<   2020年 05月 ( 107 )   > この月の画像一覧

アフターコロナ価値観の変貌

アフターコロナ価値観の変貌_f0050534_14455530.jpg
LUMIX G9pro+LEICA200mm


コロナ禍 いまだ収束が当然ながら不明。でもロックダウンが解けたパリでは少し価値観の変化が起きているらしいです(あくまでネットのニュースからですが)

今までパリっ子たちは、パリ市内に住む。しかもパリの1区~始まりなるべく若い番号が良かったらしいです。小さくてもパリ市内のアパルトマンに住むのがステイタスだったらしいです。そういえば、以前 知人のフランス人 写真家から 「僕は東京であうフランス人が嫌い、なぜだかわかるかい?僕がフランス人だとわかると、君は何区の出身?ときく。区があるのはパリだけなんだよ。僕がプロバンスの出身というとあからさまにバカにした感じをする。彼らはパリ市内の1~10区ぐらいがフランスだと思っている」と聞いたことがある

だが最近はパリの不動産屋さんに「郊外で庭のあるうちに引っ越したい」「テラスのある家に越したい」という物件の相談が急増中。つまり中心街でなくてもよいとなったみたいだ。これはテレワークの影響でもある。密集地帯よりも安全な郊外、公園に行くよりも庭のある家で潤いが欲しいことだと思う。やはりStayHome生活の潤いが利便性よりも優先になったみたいです。しかもテレワークになれば、毎日 職場に行かなくても良いので郊外か田舎の家に、人気が出てきたみたいです



パリ以上に人口集中の首都圏。テレワークの発達と社会状況の変化で大きく変わる気がします

僕は大学卒業 からず~~っと不動産広告に絡む仕事をしてきています。当初 広告代理店の営業マンでしたから、不動産と言えば利便性。そして新宿 大手町 品川まで直通で何分かが、物件セールスでは大きな売り文句でした。それと沿線人気。首都圏ですと、田園都市線 小田急線 東横線など西が多いです。特にマンションでは駅近が最優先。さらに最近ではおしゃれなタワーマンション。でも今回のコロナで日本も不動産 パリのように変わるかもしれないです。

結論から言うと潤いのある生活 密集しない生活 見栄の張らない精神的に楽な生活に代わるかもしれません

テレワークが進み、かつ不透明な時代になると、大手町までの時間や駅ちかよりも、価格が安い、一戸建てあるいはテラスハウスで、庭がある 潤いのある空間が欲しい。そして企業も毎日来る 社員の交通費の負担はすさまじいです。遠方でテレワークで週1~2回の出勤で住宅補助にその予算をまわしたほうが良くなるかもしれません

また高層タワーマンションはエレベーターでの感染が皆さんこわいと言います。武漢でもそうでした。これからまた第2波あるいは。また何年か後に新手のウィルスの危機難を考えると、長時間のエレベーターは怖いです。さらにもう何年も言われている首都直下地震 東海地震 などなど感がえると、人口分散型になりつあるのではと思います。見栄を張り人気の沿線よりも、生活の潤いや安全性 趣味や余暇が生かせる環境を優先とするように不動産需要変わると思います。

もしかしたら東京から東北や北陸あるいは北海道の新幹線の沿線 あるいは飛行場のアクセスが良い場所に住まいを移し、あとはテレワークという人が増えれば、首都圏集中の解消と、地方の人口流出 支出に占める不動産固定費の割合が減る 1席5丁ぐらいなのではと思います。

あと10年たったら「大手町まで直通40分」の代わりに「医療機関完備  美術館 スポーツセンターあり新幹線で東京まで 1時間半」という物件が人気になっているかもしれないです。


写真の建物と記事の内容はまるで関係がございません

いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2020-05-31 19:02 | Tokyo City | Comments(0)

大阪・池田市 ギャルリVEGA ウォンバット写真展開催決定

大阪・池田市 ギャルリVEGA ウォンバット写真展開催決定_f0050534_10172914.jpg
ウォンバット 
タスマニア州クレイドルマウンテン 国立公園
Nikon D700+Nikkor300mm



















大阪・池田市 ギャルリVEGA ウォンバット写真展開催決定_f0050534_10172839.jpg


ウォンバット 
タスマニア州クレイドルマウンテン 国立公園

FUJIFILM XS1











大阪・池田市 ギャルリVEGA ウォンバット写真展開催決定_f0050534_10172874.jpg


ウォンバット 
タスマニア州クレイドルマウンテン 国立公園
LUMIX G8+LEICA100-400mm







大阪・池田市 ギャルリVEGA ウォンバット写真展開催決定_f0050534_10175330.jpg

ワラビー
タスマニア州クレイドルマウンテン 国立公園
Nikon D700+Nikkor70-200mm






大阪・池田市 ギャルリVEGA ウォンバット写真展開催決定_f0050534_10175987.jpg
ハリモグラ

タスマニア州クレイドルマウンテン 国立公園
FUJIFILM XS1













大阪・池田市 ギャルリVEGA ウォンバット写真展開催決定_f0050534_10175854.jpg
ハリモグラ
タスマニア州クレイドルマウンテン 国立公園
FUJIFILM XS1













大阪・池田市 ギャルリVEGA ウォンバット写真展開催決定_f0050534_10175085.jpg
タスマニアデビル
タスマニア州クレイドルマウンテン 国立公園

Nikon D700+Nikkor70-200mm

撮影協力
タスマニア州政府  タスマニア州政府観光局 カンタス航空



自粛Stay Homeが続き、大自然に行きたいな!動物たちに会いたいな!そんな皆様の声にお応えしての写真展です

ウォンバット君たちと、タスマニアで生きる仲間の動物たちの作品も展示します。撮影は主に、タスマニアにある世界遺産  クレイドルマウンテンで行いました。原始の森にすむタスマニアの動物たちの生き生きとした姿をご覧ください

タスマニア州観光親善大使(フレンドオブタスマニア)を務める相原ならではの映像です

現時点では 相原は東京ですので、越境して池田の写真展 会場に伺えるか不明ですが、感染状況次第では、タスマニアのいろいろなお話をしたいのでうかがいたいです

写真展詳細です


会期 2020年6月24日~6月29日
10:00~18:00(最終日 16:00終了)

入場無料


展示内容 タスマニアのウォンバット 並びにワラビー タスマニアデビル ハリモグラなどの野生動物
あと五月山動物園で撮影した、ウォンバット君たち様子をスライドショーです

アクセス 阪急電鉄 池田駅 構内 改札を出て左手 徒歩1分

主催 いけだ市民文化振興財団

お問い合わせ いけだ市民文化振興財団 ギャルリVEGA 電話 072-750-3333(火曜日定休)

皆様のご来場心よりお待ちしております




いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2020-05-31 10:36 | 写真展 | Comments(0)

My Garden ささやかな幸せ

My Garden ささやかな幸せ_f0050534_09405479.jpg

























My Garden ささやかな幸せ_f0050534_09405509.jpg



























My Garden ささやかな幸せ_f0050534_09405489.jpg


LUMIX G9pro+LEICA50-200mm



















My Garden ささやかな幸せ_f0050534_09425585.jpg
















My Garden ささやかな幸せ_f0050534_09425570.jpg



FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm&100-400mm


今朝 我が家の庭のタイサンボクの木に白い花が咲きました

Stay Homeになって以来、毎日 ベランダから眺めていて蕾を見つけていましたが、今朝 家内が「咲いたよ、咲いたよ」と声をかけてくれて庭を見ると、新緑の中に白い花が咲いていました。ささやかなことですが、とてもうれしく幸せな気持ちです


タイサンボク 70数年まえ 我が家を立てるときに祖父が植えたそうです。それまでの家は戦争の空襲で燃えてしまい、庭の木も燃えたそうです。それで再建の時に、庭に何本か植えた木の1つでした。それ以来 ささやかな庭ですが、毎年 花を咲かしてくれています

我が家の庭は猫の額ぐらいですが、それでもとても幸せです。特に今回のように、家にこもると緑があるとかなり心が和らぎます。ただ一度だけ庭をつぶそうかということもありました。80年代 後半 バブルのころです。ちょうど僕は 広告代理店の営業マンでした。担当は不動産 金融 流通といちばんバブルの恩恵を得た部門です。ある日、クライアントの担当から「相原さん ご実家 都内で戸建でしょ?築 40年? だったらうちの社で賃貸マンションかアパート建てない?儲かるよ。会社なんて辞めて好きな写真撮って、バイクで旅したら楽しいよ。何より 1億はもうかるともうよ」と言われかなりウキウキになり、うちに両親に相談しました。ところが、乗り気で喜ぶと思ったら意外と渋い顔。最後には反対と言われました。理由を尋ねると母から「世の中そんなにホイホイうまくいくわけない。戦争の後も、お金が全部、紙くずになるときもあったよ。そして1億もらったら、次は2億ほしくなる 。2億もらったら次は3億ほしくなる。人間の欲なんて限りがないよ。今は毎日3回のご飯が食べられているし、小さな庭もあり、小鳥も来るから楽しいし、これで充分じゃない」と言われ僕も納得しました。

後日クライアントには「今回の話はなかったことに」と告げると「どうして?」と詰め寄られました。庭をつぶすと、毎日来る小鳥たちが餌を食べる場所がなくなるからと、伝えると。「相原さんは小鳥の餌と1億とどちらが大切なんですか?」と言われ「毎朝来る小鳥」とつたえました。それ以来、そのクライアントさんとは会う頻度はへりました。そして皆さんご存じのようにバブルは崩壊して大変なことになりました

今も我が家にはそのまま庭があります。コロナで皆さんご存じのように世界は大変です。でもアフターコロナ 経済アナリスト シンクタンクの人たちは、いかに経済をV字回復 あるいは新しいビジネスモデルと提案しています。でも僕は先日のブログで「変化」の記事に書いたように、西洋型の経済社会は終わりに近づき、精神世界を優先する世界が来る予感がします。グレーな世界観が許されるアジア的世界観かもしれません。そして腹八分目の世界。

満足の1歩手前、少し何かを我慢し節約する 多くの物質文明&文化を望まない。スペックよりも身の丈の生活を求める世界になるのではと感じます。バイクで初めて砂漠に行ったとき、バイクとテントと寝袋と飯盒がすべての財産でした、でもそれで満足でした。毎日 安らかに眠れて 食事が取れて、水が飲めれば、人生これでよいのではと。広告代理店の時代の、見栄とか持ち物自慢とか年収とかすべて三流コメディだったのではと思いました


そして今も、小さなマイガーデンは健在です。小さなマイガーデン ですが大きな元気をくれます。毎朝 鳥ちゃんたちもたくさん来ます。そしてドクダミの花も咲き、庭ではラッキーさんも住み、転寝もしています。これで充分です。いつまでもこの庭が緑であることを望みます


いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2020-05-30 10:09 | マイガーデン | Comments(0)

ブルーインパルス TOKYO





ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22413836.jpg
















ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22413705.jpg




























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22413870.jpg
























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22413800.jpg






























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22413879.jpg


























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22414641.jpg



























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22413796.jpg





























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22414882.jpg




























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22415175.jpg


























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22415367.jpg






























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22415559.jpg

























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22415715.jpg


























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22415965.jpg































ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22420075.jpg
























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22420216.jpg




























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22420884.jpg





























ブルーインパルス TOKYO_f0050534_22421092.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON50-140mm

ASTIA mode 彩度+2 シャープネス+1


 本日のランチタイム 我が家の近くでブルーインパルスのフライトを見た。もう大感激

ブルーインパルス 近くの国道から見ました。国道17号線と都電が交差する当たり。フライト予定マップを見て、ちょうど4回フライトが見えそうななエリア、しかも障害物が少ない。ちょうど飛行ルートがクロスするポイントで都合4回見れました。しかも真上を通過してくれました。近くのビルや消防署の人たちも来てたくさんの観客でした
板橋 文京 そのあと墨田区方面。 コロナ対応の病院の多いエリアです。青空にすごく美しかったです。ブルーが通過すると皆さん拍手でした。もう涙です。3月に自粛を開始してから、こんなに元気で 晴やかで興奮する気持ちは初めてです。ブルーインパルスの皆さん 航空自衛隊の皆さん ありがとうございました。アベノマスクよりよほど勇気と元気をもらえました。まさにこれが国の力です 河野防衛大臣 粋な計らいです

帰宅してネット見ると、元気をありがとうという声もありましたが、こんなフライトをする金があったら、防護服を買えとか、PCRの方が優先だろうとか、さらには都内の上空を戦闘機を飛ばしてよいのかとかなり批判もありました


ただ個人的には賛成です。人の心を元気づける、国の力が自分たちを見守ってくれている、そして何よりも多くの人がこの約2ヶ月暗い重い気持ちで、笑うことすら忘れていた人も多いと思います。青い空に、白いスモークをたなびかせ、東京の空を駆け巡るブルーインパルスの雄姿。どんなワクチンよりも、どんな検査体制よりも、人々の心に元気と安心のカンフル剤をくれたと思います。

オーストラリアで、ある老人が、太平洋戦争中 日本軍とたたかい絶望の淵にいたとき、オーストラリアのマークを付けた、戦闘機が羽を振りながら頭上を通過したとき、まだ戦えると元気をもらった。どんな救援物資よりも力強かった。僕も2010年アイスランドの火山噴火でヨーロッパから帰れなくなり、1週間 オランダに足止めを食らった。初めてのオランダ、言葉はわからない。1週間後 なんとかJALの救援機が来ることになり、運よく乗ることができた。深夜のアムステルダム・スキポール空港。日の丸をつけたB747が空港にアプローチする姿は一生忘れない。飛行機は、人の心に与える影響はとても大きい。だから今回のフライト 心の薬だと思い大賛成&感動でした
もう1度、医療従事者の皆様、そしてフライトをしてくれた航空自衛隊の皆様ありがとうございました


追伸
撮影モードはASTIAで彩度を+2でシャープネスを+1で青空を強調しました。ベルビアだとマゼンタ色が空のブルー少し出るので、少し冷たい青になるASTIAを選びました。
そして感度は ISO800 ハイスピードシャッターが切れてかつ手ブレも動態ブレも防げる。それで画質低下もないのでISO800にしました

いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。











by masabike | 2020-05-29 23:05 | Tokyo City | Comments(0)

ラッキーさん Stay Home

ラッキーさん Stay Home_f0050534_22232156.jpg




















ラッキーさん Stay Home_f0050534_22222231.jpg



























ラッキーさん Stay Home_f0050534_22220060.jpg




























ラッキーさん Stay Home_f0050534_22225053.jpg




























ラッキーさん Stay Home_f0050534_22214105.jpg



LUMIX LX100 Ⅱ
(最後の1枚は家内がスマホで撮りました)


5月3日の脱走事件以来 ラッキーさん おとなしく家におります

やはり3日の夜の、近所の火事騒ぎで救急車や消防車のサイレンの音と、赤色灯の明かりに驚いて逃げたみたいです

ただ10日ほど前、東京湾で小さな地震が頻発した日、朝から落ち着きがなく庭をうろうろ。しかも方向感覚もマヒして、壁にぶつかったり木にぶつかったり

そして何度も、遠吠えのような不思議な声で鳴きました。夜も庭のお家に帰らず、初めて我が家のリビングに泊まり、一晩ラッキーさんに付き添いをして寝ました

地震が収まると、普段通りです。やはりもともと野良ネコだったので、野生の感があるのでしょうか・


もうでも満19歳 おばあちゃんです。でも食欲も旺盛なので1日でも長生きしてほしいです

いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2020-05-29 22:30 | マイガーデン | Comments(0)

YouTube  Zeiss  Otusシリーズ

YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17072301.jpg



Otus55/1.4+Nikon D800E
Tasmania











YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17072489.jpg
Otus55/1.4+Nikon D800E

Aomori Japan





















YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17072363.jpg
Otus55/1.4+Nikon D810

Pinacles Western Australia

























YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17072482.jpg
Otus55/1.4+Nikon D810

Pinacles Western Australia





















YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17073201.jpg

Otus 85/1.4+Nikon D810

Kitami Hokkaido Japan

























YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17073217.jpg

Otus85/1.4+Nikon D850
Hokkaido Japan










YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17073350.jpg

Kimberly WesternAustralia Australia

Otus 28/1.4+Nikon D810


















YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17073317.jpg


Otus28/1.4 +Nikon D810
Northern Territory Australia
















YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17073378.jpg




Otus28/1.4 +Nikon D810
Northern Territory Australia


















YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17073902.jpg


Otus85/1.4+K&Fアダプター+FUJIFILM GFX50s
西洋美術館 東京


























YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17073887.jpg


Otus85/1.4+K&Fアダプター+FUJIFILM GFX50s
西洋美術館 東京

































YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17073898.jpg



Otus85/1.4+K&Fアダプター+FUJIFILM GFX50R
Western Australia





























YouTube   Zeiss  Otusシリーズ_f0050534_17073860.jpg


Otus85/1.4+K&Fアダプター+FUJIFILM GFX50R
Western Australia

いちど使ったらやめられない、Otus World.


いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。
























by masabike | 2020-05-29 17:41 | カメラ | Comments(0)

裏磐梯 朝もや FUJIFILM GFX100

裏磐梯 朝もや FUJIFILM GFX100_f0050534_09430904.jpg


FUJIFILM GFX100+FUJINON32-64mm


見えないようで、うっすら夜明けの朝もやの中で景色が見える

長谷川等伯の松林図屏風の世界

フィルム時代 朝霧をASTIA100FやACROSで撮影した。デジタルになり始めたころ、その奥行き感 消失感が表現できなかったので、全面的に風景でのデジタル化はしなかった。当時 富士フイルムさんのあるプロ担当の方から「デジタルがフィルム並みの諧調表現に近づくとしたら、1億画素は必要ですよ」と言われた
同じころ多くのプロラボのプリンターの方からも、作品にするには1億画素ぐらいないと、言われた

2008年当時はまだデジタルはフルサイズで2000万画素前後。色もまだ発展途上。


だが時代は変わった FUJIFILM GFX100の1億画素登場 さらにはLUMIX S1Rのハイレゾ 撮影 1億8千万画素 フィルムの再現領域に入ってきた

目の前のシーンをフィルムにするかデジタルにするか?うれしい悩みが増えてきた。



いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。













by masabike | 2020-05-29 09:50 | 日本風景 | Comments(0)

医療従事者 支援 チャリティー写真展&販売

医療従事者 支援 チャリティー写真展&販売_f0050534_09292685.jpg


西オーストラリア州 カリジニ国立公園

Nikon D700+Nikkor14-24mm

撮影協力 カンタス航空



国内の多くの写真家が参加し、web上で写真展をしています

そしてお気に入りの作品が見つかれば、とても安くご購入いただけます
そしてその売り上げは医療従事者の皆様ご支援に使われます

どうぞ、どうぞよろしくお願いいたします。相原も参加しています。Galleryで見ていただき 作品#76番です

どうぞ皆様よろしくお願いいたします



いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。














by masabike | 2020-05-29 09:34 | 写真展 | Comments(0)

ル・コルビュジエの愛したレストラン



ル・コルビュジエの愛したレストラン_f0050534_18063292.jpg




















ル・コルビュジエの愛したレストラン_f0050534_18063211.jpg































ル・コルビュジエの愛したレストラン_f0050534_18063374.jpg




























ル・コルビュジエの愛したレストラン_f0050534_18063395.jpg

























ル・コルビュジエの愛したレストラン_f0050534_18063312.jpg

























ル・コルビュジエの愛したレストラン_f0050534_18063360.jpg


FUJIFILM X-Pro3+FUJINON16mm FUJINON23mm FUJINON35mm



パリ サンジェルマン・デ プレにある小さなレストラン

20世紀建築の巨人といわれたル・コルビュジエが愛したレストラン。彼の仕事場のすぐ近くにあるとてもちいさなレストラン
お店のひとにテーブルを引っ張ってもらわないと座れないぐらい狭い

そして満員


読めないフランス語のメニューを眺めていると、隣の男性2人が、「ここに来たら、必ずこれを頼め」とメニューを指してくれた。エスカルゴだった。
まだエスカルゴを食べた経験がない。パリで人生初 エスカルゴになった。料理が来ると、アドバイスしていただいた男性2人と乾杯。そして逆サイドの老紳士も乾杯してくれた

パリっ子 けっこう愛想がいいよねというのが、僕のパリの印象
そして牛の赤ワイン煮込みも頼み、もうきれいに平らげた
最期はお店の一癖ありそうな (笑)マダムを撮らしてもらい店を出た

パリ 小さな路地裏のレストランにも、おそるべし美味しいお店がある。ル・コルビュジエはここで何を頼み、食べながら何を考えていたのだろう?

タイムマシンがあったら話しかけてみたい


いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。












by masabike | 2020-05-28 18:15 | 2020  パリ | Comments(0)

パリ 散歩のあと  2020年1月25日

パリ 散歩のあと  2020年1月25日_f0050534_17562837.jpg

























パリ 散歩のあと  2020年1月25日_f0050534_17562899.jpg



























パリ 散歩のあと  2020年1月25日_f0050534_17562867.jpg

FUJIFILM X-Pro3+FUJINON23mm
Paris



 パリの朝の散歩のあと、カフェのおじさんと眼が合い、何となくホットチョコレートをすすることに

カウンターの上のクロワッサンの積み方がなんかおしゃれです


普段日本ではホットチョコレート飲まないですが、パリに来ると無性に飲みたくなる。なぜでしょう・
そういえば、オーストラリアの田舎のモーテルで、嬉しそうに、おいしそうにホットチョコレート飲む HarQ氏の姿をパリで思い出してしまった…なぜだろう・・・




いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。











by masabike | 2020-05-28 18:00 | 2020  パリ | Comments(2)