しているのですが、観光客やユーチューバー?の方は意外と、線路の中でパフォーマンスしたり、列車が来る警報機が鳴っているのに、ホームのはじに腰かけて、線路側に足をたらして、遠くに列車を入れながら撮影している人もいて、遠方からですが見ていてハラハラ

たぶん 普通の利用客から見たら鉄道ファンがバカをしていると映るのでしょうね。あと田舎の待合室や、ちかくのたんぼで撮影中は、やはり地元の皆さんに、あったら会釈をしてないとまずいと思います。そうしないとまた撮影禁止とかになりそうです


意外と小湊鉄道 カラオケのバック映像や、CMでもロケに使います。昨日もとある駅で大々的なロケをしていましたし、僕も数年前 ある企業広告の撮影で小湊鉄道の駅を借りて、モデルさん2人を入れてロケをしました。もちろん鉄道会社の人たちあいで、駅は貸し切りでした


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








# by masabike | 2021-06-13 08:40 | 鉄道写真 | Comments(0)

非日常の視点

非日常の視点_f0050534_00195277.jpg
LUMIX G9pro+LEICA100-400mm(364mm フルサイズ換算728mm)


千葉県 木更津

自分が風景を見て、頭の中に絵コンテ描く視点は16mm 24mm 70mm 300mmぐらいの視点が多い

その中でも24mm 300mmが特に多い


朝晩の風景の撮影ではへたをすると400mm 600mmの視点も多い。そうするとフルサイズ機ではかなり視点に無理が来る
そんな時にはAPS-Cもしくはマイクロフォーサーズがやはり便利


でもフルサイズでないと、大伸ばしができない、そう発言する人も多い。それは大きな誤解。B0ぐらいまでならきちんとしたデーターであれば十分引き伸ばしできます

超望遠の機動力を考えるとフルサイズの都市伝説から解脱するべきかと思う


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







# by masabike | 2021-06-13 00:26 | 日本風景 | Comments(0)