2006.3.16 梅が咲いたよ桜はまだかいな

2006.3.16 梅が咲いたよ桜はまだかいな_f0050534_11635100.jpg
2006.3.16 梅が咲いたよ桜はまだかいな_f0050534_1165567.jpg

朝雨戸を開けると少し甘いかぐわしい香りがした。ふと庭の隅を見ると15日の夜はつぼみだったのに、いきなり咲いていた。自然の力とスピードに脱帽。アウトバックやタスマニアと同じようにささやかながらも自分の庭に自然があることに感謝する。バブルのときに庭をつぶしてマンションにしなくてよかったと思う。あの時はこんなに儲かるチャンスを逃してと言われたが。うちの親殻そのとき「人間1億もらったら次は2億ほしくなり、その次3億、4億になる。うちは毎日白いご飯を食べられるんだからいいじゃない。そんなうまい話は続かない」と言われ、不動産屋さんの勧誘は全て断った。いま朝日の中で梅の木を見てると、本当にそう思う。そしてこの家と庭を自ら作ってくれた大工の棟梁だった祖父に改めて感謝する。自分も後世になっても誰かの気持ちに残る匠のようなカメラマンになりたい。
# by masabike | 2006-03-17 11:15 | Comments(0)

キングスクロス2006.2.13

キングスクロス2006.2.13_f0050534_7151131.jpg

1988年初めてオーストラリアに来た日にこの駅のプラットーホームに立っていた。旅立つ2ヶ月前会社を辞めて、貯金を全額はたいて此処に来た。サラリーマン時代にためたお金は全部使うつもりだった。サラリーマン時代の自分を全て清算し、カメラマンになる夢を実現するために此処に来た。誰も知り合いはいない、もちろん英語は全くしゃべれない。海外にフリーで来たのは初めて。とても怖かった。いっそうのこと誰も見ていないのでオーストラリアをバイクで一周したことにして3ヶ月半シドニーのホテルに隠れていようとさえ真剣に考えた。初めてこのホームからシドニーのバイク屋さんに向かうためプラットホームに立っていると、行き先を告げる妙にバリトンのきいた男性のアナウンスを聞いた。必死で地図と首っ引きで聞き取ろうとした1割も聞き取れなかった。
それから18年後再び此処にたつ。シドニーに来るといつもキングスクロスに泊まる。やはり此処がオーストラリアでのそしてカメラマンへの第一歩が此処であり、このホームであった。毎回ホームにたつたびに1988年3月17日の朝のシドニーが昨日のように思い浮かんでくる。そして今回ここから世界への第1歩が始まる。タスマニア、メルボルン経由でアメリカに向かう。初の北米での写真展、そして第2回目の海外での写真展。不思議とこのホームに立つと18年前と同じようにうまくいきそうな感じがする。2004年タスマニアで個展をするとき友人とタスマニア政府観光局の人が同じくして「オーストラリアは世界へのゲートアウェイだから。此処から世界に羽ばたけるよ」と言ってくれた。まさにタスマニアの写真展は自分に世界への扉を示してくれた。そして今日2月13日アメリカでの写真展のミーティングのためここからシドニーのシティーに向かう。今まさに自分でその扉に鍵を差し込んだような感じがした。後は開けるだけ、もう後戻りはできない。電車に乗り外を見ると18年前と同じように真っ青なオーストラリアブルーの空だった。
# by masabike | 2006-03-15 07:37 | Comments(2)

エビガーリック炒め

エビガーリック炒め_f0050534_19575337.jpg

2月13日いよいよダーウィン最終日。結局この1週間の撮影をしのぐシーンは今日見ることができなかった。そして稲妻を撮影することが予想以上に難しいこともわかった。これからは当分1月2月はダーウィン通いになりそうだ。まったりした空気と雷鳴、なにか僕は新しい獲物を見つけてしまったみたいだ。

ダーウィンに来ると必ず食べるものがある。ダーウィンのシティーモールの近くにある、「第一麺家」のエビガーリック炒め。94年に初めて此処で食べて以来ダーウィンでは必ず食べに来る。
でっかいエビにたっぷりのガーリックと野菜。キャンプ生活で疲れた胃袋には答えられない。この盛で18ドル。しかもここはBYO(オーストラリア独特の慣例でお酒持込可の飲食店。Bring
your own botoleかgrassの略称、以前僕は初めてオーストラリアに来たとき、シドニーで
キャンプ場にいた日本人のキャンパーに「BYOてなあに?」とたずねると「Bring your own garilの略称でカップルで入るレストラン。男1人は入れないよ」と言われ信じてしまった。ある日
男2人が「BYO」と書いたレストランから出てきたので、バイク屋のメカニックのオージーにたどたどしい英語でBYOをたずねると、真実を教えてくれた。「Bring your own gairl」を聞いた彼は腹を抱えて笑っていた。ちなみにオーストラリアではエビは「シュリンプ」ではなく「プロウン」と表現することが多い。エビを平らげた僕は満腹の腹を抱えてシドニー行きのナイトフライトに乗るため空港に向かった。今回4回目のフライト、あーでも後まだ10回以上ある・・・・・・。
# by masabike | 2006-03-11 20:17 | Comments(0)

500グラムステーキ

500グラムステーキ_f0050534_19475348.jpg

今日(2006.2.11)夕方ダーウィンの港で稲妻が撮れた。アラフラ海に浮かぶ島の向うに何回も落ちた。でもこればかりは現像するまではわからない不安でいっぱい。でもウッツテいるだろう、と言う予測の元に自分でご褒美としてでっかいステーキを食べてしまった。しかもルームサービスで。おまけにSt Halletという最も僕がオーストラリアで気に入っている赤ワインも買ってきた。500グラムのサーロインステーキは36ドル(約3400円)少し痛い出費だったけれども、これで明日ダーウィン最終日、さらにいい写真が撮れそうな予感がする、そしてこの後につづくアメリカの写真展も、いよいよ新たな扉を開けるときが近づくとやはり怖くなってくる。どうかオーストラリアの神様お守りください、お賽銭弾みます
# by masabike | 2006-03-11 19:54 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

雨、雨、嵐、稲妻

雨、雨、嵐、稲妻_f0050534_10402751.jpg

2月11日車に乗りながらおぼれそうな雨を体験した。カカドゥで何とか1回稲妻が撮影でき再びダーウィンに戻り、雨雲稲妻ウォツチング&ハンテイング。夜明け前に再びフォグダムの大湿原地帯で雷を狙う。夜が明けるころ、巨大なそして今までの人生で見たことも無いようなおどろおどろしい雨雲が、地平線の彼方からまるで巨大な竜のように空を踊るように、こちらに向かってきた。雲を見て膝が震え、息が止まりそうになったのは生まれて初めて。地球の意思を見せ付けられた。思わずひれ伏し拝みたくなった。4ロールほど撮影すると、突然バケツをとゆうよりもプールの水を一気に頭からぶっ掛けられたぐらいの雨。車の中にカメラを放り込みただじっと雲を見て震えていた。残念ながらこの雲の写真はフィルムでしかもパノラマカメラで撮影しているのでブログにはアップできない。(是非生の写真を見に10月からの富士フォトサロンでの写真展お越しください)
 ワイパーをハイにしても運転ができない。1時間ほど車で待機。あまりの雨で思わず外を見ながら溺れそうな錯覚でイキを止めてしまった。今朝は雷よりもすごいものが撮れた感じがする。まさにアウトバックの神様が「君が考えている以上にすごいものがココの大陸にはあるんだよ」と言われ見せ付けられた気がした。でも自分にとっては最高のご褒美写真。雨が上がった。うそみたいな青空。早くまちに戻り冷たいビールを飲もう。今日は少し奮発してタスマニアのカスケードプレミア(ここではほかの州のビールに比べて少し高い、なぜならタスマニアはここから5000キロ以上離れている。運賃分高い)
# by masabike | 2006-03-10 10:59 | Comments(0)