多摩ニュータウン

f0050534_17374323.jpg











f0050534_17374342.jpg

先日、久しぶりに多摩ニュータウンの駅に降りた。とても懐かしかったのと、とても大変だったことに思い出がよみがえった

実は広告代理店の営業マン時代 1985~1988年 僕は当時の住宅公団の広告担当だった。メインはこの多摩ニュータウン。仕事は新聞やチラシの広告の制作 掲載&配布の手配。モデルルームの設営 案内看板の手配 さらに住宅バス見学会の手配まで何でもやらされた。なんとバス見学会のバスガイドまでしていた(笑)本当です


丁度、85年に新しい部署に異動になり、新しい部長の初仕事が住宅公団のコンペ。ぜったに落とせないコンペだった。それは2つの理由からだ。1つは新しく設立した部で、部長の初仕事なので、手柄を上げさせないと部下の兵隊は大変なことになる。もう1つはこれが一番大切。当時勤めていた、代理店では官公庁に仕事の口座を持っていなかった。大手広告代理店としては、何が何でも官公庁の口座が会社の体面上喉から手が出るほど欲しかった。だからコンペは絶対落とせない。
しかも部長さんが、コンペのプレゼンでのトークが大の苦手。というわけで、コンペのプレゼンのトークに運が強い僕がすべてを任されて、何とかコンペをとり、口座を獲得しました。でもこの時代のプレゼンの経験は、今、フォトグラファーの仕事の上でとても役立っています。クライアントを落とすための、殺し文句を如何に考えるか、この当時からの経験です


じつは代理店の仕事の成果で、大事なことは売り上げもありますが、いかに口座をとるかと、いかに既存のクライアントの扱い口座を、ライバルの代理店からデフェンスするかです。口座を確保すること、これは会社のメインバンクやメディアへの大きな信頼となるからです

ともかくそんなことをして、勝ち取った住宅公団ですが、不動産広告の仕事は地味で、週末は現地販売の立ち合いとお手伝い。駅前でティッシュやチラシをバイトと配ったり、案内看板を持って駐車場に立っていたり、あるいは現地販売センターで、お客様のお子様に、綿あめや風船を作り配ったりと、なんでも屋さんでした。多い年は年の、8割の週末は不動産の販売センターにいました。
 とうじすべてが嫌で嫌で仕方がありませんでしたが、フリーランスのフォトグラファーになり、あの時のことがすべて肥やしになりました。今では昔の会社にとても感謝しています。多摩センターの改札を出たとき、「現地モデルルーム 右」と書いたプラカードを持ち立っている、30年前の自分を見たような錯覚に陥りました

全ては芸の肥やし、会社は大切なことをお金をいただいて教えてくれたとこと、思っています



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2019-04-14 17:54 | 広告仕事 | Comments(0)

Nikon D5 仕事のイージス

f0050534_17103962.jpg
明日は2019年度 第1弾の広告撮影。いわゆる作品撮りではなく、しっかりしたWORKの撮影。撮るのはある超有名企業のVIPのポートレイト。当然、時間の制約 アングルの制約、そして何よりも絶対に失敗しない撮影。しくじると、担当者と担当者の上司ともども終わることになるので


今回の撮影の撮影の布陣は
 Nikon D5&Df+Nikkor24-70mm 35mm 50mm 60mm Macro
 FUJIFILM X-H1+XT2 FUJINON16-55mm 16mm 35mm 56mm 90mm

コメット2400W  2灯   LED2灯

カメラもライトも2システムにしてあるのは、フェイルセーフで何かあってもリカバーできるように別系統で2つ用意する。もちろんメディアはダブルスロットルで同撮


僕の基本的な考えは、カメラは大事なとにこそトラブルがある。レンズは大事な時に壊れることがある。つまりトラブルかもしれないを前提に用意する。ただ大事な撮影の時は必ず、Nikon のフラッグシップモデルで押さえること。これはフィルム時代から変わらない


なぜならば、絶対の安心感。過去40年近くF一桁モデル あるいはDトップクラスモデルを使い、いままで自分のミス以外に記憶にあるカメラトラブルはなかった。いわば仕事の時の、すべての邪悪な災いから、クライアントのオーダーを守ってくれる、万能の盾。つまりギリシャ神話に出てくるイージスだからだ。広告の撮影では、現場でのクライアントの意見が最高意見。予定以外のおオーダーが来ることもある。そんな時に、すべてに対応してくれるのD5。今までに何度かD一桁モデルには救われた。別にDfを含めて他のカメラが不安と言っているわけではない。D5は超越したモデルであると感じる

本当に僕にとってはD5を含め Dひと桁モデルは鉄壁なイージス。

ニコンがニコンであるゆえんは、この万能のイージスを維持し続けてくれていること。目先のスペックではなくどんな環境、条件でも確実にシャッターが切れてチャンスを、あるいはオーダーをものにできること。これにかなうカメラはまだ存在しないと思う。スペースシャトルのオフィシャルカメラになっている理由もわかる。安心感は撮影の時に、ファインダーの中の世界に100%以上集中させてくれる。

明日は朝から時間との闘い。D5、明日も僕のイージスであってほしい。そしてニコンにはいつまでも万能で鉄壁のイージスを作り続けてほしい。ライバルメーカーを見ることなく、使う常にフォトグラファーを見続けてくれる、フォトグラファーファースト、それを維持してほしい。

写真の仕事で、お金で買える安心感があるとしたら、それは紛れもなくNikon D5だと思う


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。













# by masabike | 2019-04-14 17:28 | カメラ | Comments(0)

照明機材テストD5&X-Pro2

f0050534_11195842.jpg
















f0050534_11195159.jpg



























f0050534_11195239.jpg

来週 広告の撮影でストロボが使えない場合がある撮影が発生したので、LED照明機材を密林マーケットで購入しました

スタンドつきで2台セットで約15000円、お買い得です。色温度も解りやすい表示で使いやすいです。何よりも熱がさほど出ないので助かります




被写体とレンズ別の傾向をつかむので撮りました

f0050534_11195262.jpg

Nikon D5+Nikkor35mm WB/マニュアル












f0050534_11195292.jpg
Nikon D5+Nikkor60mm Macro













f0050534_11195183.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON35mm



 広告の撮影で、予想外なことが起きそうなとき、あるいは絶対に撮り直しが効かない場合は、迷わずNikon D5.世界最高の信頼性です。
まさに信頼=Nikonを形にしたようなモデルです


フラッグシップはかくあるべきというのが、Nikon D5だと思います。スペックでD5を見る、メカライターやアマチュアの方も多いですが、スペックに出ない部分の凄さと信頼性が、D5がD5としてあるゆえんです


そして各種色への絶対的な信頼がXシリーズと、その解像力でFUJINON35mmです。このD5&Xシリーズが現状で僕の広告撮影の布陣です

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。











# by masabike | 2019-04-11 11:33 | 広告仕事 | Comments(0)

Nikon Z7 企画展 SPIRIT 大阪開催

f0050534_08580449.jpg



























f0050534_08595415.jpg


























f0050534_09000987.jpg




















f0050534_09000942.jpg




Nikon Z7 Nikkor Z 24-70mm Nikkor14-24mm 58mm

撮影協力 ヤマハ発動機(株)


GWにかけて 大阪駅前 Nikon The GALLERYでZ7企画展 SPIRITを開催いたします

会期 4月25日~5月2日 10:30am~18:30pm 
日曜日 休館 最終日 15:00終了

会場 ニコンプラザ 大阪 内 THE GALLERY

〒530-0001
大阪市北区梅田2-2-2
ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階

お問い合わせ先 お電話番号 06-6348-9698


相原正明在廊予定  4月25日~4月27日フルタイムで 在廊予定です

トークショウ 1回目 4月26日 18:30~ 約1時間半
       2回目 4月27日 14:00~ 約1時間半

参加費無料 予約不要


ギャラリートーク  4月25日 12:30~ 17:30~
4月26日 12:30~
4月27日  11:00~ 

ギャラリー トークは追加開催もしくは変更になる場合もございます。その場合は逐次、ブログ並びにfacebookでご連絡いたします


作品は 北海道 信州 富山 琵琶湖 京都 奈良とZ7+Nikkorレンズ群で撮影した作品 約40店で構成いたします
全作撮り下ろしで、風景+物撮りです

ぜひぜひご来場よろしくお願いいたします


相原正明




 




# by masabike | 2019-04-11 09:15 | 写真展 | Comments(0)

Ceduna Sout Australia

f0050534_07472715.jpg

LUMIX S1R+LUMIX24-105mm

Ceduna South Australia



オーストラリアに行くと光のパワーが日本の倍ぐらいある

この30年間 僕の視点はこの光と影に育ててもらった。オーストラリアの大地でシャッターを押すとき、いつも自分のいるべき場所に戻ってきたなと感じる


強烈なコントラストと色彩、まさに光彩の大陸だと思う


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2019-04-10 07:50 | | Comments(0)

又兵衛桜 FUJIFILM X Series FBより転載

f0050534_07280590.jpg

【和の「写心」By Masaaki Aihara】

「古櫻朝霧図」奈良県 大宇陀 又兵衛桜
FUJIFILM X-H1 + FUJINON XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

年に1度、僕はこの古老の桜に会いに行く。それも雨や霧の時を狙って。この古い桜が放つ妖艶さが、晴れよりもそのような天気の日が強く感じられる。そして天気の悪い日は、観光客やカメラマンが少ないので、桜とゆっくり対話できる気がするからだ。

この朝は、靄がかかっていた。その湿度感を出すために、あえて木と距離をとり、長玉で湿度感を出した。そして柔らかい色を出すために、あえてアスティアモードを選び、背後の梅の木を主張するために、彩度を+2にした。

フィルム時代からよく、桜を撮るのにベルビアを選択する方が多いが、実はベルビアにすると、桜の淡い色ではなく、ピンクが強調される。桜の花びらは、よく見ると、薄っすらピンクがのっているだけだ。だから僕はアスティアにして、色の具合はEVFファインダーで確認し、WBと彩度の調整で自分のイメージに合うように現場で追い込む。撮って出しで、写真展に使えるデーター設定はXの得意技。そしてそれこそがファインプリントを作る秘訣だ。写真展やフォトコンテストで悩まれる方、ぜひXの色再現を自分の物にして現場で追い込んでほしい。それが被写体である桜への、最も素晴らしいお礼になると思う。



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2019-04-10 07:29 | 日本風景 | Comments(0)

微笑 FUJIFILM X Series FBより

f0050534_07243612.jpg

「微笑」フランス ・パリ
FUJIFILM X-T3 + FUJINON XF23mmF1.4 R

ポートレートを撮るのに何ミリのレンズが良いですか?としばしば聞かれる。実は答えはない。答えは相手のバリアーを外せるか外せないかでポートレートが撮れるかどうかが決まる。レンズの焦点距離ではない。いかに相手が自分を警戒するバリアーを外せて、自分が好きな距離あるいは間合いに近づけるかで、選ぶレンズが決まってくる。

相手のバリアーを外せなければ、100mmぐらいの望遠レンズを使っても、良い表情は撮れない。ではそのバリアーを外すためにはどうしたらよいか?答えは簡単、たった2つのことをすればよい。1つはその国の言葉でご挨拶。もう1つは笑顔だ。

いきなり知らない土地、知らない人、初対面でカメラを向けられて楽しい人はいない。そのためには、自分はあなたにとって危険な存在ではないですよ。怪しくないですよ。そのためにご挨拶と笑顔が、バリアーを外すパスワードだ。仮に言葉が最悪上手く通じない国、あるいは地域でも身振り手振りで、挨拶をし、笑顔があれば何とかなる場合もある。ただこの場合の笑顔は、ニタニタするのではなく、きちんとした微笑だ。

そしてすべての被写体、これはポートレートに限らず、風景でも動物でも自分の気持ちの鏡であると思う。楽しく撮りたい、きちんと撮りたい素直な気持ちがあればそれは被写体に投影される。写真は、自分の心の中を写す写心であるとともに、相手にも自分の心が投影される。掟破りの写真や、違法に撮った写真がなぜか楽しく見えない、素晴らしく見えないのはそのせいだと思う。

今日の作品はパリの横断歩道を渡っている時に、交通整理の女性と眼が合った。その時、僕がボンジュールと言い、にこりとすると彼女も挨拶を返してくれた。横断歩道を渡り切り、レンズをそれまでのCarl Zeiss Touit 32mmからXF23mmに付け替えた。彼女の表情をよりアップで撮りつつ、バックのパリの街並みも生かしたかった。相手は普通の街の人。たくさん撮ると迷惑なのと、彼女の仕事の邪魔もする。だから3~4カットのみ。僕はもう1度横断歩道を戻り、超下手なフランス語で「写真撮っても良いですか?」と聞き、OKをいただき撮影した。はにかんだとてもチャーミングな笑顔だった。別れ際にMerciと言うと、大きく笑顔でうなづき、再び交通整理に戻っていった。良い笑顔、この日に味わった一番、素晴らしいパリの味だった。

どんな素晴らしい機材でも撮り手次第で変わります。もうすぐGW。ぜひ、Xシリーズと笑顔とご挨拶で素晴らしい出会いと一瞬をとらえてください。











富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



# by masabike | 2019-04-10 07:26 | 2019 パリ | Comments(0)

サヴォア邸  FUJIFILM X series FBより




f0050534_07193807.jpg


「サヴォア邸」
フランス パリ郊外 ポワシー サヴォア邸(世界文化遺産)
FUJIFILM X-T3 + FUJINON XF23mmF1.4 R

今回のパリの旅は100%プライベートで観光とグルメ。だからカメラも仕事をしてしまいそうだからXF10だけにしようかとさえも考えた 笑。
今回の旅の目的の一つに、20世紀近代建築の巨匠 ル・コルビュジエの建築作品群を見ることもあった。パリ市内のラ・ロッシュ邸、アトリエのアパルトマン、スイス学生会館、そしてル・コルビュジエの最高傑作のひとつとも言われているパリ郊外の小高い丘の上に立つ、白亜の作品、それがサヴォア邸だ。

建築に興味がない人でも、その名前は聞いたことがあるはずだ。
(現在 彼が設計した 東京・上野の国立西洋美術館では5月19日までル・コルビュジエ展が開催されている)

今回のサヴォア邸訪問は奇跡のようなタイミングだった。パリに雪が降り(実は普段はパリには積もるほど雪が降らないそうです)、その早朝にサヴォア邸の見学だった。市内から郊外電車で40分。最寄りの駅に着くと、パリ市内では雪がちらつく鉛色の空だったが、雪は止み抜けるような快晴だった。誰よりも早く雪のサヴォア邸が見たかったので、駅からタクシーを飛ばした。タクシーを降り、門をくぐると白銀の世界の上に、白亜のサヴォア邸が、ようこそと待っていた。まるで映画のセットの様だった。僕は冬の抜けるような青空と空気感、さらに建物の、滲みの無い白を表現するために、フィルムシミュレーションをASTIAにセットした。ASTIAは実は冷たいブルーの表現と白の階調表現が得意だ。そして青空と建物の白のメリハリをよくするためにColorを+2にした。この真冬の青空と白の表現はXシリーズの最も得意とする分野だ。特に白はS5Proから引き継いで、白が大切なブライダル撮影の世界では、いまだに伝説となっている階調表現だ。もし白が抜けるように美しく表現できなければ、ウェディングドレスも白無垢も、結婚式の白いお皿の上の美味しい料理の写真も全て台無しになる。白が白としてきちんと表現できる、とても稀有な数少ないカメラが、Xシリーズだ。

だからこの朝は、X-T3で撮る独擅場だった。白がきちんと出るからこそ、ほかの色の階調もきちんと出る。いよいよ花が咲く春。色を追い求めるのならばXの右に出るものはない。そして6月ジューンブライドのシーズン、ここでも白の表現と、電子無音シャッターを組み合わせれば、ブライダルシーン最強のカメラとなることは間違いない。白をどうやって撮るか?答えは簡単、Xを使えばいい。

雪のサヴォア邸を撮影できた嬉しさで、ランチを食べている時、レストランからSNSに雪のサヴォア邸の写真をUPした。ただしキャプションに「この写真はタブレットで撮影」と書いておいた。すると即座に何社かのストックフォトエージェントから「相原さん 雪のサヴォア邸のシーン、カメラできちんと撮っていますよね、念のためにもRAWデーターでも撮っていますよね?」とのメールがいくつも入った。答えは同じ「Xできちんと撮っていますよ、RAWデーターも押さえているから畳6帖大まで引き延ばせますよ」だった。どの担当者も「よかった!運持っていますよね!」と同じ答えだった。旅にX!! 持ってきてよかった。









富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




だと思う


# by masabike | 2019-04-10 07:22 | Comments(0)

サヨナラ サクラ マタライネン

f0050534_17232881.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm

家の近くの桜もたぶん今日が見納めだと思う

なんかオーストラリアから帰るのを待っていてくれた気がします


少し散りゆく花を見るとさびしいですが、来年またここで桜を撮りお花見したいです

でもふと思うのが、人生であと何回桜と紅葉が見れるのが、時間を無駄にできないと気持ちが焦ります

竹内まりあの「人生の扉」の気持ちよく分かります




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





# by masabike | 2019-04-09 17:26 | 日本風景 | Comments(0)

去りゆくとき

f0050534_14520271.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON90mm


咲いている桜にはみんなカメラを向けるけど、散ってしまった桜には誰もカメラを向けない。ちっても花弁には変わりはないし、散った美しさもある

会社を辞めた時、肩書が無くなるとこんなに人は自分に目を向けなくなるのかと思った。
散った桜を見るたびに思い出す

盛りではなく、その物の真の形を好きになりたい



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





# by masabike | 2019-04-09 14:55 | TOKYO下町 | Comments(2)