<   2020年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20 太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる

本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15051260.jpg
Nikon D850+Carl Zeiss Otus28mm

































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15051343.jpg


Nikon D850+Carl Zeiss Otus28mm



































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15051368.jpg

PENTA645NⅡ+SMC120mm+FUJIFILM ACROS2+MARUMI ND1000+MARUMI R2 



































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15051249.jpg
PENTAX 645N2 +SMC150-300mm+FUJIFILM ACROS2+MARUMI O56





































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15051348.jpg
PENTAX 645N2+SMC45-85mm+FUJIFILM ACROSⅡ+MARUMI Y2


































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15080428.jpg


PENTAX 645N2+SMC45-85mm+FUJIFILM ACROSⅡ+MARUMI O56

































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15080495.jpg
LUMIX S1R+LUMIX24-105mm









































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15080551.jpg
FUJIFILM X-T1+FUJINON10-24mm






































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15082606.jpg
LUMIX S1R+SIGMA12-24mm
















本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15082732.jpg
LUMIX S1R+SIGMA12-24mm




































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15082794.jpg
LUIX S1R+SIGMA12-24mm



































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15082662.jpg


FUJIFILM X-T2+FUJINON10-24mm
































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15084543.jpg
FUJIFILM X-T1+FUJINON16mm


































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15084454.jpg


LUMIX S1R+LUMIX24-105mm

































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15085827.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON18-135mm




































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15085844.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON18-135mm



































本日のYouTube 光と影の処方箋 Vol20  太陽の位置が高くてもよい写真は撮れる_f0050534_15085779.jpg


FUJIFILM Pro2+FUJINON50-140mm







太陽の位置が高いとよい写真が撮れないとよく言われます。とくに風景写真 。それは大きな間違えです。光と影さえあれば、良い写真が撮れない時間はありません。昼の光TOPライトだからこそとれるものもあります

そんな都市伝説の間違いを説明するお話です




光と影の処方箋は下記の2ヶ所でお求めやすいです


Stay Homeでお家でご覧いただければ嬉しいです

それぞれ電子書籍版もございます




いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2020-07-10 16:05 | 写真集等出版物 | Comments(0)

本日のYouTube LUMIX20-60mm+S1R

本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17404728.jpg






























本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17404786.jpg



































本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17404651.jpg


































本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17410194.jpg


































本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17410100.jpg
































本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17410109.jpg
































本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17412048.jpg

































本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17413352.jpg



































本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17413433.jpg
































本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17413453.jpg




































本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17413337.jpg
































本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17415890.jpg































本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17415833.jpg
LUMIX S1+LUMIX20-60mm







本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17415856.jpg
LUMIX S1+LUMIX20-60mm





























本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17422095.jpg
LUMIX S1+LUMIX20-60mm


























本日のYouTube  LUMIX20-60mm+S1R_f0050534_17422034.jpg




コンパクト&高機動ズームと高画質のS1Rとの組み合わせを、風景と建築物を中心にご覧いただきます


動画をご覧いただきながら上の作品をご覧いただくとわかりやすいです


いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2020-07-09 17:46 | カメラ | Comments(0)

幾何学模様フェチ #5 東京国際フォーラム

幾何学模様フェチ #5 東京国際フォーラム_f0050534_07583884.jpg
LUMIX S1+LUMIX20-60mm


丁度よい広角20mmと少し寄ってみたい60mmの組み合わせ
ストリートフォト 建築には向いています




いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2020-07-09 08:00 | 建築土木 | Comments(0)

幾何学模様フェチ #4 東京国際フォーラム

幾何学模様フェチ #4 東京国際フォーラム_f0050534_07402096.jpg


LUMIX S1+LUMIX20-60mm


自然でも人工でも、幾何学模様とかパターン化した繰り返されるものにはまる傾向がある

自分では2年前までは気が付かなかった。
オーストラリアの撮影に同行していただいた、写真家のHarQさんから、相原さんがはまるもの。1幾何学模様 2先が尖っているもの。

でも言われてみると見事にあっている。やはりITとかで分析が長けていた人だと痛感した

傾向の分析と対応 作品撮影に大切です。他の人との差別化に役に立ちます


いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。












by masabike | 2020-07-09 07:44 | 建築土木 | Comments(0)

TOKYO-GA キヤノン Sタワー 写真展

TOKYO-GA キヤノン Sタワー 写真展_f0050534_21373344.jpg
コロナ禍で3月から約4ヶ月ぶりの品川。人が多いと聞いているので戦々恐々で向かった先はキヤノンSタワーの写真展 TOKYO-GA

正直 最近見た写真展でいちばんインパクトがあった。
自分自身で不動産や建築の広告を撮っているが、今回建物を見る自分の視点の錆びついている部分を見せつけられた気がした


特に5人の中で神宮さんの作品、この視点があったかと、コロンブスの卵だった
5人5様 
ゆったりしっかり作品として見せている

メーカーのギャラリーありがちな、この機材で撮ったとかテクの解説はなく、作品での真っ向勝負 気持ちの良い写真展。そして表現することの大切さを見せつけられた。カメラはあくまで表現する家庭の道具にすぎない。東京の情景がまるで異国や異界のようだった。キヤノンさんのこの展示姿勢に大きな拍手を送りたい。そして静かだけどとても力強いメッセージの5人の作品。もっとたくさん見たかった
誰もいないギャラリーで至福の30分だった


よくキュレーターさんや美術館のひとから「キヤノンさんはアートに理解のある会社」「アートの造詣の深い会社」ということを聞く。確かに多くの展覧会の協賛や、美術館の賛助会員になられている。他のメーカーとカメラのスペック競争に専念していると思わせて、知らない間にアート業界の外堀を埋めている気がした。まさにキヤノンのmarketing戦略おそるべしを感じた写真展でもあった
そして作例ではなく、作品でありかつ、少しだけひねっていて、でもじっくり見るとわかりやすく心に残る写真展だった。もう1度みたい

最後にこの写真展を企画したキヤノンさんに大きな拍手を送りたい
ありがとうございました


この写真展の影響で帰り道は建築を撮りまくり帰宅した。ぜひ皆さんお勧めの写真展です。7月20日までです。ニコンユーザーもソニーユーザーも 見てほしい。カメラにこだわるのではなく、写真にこだわってほしい




いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










by masabike | 2020-07-08 21:54 | 写真展 | Comments(0)

習作 20200705#4 Ouchi de Shashin

習作 20200705#4 Ouchi de Shashin_f0050534_10221051.jpg

FUJIFILM GFX50R+K&Fアダプター+Carl Zeiss Apo Soner 135mm


気が付くと、花と向き合い3時間。汗だくなって撮っていた。呼吸も荒くなっていた。家の中にいながらアウトバックで立ち枯れの樹と向き合う気持ちになれた

心は錆びていないことを確認 安心

いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2020-07-08 10:24 | | Comments(0)

習作 20200705#3 Ouchi de Shashin

習作 20200705#3  Ouchi de Shashin_f0050534_10150299.jpg


FUJIFILM GFX50R+K&Fアダプター+Carl Zeiss Apo Soner 135mm


撮りに行けない時でも、毎日 カメラを使いファインダーを覗いて撮る。直感と直勘を錆びさせないために

刀は毎日 研いでおく。Stay Homeでも音楽家は毎日家で基礎練習をし、料理人さんは新しいメニューの研鑽をしている。何もしないでコロナが過ぎ去るのを待っても心が

さびるだけ。祈るだけでは神は助けてくれない。手を伸ばし、力を込めて神の手を握れるものしか助けてくれない


いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。


by masabike | 2020-07-08 10:20 | | Comments(0)

不忍池 ♯3FUJIFILM X-T4

不忍池 ♯3FUJIFILM X-T4_f0050534_09303824.jpg
FUJIFILM X-T4+FUJINON100-400mm


東京はあるいい被写体の宝庫 建築 風俗 fashion そして人工ではあるが自然も

なので今回のStay Homeの間なるべくTOKYOを撮ろうと思っている



この時期の定番は上野の不忍池。蓮の花 ついついVelviaモードでくっきり撮りたくなる。だがそうすると、葉っぱの緑が毒々しくなる場合がある

なので僕はASTIAモードを選び 彩度での度合いで調整をしている。今回は+1~+2で撮っている。そしてシャープネスをー1~2に設定。

ただ色の好みなので人それぞれ。絶対ではない。

良く後で画像処理すればよいという人がいる。プロでもそうゆう人がいる。ただ画像処理する場合、ソフトに精通するよりも、肉眼でしっかり色が見えるか、グレーチャートをどれだけ肉眼で分析できるか、色の捕色どうなっているか理解していないと、この世にありえない景色になる


仕事で多くの富士フイルムさんの色の匠たちとお会いする。彼らの話を聞くと、色に関しての素人の僕たちが、ソフトウエアーを使いメーカ以上に色をコントロールするのは不可能。街のチューニングショップがF1やWRCに出るようなもの。僕らができるのであれば何百億円もかけて色の解析研究をメーカーはしない。そして僕らはアウトプットするプロラボのプリンターの特性 インク特性も薬品特性もわからない。印刷物であれば、大日本や凸版の印刷機 製版機の特性もわからない。だから風景に関してはなるべく最大限現場で追い込む そしてX&GFXは風景に関して、キュレーターの言うと頃のリアルフォトに関してはほぼ100%jpeg撮って出しでOKだ

何人か知り合いのキュレーターやアートディレクターに言わせると、画処理で多くの写真が 見せてやろうという目立ちたい気持ちが先立ってしまい、香辛料の効きすぎた異色のエスニック料理状態だという。ただ僕は画像処理をしなければならない場合胃も当然あると考える。以下のように分けられる

撮って出し リアルフォトの世界 ドキュメンタリー ランドスケープ Wilderness

画処理が必要 モノクロ 現代アート fashion 広告

とくにモノクロや現代アートでは撮った写真は、あるフォトグラファーも言っていたが、音楽で言うところの楽譜。あるいは料理の素材。それをどう演奏 あるいは料理するかが腕の見せ所。ただこの倍も成り行きで画像処理するわけではなく、このような素材はこうなるであろうと最終形を予測している。いじっているうちに成り行きでできるわけではない。
なので風景 ネイチャー系の方 画像処理のテクを磨くよりもまずは被写体としっかり向き合い、自分の機材のポテンシャルを100%引き出すこと。XもGFXもそうすれば、あなたをきっと裏切らない


いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2020-07-08 09:52 | 日本植物 | Comments(0)

暑い時は テンフファン 麻婆豆腐 

暑い時は テンフファン 麻婆豆腐 _f0050534_22522103.jpg

































暑い時は テンフファン 麻婆豆腐 _f0050534_22522013.jpg

























暑い時は テンフファン 麻婆豆腐 _f0050534_22521717.jpg

























暑い時は テンフファン 麻婆豆腐 _f0050534_22521689.jpg

























暑い時は テンフファン 麻婆豆腐 _f0050534_22522332.jpg

上記すべて
LUMIX S1R+LUMIX24-105mm





















暑い時は テンフファン 麻婆豆腐 _f0050534_22524203.jpg
FUJIFILM XF10



7月2日から新宿 四川料理のお店 テンフファンさんが営業再開いたしました
麻婆豆腐コンテストで、トップに名を連ねる本格四川料理のお店です


という訳で早速 テンフファンさんへ。ただまだ我が家は夜の外食を自粛中なので(実は埼京線と三田線のどちらも夜の混雑がすごいので、三密を避けるために夜の地元以外の外食をしていません) テイクアウトしました

メニューは しびれるからさの四川風麻婆豆腐 さらに四川風棒棒鶏  それと水餃子。
テイクアウトができるまで店内で待っていましたが、スタッフの方がお店を清掃消毒中。飲食店 これほど消毒するのかと、驚くぐらい消毒していました。トイレとか3回ぐらい洗いなおして除菌していました。大変です

帰宅してお家で水餃子はゆでること7分 これに2品加えて本格四川料理です。麻婆豆腐 しびれます。でも病みつきの辛さです。味覚障害もOKです。ビールがすすみます。そして何よりも白いご飯で麻婆豆腐、ご飯が進みます。辛党の方ぜひチャレンジを!!


テンフファンのオーナー 李さん、ケガしてお店を休んでいましたが回復して頑張っています。

是非暑い時は暑気払いで麻婆豆腐。テンフファンさん 人気店なので予約をお勧めします

いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2020-07-07 23:08 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

幾何学模様フェチ #3 東京国際フォーラム

幾何学模様フェチ #3 東京国際フォーラム_f0050534_18115686.jpg
LUMIX S1+LUMIX20-60mm

こうゆう 線の組み合わせ 造形の繰り返し。無性に気持ちが熱くなり、昂ぶり 撮るのが留まらなくなります
予定がこの後なければ、あと2時間ぐらいは撮っていました


4×5でACROSⅡでも撮りたいです

スーパーアンギュロン65mmとかで行きたいです

いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2020-07-07 18:14 | 建築土木 | Comments(0)