FUJIFILM X Series face bookより「星に願いを」

f0050534_07542492.jpg



【和の「写心」《番外編》 By Masaaki Aihara】

「星に願いを」オーストラリア タスマニア州 セントラルハイランド
FUJIFILM X-H1 + FUJINON XF16mmF1.4 R WR

オーストラリアでいつも一番驚かされるのが、夜空の美しさと星の数。この写真でもマゼラン星雲とおぼしきものが、画面左上に写っている。今年はオーストラリアで撮影を初めて30年目。初めてオーストラリアの砂漠でキャンプした時、その星空の凄さは美しさを超えて、怖さすら感じた。自分が宇宙に立っている、宇宙に存在していることを突き付けられた気がした。

そんな星空でのキャンプは読書に最適。静かな砂漠や森の中、撮影が終わり寝る前のひと時に、安らぎと宇宙と自分のつながりを考えさせてくれる。僕のキャンプでのお勧めの本は4つ。一番おすすめはカール・セーガン氏の「コンタクト」。この本を僕はオーストラリア中央部の白い砂漠で読んだ。天文学者が地球外生命体からのシグナルをキャッチするお話。テントの上には満天の星。自分は宇宙に一人ではないと本を読んで感じ、深夜の砂漠で涙した。

次にオススメが、ジェイムズ・P・ホーガンの長編SF3部作「星を継ぐもの」「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」。SF的視点から月の誕生の秘密、地球外生命体、銀河系規模でのストーリー展開。キャンプで翌日の撮影を忘れて深夜まで読みふけて「しまった」と思ったのがこの本。

オーストラリアの荒野という、まるで宇宙みたいなところで一人キャンプし撮影していると、このような本が想像力と好奇心をかきたててくれる。その心の力は作品に与える影響は大きい。特に僕の風景作品はコンセプトが「地球のポートレイト Earthrait(相原造語 地球+ポートレイト)」。宇宙規模の視点となることが作品作りに大きく影響する。どんなに機材が進化しても、撮りたい、映像にしたいと思う心が無くては、作品は生まれない。そしてXシリーズはその、高ぶる心の中を写真という形にコピーしてくれるマシン。ぜひ夏の夜空を見ながら、好奇心と想像力を刺激してほしい。それはきっとあなたの作品に大きな力となり、Xシリーズはそれをお手伝いしてくれるはず。最後に砂漠で読書して高ぶる気持ちを静めるには音楽。いつも荒野で寝る前に聞いていたのはリンダ・ロンシュタットの「星に願いを」だった。素晴らしい夏の夜空を!!





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。














# by masabike | 2018-08-09 07:56 | タスマニア | Comments(0)

上岡弘和写真展 日本の可動橋

f0050534_13194313.jpg

お盆のオススメ写真展です。東京ミッドタウン 富士フイルム スクエアで開催される、上岡弘和 日本の可動橋写真展。かなり濃い内容の写真展です。上岡氏は今までも、橋をテーマに富士フイルムフォトサロンで何度か個展をされています。建築関係の知識が豊富な写真家の方できっちり作品としてもアーカイブとして見せる写真展です。過去の作品の多くは4x5で撮影したものも多く、今回も4x5での重厚な作品があるかもしれません

期間中18日 19日には、いずれも14時からギャラリートークもあります。ぜひご覧ください




# by masabike | 2018-08-08 13:27 | 写真展 | Comments(1)

STAR SNOW STEEL作品集販売のお知らせ





f0050534_10393071.jpg








f0050534_10394624.jpg


















f0050534_10394561.jpg























f0050534_10424369.jpg


















f0050534_10413948.jpg






















f0050534_10414922.jpg




















f0050534_10431950.jpg


















f0050534_10430906.jpg





















f0050534_10435779.jpg





















f0050534_10435750.jpg






















f0050534_10442145.jpg

















f0050534_10442148.jpg
























f0050534_10394574.jpg





















f0050534_10450020.jpg























f0050534_10452843.jpg





















f0050534_10452845.jpg




















f0050534_10452810.jpg

STAR SNOW STEEL作品集掲載作品


相原正明 写真展 STAR SNOW STEEL作品図録販売のお知らせ

7月に東京と大阪で開催しました、初の鉄道写真展 STAR SNOW STEELは皆様のご支援とご来場のおかげで、無事大成功で終了しました。オーストラリア撮影開始30周年を記念して、自分の原点を振り返る写真展が開催できたことをとてもうれしく思います

さて会場で販売しておりました作品図録ですが、会場にお越しいただけなかった多くのお客様、また会場で買いそびれたお客様から、購入希望のメール&メッセージが多く寄せられましたので、再制作しブログとFacebookで受け付けて販売いたします

仕様は下記の通りです

16ページ 作品16点掲載

富士フイルム ワンダーフォトショップ製 Photo Book 反光沢 マット紙


販売価格は会場と同じく1部2,000(税込) 


プラス レターパック(手渡し)でお送りいたしますので、送料510円がかかります。

ですので1部購入の場合 作品集2,000円+送料510円 合計2,510円となります。


ただ今回はお申込みとご入金のお手間を考え、写真展で販売いたしました、ポストカードを1枚サービスで付けさせていただきます。また作品集にはご希望の方にはサインを最終ページにお入れさせていただきます



お申し込み方法

メールで相原宛にお申し込みください

masabikejpyahoo.co.jpで、★印を@に変更にてお申し込みください

お申し込みには下記の要件でお願いいたします

お名前 ご住所&郵便番号 お電話番号 部数  サインの有無


お申込期限

2018822日まで

お届け予定

2018910日前後



ご注意事項

PCもしにはデバイスでご覧いただく写真と印刷物とは色彩等が異なる場合がございます。あらかじめご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします

またご購入後の返品は基本的に一部例外を除きいたしません。ご郵送中の破損等が生じた場合は、お手数ですがご連絡ください。その場合はご返品の上、新しいものと交換させていただきます

お申し込み後に振込口座をご連絡いたします。なお複数部数お申し込みのお客様は場合によってはレターパックではなくなりますので、送料が異なりますので、ご容赦ください。その場合は再度ご連絡させていただきます

皆様からのお申込みお待ち申し上げます



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







# by masabike | 2018-08-08 10:53 | 写真集等出版物 | Comments(0)

30年目のオーストラリア 旅 Day17

f0050534_07510251.jpg

LUMIX G9Pro+LEICA30mm Macro


乾燥した砂漠から、湿度100%のケアンズ北部 モスマンゴージの熱帯雨林。カメラ機材にとり厳しすぎる環境。砂漠と熱帯雨林そして今年2月の厳寒の北海道。プロ用機材は厳しい現場で鍛えます。そして鍛えたカメラは最終的には自分の作品への完成度に大きく影響します

そして厳しい環境は、フォトグラファーも鍛えます 




f0050534_07510235.jpg














f0050534_08001036.jpg













f0050534_07510265.jpg






モスマンゴージは環境保護とアボリジニ聖地もあるので、シャトルバスでのアクセスとなります。個人の車等でのアクセスはNGです。シャトルバスの待ち時間も瞬時を惜しまず、HarQ氏はFace bookにレポートをUPしています





f0050534_07510210.jpg

熱帯林で最初の1時間は元気に撮影していたHarQ氏


撮影開始から3時間近くたつ頃、少しお疲れが見えてきたHarQ氏。このあと熱帯雨林の切株で、うたたねをするほどお疲れが・・笑 でも湿度100%と高温ではかなり体力を奪われます。でもHarQ氏撮影や移動の間、楽しい話題が豊富で撮影のテンション維持にとてもプラスになりました

いろいろ聞いた中で記憶に残る話は大学の時の就活です。彼は京都の大学だったそうですがその時の話題です

1  有名商社を、同じ京都の大学サークルの学生が受ける時に、面接で記憶に残る様にと1次面接は、段ボールで作ったガンダムのコスプレで受けに行き、1次は見事突破、2次は欲が出てスーツで行ったら落選。商社の就活担当者から「今回はシャアのコスプレで来ると思ったのに」と言われたエピソード

2  やはり京都の大学生が 某Qマヨネーネズを受けた際に、どうしても合格したかったので、Q社のマヨネーズを1本一気飲みして合格。翌年同じ大学の学生がQ社で同じことをしたけど不合格。理由は一気飲みしたマヨネーズが他社のだったので、不合格。下準備がだめでしたということ。毎日話題豊富なHarQ氏 、撮影テンションをUPしてくれます



撮影はサポートしてくれる多くの人たちの、おかげで成り立っています。熱帯雨林でも頑張ってくれたHarQ氏、はじめてのオーストラリアはあまりにも厳しい環境だったのかもしれません。でもありがとう、多くの場面で助かりました





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。













# by masabike | 2018-08-06 08:12 | | Comments(2)

岳南鉄道 夜鉄

f0050534_17153867.jpg
Nikon D5+Niikor14~24mm


真夏の夜の駅は、なぜか宇宙船のように見えてしまった。ここで待っているとどこか異次元に連れて行ってくれそうな気配がする



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。














# by masabike | 2018-08-05 17:17 | 鉄道写真 | Comments(2)

Katachi 岳南鉄道2


f0050534_10342722.jpg

Nikon D5+Carl Zeiss Otus 85mm


全てのものを写し撮るOtus。この機関車の歴史も写し撮ってくれる




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。












# by masabike | 2018-08-05 10:36 | 鉄道写真 | Comments(0)

Katachi 岳南鉄道

f0050534_10145712.jpg

FUJIFILM GFX50s+FUJINON23mm ACROS+Rモード


旧型電気機関車 連結器。
GFXは、眼では見えない存在感すら表現してくれる
自分の部屋に飾るための作品撮り






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。













# by masabike | 2018-08-05 10:17 | 鉄道写真 | Comments(0)

あさのおめざby Nikon Df

f0050534_09144981.jpg













f0050534_09144922.jpg

Nikon Df+Nikkor60mm Macro



今朝のおめざは、ベーコン&チーズマフィンです。今朝は気分を変えてNikon Df+NikkorMcroで撮りました










f0050534_09144971.jpg













f0050534_09144906.jpg
Nikon Dfは最近のニコンで一番のお気に入りのカメラです。写真展 STAR SNOW STEELの多くの作品もDfで撮影しています。D4のセンサーを搭載するDfとても良い色再現で、銀塩プリントにした時、色の諧調が良いです。カメラはスペックだけではないと、訴えるカメラです

そして最近のニコンの中で一番Nikon のDNAと、ニコンの良心を感ずるカメラです。まさにもつ喜び、使う喜びを感じるカメラで、末永く使い持っていたいカメラの一つです。今ニコンのミラーレスがネットや巷で噂になっています。どんなカメラになるか楽しみですが、持つ喜び、使う喜び、そしてNikonのDNAと良心とプライドを失わないカメラで会って欲しいです。 日本で唯一神話と伝統があるカメラメーカーですから・・・・・







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









# by masabike | 2018-08-04 09:21 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

ヤマハ コミュニケーション プラザ モータースポーツ SUZUKA 8耐

f0050534_08543518.jpg













f0050534_08543408.jpg
















f0050534_08543457.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON18~135mm


先日伺った、ヤマハコミュニケーションプラザ。実は初めて買ったバイクはYAMAHA GT50(通称ミニトレ) そのティアドロップタンクは美しく、今でも保存しています。そんなわけで、ヤマハラグビーチームの撮影をしている、写真家の甲斐さんのご案内でヤマハさんの本社を訪れました





入り口で目に入ったのが、今年の鈴鹿八耐で、優勝4連覇を成し遂げたYAMAHAマシンの展示。世界耐久レース選手権でもあり、国内最大のモータースポーツイベントでの4連覇はあっぱれです。個人的にはHONDAファンですが、やはり一時期鈴鹿八耐=ホンダの独占 ホンダの運動会的な感じになっていたので、レースを見るものからすれば楽しい限りです。でも今年は久しぶりにカワサキに勝ってほしかったですが。でもYAMAHAやHONDAの方も言っているのですが、鈴鹿八耐 国内最大モータースポーツイベントなのにまるでメディアに出ないです。

野球も大事なのでしょうが、国内4台バイクメーカー+海外メーカーも参加しての大イベント少しは報道してほしいです。日本でレースがあると、GPライダーたちは「なんで俺の記事が新聞やテレビに出ていない?」とメーカーのプレスに質問されてかなり困惑するらしいです。場合によっては皇室や首相はレースにご臨席されるのかときかれ、さらに困惑されるそうです。ヨーロッパではGPにロイヤルファミリーや首相クラスが来るのは当然です


メディアの仕事は、みんなが知らないことを掘り下げて伝えることです。野球さえ流していれば、視聴者や読者は満足というのは、あるいみ一般大衆を軽く見ていると思います。来年はラグビーワールドカップ、これを盛り上げないと日本のメディアは世界のはじになると思います。ヤマハ サントリー、パナソニックなどなど日本を代表する企業がラグビーに取り組んでいます。ラグビーをメディアで取り上げないのだったら、お宅のテレビ局や新聞に広告出稿とりやめますよ、ぐらい言った方が良いと思います。メディアの最大の恐怖は、クライアントの広告差し止めです

モータースポーツもラグビーも、もしかしたら僕たちが知らない世界で活躍する優れたアスリートに光を当てるのがメディアの仕事と、いつも八耐が終わるともう、30年近く感じています






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








# by masabike | 2018-08-04 09:10 | Motor Bike | Comments(0)

『「建築」への眼差しー現代写真と建築の位相』建築倉庫ミュージアム

f0050534_22595374.jpg















f0050534_22595395.jpg















f0050534_22595355.jpg
















f0050534_22595306.jpg









f0050534_22595466.jpg






f0050534_23003742.jpg










f0050534_22595278.jpg






FUJIFILM X30


今日は寺田倉庫が運営する、建築倉庫ミュージアムでの、「建築」への眼差し -現代写真と建築の位相-展のオープニングに伺いました

建築と写真は切っても切れない関係。ル・コルビジュエやオスカーニーマイヤの作品を撮った写真作品と、その建築模型が展示されています。そして今回印象に残ったのは、杉本博とトーマスルフが撮影した作品。強い建築には強い意志を持つ写真家が必要と実感しました


それと今回は建築コンペに落ちた、アンビルドの作品模型数多く展示されていてこちらも見ものです


会期は10月8日までです。お見逃しなく。アマチュアや写真を学ぶ学生の方に、カメラメーカーという枠を離れた写真展もぜひ見ていただきたいです

あと、アート系のオープニングパーティーはお越しのお客様がおしゃれです。そして優雅です。見習いたい部分がたくさんあります





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








# by masabike | 2018-08-03 23:09 | 写真アート | Comments(0)