黎明蓮花図 FUJIFILM X Series facebookより転載


黎明蓮花図 FUJIFILM X Series facebookより転載_f0050534_06522072.jpg







【和の「写心」By Masaaki Aihara】
「黎明蓮花図」
埼玉県 行田市
FUJIFILM X-T4 + FUJINON XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR




雨の夜明け、雫を纏った蓮の蕾が、いま開かんとしている。
その姿は花のつぼみというよりも、未知の生物あるいは有機体マシーンという感じだった。
薄暗い夜明けの空間に、妖艶な紅色の蓮の花は彼岸の世界を象徴するような存在だった。
当初はカラーで狙っていた。



フィルムシミュレーションはASTIA/ソフトで彩度を+1~2にUPしたもの、あるいはPRO Neg. Hiで、少し彩度を落としたもので狙っていた。
だがこの咲かんとする蕾を見たとき、その複雑で幾何学模様のような姿は、ザハ・ハディド氏の建築のようにすら感じた。
カラーからACROS+Yeに設定を変更した。
そして少しシャープネスをUPした。
理由は蕾の表面にある水滴をキリリと浮き立たせたかったからだ。


このような被写体の時は自分がどのように表現したいか脳内に絵コンテを描く。
そうしないとファインダーで覗いてカメラの設定を「あ~でもない、こ~でもない」といじっているとだんだんわからなくなり、最初が一番良かった的な堂々巡りの迷宮に陥りやすい。
だから最初に頭の中に絵コンテを描いておく。
今回は超望遠ズームXF100-400mmを使用した。
自然風景を撮るときに必需品の1本だ。
XFシリーズにはもう1本XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRがある。
どちらも甲乙つけがたい。
少しでも軽量が良い、少しでもテレ端が長い方が良いという方はXF150-600mm。
それよりも少しでもF値が明るい方が良いという方はXF100-400mmをお勧めする。
どちらも画質的には単焦点並みのしっかりした絵が撮れる。
今回XF100-400mmを選択した理由は、撮影ポジションにある。
蓮や睡蓮は湿地帯に植生している。
足場が悪く沼地等で近づくことができない。
あるいは今回の作品のように、公園の柵に囲われていると接近できない。
そんな時には必需品。



実は5月オーストラリアでは、このXF100-400mm無くしては撮影ができなかった。
撮影場所はオーストラリア北部・ノーザンテリトリー・カカドウ国立公園。
世界遺産にも指定されている国立公園。
昔クロコダイルダンディ―という映画の舞台になった場所で、ここには広大な湿地帯が広がっている。
撮影時期の5月は、雨季が明けて乾季に入った季節。
湿地帯は雨季に降った雨水を満タンに蓄えている。
そして一斉に睡蓮が咲く季節。
それを狙いに撮影に向かった。
メインはXF100-400mm。
花の撮影だがマクロレンズは使えない。
なぜだかお解りだろうか?
そう、睡蓮の花が咲く湿地帯はクロコダイルの住処。
しかも食物連鎖で、花が咲くところはクロコダイルや野鳥など生き物たちのお食事処。
なぜなら、花が咲くと小さな虫が集まる。
そして虫たちは花を目当てに水面近くに飛来。
そして、水面に落下する虫を狙いに小魚たちが集まる。
さらにその小魚を狙いに大きな魚たちが集まり、最後にその大きな魚たちを狙いに鳥やクロコダイルたちが集まる食物連鎖の場所。
だから水辺に近づき、マクロレンズで睡蓮を撮ろうものならば、クロコダイルたちの格好の朝ご飯になってしまう。
もうだいぶ昔、フィルム中判カメラで、カカドゥで睡蓮の花を撮影していた。
400mmの望遠レンズつけていたが、うっかりレンズフードを水の中に落としてしまった。
アシスタント君に「あっヤバイ、フード拾ってくれないかな?」というと「相原さん、睡蓮の下から泡が上がっていますよ。クロコダイルがいますよ」というので、泣く泣くフードはあきらめたことがあった。



睡蓮や蓮などの撮影には超望遠ズームはおすすめの別な理由もある。
遠景で撮れるだけではなく、超望遠の圧縮効果で、多くの花の中から狙った花だけを浮き立たせることも可能だ。
今回の蓮の花の撮影での相原レンズ装備は下記の通り。
XF10-24mmF4 R OIS WR、XF16-55mmF2.8 R LM WR、XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR、XF56mmF1.2 R WR、ZEISS Touit 2.8/50M、この5本で臨んだ。
1つ注意点がある。
花が咲くところでのレンズ交換は慎重に素早く。
なぜならば花の花粉がカメラのセンサーに付着すると油分が含まれているので、汚れが取りにくい。
付着した場合は、無理をせず富士フイルムサポートセンターか専門のカメラ店での清掃をお勧めする。
もうすぐ梅雨明け、さらに美しい蓮の花が撮れる光がやってくる。
Good Luck!










相原正明撮りおろしのkoji note From OITA 相原正明 フォトエッセイ  ぜひお楽しみください





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2024-07-18 06:53 | 日本植物 | Comments(0)

餃子からマンモスまで 






餃子からマンモスまで _f0050534_17455616.jpg
Nikon D800E+Nikkor14-24mm
マンモス"Yuka" ロシア シベリア サハ州 ヤクーツク


餃子からマンモスまで _f0050534_17471645.jpg
LUMIX G9PROⅡ+LEICA12-60mm


最近久々に、はまったテレビドラマがある。小池栄子主演の「新宿野戦病院」トラブルの宝庫 新宿 歌舞伎町を舞台に無免許の元軍医を中心に繰り広げられるややコメディーのドラマ。昔あった アメリカ映画のMASHを思い出す。2つのドラマには共通するものがある。ドタバタの環境でも、限られた時間と状況で何とかする。もてる知識と技術と、即応性で何とかする。まさに野戦病院。

でもこれは写真家にも共通することが多い。最近はXX写真家という肩書が増えた。でも広告代理店時代から独立したての頃は、みんな写真家 フォトグラファーしか肩書がない。そして広告デザイン会社の下積み時代から、フリーランスになってからも、いろいろなジャンルの撮影が来る。

不動産 建築 鉄道 レースクィーン  通販カタログ(下着の撮影まであった) 企業の環境保護活動のビーチクリーン 学校卒業アルバム お菓子 燃料輸送パイプラインの撮影 そして有名餃子チェーン店の餃子の撮影。極めつけはシベリアでのマンモス。個のマンモスの撮影の時は、クライアントから「なんでも撮れて、どんな環境でもなんとかしてくれて、且つ海外ロケになれている人」だった

まさになんでも屋さん 野戦病院 。ちなみによくお会いする写真家でもあり、撮影スタジオのボスでもある伏見さんの会社の名前は、まさに野戦病院の映画の名前からとったMASHです

あらゆるジャンルの撮影を経験することで、いろいろな臨機応変に対応できる。いろいろなスキルが身に着く。たぶんオーストラリアの風景写真家でございます。と言っていたら今頃は消えていなくなっていたと思う。

実は一時、ネイチャーフォトグラファー もしくは風景写真家という紹介で、おだてられていた時期があった。2001~2004年ぐらい。そのころ急に不動産や、インタビュー物の撮影が来なくなった。そんな時に昔の広告代理店の後輩の営業マンから「相原さん 風景写真の先生になってしまったから、もう不動産とか撮ってくれないのでしょ」と言われたことがあった。もう 脳天かち割られたみたいで、ガーンであった。そこで何でも撮っていますよということを、伝えるためにブログをはじめて、日々なんでも撮っている様子を伝えるようになった。

そして今は、あらゆることに対応して、その中でも得意分野としてオーストラリアのランドスケープがあるそうゆうスタンスで行きたい。XX写真家では生き残れない。だから僕のうたい文句は「餃子からマンモスまで なんでも撮ります」です



相原正明撮りおろしのkoji note From OITA 相原正明 フォトエッセイ  ぜひお楽しみください





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2024-07-16 18:10 | 写真アート | Comments(0)

ル・コルビュジエ サヴォア邸  FUJIFILM Wonder Photo Shop 写真展 Paris:INDEXより



ル・コルビュジエ サヴォア邸  FUJIFILM Wonder Photo Shop 写真展 Paris:INDEXより_f0050534_07570983.jpg

雪のル・コルビュジエ サヴォア邸(世界遺産)
FUJIFILM X-T3+FUJINON XF16mmF1.4
写真展 Paris:INDEX 思い出の選び方より。
今週 7月19日より表参道 FUJIFILM Wonder Photo Shopで写真展を開催します。当面の在廊予定です
7月19日11:30~19:00
7月20日11:30~19:00
7月21日11:00~19:00です。
写真展 オリジナル Tシャツ トートバッグ PhotoZine写真集も販売予定です 写真展詳細は以下の通りです
 写真展タイトル  相原正明 Paris  Index -思い出の選び方-
会場  FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP
    東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 1F
    電話 03-6427-9703
会期       2024年7月19日~2024年8月8日 会期中無休 入場無料
開館時間     11:00am~19:00pm
展示作品     FUJIFILM Xシリーズで撮影したパリのスナップ
 今回の写真展では撮影した一連の流れをINDEXプリントで展示し、その中からどのように1枚を選んだかをご覧いただきます。さらにオリジナルからプリントする場合の指示や、トリミング。あるいはポートレートなど類似アザーカットから、どのように選択したかも見ていただきます。
いわば写真家にとり、レシピ公開 ネタバレ公開です。 じっくりご覧いただければ嬉しいです
そして実は写真を選ぶ時間が写真家にとり一番の至福の時間であることを感じていただければともいます。そして写真展を見た方が、パリあるいはほかの場所を旅して、思い出のシーンをプリントしてみたいと思っていただければ幸いです
あと展示最終日に展示している2Lプリントを、その場で\500円にて販売します。売上金の一部を能登地震の被災地支援義援金とさていただきます
皆様の御来場 心よりお待ち申し上げます
 ギャラリートークでは作品解説とともに、どのように流れの中からこの作品を選んだかもご説明します
この夏休み 皆さんの旅写真のお手伝いになれればうれしいです
 7月21日(日)13:00~14:00
 7月21日(日)18:00~19:00
 7月24日(水)18:00~19:00
予約不要 参加費無料諸般の事情により変更になる場合もあります。ご了解ください




相原正明撮りおろしのkoji note From OITA 相原正明 フォトエッセイ  ぜひお楽しみください





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





# by masabike | 2024-07-16 07:58 | 写真展 | Comments(0)

お盆

お盆_f0050534_23084258.jpg

FUJIFILM X-T4+FUJINON XF100-400mm
埼玉県行田市

お盆もあと1日
今日の明け方 夢にうちのオヤジが出てきた。ただ何気なく家の中に座っていた。やはりお盆だからなのだろうか?
今も家のどこかに座って、キリンラガービールを飲んでいるのかもしれない

明日はもう、あちらの世界に帰っていく。しっかりお見送りをしないと



相原正明撮りおろしのkoji note From OITA 相原正明 フォトエッセイ  ぜひお楽しみください





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2024-07-15 23:10 | 日本植物 | Comments(0)

焼き加減は?  FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP Paris :INDEX写真展より

焼き加減は?  FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP  Paris :INDEX写真展より_f0050534_14113522.jpg


FUJIFILM X-H1+Carl Zeiss Touit32mmF1.8
























焼き加減は?  FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP  Paris :INDEX写真展より_f0050534_14120096.jpg


X-H1+FUJINON XF16mmF1.4






















焼き加減は?  FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP  Paris :INDEX写真展より_f0050534_14114303.jpg
FUJIFILM X-T3+Carl Zeiss Touit32mmF1.8



  7月19日より 表参道 富士フイルム ワンダーフォトショップで始まる、写真展 Paris:INDEXより
パリらしい、おしゃれなウエイトレスさんがランチのオーダーを取りに来た。しかし彼女が聞くのはステーキの焼き加減だけ。他に一切は聞かない。
パリのステーキレストランル・ルレ・ドゥ・ラントレコートはステーキ専門レストラン。そしてメニューはない。ステーキ一択。だから聞くのは焼き加減だけ。
僕は迷わず「レア」と答えた


奥様とここにランチをしに訪れた

以前ここで会食した家内から、すごいボリュームのレストランだよと聞かされて訪れた。出てきたお皿のステーキを見て、奥様に大きいお肉だけどたいしたことないと言うと、彼女は笑っているだけだった。ステーキを食べ終わるころ、ウエイトレスのお姉さんがもう一皿ステーキとフレンチフライを持ってきた。そうこのお店は1人前で2皿。驚き

そして唯一選べるメニューが食後のデザート。でもこの巨大なアイスクリーム、一人では食べきれないので奥様とシェアした


写真展では、展示しているそれぞれの写真のバックグラウンドストーリー あるいは写真のチョイスに関してお話します



写真展タイトル  相原正明 Paris  Index -思い出の選び方-
    東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 1F
    電話 03-6427-9703
会期       2024年7月19日~2024年8月8日 会期中無休 入場無料
開館時間     11:00am~19:00pm
展示作品     FUJIFILM Xシリーズで撮影したパリのスナップ
 今回の写真展では撮影した一連の流れをINDEXプリントで展示し、その中からどのように1枚を選んだかをご覧いただきます。さらにオリジナルからプリントする場合の指示や、トリミング。あるいはポートレートなど類似アザーカットから、どのように選択したかも見ていただきます。

いわば写真家にとり、レシピ公開 ネタバレ公開です。 じっくりご覧いただければ嬉しいです


そして実は写真を選ぶ時間が写真家にとり一番の至福の時間であることを感じていただければともいます。そして写真展を見た方が、パリあるいはほかの場所を旅して、思い出のシーンをプリントしてみたいと思っていただければ幸いです
あと展示最終日に展示している2Lプリントを、その場で\500円にて販売します。売上金の一部を能登地震の被災地支援義援金とさていただきます
皆様の御来場 心よりお待ち申し上げます


 ギャラリートークでは作品解説とともに、どのように流れの中からこの作品を選んだかもご説明します
この夏休み 皆さんの旅写真のお手伝いになれればうれしいです

 7月21日(日)13:00~14:00
 7月21日(日)18:00~19:00
 7月24日(水)18:00~19:00
予約不要 参加費無料諸般の事情により変更になる場合もあります。ご了解ください
物販  写真展 限定 ワンダーフォトショップ制作 Photojin写真集







相原正明撮りおろしのkoji note From OITA 相原正明 フォトエッセイ  ぜひお楽しみください





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2024-07-15 14:26 | 写真展 | Comments(0)