大地鼓動図 FUJIFILM X Series facebookより転載

f0050534_18423583.jpg

【和の「写心」《番外編》By Masaaki Aihara】

「大地鼓動図」 オーストラリア 西オーストラリア州 Merredin付近
FUJIFILM GFX 50R + FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR
撮影協力 カンタス航空

夕刻、低気圧が大陸を通過していく。1秒ごとに、空がダイナミックに変わっていく。日本では信じられない色とコントラスト。まさにこの地球が息をして生きている証を、主張しているようだった。僕の撮影のコンセプトは地球のポートレイト。自分の造語でEarthrait(Earth + Portrait、相原造語)をキーワードとしている。今回の荒野の旅では、この地球のダイナミックな色とスケール感を確実に表現するためにGFXシリーズ2台体制で臨んだ。

基本構成はGFX 50Rを1台、GFX 50Sを1台。レンズはGF23mm、GF32-64mm、GF100-200mm、テレコンバーターだ。それ以外にX-T2 、X-H1 、XF16mmF1.4、XF35mm、XF10-24mm、XF16-55mm、XF50-140mm、XF100-400mm、Carl Zeiss Touit 2.8/50M。

GFXとXの使い分けは、三脚でじっくり狙い撮る時はGFXシリーズ。手持ちで撮る時、あるいは今回は花のシーズンなので、マクロあるいは超ローアングルで撮る時にはXシリーズ。さらに夜間の星景撮影の時にもXF16mmF1.4の明るいレンズとXシリーズ、と振り分けている。
やはりダイナミックな風景は、その奥行き感と広がり感の表現。さらに雲のディテール。立体感はまさに、ラージフォーマットならではの世界観。今回も低気圧の雲の、地平線に接する部分の雲のディテールを見て欲しい。肉眼をも凌ぐその再現力。現場での感動が写真に凝縮できたと感じる。今回のオーストラリア撮影を含めて都合3回、GFXシリーズを荒野や砂漠に持ち込んでいる。撮影に行く前には、ラージフォーマット機はデリケートだから、過酷なオーストラリアの荒野の撮影には耐えられないのでは?と考えたが、3回ともノートラブル。僕はかなり機材を酷使する。最高の一瞬のためならカメラを潰しても良いとさえ思っている。だがGFXはその過酷な使用にも耐えてくれた。特筆すべきはセンサーにゴミが付きにくいことだ。砂漠は砂塵が多い。だがGFXはセンサークリーニング機能と卓越したセンサーの表面処理で砂漠での、センサーのゴミに悩まされたことはない。ぜひランドスケープをじっくり狙いたい方、それはGFXでしかなしえない世界。僕は地球のポートレイトを撮り続ける限り、この惑星をGFXシリーズと旅をするだろう。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







 


# by masabike | 2019-10-03 18:43 | アウトバック | Comments(0)

大地春満開図 FUJIFILM X Series facebookより


f0050534_18384836.jpg

【和の「写心」《番外編》By Masaaki Aihara】

「大地春満開図」 オーストラリア 西オーストラリア州 ミンガニュー付近
FUJIFILM GFX 50S + FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR

南半球 オーストラリアはただいま春満開(地域によって異なります)。特に西オーストラリア・パース北部はワイルドフラワーや菜の花が満開で、大農場地帯は地平線まで花畑。北海道の富良野の1000倍ぐらい凄いです(笑)今回は花と地球のポートレイトの2つのコンセプトの被写体を撮影に訪れた。

今回のオーストラリア撮影では初のGFXの2台体制。撮影の布陣は以下の通り。

GFX 50S、GFX 50Rを各1台
FUJINON XF23mm、GF32-64mm、GF100-200mm、テレコンバーター
X-H1、X-T2を各1台
FUJINON XF10-24mm、XF16-55mm、XF50-140mm、XF100-400mm、XF16mm、Carl ZEISS Touit 2.8/50M

GFXとXの使い分けは、手持ちの撮影と超望遠とマクロはXシリーズ。じっくり狙い、空間の奥行き感を表現したいときはGFXシリーズで狙ってみた。
オーストラリアを撮影するとき、Xシリーズの最高の長所でもあり武器でもあるのが、ブルーの再現性だ。いまから数年前、X-E2のプロモーション撮影でオーストラリアに行った際に、帰りのカルネ検査の時(ぼくらの場合、大量のカメラ機材を持ち込むので、機材リストでカルネという通関書類を作り、普通の人とは別検査の税関に行く)税関員に機材のナンバー照合の時「どんな撮影をしているの?」と聞かれたので、砂漠で撮った作品を見せると、「すごい。オーストラリアの空のブルーがこんなにきれいに、そしてまさにオーストラリアの空という感じに撮れるデジカメは初めて見た!!よかったらカメラ名とか控えていいかな?」と聞かれたぐらいだ。これはフィルムのPROVIA 100Fからの色の継承かもしれない。きれいなバックの空のブルーが再現でできるからこそ、手前の景色の色が生えてくる。そしてさらにGFXのラージフォーマットならではの奥行き感を出しつつ、ディテールの再現性になると思う。そして今回とても助かったのは、通常センサーとマウント開口部が大きいと、花の撮影の場合、花粉とか、荒野の埃が付きやすい。だがセンサーの表面処理とセンサークリーニング機能で、画面上にごみの映り込みは皆無だった。これは長期のロケではありがたい。カメラを気にせずに作画に集中できる。そして今回Facebookには小さくなってしまうのでUPしないが、65:24のパノラマフォーマットもかなり多用した。それと1:1の真四角構図。ラージフォーマットと豊富なアスペクト比、そして抜きでた色の再現性。まさにGFXシリーズは広大なオーストラリアのランドスケープを撮るために生まれたカメラかもしれない。

 




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








# by masabike | 2019-10-03 18:39 | アウトバック | Comments(0)

豊穣の道

f0050534_14415793.jpg
Nikon Z7+Carl Zeiss Baites25mm 軽米


何気ない、田舎の風景をバイクで走るのが好きだ。行ったことがない農道や県道、この先に何が待ち受けているのだろうと、いつもワクワク

今乗って入るBMW1150GSはもう19年の愛車。ライディングポジションと視点が四輪よりかなり高いので、お気に入りの視点を見つけるのにちょうどよい。高速でワープして、お気入りのエリアに行き、そこをマイペースで走りながら自分の視点を捜す。

風の香りや空気の香りが、好奇心をそそる。日本の田舎の何気ない風景の中に、Only Oneの世界を見つけられれば、これもランドスケープフォトの極意かもしれない





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








# by masabike | 2019-10-03 14:46 | 日本風景 | Comments(0)

2019北海道ツーリング Day1 9月24日

f0050534_11145843.jpg




















f0050534_11145847.jpg

昨年は 、人生初のバイクダウンでレッカーの旅となった北海道ツーリング。道北 浜頓別でセルモーターが壊れ、バイクの始動が不可能になり、ハマトンから札幌のノルトバーンさんまでレッカー移動して、修理後そのまま小樽からフェリーで帰りました。でも早目にツーリングが終わったおかげで、北海度の地震で、足止めを食う事からは逃れました。人間万事塞翁が馬


ことしはレプソルオイルに交換し、タイヤも新品にして万全の完走体制。でも台風接近とオーストラリアロケ疲れで、出発を24日に延期ました。

24日 我が家を0730にスタートして目指すは700km彼方の八戸フェリーターミナル。首都高 王子北から高速。平日なのですこし通勤渋滞していましたが快適快適。羽生PAで第1回目の休憩で朝ごはん。チョコロールとコーヒーです。バイクの乗ると糖分欲しくなります
八戸までは2回給油 3回休憩ぐらいで行けそうです






f0050534_11145815.jpg
東北道北上すると、花巻あたりから急速に涼しくなります。体がむき出しのバイクは気候変化に敏感です。だから季節の移ろいも楽しめます。途中 福島吾妻で給油のピットストップ。リッター18km/Lぐらいの燃費でした。福島では給油とトイレですぐにピットアウト。たらたら休むとかえって疲れるので、マイペース&丁度良いペースカーが見つかるとそれについていきます。なので盛岡南まで一気に走破。降りたところで、冷えたので辛口味噌ラーメン。しみました~~

ちなみに冷麺はパス。冷やし中華が嫌いなので、冷麺は冷やし中華の一味と位置付けているのでパスです 爆

東北道を盛岡南で降りた訳は、奥州の山並みを走りたかったので、ここから沼宮内~奥中山~葛巻と昔の奥中山三重連の跡を楽しみ行くか、あるいは岩同湖から高原地帯のワィンディングを楽しむか、ラーメン食べながら考えました。でもド快晴なので、ワィンディングを楽しみたいので、コースを岩洞湖へ向かうことに!!

盛岡からR455で一路 岩手山中へ。そしてかいてきなワィンディング 、フラットツィン良い音でまわっています

f0050534_09205858.jpg













f0050534_09205841.jpg






















f0050534_09205892.jpg
岩洞湖まで来ると、空と風は完全に秋でした



f0050534_09215067.jpg








f0050534_09215037.jpg


途中 早坂トンネルを抜けた後、旧道をもどり早坂峠と高原を楽しみました



そして途中からR340で葛巻へ

f0050534_09250168.jpg


葛巻からR281で平庭高原へ。本当に盛岡から山のなかのひたすら、快適ワィンディングと良い景色、まさにライディングパラダイス。昔のイーハートーブトライアルを、この地で開催したのがとてもよく分かります

平場高原 景色は素晴らしかったのですが、レストハウスが大音響で演歌を流していたのが、残念でした。実は自然の素晴らしさを一番解っていないのは、地元の人?と思ってしまいます


平庭高原から久慈に向かい、途中から農道経由でふたたびR340 。道の駅 おりつめで休憩して、田園風景を撮りました。秋のただしい日本の風景です

f0050534_09341311.jpg

Nikon X7+Zeiss Baites18mm




そのままR340で軽米、南郷と北上して八戸市内へ。でもなんと市内に入るとどこにもフェリーターミーナルの表示がないのと、いきなりr340が終わり、右往左往。30分以上しないで迷子・・・・トホホ
f0050534_09371350.jpg

へとへとになり信号待ちで吉野家の看板が見えたので、夕飯は吉野家。特盛+生卵+トン汁で、エネルギー回復しました 単純です




f0050534_09372116.jpg


f0050534_09372195.jpg

フェリー乗り場には19時半に到着、出航は22時なので余裕でした。フェリーの積み込み、バイクをサイドスタンドで立てるのですが、BMWはメーカー指定がメインスタンドで立てるので、フェリーのスタッフにお願いしてメインスタンドで。バイクの固定の手間暇が余分にかかるので、すこし嫌な顔を毎回されます・・・・・・


今回はB寝台個室、苫小牧まで爆睡でした





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








# by masabike | 2019-10-03 09:42 | Motor Bike | Comments(0)

富士フイルム Instax 発表会

f0050534_08363985.jpg














f0050534_08363994.jpg


















f0050534_08363932.jpg



























f0050534_08363920.jpg

昨日、渋谷ヒカリエで富士フイルムさんのInstax チェキの発表会がありお招きをいただきました

昨日の新製品はmスマホやタブレットとブルートゥースを介して、プリントが出来るミニプリントマシン。もちろんXシリーズとでもOKです
ブルートゥースなので,Wifi環境が無くても大丈夫。オーストラリアの荒野で出会った人や、アジアのマーケットで出会った人と、その場で記念写真が渡せます。
これは意外と仕事や、旅で重宝です。色も5種類?選べます


f0050534_08412841.jpg

























f0050534_08412861.jpg

















f0050534_08412810.jpg


FUJIFILM X-pro2+FUJINON18mm
昨日の発表会は、X&GFXあるいは他社のカメラ新製品発表会と一味違ました。
女性&女子 そしてインスタグラマーやインフルエンサー あるいはネット系のお仕事の人が多いので、妙にほんわかしていたイベントでした。またInstaxを使うためのアプリを、その場でダウンロードしたり、設定をするので、意外と皆さんスマホやタブレットの操作に追われて物静かでした。

また説明する富士フイルムさんのスタッフのも女性が多くて華やいでいました。そういえばいつも富士フイルムさんの発表会やXセミナーで感じるのですが、女性スタッフ&女性営業ウーマンがとても多いことです。対女性客に対しても同性同士、話が弾んでいるのを見かけますし、カメラ好きのオジサンも女子の説明だと、じっくり聞いています。
あの武闘派 写真家 HarQ氏でさえも、富士フイルム営業ウーマンにいちころになったのを見たことがあります 爆

あと夜の新製品パーティーにつきものの、アルコールとフードが昨日は無く、ソフトドリンクのみでした。これはとても良いことだと思います。新製品発表会はやはり、製品の魅力を体験することと、メーカーさんとの新しい活動等や、営業の場。飲み食いをしに行く場ではないです。よくメーカー発表会で、製品そっちのけでお酒やフードに群がるカメラマンがいます。あるメーカーさんの発表会では、進行役の営業部長の方が「食べ物は十分あります、あわてないでください」というアナウンスを聞いたことがあり、情けないです。

なので昨晩はクライアントさんとゆっくりお話しもでき、またチェキでたくさん遊びました



f0050534_08533525.jpg



f0050534_08533530.jpg

タブレットに入っている、奥様のお写真プリントしましょうか?と聞かれ、タブレットのアルバムを捜したら、奥さんの顔写真は無く、あったのは奈良の武闘派 写真家さんのオーストラリアでハンバーガーを食べる写真だけでした 笑い でもプリント時に、拡大縮小加工 色変換もできるすぐれものと分かりました。また複数の写真を1まいに分割してプリントもできるので、何かコラボ映像もできて、おもしろいです。プリントで遊ぶ、プリントで思い出を共有する楽しみを教えてくれます



f0050534_08533501.jpg

会場に来ていた、インフルエンサー岸 千鶴さんとツーショット。そしてツーショットで撮ると、お互いの相性占いと、相性度が出ます。でもなんと相性度0% 大笑

でもパーティーや結婚式の2次会なのでこの相性度プリントかなり盛り上がると思います。そして相性度を、確かめるためについついたくさん撮り、フィルム消費します。さすがの戦略です。でも今回やはり痛感したのは、XやGFXも素晴らしいのですが、「プリント」という最終アウトプットを持っているメーカーの強みというのを痛感しました。これはテレビやプロジェクター あるいはプロジェクションマッピングなどのアウトプットを持っている、SONYやパナソニックも同じことです。カメラで撮るだけではなく、撮った画像をどう作品化するか、最終アウトプットを持っているメーカーは強いです。そして最終アウトプットを持っていないメーカーは、なにかによほど特化しないと、スペック競争だけでは、未来は難しいと感じた日でした


次の砂漠はチェキを持って行こうと、心に決めた日でした。写真は楽しさを教えてもらった発表会でした




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







# by masabike | 2019-10-03 09:06 | カメラ | Comments(0)

コンセプト

f0050534_09293336.jpg

FUJIFILM GFX50S+Carl Zeiss Otus 85mm with K&F 
西オーストラリア州 サザンクロス 付近

撮影協力 カンタス航空

今回のオーストラリアロケでの作品。

撮影に行くときは、やみくもただ綺麗だからと撮るわけではない。コンセプトとストーリーを立てていく。そうしないと、写真展や写真集にまとめた時に、流れが出来ないからだ。そしてこのコンセプトとストーリーは、すべて自分でたてる。なぜならば、自分のインナーワールドの世界をどう表現するかが作品だからだ。すごい!!綺麗!!それだけでは作品として成り立たない。すごい!!綺麗!!の向こう側に何があるか?それを掘り下げないといけない。そして自分は何を見て、何に心が動かされ、どう感動しているのか?内観をしっかりしないといけない


よく国内で、ネイチャー系の撮影教室で、先生が生徒さんに「ここは何ミリですよ、露出はこうですよ?こんな感じが作例ですよ」と見せて撮影している光景を目にする。一見すごく、親切だが、じつはとても残酷。ここの生徒さんの心の中の感動をどう表現するかを教えていない。確かに限られた時間、限られた条件では無理かもしれない。だから写真教室は、ある程度基礎が身に着いたら、離れる方が良いかもしれない。そして
色々なアートや、あるいは他のジャンルの教室に行き、自分の心の引き出しを増やすことが良いのではと感じる


話はそれてしまったが、今回も撮影では3つのコンセプトで撮影した

コンセプト1 Earthrait 地球のポートレイト ダイナミックな地球の躍動感 地球のドキュメンタリー

コンセプト2 Katachi 被写体と正対し、近景から中景で、被写体のフォルムの美しさを切り取る。基本はモノクロで標準レンズあるいは標準レンズ域で撮影。

コンセプト3 契約しているエージェント様 あるいはクライアント様用に 観光写真 あるいはインバウンド促進のイメージになるもの。

大きく分けて、この3つで撮り分けている。コンセプトにより撮影機材を使い分けている。特にKatachiでは絶対高画素&ハイパフォーマンスレンズ

FUJI GFX系 Nikon D800番系 LUMIX S1RでレンズはOtus 55mm 85mm Apo Soner 135mm LUMIX 50mmで撮影している

今回、アップした作品はFUJIFILM GFX50S+K&Fアダプター+Carl Zeiss Otus85mm アクロスRモードで撮影している。
最終完成形はプリントで、写真弘社でラムダプリント イルフォード・バライタでプリントを完成形としているので、webでご覧いただくのは、申し訳ないですが、未完成品です。完成品はいつかKatachi写真展を開催した際にご覧いただけます

今回のオーストラリア 最終撮影データー量は1TB。ぜひ未来の写真展お楽しみに












富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2019-10-02 10:03 | 写真アート | Comments(0)

秋色北海道

f0050534_08292075.jpg
北海道 羊蹄山
Nikon Z7+Nikkor14-30mm

今回の北海道ツーリングにはもう1つの目的がありました。ミラーレスのフルサイズ機を、パニアケースに入れて撮影行動はどうかという事でした

今回 ツーリングに持つていった機材はNikon Z7 Nikkor14-30mm Zeiss Baites18mm 24mmです。ツーリングの記録と記念写真はFUJIFILM XF10です
結果はとても良い結果でした



今回は畑で、藁を焼く煙がたなびき、そこに夕日を浴びるヒマワリが咲き乱れていて、ミレーの絵画みたいでした。藁焼きの煙は、家内が農家の人に頼んでくれました 爆




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2019-09-30 08:35 | 日本風景 | Comments(0)

帯広 Joyイングリッシュアカデミーでトークショウ

f0050534_07484959.jpg















f0050534_07490268.jpg


























f0050534_07490179.jpg




















f0050534_07490165.jpg






















f0050534_07484912.jpg


























f0050534_07490111.jpg








週末金曜日 帯広のJoyイングリッシュアカデミーでトークショウをさせていただきました。今回のトークショウはすべて英語、お客様からの質問も英語でのトークショウ。英語学校なので、英語を使い海外に行くと、これだけ楽しい体験ができる。写真では何が大切かを中心に英語でお話ししました。高校生から年配者まで幅広い参加者でした

トークショウ終了後の懇親会も盛り上がり楽しかったです


残念ながら、写真関係者あるいはフォトグラファーのひとの参加は十勝の風土を撮っている、写真家 岩崎さんただ一人でした。校長の浦島さんからは「写真家やスポーツ選手 意外と英語が出来ないんです。海外に行く仕事なのに」と言われました

デジタルとネット時代 ボーダレスになりました。撮影でもデジタルテクニックが求められますが、やはりそれ以上に語学力が必須と感じます。浦島さんとは、もともとお父様の写真家 浦島甲一さんを通じてしりあいました。1995~98年に同じ版元さんから、DVD&CD-ROM写真集を出させていただきました。生前、2度ほどお目にかかりましたが、魂で撮る力強い写真家の方です。浦島甲一さんのハルニレの木は、愛情と魂にあふれています。だから僕はそれ以上のものは撮れないので、十勝に行ってもハルニレを撮らないです。とても北海道で尊敬する写真家さんでした


f0050534_07484981.jpg

今回は最後に教室にサインさせていただきました





f0050534_07490155.jpg













f0050534_07484984.jpg
トークショウ開始前 帯広名物 インデアンカレーで浦島さんと突撃元ちゃんと、戦の前の腹ごしらえでした

f0050534_08042520.jpg


カレーは定番のカツカレー&インディアンルー 辛口です



f0050534_07490144.jpg

終了後 参加者の写真家 岩崎さん 帯広の写真のご意見番 岡田さん 北海道を代表する写真家 戸張さんも交えて打ち上げでした。今回の北海道で唯一の宴会でした


今北海道も含めて、日本全体 インバウンドの方がたくさんいらっしゃいます。その中には写真家も方も多いです。そして広告や編集の仕事でも、外資系が増えてきて、打ち合わせや撮影現場では英語が求められます。ボーダレスの時代、国内のネイチャーフォトしか撮らないから、自分は英語なんて必要ないと言っていると、仕事がなくなってくる時代です。そしてプレゼンテーション力も併せて求められます。
ちなみにネイチャーフォトは、ほぼ和製英語です。海外では通じません。もちろんネイチャーフォトグラファーなんて存在しないです。すべてフォトグラファーです



また帯広でトークショウしたいです。ご参加いただいた皆様 ありがとうございました
See you again mate




# by masabike | 2019-09-30 07:51 | トークショー | Comments(0)

豊潤 

f0050534_21254676.jpg
Nikon Z7+Carl Zeiss Baites18mm

北海道に行く前に 岩手の山から農村地帯を走り、八戸に抜けました

何気ない日本の田園風景。これを自分だけのオンリーワンの視点で撮れるようにならなければならないと感じました
凄い風景をすごく撮るのは当たり前、誰もが見過ごす、日常の風景に、自分だけの世界観を見出すのが、一番大切と感じます

オーストラリアから帰った直後、日本の田園風景はとても素晴らしい世界に見えます


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









# by masabike | 2019-09-29 21:29 | 日本風景 | Comments(0)

PENTAX100周年 記念パーティー

f0050534_23045878.jpg

























f0050534_23045887.jpg




























f0050534_23045857.jpg































f0050534_23050867.jpg






































f0050534_23045823.jpg





















f0050534_23050843.jpg



今日はペンタックスさんの100周年記念パーティーにお招きをいただき伺ってまいりました。実はペンタックさんはNikonに次いで、僕の中ではお付き合いの長いメーカーさんです。高校1年の時にバイトでNikon F2を買い、高校2年の時にペンタックス67を買いましたので、それ以来の長いお付き合いです

特にプロサービスに入ったのが1993年ぐらいで、1995年にフリーランスで独立する時に、ペンタックスのHさんから、CD-ROM等のお仕事を紹介していただき、独立したての仕事がないカモの時に、とても大きな支えとしていただきました。それ以来、多くの仕事をペンタックス67&645でやらせていただき、2008年のソウルでの個展の時も、現地にサポートスタッフの方も来ていただいたのと、ペンタックスファミリー 韓国 会員10万人にプロモーションしていただき、ソウルの写真展を大成功にさせていただきました



今回のパーティーはリコーの社長 山下様 リコーイメージング 社長 高橋様もお越しになりスナップ、ご挨拶される大々的なものでした(ちゃっかり記念写真撮らせていただきましたが)そして乾杯の御発声は、大御所 沼田早苗さん。やはりオーラがありました



f0050534_23050910.jpg

乾杯も終わったところで、1993年にプロ登録させていただいて以来お世話になっているペンタックスの佐々木さん(僕の右隣) 沼田早苗さん テラウチマサトさんと記念写真


f0050534_23173414.jpg
そしてやはりプロ登録依頼、お世話になっていて鉄道つながりの平井さんとも。








f0050534_23182737.jpg
























f0050534_23182706.jpg






f0050534_23195884.jpg

イベント途中では、来年発売?予定のAPS-C一眼レフのモックも披露されまして、会場は大盛り上がり


f0050534_23201421.jpg





















f0050534_23201457.jpg

















f0050534_23220650.jpg

最後には100周年記念ケーキも登場。フォトグラファーのこばやしかをるさんと記念写真 、一人で食べるわけではなく、あとでおすそ分けをいただきました




f0050534_23220774.jpg





























f0050534_23220770.jpg
写真は すべてpENTAX K3+18-55mm
今回は長年お世話になった、ささやかなお礼として、紅白のオーストラリア・スパークリングワインをペンタックスさんに送らせていただきました。最後にスタッフの皆さんと乾杯しました。

今回のイベントは、いかにコアなペンタックスユーザーが多いかという事と、いかにユーザーを大切にしているか、そしてユーザーとメーカの一体になった、とてもアットホームな感じを受けました。確かにプロサービスに行っても、とてもアットホームな感じが入会当初から感じました。お客様と常に一緒、そんなペンタックスにいつまでも、がんばって欲しいと感じました。ペンタックスの皆様、最後にもういちど、100周年おめでとうございます。そしてお招きありがとうございました




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










# by masabike | 2019-09-22 23:27 | イベント | Comments(1)