1年間の感謝



f0050534_07403449.jpg




















f0050534_07421367.jpg

























f0050534_07472151.jpg


















f0050534_07410298.jpg






























f0050534_07410894.jpg















f0050534_07500904.jpg




LUMIX GINZA TOKYOで開催中の写真展 Earthraitもいよいよ終盤戦 今月26日までです(25&26日最終日はタスマニア里帰りのために在廊いたしません。申し訳ありません)

でも昨年の4月ぐらいから死ぬほどこの1年間 忙しかったなと思い、よくよく考えて見たら、写真集3冊 光と影の処方箋 玄光社刊 夜鉄 玄光社刊 Earthrait アイイメージングフラッグ刊 (1年で3冊の写真集は初めてです)写真展7回(STAR SNOW STEEL 富士フォトギャラリー 東京 富士フイルムフォトサロン 大阪  写真弘社 ギャラリーアートグラフ  SPIRIT Nikon The Gallery 新宿 &大阪  LUMIX GINZA TOKYO Earthrait 写真弘社 4人のカメラEyes展(合同展) )を開催していました。その間にCP+や富士フイルム様やパナソニック様 ニコン様の多くのトークショウ ギャラリートークもやらせていただいております。写真家冥利に尽きます

しかも写真集2冊は文章が多いのでその執筆でかなり大変でした。更にその間に1ヶ月近いオーストラリアロケ2回 怒涛のような仕事スケジュールでした。でもフリーランス、仕事がなければただのぷー太郎。自分の作品をこれだけ発表できる機会を多くの皆様のご支援ご協力で出来たことに改めて御礼申し上げます

1993年に初めて個展を開催した時、だれか見てくれるかな?という不安500%の時を思えば、たいへん贅沢なことです。個人的には不器用なので毎回毎回、全力を尽くしての直球勝負。この結果に溺れることなく、また撮影 制作 仕事に対する姿勢をぶれることなく、精進し続けていただきたいと思います

写真展にお越しいただきました多くのお客様 写真集等をお求めいただいた多くのお客様 ギャラリートークやトークショウにお越しいただきました多くのお客様 そしてご支援ご協力いただきました、スポンサー クライアントの皆様 本当にありがとうございました。このありがたさと幸せを忘れずに頑張りたいと思います

本日もLUMIX GINZA TOKYO Earthrait写真展会場で皆様をお待ち申し上げます




本日15日と明日16日 LUMIX GINZA相原正明 写真展会場には1100~1900まで在廊しております。トークショウもございます

LUMIX GINZA TOKYO

写真展 会場情報


5月31日(金)~6月26日(水)
会場 LUMIX TOKYO GINZA Gallery

東京都中央区銀座5丁目1-8 銀座MSビル 1階
東京メトロ「銀座駅」より徒歩3分
JR「有楽町駅」「新橋駅」より徒歩5分

会場時間:11:00~19:00(最終日のみ15:00まで)
入場料:無料










土曜日 日曜日は トークショウをLUMIX GINZAで開催いたします

タイムスケジュール
15日土曜日  12:00~    16:00~
16日日曜日  12:00~    15:00~
予約不要参加無料です
 



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。


















# by masabike | 2019-06-16 08:01 | 写真展 | Comments(0)

Earthrait写真展 コンセプト&ストーリー

f0050534_07402956.jpg















f0050534_07402943.jpg

























f0050534_07402995.jpg


























f0050534_07410579.jpg

























f0050534_07410046.jpg























f0050534_07402972.jpg










f0050534_07425584.jpg






















f0050534_07440159.jpg

























f0050534_07451314.jpg


























f0050534_07455115.jpg
























f0050534_07455159.jpg
写真展のコンセプト キーワード セクレクション レイアウトはすべて自分決める


 今回のEathrait写真展 コンセプトは 地球のポートレイト。地球+ポートレイトの相原造語である

オーストラリアで体感したのはこの惑星が46億年生きている生命体であること。そして砂漠にいる時、その生命体が自分にその心と表情を見せてくれたことに始まる
それを追い続けての30年。
今回の写真展は、いままでで自分が最もこの大陸で、心が通じ合った場所を選び、追いかけ、対話して撮った3年半の作品群。約4TBの撮影量の中から選びぬいた40点


撮影に当たり、キーコンセプトを立てた。オーストラリアを赤 青  緑 白 の4つの色で表現すること。これを基本に撮影を始めた


写真展を終着点に撮影する時には、必ず作品ストーリーを立てる、そして起承転結。これなくしては台本なしで映画を撮るのと同じだ。綺麗だから撮って、あとで何とかまとめよう!!これでは写真展にならない。単に展示会。今回は、前出したように4つの色のキーワードで撮り始めたが、途中でG9Proの出現でLモノクロームDというモノクロモードでストーリーが大きく変わった。その素晴らしいモノクロは光と影という写真の基本を思い出させてくれた。さらにS1RでのLUMIX50mm。標準レンズという基本の視点の大切さを訴えて来てくれた

その結果、30年色と光を追い求めたが、被写体との構図を、余分なものをそぎ落とした結果、色さえも余分な存在に思えてきた。30年 色を追い求めた結果出た結論はモノクローム。写真の原点に返ること。そしてそのモノクロを標準レンズで撮ることで原点回帰がなされることと、新たな次の30年のスタートが原点になる様にという事にした。

そこで写真展の最初の1枚と最後の1枚はモノクロームで標準レンズLUMIX50mmでの撮影した作品とした。全作品をスタートとお終いをモノクロでサンドイッチにすることで、総決算とあたらなスタートの自分のポジションの明確化をした。写真集も同じである

写真展で、しばしばお客様から「この写真のセレクトと展示レイアウトはアートディレクターに頼まれたのですか?」としばしばご質問をいただく。答えはNoである。つまりコンセプト ストーリー展開 セレクションが自分で出来なければそれはプロではないと考える。なぜなら自分の心の中を自分の100%わがままで再現するのが写真展であり写真集。特にセレクションとレイアウトはそのもっとも仕上げで、最も楽しい部分で、もっとも大事な部分

もしあなたが懐石料理やフレンチを食べ行、シェフが自分で素材を吟味できない、自分でお皿の盛り付けが出来なかったらどう思いますか?まな板の上の料理を、腕組みしてみて、何もできないシェフが作った料理を美味しいく感ずるでしょうか?

確かに本人では気づかない部分を、第3者のディレクターが見つけて引き出すという方法もあります。また広告イベントのような場合は完全にプロデューサーやアートディレクターの指示に従います。その場合は100%写真家ではなく40%はワーカーとしてのカメラマンという部分が増えてきます。広告プロモーションで各自が勝手に動いては全体コンセプトが見えなくなるので、アートディレクターの意向に沿います


でも自分の写真展では100%自分で決めます。自分の心の中の世界は自分にしかわからないし、自分でしか決められない。だけど少しだけ第3者の意見も聞きますが。つまりコンセプト作り~撮影~セレクション~写真展や写真集のレイアウト~展示作業(つまり空間デザイン)までが1つの作品です。海外でプレゼンをすると、キュレーターは撮影コンセプト 作家の哲学 世界観 ギャラリーの空間を使い、どう表現したいかをプレゼンの際に細かく聞いてきます。その時に詳細はアートディレクターに任せてますではお終いです。自分で自分の世界観を表現できない作家はギャラリーは必要がないからだ

今回はLUMIX GINZAのギャラリーで流す音楽まで考えました。グレゴリオ聖歌です。アカペラの響く声は、オーストラリア大陸の荘厳さと壮大さを表してくれています。写真展、作品を眼で味わい、グレゴリオ聖歌で耳からも空間の広さを味わい この2つをミックスすることで1+1が2ではなく4~5にしています
ぜひぜひこれを知っていただき 写真展をお楽しみください

本日も皆様のご来場お待ち申し上げております

本日15日と明日16日 LUMIX GINZA相原正明 写真展会場には1100~1900まで在廊しております。トークショウもございます

LUMIX GINZA TOKYO

写真展 会場情報


5月31日(金)~6月26日(水)
会場 LUMIX TOKYO GINZA Gallery

東京都中央区銀座5丁目1-8 銀座MSビル 1階
東京メトロ「銀座駅」より徒歩3分
JR「有楽町駅」「新橋駅」より徒歩5分

会場時間:11:00~19:00(最終日のみ15:00まで)
入場料:無料










土曜日 日曜日は トークショウをLUMIX GINZAで開催いたします

タイムスケジュール
15日土曜日  12:00~    16:00~
16日日曜日  12:00~    15:00~
予約不要参加無料です
 



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



















# by masabike | 2019-06-15 08:03 | 写真展 | Comments(0)

Conpositiojn

f0050534_07112959.jpg
LUMIX S1R+LUMIX24-105mm

Tamania

撮影協力 タスマニア州政府観光局 カンタス航空


風景写真で重要なキーポイントは2つあると思う。1つは光を読み捕まえること。もう一つは構図

上の作品は現在開催中の Earthrait 相原正明 写真展 LUMIX GINZA TOKYOの個展の作品


荒天で重い雲が敷き詰められた、タスマニア東海岸。雲の一部が明るくなった時、「光がさすかも?」と思い、撮影中の場所を中止して、ロケハンしていたオプション2のポイントに速攻で移動。その瞬間に天が割れ、光の矢が岩に当たった。岩は赤い地衣類に覆われているが、夕日でさらに赤く染まる。ここまでは光の読みだった

そして手前の岩と奥の岩の奥行き感と、岩を際立させるための絵コンテを瞬時に頭の中に描く。


まずは手前の岩と奥の岩のつながり。平面的にならないように、2つの岩が最も接近する、画面中央部の岩の重なり部分を少しだけ開ける。


f0050534_07215672.jpg
そしてそこに白波が立つのを狙った。(当然、白波が立つ前に陽が消えることもあるので、抑えのカットも事前にとっておいた) これにより、2つの岩の隙間に白が入ることで、赤~白~赤とスムーズな視点の移動と、小さい白い点が画面を引き締めてくれる効果、さらに2つの岩の奥行き感を出してくれる

こうゆう細かい演出は大型プリントでないとわからないし、作品を大型プリントにする前提で撮影している。当然、スマホ等で見る SNSで見ることはまるで考えていない。あくまで高画素カメラで撮る作品は、大型プリントで写真展で見せて初めて作品という事で撮影している
ぜひ、プリントで生の光の質感を見に来ていただければ幸いです

本日15日と明日16日 LUMIX GINZA相原正明 写真展会場には1100~1900まで在廊しております。トークショウもございます

LUMIX GINZA TOKYO

写真展 会場情報


5月31日(金)~6月26日(水)
会場 LUMIX TOKYO GINZA Gallery

東京都中央区銀座5丁目1-8 銀座MSビル 1階
東京メトロ「銀座駅」より徒歩3分
JR「有楽町駅」「新橋駅」より徒歩5分

会場時間:11:00~19:00(最終日のみ15:00まで)
入場料:無料










土曜日 日曜日は トークショウをLUMIX GINZAで開催いたします

タイムスケジュール
15日土曜日  12:00~    16:00~
16日日曜日  12:00~    15:00~
予約不要参加無料です
 



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








# by masabike | 2019-06-15 07:29 | 写真展 | Comments(0)

LUMIX GINZA 相原正明 トークショウのご案内

f0050534_07110852.jpg
LUMIX G9Pro+LEICA8-18mm Eucla Western Australia


明日15日と明後日16日LUMIX GINZAで相原正明 Earthraitトークショウを行います。写真展 展示作品の撮影コンセプト 撮影裏話 そしてカメラグランプリ大賞受賞のLUMIX S1Rのハイレゾ撮影1億8千万画素の凄さ等お話しします。映像はパナソニック 4K有機EL テレビ ヴィエラの最高位映像でお見せします

トークショウは約1時間 終了後はS1Rのタッチアンドトライ。大阪門真より、LUMIX S1R開発エンジニアの皆さんもお越しになって、S1Rの神髄をご説明してくれます
ぜひぜひお楽しみに


明日明後日は1100~1900在廊

本日6月14日金曜日は1200~1900 相原在廊予定です。他店でお買いいただきました、相原出版物 お持ちいただければ喜んでサインさせていただきます

LUMIX GINZA TOKYOはアルマーニの制服で有名になった、泰明小学校となり、ライカギャラリー向かい側です
みなさまのご来場お待ちしております


東京都中央区銀座5丁目1-8 銀座MSビル 1階東京メトロ「銀座駅」より徒歩3分
JR「有楽町駅」「新橋駅」より徒歩5分
電話 03-6264-5160



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








# by masabike | 2019-06-14 07:24 | トークショー | Comments(0)

Earthrait 相原正明 写真展 LUMIX GINZA

f0050534_23133046.jpg



LUMIX GINZAでのEarthrait写真展 本日も多くのお客様にお越しいただきましたが、タッチのさでお会いできなかったかた、昨日不在中におこし頂いたお客様、申し訳ございません
今日のトップバッターは20年ぶりにあった、バイク仲間のウッチーです。全然変わっていなかったです




f0050534_23133154.jpg

大阪。門真からもおこし頂きました





f0050534_23133164.jpg

カルスマシェフにもお越しいただきました






f0050534_23133027.jpg

長年お世話になっている、ペンタックスの松枝さんにも。もうオーストラリアで機材壊すたびに長年お世話になっていました







f0050534_23133977.jpg

今回、写真展 写真集と大変お世話になっている、アイ・イメージングフラッグの石田さんです






f0050534_23133905.jpg
うちの作品を預かっていただいている、アイノアさんです








f0050534_23133961.jpg
2000年の高島屋展覧会 以来毎回おこし頂いてる、元電通の川村さんです。いつもありがとうございます








f0050534_23133819.jpg



f0050534_23134208.jpg



今回は2階の展示だけではなく、1階でも4K有機ELテレビで展示最終セレクションの400点の作品を上映しています
こちらもお楽しみください


明日13日は朝から撮影のため、在廊は15時から19時です。皆様 お待ちしております



土曜日 日曜日は トークショウをLUMIX GINZAで開催いたします

タイムスケジュール
15日土曜日  12:00~    16:00~
16日日曜日  12:00~    15:00~
予約不要参加無料です
 



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2019-06-12 23:22 | 写真展 | Comments(0)

FUJIFILM X Series facebookよりKatachi

f0050534_23091067.jpg

【和の「写心」By Masaaki Aihara】

「Katachi」富山県 高岡市 瑞龍寺 宝冠釈迦如来像
FUJIFILM X-H1 + FUJINON XF16-55mmF2.8 R LM WR

数十年ぶりに特別に公開された仏様を撮る機会に恵まれた。時空を超えた存在感と荘厳さに目を奪われた。だが仏像を撮るのは写真家にとって、とても難しい題材だ。これは仏像だけではなく、他の立体的なアートや建築も同じだ。なぜならば、作品それ自体が完璧な完成品なので、完成品をそれ以上に美しく撮ることは超難解だ。

下手をすると単に作品の説明写真、あるいは最悪の場合は作品の良さをぶち壊す写真となってしまうからだ。では、そうならないためにはどうするか?まず大切なことは被写体をじっくり見ること。そして被写体となる仏像やオブジェ、あるいは建築のどの部分に自分の心が惹かれたか、自問自答すること。これは風景でも同じである。目の前の風景のどの部分に自分の心が惹かれたか問いかける必要がある。

しかもその好きな部分というのはかなりフェチズム的な要素が必要だ。自分はこの仏像の指の曲がりが死ぬほど好き!!とか、建築物の柱のラインがたまらんぜよ!!と思うくらい惚れこまないと難しい。

今年の1月から2月にかけて20世紀近代建築の巨匠 ル・コルビュジエの作品を撮る機会に恵まれた。そのなかでも特に東京の国立西洋美術館に一番熱中した。熱中したのは建物全景ではなく、館内にある一つの階段の手摺。手摺の曲線と直線のつながりが、どうしてもたまらなく好きで惚れ込んでしまったからだ。あたかも好きな女性と恋に落ちてポートレイトを撮影するように、あくなき欲望で撮影した。階段の手摺の線だけで2時間近く撮影した。世界遺産の美術館だったので、保安上の問題で警備員さんと広報の方が立ち会ったが、ひたすら手摺だけ、アングルを少しだけ変えたり、フォーカス位置を少しだけ変えたりして撮っていると、「えっ!まだ撮るのですか!」という無言のプレッシャーを感じた。(笑)それぐらい惚れ込みしつこく撮ることが、完成したアート作品のさらに奥を撮るには必要かと思う。

今回の高岡・瑞龍寺の宝冠釈迦如来像は初対面で、手を組んだ造形に惚れこんでしまった。全体像も勿論撮ったが、この手の指だけで1時間撮影させていただいた。撮影が終わったとき釈迦如来像が微笑まれた気がしたのは錯覚だったのだろうか?仏像も建築も風景も、自分が惚れたところを自問自答して見つける。そしてフェチズム的にとことん自分の視点で惚れ込む。これがなくては、自分の世界観の作品はどんな被写体でも生まれない。そしてその昂る気持ちを、確実にいつもXとFUJINONレンズは伝えてくれる。

 

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







# by masabike | 2019-06-12 23:11 | 写真アート | Comments(0)

Earthrait写真展 6月12日の予定

f0050534_07311642.jpg
LUMIX G9Pro+LEICA8-18mm

本日もLUMIX GINZA Earthrait写真展 でお待ちしております
1130~1200には到着します。19時まで在廊しております
1800~ギャラリートークをいたします

あと1階ショウルームで4K有機ELテレビでも作品400点を上映しております。こちらもお楽しみください


写真展 会場情報


5月31日(金)~6月26日(水)
会場 LUMIX TOKYO GINZA Gallery

東京都中央区銀座5丁目1-8 銀座MSビル 1階
東京メトロ「銀座駅」より徒歩3分
JR「有楽町駅」「新橋駅」より徒歩5分

会場時間:11:00~19:00(最終日のみ15:00まで)
入場料:無料











富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2019-06-12 07:33 | 写真展 | Comments(0)

LUMIX GINZAEarthrait写真展 在廊予定ほか

f0050534_22060407.jpg

LUMIX GH5+LEICA12mm



写真展に多くのお客様にご来場いただき誠にありがとうございます。


ただいまLUMIX GINZAで2階で写真展 Earthrait開催中ですが、1階ショールームにも4k有機EL ビエラ65インチにて、LUMIXで撮ったオーストラリア作品 400点を高解像度で上映中。ぜひこちらもご覧ください




今後の相原在廊とギャラリートークの予定です

在廊予定
12 日 1200-1900
13 日 1500-1900
14 日 1300-1900
15 日 1100-1900
16 日 1100-1900
17日 休廊日
18日 不在
19日 1300-1900
20 日 1200-1900
21 日 1100-1900

ギャラリートーク 12 13 14 のいずれも1800-1830

トークショー 15 日 1200- 1600-
16 日 1200- 1500-  いずれも各回 一時間です

予約不要無料です

皆様のご来場お待ちしております





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2019-06-11 22:08 | PENTAX K20D | Comments(0)

関西日豪協会 講演会 

f0050534_21513726.jpg





















f0050534_21513785.jpg



























f0050534_21513710.jpg



























f0050534_21520618.jpg
昨晩は大阪リーガロイヤルホテルで行われた、関西日豪協会総会での講演会でした

タイトルは世界最古の大陸オーストラリアを通してみた地球の素顔」でした。約1時間の講演で、100枚の作品を参加者の皆様にご覧いただきました

風景だけではなく、動物それから撮影の裏側映像などなど盛りだくさんでした


特にmade in OosakaのLUMIXで撮影した作品にはさすが関心が高かったです






f0050534_21514559.jpg









f0050534_21514561.jpg






LUMIX LX100Ⅱ


講演会の後は、デイビッド ローソン大阪総領事の乾杯の御発声で懇親会でした。オージービーフ美味しかったです

関西日豪協会は大阪ガスや関西電力など、オーストラリアのエネルギー資源にかかわる企業さんがメンバーに多いです

少しは関西のオーストラリア熱をUPさせることにお役に立てたみたいです

御来場の皆様ありがとうございました







f0050534_22041963.jpg




f0050534_21595219.jpg
そしてパナソニックさんも関西日豪協会の主要メンバーなので、プロジェクターセッテイングもお手伝いいただきながら、LUMIX顧問房さんと、パナソニック関西渉外室の兼森さんにもお越しいただきました

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。












# by masabike | 2019-06-11 22:04 | イベント | Comments(0)

LUMIX GINZA本日 相原正明 写真展 休館日です

f0050534_23042120.jpg
LUMIX GH5+LEICA8-18mm キンバリー バオバブの木と月

本日月曜日LUMIX GINZA写真展 Earthraitは休館日です。明日火曜日は相原 大阪出張のため不在です。明後日水曜日は1230~1900まで在廊予定です。またのお越しをお待ち申し上げております



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





# by masabike | 2019-06-10 07:18 | 写真展 | Comments(0)