北海道 波乱万丈ツーリング Day4 悲しみの彼方に光明が・・・・

f0050534_22413454.jpg
FUJIFILM X10

ペンション小石(作品ざれ)さんの朝ごはん。バイクの件で気分が悶々としていて、何を食べたか覚えておりません。


とりあえず、保険会社からの連絡でお昼過ぎにレッカーが到着するとのこと

本日は旭川まで運び、明日のバイク屋さんと連絡が取れた段階で札幌まで運んでもらう。
丁度、バイク屋さんのお盆休みに当たり、この日も連絡が出来ないです

浜頓別から旭川に行くのには、宗谷本線の音威子府までバスで出て、そこから列車で札幌です。
でもネットで宿を探すも、夏休み最後の週末、札幌には宿が全然ないです。あっても1泊3~4万円。男一人では悲しすぎます


そこで本日は旭川まで行き、明日の朝一番の特急で札幌まで行きます


f0050534_22413326.jpg







f0050534_22413346.jpg











f0050534_22413375.jpg












f0050534_22463735.jpg

お昼すぎに旭川から4時間かけてレッカーがきました

レッカー屋さんいわく「あれ~~、BMWは珍しいね」というので「普段はどんなバイクが多いんですか?」と尋ねると「ハレーだね、よく壊れるよハーレー。」と言っていました

手際よく、30分ぐらいかけてバイクを固定搭載してくれました。墜落した戦闘機を回収に来た部隊みたいです。ツーリング途中リタイヤは2度目です。1回目は1980年、ホンダXL250sがエンジン整備不良でエンジンオイル不足で焼き付きを起こして、宇都宮でおいて帰ったことがあります

でもレッカーが来てくれたおかげで、札幌まではバイクが送れることになり、すこし光がみえました。でも怖いのは修理代です。BMW修理高いです





バイクを見送り、ペンションのオヤジさんが(↑)が音威子府まで送ってくれました(涙)

f0050534_22415597.jpg




f0050534_22413414.jpg

音威子府に着いたら、楽しみは音威子府そばでしたが、しばらく休業。お蕎麦屋さんのおじいちゃん高齢だったから・…しばらくダメかな・・・・



f0050534_22415549.jpg







f0050534_23015978.jpg

お蕎麦屋さんがお休みなので、駅前の雑貨屋さんでお弁当を買いお昼ご飯。ヘルメットを持って、バイクウェアーでライディングブーツの姿は、駅で目立ちます 恥ずかしい・・・


f0050534_22413441.jpg












f0050534_22413409.jpg














f0050534_22413453.jpg










f0050534_23035352.jpg









f0050534_23035309.jpg

でも音威子府駅には鉄道マニア大喜びの記念館?があります
廃線になった天北線の記念館です

駅名看板、切符などなど楽しさ満点で待ち時間はあっという間でした







f0050534_22415338.jpg









f0050534_22415455.jpg










f0050534_22415447.jpg

音威子府から旭川までは特急 サロベツ4号。でも車内はガラガラ

宗谷本線で特急は初体験。1987年以来の北海道鉄道旅です

雨の塩狩峠もしっかり味わいました





f0050534_22415409.jpg
旭川も駅前のルートイン、大浴場付






f0050534_22420714.jpg












f0050534_22420765.jpg








f0050534_22415460.jpg


気分転換に、飲み屋を探します。せっかくなので北海道らしいものという事で、「本日 取り立て 根室のサンマあります」の看板に誘われてだんまや水産に!!

サンマに、イカに、自家製シメサバそしてサッポロビール。撃墜されたパイロットは、これで心の傷がいやされました

さすがに旬のサンマ美味しく、お替りしました









f0050534_22420782.jpg












f0050534_22420735.jpg
そして〆に旭川ラーメンと思い、ホテルに帰る途中にあった、某有名店に入りました。でも???という味でした。少し残念、これでまた撃墜され捕虜になぅったパイロットの気分になりました  涙


でも明日の札幌、光が見えそうです。朝ごはんは札幌で美女と食べることのアポに成功しました 
ではいよいよ佳境のDay5へ!!

追伸
 ちなみに宿代と交通費は、事故者救済で、保険で出ますが、酒代はダメと言われました。心の傷の癒し代は出ないそうです wwww






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。














# by masabike | 2018-10-04 22:59 | Motor Bike | Comments(2)

アスペクト比 2

f0050534_07302343.jpg

























f0050534_07302391.jpg

























f0050534_07302256.jpg

FUJIFILM GFX50s+FUJINON23mm 32~64mm


風景はだ自然の中だけではない。迫力ある風景 写欲を掻き立てられる風景は身近にもたくさんある


遠くに行かないととれない、言い訳だと思う







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





























# by masabike | 2018-10-02 07:32 | 建築土木 | Comments(0)

アスペクト比

f0050534_07250355.jpg
FUJIFILM GFX50S+FUJINON23mm


パノラマ作品はネットにあげると、とても残念ながら、その迫力の1/10も出ない。


やはりプリントで勝負する作品かもしれない


そう、僕がGFX50sを使う理由は、前にも書いたが7種類のアスペクト比が使えるからだ。なるべく自分の頭の中にあった画角あるいはイメージに近づけたいからだ

カメラは心の中の映像を出力するマシンだとある方に言われた。その通りだと思う。だからこそ心の中の画角に近づけるGFXを僕は使う




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。































# by masabike | 2018-10-02 07:29 | Tokyo City | Comments(0)

ボーダレス

f0050534_18061902.jpg

FUJIFILM X30



今月、都内のスタジオで外資系企業のタレントさんを使った広告撮影をした

メインはムービーで、僕が撮る静止画(いわゆる写真はサブ化、少ない紙媒体用の素材撮影) ですのでムービーの人のリハーサルの時に同アングルで撮るか、本番の時に横で少しサブアングルで撮るのが多かった。時としては静止画用に別アングルで撮ることもあったが、あくまでメインはムービー。

意外とこのような仕事は、舞い込むことがしばしばある。今までは音がするので絶対にムービー本番中には撮影できず、本番終了後、大あわてで撮らせていただくことも多かった。だがFUJIFILM Xシリーズの登場で、様相は一変した。電子無音シャッターの登場で、ムービーチームに迷惑をかけることなく、何テイクも同じシーンを同撮出来る様になった。しかもH1になりボディー内手振れ補正がついたので、高性能16~55mmを手ブレ防止をかけて使うことが出来る。しかも手持ちであればただでさえたてこむ現場で、ムービー用の三脚や照明&音声機材の立ち位置に迷惑をかけることなく、手持ちで撮れる。


円滑な現場作業はチームで撮るときにとても大切。この場合は写真家としての個よりも、静止画を撮るカメラオペレーターとしてチーム優先の立ち位置を撮る。

広告は必ず、動画でも静止画でも 、絵コンテ サムネール 、ラフ、台本が存在する。その時にはフォトグラファーとしての作品ではなく、いかにクライアントやディレクターの制作意図に沿った写真が撮れるか、それが最優先で最重要。「僕の個性は?」とか「僕の作品性は?」というのは必要ない。絵コンテどうりに撮れて、現場が円滑に進んだ時に、ほんの少し出来た作品に自分らしさをトッピングするか、あるいは少しだけ遊びのカットを撮り、少しだけ主張する。あくまでクライアントの指示道理が大切。僕はいらない


今回はクライアント企業が外資なら、メインの仕切る広告代理店も香港の会社。制作チーフも香港の人。海外で外資系あるい現地のスタッフと働くことはあったけど、いまさらながら日本で海外のスタッフと仕事をするのは初めて。現場では英語で指示が出ることもしばしば。

日本で英語ですか?という方もいるかもしれないが、もはや当たり前の道具かもしれない。世界共通言語なので、もはや使えないと致命的かもしれない。フォトショップやデジタルテクノロジーが使えないよりも、英語が使えない方が致命的だと昨今感じる。昨年のフジキナあるいは富士フイルムXシリーズの世界同時発表の際に、事業部長さんや役員の方が英語でプレゼンテーション。もうこれは当たり前になっている。

そして撮影現場でも、当たり前のボーダレスの時代になっている。動画と静止画の同時進行のボーダレス。

そして今回の香港の制作チーフとても仕事がしやすかった。その理由は、撮影指示が単純明瞭明確だった。従来の絵コンテとは異なるアングルやフレーミングの変更が出た時、すぐその場で絵コンテを描きシンプルな単語で説明してくれる。日本人のチーフにある様に「この感覚解るかな?」とか「アバンギャルドな作品が欲しいとか」抽象的ではなく、とても具体的。やはり香港ベースでいろいろな国で仕事をしていると、言語の問題、感覚の問題が壁になる。それを突破するにはシンプルにかつ、自分の内面で作るべきものをきちんと消化して具体化している。そうでなくてはいろいろな国に行き、会ったばかりのスタッフとチームを作り広告を作りあげるのは難しい。

今回のチーフは、待ち時間にスマホで自分が普段に撮っている写真を見せてくれた。物撮り、風景、ポートレイト 、ストリートフォト、どれも素晴らしかった。つまり仕事のチームのフォトグラファーに自分の写真を見せることで、自分の世界観を理解してもらおうとの考えだと思う

最後にチーフは、この写真はすべてFUJIFILM X-T1で撮っているというので、僕はt1のプロモーションをしていたと、作品を見せると大いに喜び、盛り上がり、両手で握手をしてくれた。長丁場で220GBも撮る撮影だったけど、とても楽しく良い仕事が出来たと感じた


これからボーダレスの仕事が、日常になるのだろう。いつでも自分の立ち位置を忘れずに、俺がでは無くチームの中でどうか!そしてより英語力とコミュニケーション力を磨かないと、この時代は生き残れない。
何でもどんな状況でも撮れて且つ、自分が勝負できる得意技のフィールド、それもキラーフォトが撮れるフィールドを持つことが大切。ネイチャーしか撮れないフォトグラファーでは生き残れないことを今回痛感した



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






























# by masabike | 2018-09-30 18:16 | 広告仕事 | Comments(0)

波乱万丈北海道ツーリングDay3 8月28日 悲劇は続くよ何処までも

f0050534_15221299.jpg















f0050534_15221361.jpg















f0050534_15221300.jpg


FUJIFILM XF10

キャンプで爆睡…できると思ったら、深夜2時ぐらいにキタキツネが外に置いておいた、キャンプ用鍋をころがして目が覚めて追い払った・・・・

ところが夜が明けてテントを出ると、ゴミをバイクのハンドルにぶら下げておいたら、飛びついて食い破られて、あたりはゴミすて場状態

しかもオーストラリアで買ってきたビーサンも食い破られ、モンベルのダッフルバッグも革の部分と、柔らかい布の部分は全部食い破られて無くなっていた 大涙

気を撮り直し・・・(というか取りなおす以外何も方法が無いです)



割れたウィンカーをガムテープで補修。ただ切れたランプはどうしようもないので、どうするかと考えネットで調べたら(便利な時代です)、稚内にレッドバロンがあるので、そこで修理を頼みに行くことにしました


それでもかすかにツーリングを楽しむ気持ちは残っていました



f0050534_15221364.jpg








f0050534_15221318.jpg

最後の笑顔だったかもしれません 汗 &笑

天塩から稚内のオロロンラインは嘲り笑うような良い天気。キャンプ地の浜頓別か紋別に向かいます







f0050534_15221350.jpg
途中で夜鉄で夜撮影した、勇知に立ち寄りました



f0050534_15330068.jpg







f0050534_15330037.jpg








f0050534_15330152.jpg
駅舎も駅舎の中もかわいかったですが、気持ちの動揺は隠せずピンが合っていません 涙




f0050534_15223132.jpg









f0050534_15223117.jpg

稚内の稚内空港近くにある、レッドバロンの稚内店です。キャンプとバンガローも兼ねていて綺麗ですし、スタッフ親切です。来年はここに泊まることにしたいです

そういえば、稚内で家庭用品&Do itのお店 ホーマックに買い物に立ち寄ったら、ハレーの人がいて「ここでヒートテックありますかね?」と聞かれたので「売っていますよ」と答えると、夏だと思ってメッシュの革ジャンでタンクトップで来たら死ぬほど寒いと抜かしていた。北海道をなめています。Vツインの振動で頭のネジも緩んでいるのではと思いました (こうゆう考えがあとでばちが当たります)


f0050534_15223244.jpg
ツーリングの定番、宗谷岬。まだまだ余裕のうすら笑い。この時、エンジンスタートの時にセルモーターの係が悪かったですが・・・・、あまり深く考えませんでした。バッテリーは春に変えたばかりなので・・・・・・・ 


それにしても宗谷岬はインバウンド多かったです


f0050534_15223186.jpg

















f0050534_15223074.jpg
















f0050534_15223059.jpg




















f0050534_15223145.jpg


そして国内ワィンディングロードでベスト3に入れたい、お気に入りの宗谷丘陵。うれしくなって1往復半もしました。もう自分が風になった気分で、ボブディランの「風に吹かれて」が頭の中をリフレインしていました。これが今回ツーリングの最後の楽しい思い出になろうとは・・・・・・















f0050534_15224762.jpg














f0050534_15224732.jpg


f0050534_15223124.jpg

宗谷丘陵走りを満喫したあとは、浜頓別近くのエサヌカ線で、大平原を楽しみました


ここはよくTV CMにも使われる道で、たしか最初は出光石油の企業広告だったと思います



f0050534_15464929.jpg
エサヌカ線で、北海道来ました!!記念写真。これがこの日の最後の楽しい写真でした


記念写真を撮りお昼を食べて、エンジンスタート!!うん? うん?なんかかかりが悪いな。あっかかりました。でもこれだけ走り込んでいるのにバッテリーが上がるわけないし。家から早くも1400キロ走っています


まずは目指すは浜頓別、ガソリンを入れてから、浜頓別でキャンプか紋別でキャンプか考えます


浜頓別のエネオスGSでガス満タンのあと・・・・・

「ギュル・・」その音を最後にエンジンは沈黙。セルモーターはうんともすんとも言わない


スタンドのお兄さんの「バッテリー上がり?ジャンプコード繋げようか?」


この時点でかなりやばいと、頭の中は白くなっていました。コードをつなげるためにバッテリー端子を出すためには、うちのバイクはフロンカウルとガソリンタンクを外さないとだめなのです。大事です。その前にバイクシートが固着してはずれないです。シートを外すのに20分近くかかりました

購入したバイク屋さんも夏休みで電話もつながらないです




やぅっとシートを外して、タンクの隙間からバッテリーがみえました。スタンドのお兄さんが、ドライバーを端子に繋いで通電させればかかるかも?とのアイディアでやってみたら、見事エンジンかかりました

しばらくアイドリングのあと、荷物を積んで再度、エンジンスタート。何も変化がないです。エンジン再スタートはダメでした。その後何度もしますがNG。置いていくか、札幌まで運ぶことを考え、友達の「突撃元ちゃん」に軽トラとか手配できますか?と聞いたとこ「相原さん バイクの保険にレッカーサービスついていいるかも?」で保険屋さんに聞くと、ピンポンでした

バイク保険、加入してから40年使ったことが無かったので、知りませんでした

保険会社に頼むと、翌日の昼に旭川からレッカーが来るとのこと。翌日・・・・・今宵は…、そこで思い出したのが、知り合いの網走の写真家 大島さんの定宿 ペンション小石がスタンドの裏にあることを思い出して、電話すると「今晩空き部屋ありますよ」とのご返事。神の声。しかも宿まで200mぐらい。オーナーさんがスタンドまで迎えに来てくれて、二人でバイクを押してお宿に向かいました

この日は夕ご飯は、何を食べたか覚えておりません。バイクをどうするか?どうやって東京まで持って帰るか?


とりあえずレッカーで札幌のバイク屋さんをどこか探して運ぶしかないし、とんでもない致命傷だったらどうしよう


頭の中がいっぱいです。18年乗った相棒で、ツーリングリタイヤ状態は初体験です


撃墜されたパイロットや、魚雷が命中して船を放棄する艦長の気分でした 涙


ちなみにこの一部始終の写真はありません。そんな余裕はなかったもので 涙 でもそれではプロ失格ですね 




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。


























# by masabike | 2018-09-30 15:35 | Motor Bike | Comments(2)

銀ブラ 塙さん写真展

f0050534_10483409.jpg
















f0050534_10483393.jpg

FUJIFILM X-Pro2+FUJINON35mm


昨日は雨の銀座と日本橋を家内と散歩しました

銀座は、富士フォトギャラリー 銀座で開催中の塙さんの写真展見学です。Xのイベントよヨドバシカメラさんのイベントで、いつも塙さんにはお世話になっております


今回はパリの写真展、じつは奥様は仕事でちょこちょこパリに行くので、「あっここは何とかだ」とか「この駅からルーブル近いんだよね」とか懐かしそうに言っていましたが、僕はパリ未体験なのでちんぷんかんぷんです。ちなみにパリとロンドンとハワイとニューヨークにはまだ行ったことがありません

その代り皆さんがいかないような、シベリアの奥地 アイスランドの氷河 オーストラリアの荒野に入ったことがあります。ちなみに有名観光地ですと、ローマ ナポリ アマルフィー ケルン ベルリン サンフランシスコ  香港 台北 ジャカルタ マニア あと東京と奈良に入ったことがあります 爆

塙さんの写真展は今週木曜日までです

f0050534_10483424.jpg




















f0050534_10483390.jpg






















f0050534_10483442.jpg

















f0050534_10483454.jpg


写真展の後は新装オープンした高島屋さんに行きました。今までにない新しいブランド趣味の店があり面白かったです
特に本棚の専門店があり、興味深かったです。それとポルトガル料理のお店。少しお店が落ちついたら食べて見たかったです


あと一番おもしろかったのがBung&Olufusenというスピーカーショップです。ワンセット何と御値段500万円。昨日はデスペラードを聞かしてもらいましたが、さすがに良い音です。これにアンプを足したらメルセデスが買えるよと思いました。そう思うとカメラは安いです 爆


日本橋界隈は夕飯はどこもかしくも混んでいたので京橋へ。昔の会社 創芸の跡地にたった、ファッションビルでイタリアンを食べました。

21~29歳まで、京橋にあった広告代理店で営業マンをしていました。とうじは会社に行くのが嫌で嫌で仕方がなく、若気の至りで、しっかりした上司に辞表をたたきつけたり、今思うと恥ずかしいことばかりでしたが、約8年間 いろいろな広告&メディア業界で生き抜くすべ 掟 マナーを教えていただきとても感謝しています

夕飯を食べながら当時のいろいろなことが走馬灯のようによみがえりました。若い時の苦労は買ってでもしろ、今思うと昔の人は良い言葉を残してくれたと思います。権利を主張する前に、できることをやる、努力する、我慢する大切なことを学んだ7年10ヶ月の広告代理店営業マン時代でした。当時ご迷惑を掛けたり、激怒された先輩、上司、クライアントの皆様ありがとうございました。そしてとても素晴らしい人脈もいただきました

そんなことを考えさせられた土曜の京橋での夕飯でした






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





















# by masabike | 2018-09-30 10:56 | 写真展 | Comments(0)

波瀾万丈 北海道ツーリング Day2 8月27日 悲劇その1と2

f0050534_15040500.jpg








f0050534_15032366.jpg
FUJIFILM XF10


羽幌を過ぎると、空は快晴!!お~~~北海道に来てよかった!!まさにライダーズパラダイス


そして稚内に近づけば近づくほど、風景は最果て。

そして風はだんだん寒さを帯びて来るがけど、気持ちは高揚 もうヒートアップ


f0050534_15040520.jpg






f0050534_15040512.jpg
天塩の町はずれのキャンプ場に、今宵のお家を構える。ここには温泉もついているの最高です

キャンプを設営し、夕焼けの利尻富士を見に、ワカサカナイ方面へ。この時バイクの両サイドの、荷物を入れるケースを外してキャンプに置いていった。今思えばケースをつけておけば・・・・・・

f0050534_15040500.jpg













f0050534_15125807.jpg
上 XF10
下 X-Pro2+FUJINON18~135mm

f0050534_15032325.jpg
XF10

そしてせっかく来たので記念写真。
でも悲劇はこの10分後 撮影が終わりバイクに乗ろうと思ったら、やはまたがるのと反対側の右側に路面が傾斜しており、サイドスタンドを外したときに、足が滑り・・・・・・・・・・・・・・・・・・。バイクが ガッシャン。サイドバックがついていなかったので完全に横倒しで、バイクのお腹が出てしまいました


さすがに完全に倒れ且つ、ハンドル側が下がっているので、起こすことが出来ません。悪戦苦闘5分。運よく2台のバイクが通りかかり手助けして起こしてくれました。でも右側前後のウィンカーがおしゃかです。立コケしたときには、カギを付けたケーブルまでからまり、大変でした



でもやっちまったのは仕方がない、気をとりなおして利尻富士の夕景楽しみましたが、心が寂しい


f0050534_15204919.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON18~135mm












f0050534_15032260.jpg
XF10

そんな寂しさが写っている利尻富士夕景です








f0050534_15040581.jpg

でもキャンプに戻り夕飯の時に、腰にぶら下げたキーホルダーを見ると何かおかしい????、矢場、バイクのスペアーキーが無いです。BMWのキーはゴムのBMWと書いた台座に金属のキーが差し込んであり、そのゴムのパーツが経年劣化でばかになり、キーホルダーに台座だけのこり、先にあるキーが無いです


本日の損害、前後ウィンカー エンジンプロテクター破損  スペアーキー行方不明

落ち込みながら、北の星空を楽しみ、子ぎつねのように眠りに落ちましたが・・・・更なる悲劇が・・・ つづく 爆





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2018-09-29 15:26 | Motor Bike | Comments(0)

波瀾万丈北海道ツーリング Day2 小平 海鮮丼

f0050534_08130134.jpg

FUJIFILM XF10

留萌を過ぎて、日本海沿いに走るオロロンラインに入ると、おひる時。人間も燃料補給で入ったのが、小平 鰊番屋の食堂。お目当ては海鮮丼。1600円でしたがさすがです。それにしても今回、富士フイルムさんよりお借りしたXF10は色再現が最高です。やはり小さくてもX、ウニの色が良く出ます。貸していただいたYさん マネージャーのOさんありがとうございました

















f0050534_08122189.jpg










f0050534_08122175.jpg











f0050534_08122124.jpg

鰊番屋の駐車場、鰊のマークが面白かったです。この小平から天塩まで、ひたすらアップダウンが続きます。19歳の時、自転車で北海道を一周した時、この小平~天塩が、一番つらかったです

いよいよ旅のクライマックスのサロベツ原野へ





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





# by masabike | 2018-09-29 08:39 | Motor Bike | Comments(0)

波乱万丈 北海道ツーリング Day2 函館~留萌

f0050534_08122012.jpg


















f0050534_08122144.jpg

FUJIFILM XF10



北海道ツーリング 2日目 8月27日 函館からサロベツ原野の天塩を目指します。距離は600kmぐらい。というわけで、函館の朝市もパスしてひたすら北を目指します


前夜泊まったルートインは、大浴場もあり快適でした。朝ごはんはGS1150のフェンダーをテーブルにしてコンビニおにぎりと珈琲でした

大沼公園を過ぎて高速に乗り、ひたすら北を目指します。曇り空でしたがときどき陽も射し快適でした。でも函館から札幌遠いいです。


今回は苫小牧便のフェリーがとれなかったのが痛いです




f0050534_08122157.jpg

札幌が近ずくと、雨がパラパラ。輪厚でカッパを着ました。気分がめげます

こんな単調な時は、人間カーステレオで歌を歌っています。この日はジュディ―ガーランドのオーバーザレインボーのサビと、石川さゆりに津軽海峡冬景色です


函館から留萌まで無給油で走り続けました。札幌から深川までは、覆面パトカーに注意してかなりの頻度でバックミラー確認しました

道外ナンバーのバイクは道警の金づるの良いカモなので

留萌を過ぎるといよいよ日本海 オロロンラインです






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。













# by masabike | 2018-09-29 08:31 | Motor Bike | Comments(0)

津軽海峡 夏景色

f0050534_08224858.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON18~135mm


真夏のつがる海峡夕暮れ。竜飛岬に石川さゆりさんが立って歌っているような気がしました 笑



旅に行くときはX-T2,H1よりもなぜかPro2を持って行きたくなる


何か機能以外の存在感が、旅で写欲をかきたててくれる。オーストラリア ニュージーランド インドネシア 韓国そして日本と旅した僕のpro2はボロボロ。でもすべては旅の思い出。これからも世界をこのカメラと旅をしたい



旅に誘ってくれるカメラX-Pro2だと思います。そしてよい旅レンズが18~135mm 旅では超便利です







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2018-09-29 08:26 | 日本風景 | Comments(0)