自転車のある風景 デュッセルドルフ

自転車のある風景 デュッセルドルフ_f0050534_22432120.jpg

自転車のある風景 デュッセルドルフ_f0050534_22433029.jpg

自転車のある風景 デュッセルドルフ_f0050534_22433871.jpg


ドイツの街角には自転車がとても似合う。自転車が町のアクセントになっている感じ
すらする

どの自転車もおしゃれでよく使われている

郊外に行く電車に乗ったとき列車に自転車持込専用車両があり車内に自転車スタンド
があった

さすがエコロジー先進国 ドイツ。日本も見習ってもらいたい

ツールドフランスをはじめヨーロッパでは多くの自転車ビックレースがあり、自転
車、サッカー、F1そしてMOTO GPの選手はヒーローで引っ張りだこ。
スポーツ文化のバリエーションに脱帽する

そういえば昔自転車に相当入れ込み北海道一周サイクリングや暇になると東北や奥多摩に自転車で行っていた。
1日多いと150~170キロぐらい走っていた。
ある日大学で自転車部にスカウトされた。
「将来競輪選手にもなれるよ」と言われたが、どうしてもカメラマンになりたいのでとお断りした。

自転車部の顧問の先生にもったいないと言われたがカメラマンは夢なのでと説明した。
いまは遠い昔の話。もしあのまま自転車選手になっていたらどんな人生だったのだろうとドイツで考えてしまった。

最近サイクリングもしていない。今度久しぶりにサイクリングしてみよう。

春の日サイクリングしてみたくなったらクリックお願いいたします

# by masabike | 2007-04-29 22:56 | ドイツモノクロ | Comments(7)

2007Honda ウエルカムプラザ 青山写真展

2007Honda ウエルカムプラザ 青山写真展_f0050534_14294551.jpg



2007Honda ウエルカムプラザ 青山写真展_f0050534_14295721.jpg

TX-1 30mm 45mm ベルビア50 プロビア400F


グレート オーストラリア
相原正明写真展
Hondaウエルカムプラザ青山での開催のご案内、
毎年恒例の環境月間写真展を今年もHondaウエルカムプラザ青山で開催いたします。
今回オーストラリア大陸のダイナミックさと繊細さを余すところなく写真で伝えるために全作品パノラマ写真で構成いたしました。作品は全てFUJI FILM  パノラマフィルムカメラTX-1、によるものでこの10年を賭けて撮影したものです。そして横に広いパノラマだけではなく、日本美の観点に立ち、掛け軸風にパノラマ縦使いの作品もお見せします。そして銀塩フィルムならではの色の奥行き、繊細さをお楽しみいただければと思います。
 南極の風が吹き付ける雪のタスマニア、ワイルドフラワー咲き乱れる西オーストラリア、赤や白い砂漠の広がる大陸中央部、雨季の雲がダイナミックなトップエンド。今回の写真展も単に風景写真ではなく、地球の自然のエッセンスであるオーストラリア大陸数々の自然のバリエーションを通して私たち地球が笑ったり、泣いたり、怒ったり、微笑んだりした地球の表情のポートレートとしてみていただければうれしく思います。今までにはないオーストラリアの魅力もお伝えできればと存じます。そしてひとりでも多くの方がこのダイナミックで不思議で、そして繊細な大陸を訪れていただければと思います。そしてオーストラリア大陸の自然を通じ、私たちの母なる地球をもう一度見つめなおしていただければと存じます。
開催期間    2007年6月15日(金)~6月28日(木)
     期間中無休
開催時間    10:00~18:00
開催場所   Hondaウエルカムプラザ青山
       〒107―8556 東京都港区南青山2-1-1
       電話 03-3423-4118
       入場無料
最寄り駅    地下鉄(銀座線 半蔵門線 大江戸線) 青山1丁目駅徒歩1分

協力    
オーストラリア政府観光局 タスマニア州政府観光局
西オーストラリア州政府観光局 ノーザンテリトリー政府観光局
カンタス航空 
富士フイルム株式会社
富士フイルムイーメージング株式会社

期間中はなるべく会場に居ります。どうか冷やかしにお越しください。会場ではカメラマンにえさを与えないで下さい。
# by masabike | 2007-04-27 14:32 | 写真展 | Comments(18)

Newベルビア50&クラッセS&W

富士フイルムから張るの新製品が2点発売されました。
1点は銀塩フィルム派皆様ご待望のベルビア50.もう1点は高級コンパクトフィルムカメラ クラッセS。おかげさまでその2点の広告のメイン写真に僕の撮りおろしを使っていただいています。
Newベルビア50&クラッセS&W_f0050534_0305782.jpg


撮影はオーストラリアノーザンテリトリー キャサリンゴージ付近です。雨季の朝のしっとりそして少しひんやりの感じが出ていると思うのですが?


数日前発売されたMOOK中版銀塩写真バイブル(日本カメラ社刊)の最初の見開き広告にベルビア50の広告が出ています。(ブログの写真はスキャニングの関係で左ページのみ)

Newベルビア50&クラッセS&W_f0050534_027467.jpg

ちなみに裏の見開きにあるやはり富士フイルムさんの広告写真3点もうちのです。よろしくお願いいたします。こちらは場所はタスマニア クレイドルマウンテンです。

クラッセSが発売になりました。オーストラリアで使ってよかったです。パブなんかで人目を気にせずバシバシ撮れます。みんな「あ~観光客がとってんのねー」と言う感じでした。SとWどちらがいいかと聞かれますが難しいです。ニコールキッドマンとアンジョリーナジョエリーとどちらがいいですかと言われるようなもんです。(たとえがスイマセン)
Newベルビア50&クラッセS&W_f0050534_0273465.jpg




Newベルビア50&クラッセS&W_f0050534_0324516.jpg



表紙の商品撮影は別の方です。岩と木の作品はノーザンテリトリー、デビルズマーブルの近くです。風が吹いて草がゆれ、木の葉っぱもそよぎよかったです。

ぜひ本屋さんやカメラ屋さんでお手にとって見てください。
オーストラリアに行けばいい作品撮れるのかとお感じいただければクリックお願いいたします

# by masabike | 2007-04-27 00:29 | カメラ | Comments(10)

SALT Part2

SALT Part2_f0050534_23433187.jpg



SALT Part2_f0050534_23434548.jpg


きょうも新丸ビルレストラン「SALT]に行って参りました。本日の目的は10月のフォトエントランス日比谷での写真展用にオーナーのルーク・マンガン氏のポートレイトを撮らせていただく為。先日お会いしたとき、凄く人間的に撮りたくなりオープン前の超多忙な中お願いいて撮影しました。ポートレイトはモノクロですのでしばしお待ちを!
お店に展示してある作品ですが
1枚目の写真 左側 ブールームケーブルビーチ サンセット 西オーストラリア
 ペンタックス645  35mm ベルビア50
同右側 ダーウィン ファニーベイ 夕陽 NikonF3P 80~200mm フォルテイア
2枚目 シンプソンデザート 50度の昼下がり ペンタックス645 35mm ベルビア50

SALT Part2_f0050534_2344255.jpg




SALT Part2_f0050534_23441582.jpg


デビルズマーブルノーザンテリトリー 満月の夜 NikonF2 28mm 64T

SALT Part2_f0050534_23521438.jpg



SALT Part2_f0050534_23522645.jpg



SALT Part2_f0050534_23523768.jpg

 ルークマンガン氏撮影の合間に少しお店の中も撮影。撮影取材用の料理が並んでいたので撮らせていただいた。見た目にも凄く美味しくきれいそうで、もったいなくて食べられない感じです。そして店内で目に付いたのがワイングラス。あまりにも」きれいに磨き上げられきちんとどのテーブル、棚にも並んでいたので思わずパチリ。これほどグラスがきれいに並んでいたお店は見たこと無かったです。オーナー、マネジャー、スタッフの心意気が感じられます。いよいよ明日グランドオープン、是非オーストラリアの味と香りと光を体験しに行ってください。ついでに写真も見てきてください。
今日もクリックお願いいたします。


# by masabike | 2007-04-26 23:57 | 美味しい食べ物 | Comments(5)

SALT OPEN!!!

SALT OPEN!!!_f0050534_8225646.jpg


昨日写真をインテリアで使っていただいているオーストラリアクィジーヌレストラン「SALT」さんのオープニングパーティーに行って来ました。多くのメディアやフードー、オーストラリア関係者のご来賓がありました。そしてオーストラリア大使もご来場されていました

SALT OPEN!!!_f0050534_822738.jpg

ルークマンガン氏(右から2人目)、オーストラリア大使(右端)を囲んでのプレス用撮影のひとシーンです

SALT OPEN!!!_f0050534_822186.jpg

オープニングセレモニーです。コンパクトカメラでしたので光が廻っていなくてシクシクです
当日マンガン氏のお母様も(左端)シドニーより駆けつけていました

お昼の開催されたパーティー、軽食のサービスがありました。シーフードがやはり絶品、思わずビックスマイルでした。それとオーストラリアワインのセレクションが素晴らしかったです

場所は東京駅の駅前です。是非地方の方も東京出張の節には是非是非お立ち寄りを。酔っ払ってもそのまま新幹線で無事に帰れます
ぼくも帰り地下鉄の中で心地よい酔いで昼間から爆睡でした
# by masabike | 2007-04-26 08:32 | 美味しい食べ物 | Comments(0)