緑と水の香り FUJIFILM X Series facebookより転載




緑と水の香り FUJIFILM X Series facebookより転載_f0050534_22405046.jpg


【和の「写心」By Masaaki Aihara】
「緑と水の香り」千葉県 小湊鉄道 飯給駅
FUJIFILM X-T4 + FUJINON XF16mmF1.4 R WR
6月は梅雨の季節。雨が降り、じめじめして6月は嫌いだという人も多い。実は僕は6月こそ、ある意味一番日本が日本らしい季節だと感じる。なぜならばその湿度感こそが日本の文化に与える影響が強いからだ。オーストラリアロケの帰りの飛行機は夜明けに東京に着陸する。着陸までの時間調整で関東地方から富士山、中部地方のあたりを旋回して時間調整していることが多い。そんな時、眼下に広がる日本の風景は靄に覆われた、モノトーンの景色であることが多い。オーストラリアは世界屈指の乾燥した大陸。乾燥した空気は強烈な日差しと、真っ赤な砂漠を浮かび上がらせる。その色と光になれた感覚で日本に戻ると、日本列島を覆う湿度感がものすごく素晴らしく、そして優しく感じる。2010年、全国の富士フイルムフォトサロンで日本の風景の巡回写真展を行った。タイトルは「しずくの国」。大地を覆う水の雫、イザナギ・イザナミの雫から日本列島が始まったという神話になぞらえたタイトル。梅雨がもたらす雨があるからこそ農耕文化が根付き栄えたとも言われている。そしてその湿度感は日本画などの表現に大きな影響を与えている。
そんな梅雨がもたらす季節になると、僕は田んぼやあるいは四国山地に山水画の世界を求めてロケに行く。この日も田植えが終わった田んぼに囲まれたローカル線の駅に撮影に行った。駅名は飯給(いたぶ)。変わった地名なのでネットで起源を調べると諸説あるが、地元、小湊鉄道さんのHPによると「日本武尊(やまとたけるのみこと)が東国の蝦夷を鎮圧するため同地を通ったとき、住民から飯を献上されたことから名付けられたと伝えられています。」と記されている。やはりお米にまつわる。だから何となく米作りに欠かせない梅雨の季節にロケに来るとしっくりくるのかも。
そんな田んぼを入れて、しっかり列車まで被写界深度に入れたかったのでXF16mmF1.4を選択した。日没直前、やってきた列車のヘッドライトが田んぼに映りこむ。超広角のXF16mmを使用しても、点景となっても列車の動きは以外と速い。動体ブレせずにしっかり動きを止めて、田んぼへの列車の映りこみを確実に見せたかったので、感度をISO800と少し高めに設定した。X-T4はこのような細かい点景を取り入れた場合でもきりりと明確に表現できる。そして何よりも夕刻の微妙な緑の再現、雲の再現はX-T4そしてXシリーズならではと思う。湿潤な田んぼの緑が表現できなければ、この作品は台無しになる。湿度と緑に覆われた日本列島の梅雨から夏。まさにXシリーズの色再現の独壇場だと感じる。もしかしたら日本列島の湿潤な緑を末代まで残すために、神様がXシリーズを生んだのではと勝手に想像してしまう。神話の時代、X-T4があったら、日本列島の誕生を瑞々しく写真に残せただろう。湿潤な緑溢れるこのアジアの島国を撮るのに、僕にはXシリーズ以外は考えられない。


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





# by masabike | 2021-06-16 22:39 | 鉄道写真 | Comments(0)

Photonext 2021 被写体別 機材の選択

昨日のphotonext写真学会でのプレゼンテーションです

1)夜鉄 高感度と夜間の3Dトラッキング Nikon D5&D6

Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10394685.jpg
Nikon D5+Zeiss Plane 50mmF1.4






















Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10394601.jpg


Nikon D5+Nikkor20mmF1.8




















Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10404094.jpg


Nikon D5+Nikkor35mmF1.8


























Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10404086.jpg



Nikon D5+Nikkor70-200mm
























Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10394629.jpg

Nikon D6+Nikkor70-200mm



























Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10394635.jpg


Nikon D6+Nikkor70-200mm

























Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10394656.jpg

Nikon D6+Nikkor200-500mm








2)FUJIFILM GFX100S
ランドスケープ 被写体とレンズの間にあるサムシングエルスを捕らえ表現する




Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10463538.jpg

FUJIFILM GFX100S+FUJINON GF100-200mm






























Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10463869.jpg


FUJIFILM GFX100S+FUJINON GF100-200mm















Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10464146.jpg

FUJIFILM GFX100S+FUJINON GF45-100mmmm






Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10464302.jpg



FUJIFILM GFX100S+FUJINON GF45-100mmmm













Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10464559.jpg

FUJIFILM GFX100S+FUJINON GF45-100mmmm









Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10464710.jpg
FUJIFILM GFX100S+FUJINON GF45-100mmmm





3)LUMIX S1R,S1.S5+Lマウントアライアンス 、Car lZeiss Otus55mm
LモノクロームDとハイレゾで日常の宇宙を表現する



Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10530379.jpg
LUMIX S1R+Zeiss Otus55mm




Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10531997.jpg
LUMIX S1R+SIGMA Macro70mm























Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10532206.jpg


LUMIX S1R+SIGMA Macro70mm






Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10532448.jpg


LUMIX S5+LUMIX50mmF1.4











Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10532634.jpg

LUMIX S5+SIGMA Macro70mm




















Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10562237.jpg
LUMIX S1+SIGMA Macro70mm






4)FUJIFILM ACROSⅡ
デジタルとは異なる芯のある柔らかい諧調


Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10581216.jpg
FUJIFILM ACROSⅡ⁺PENTAX645NⅡ SMC35mm




Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10581685.jpg

FUJIFILM ACROSⅡ⁺PENTAX645NⅡ SMC45-85mm



















Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10581998.jpg
FUJIFILM ACROSⅡ⁺Nikon F6+Carl Zeiss Otus 85mmF1.4






















Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10582246.jpg
FUJIFILM ACROSⅡ⁺PENTAX645NⅡ SMC75mm


















Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_10582426.jpg


FUJIFILM ACROSⅡ⁺PENTAX645NⅡ SMC150-300mm







5)FUJIFILM X-Pro3+FUJINON XFレンズ群
街の雰囲気に溶け込み撮影する最強のスナップシューター

Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_11022271.jpg
FUJIFILM X-Pro3+FUJINON XF16mmF1.4

















Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_11022501.jpg
FUJIFILM X-Pro3+FUJINON XF16mmF1.4







Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_11023020.jpg
FUJIFILM X-Pro3+FUJINON XF23mmF1.4






















Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_11023850.jpg


FUJIFILM X-Pro3+FUJINON XF56mmF1.2




































Photonext 2021 被写体別 機材の選択_f0050534_11024947.jpg
FUJIFILM X-Pro3+Carl Zeiss Touit12mmF2.8


今回は以上5つのカテゴリーでプレゼンさせていただきました

デジタルカメラの多様化 個別進化 そして新たに見直されるフィルムの表現
フラッグシップカメラ1台を買えば、すべては事足りる時代は終わったと個人的に考えます
これはあくまでプロの仕事あるいは、フォトグラファーとして作品表現上の世界の話であり、アマチュアの方が趣味で楽しむとは別次元の話です

車でさえ「いつかはクラウン」という時代は終わりを告げ、SUV コンパクトカー 軽のスポーツカー ステーションワゴンなどなど多様化しています

なので仕事で使う機材も当然多様化してきます
昨日も仕事での撮影はFUJIFILM GFX100S+FUJINON GF32-64mm, 120mm Mcro X-T4 16-55mm 56mmF1.2の組み合わせで行きました
GFXだけですべてをカバーするということはないです
そして今回のプレゼン あくまで相原自身の100%主観によるものです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





# by masabike | 2021-06-16 11:11 | トークショー | Comments(0)

7月4日徳島市 スライドトークショウ 残席 わずかです

7月4日徳島市 スライドトークショウ 残席 わずかです_f0050534_21200730.jpg


デビルズ マーブルズ ノーザンテリトリー

6月18日 21時で満席となりました
ご予約ありがとうございました

7月4日 徳島市で開催予定の相原正明 スライドトークショウ

残席4名です 6月14日夜20時現在

満席になり次第締め切りとさせていただきます


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2021-06-14 21:22 | トークショー | Comments(0)

7月4日 徳島市で相原正明 超大陸オーストラリア トークショウ開催


7月4日 徳島市で相原正明 超大陸オーストラリア トークショウ開催_f0050534_15003598.jpg
ウルル ノーザンテリトリー  世界遺産


























7月4日 徳島市で相原正明 超大陸オーストラリア トークショウ開催_f0050534_15003578.jpg
バングルバングル 西オーストラリア  世界遺産









































7月4日 徳島市で相原正明 超大陸オーストラリア トークショウ開催_f0050534_15003599.jpg

クレードルマウンテン&ダブ湖 タスマニア州 世界遺産



























7月4日 徳島市で相原正明 超大陸オーストラリア トークショウ開催_f0050534_15002881.jpg
クレードルマウンテン 原生林 タスマニア州 世界遺産


























7月4日 徳島市で相原正明 超大陸オーストラリア トークショウ開催_f0050534_15002921.jpg
キャノーラ畑 西オーストラリア州
























7月4日 徳島市で相原正明 超大陸オーストラリア トークショウ開催_f0050534_15002297.jpg
キュランダ渓谷 クィーンズランド州 世界遺産




























7月4日 徳島市で相原正明 超大陸オーストラリア トークショウ開催_f0050534_15002275.jpg
グレートバリアリーフ クィーンズランド州 世界遺産





























7月4日 徳島市で相原正明 超大陸オーストラリア トークショウ開催_f0050534_15002283.jpg
銀河の夜 カリジニ  西オーストラリア州 世界遺産




























7月4日 徳島市で相原正明 超大陸オーストラリア トークショウ開催_f0050534_15003538.jpg

ホワイトデューン ナラボー 西オーストラリア州 



























7月4日 徳島市で相原正明 超大陸オーストラリア トークショウ開催_f0050534_15012035.jpg
ホワイトデューン ナラボー 西オーストラリア州

撮影協力
タスマニア州政府観光局 西オーストラリア州政府観光局 クィーンズランド州政府観光局
ノーザンテリトリー政府

カンタス航空

富士フイルム  パナソニック ニコン

敬称略

6月18日 21時で満席となりました
ご予約ありがとうございました


皆様へ 来月74日 徳島県徳島駅前にあります「徳島市産業支援交流センター」にあります09ワーキングスペースでリアルなスライドトークショウを開催いたします(元の徳島駅前 そごうデパートです)。リアルなスライドトークショウを開催するのは1年半ぶりぐらいです。徳島はオーストラリアと縁の深い土地でもあるとともに、相原本家のあるところなので今回開催をさせていただくことになりました

今、東京にありますオーストラリア大使館はもともと阿波藩主 蜂須賀公邸宅跡です。そんなご縁もございます。


世界最古の大陸 オーストラリア その大地は地球の奇跡の結晶とも言われる超大陸です

他の大陸では見られない風景 動物など盛りだくさん。この30年で撮りためた作品で、世界遺産を中心にご覧になっていただきます



スライドトークショウはオーストラリア大自然の映像を約90分にわたりお見せし、今までの撮影にかかわるエピソード、自然と人とのあり方。そしてアフターコロナでのツリーズム等々をお話しできればと思います。写真のテクニカルや専門の話はほとんどないです。なので写真はよくわからない、だけどオーストラリアには興味がある、そんなお客様にお越しいただければと思います。

もちろんこの時期なので感染対策は充分とらせていただきます。ぜひぜひご参加お待ちしております。参加方法の詳細は下記のとおりです

開催日時  202174日  日曜日 15:30~17:00

開催御場所 徳島市産業支援交流センター 9F


770-0834 徳島市元町1丁目24番地 アミコビル9F 

TEL:088-661-7770
FAX:088-661-7834


内容   オーストラリアの大自然の作品スライドトークショウ 

参加費  無料

募集人員 15名(小学生以下のお子様はご遠慮願います) 要予約

通常30名収容の会場に半分の15名で行います

参加資格並びに注意事項 


1)徳島県内 在住もしくは通勤通学の方のみ。基本県外からのご参加特に四国以外からのご参加は誠に申し訳ございませんがご遠慮ください。会場が徳島市の施設のために、県として県境をまたいでの移動を自粛しているので、ご理解ください

2)マスク着用 着用していない場合は入場をお断りします

337.5度以上の発熱 体調不良の場合 入場をお断りします

4)会場入り口で検温とアルコール消毒を義務づけます。

5)感染対策のため、写真集等の物販は行いません。また催促するようで申し訳

ございませんが、相原へのお土産等はご遠慮ください。感染対策上 受け取り持ち帰りができません。お越しいただき 作品を見ていただくのが一番のお土産でございます。

6)会場での録音ならびに録画の禁止

7) その他 感染対策上 他のお客様のご迷惑となる行動行為があった場合、入場のお断りもしくは退場していただく場合がございま  す

8)また感染状況等により予告なく変更あるいは中止となる場合がございますことをあらかじめご了承ください

参加申し込み方法

申し込み時は下記の要綱を必ず満たしてください。未記入がある場合はご参加を受けつけない場合がございます。感染対策上 万が一感染者が出た場合にクラスター対応のために必要となります

1)ご芳名 フリガナもお忘れずに ハンドルネーム等は不可です

2)御年齢

2)携帯電話番号

3)ご住所

4)可能ならば メールアドレス




参加申し込み方法は次の3つがございます

1)メール  masabikejpyahoo.co.jp ★印を@に置き換えてメールをください

2)facebookメッセンジャー

3)ブログのコメント欄 にカギコメでメッセージを残してください

申し込み締め切り 7320時まで

予約のない場合の参加申し込みは不可といたします

また定員に達した場合は、予約をお断りさせていただきます

申し込みを受けつけた場合はご返信いたします


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



# by masabike | 2021-06-14 15:13 | トークショー | Comments(0)

夕餉のころ

夕餉のころ_f0050534_00233959.jpg


Nikon D6+Nikkor70-200mm ISDO8000

小湊鉄道

夕餉の始まるころ、まだまだ家路につく人を運んで列車が闇の中を急ぐ

闇の中夜突然 あらわれる列車を狙うには音に神経を集中させないとシャッタータイミングを逃してしまう
田園地帯のお家の窓からこぼれる灯りから、夕飯の食卓の香りがする




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



# by masabike | 2021-06-14 00:27 | 鉄道写真 | Comments(0)