<   2019年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

秋色北海道

f0050534_08292075.jpg
北海道 羊蹄山
Nikon Z7+Nikkor14-30mm

今回の北海道ツーリングにはもう1つの目的がありました。ミラーレスのフルサイズ機を、パニアケースに入れて撮影行動はどうかという事でした

今回 ツーリングに持つていった機材はNikon Z7 Nikkor14-30mm Zeiss Baites18mm 24mmです。ツーリングの記録と記念写真はFUJIFILM XF10です
結果はとても良い結果でした



今回は畑で、藁を焼く煙がたなびき、そこに夕日を浴びるヒマワリが咲き乱れていて、ミレーの絵画みたいでした。藁焼きの煙は、家内が農家の人に頼んでくれました 爆




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2019-09-30 08:35 | 日本風景 | Comments(0)

帯広 Joyイングリッシュアカデミーでトークショウ

f0050534_07484959.jpg















f0050534_07490268.jpg


























f0050534_07490179.jpg




















f0050534_07490165.jpg






















f0050534_07484912.jpg


























f0050534_07490111.jpg








週末金曜日 帯広のJoyイングリッシュアカデミーでトークショウをさせていただきました。今回のトークショウはすべて英語、お客様からの質問も英語でのトークショウ。英語学校なので、英語を使い海外に行くと、これだけ楽しい体験ができる。写真では何が大切かを中心に英語でお話ししました。高校生から年配者まで幅広い参加者でした

トークショウ終了後の懇親会も盛り上がり楽しかったです


残念ながら、写真関係者あるいはフォトグラファーのひとの参加は十勝の風土を撮っている、写真家 岩崎さんただ一人でした。校長の浦島さんからは「写真家やスポーツ選手 意外と英語が出来ないんです。海外に行く仕事なのに」と言われました

デジタルとネット時代 ボーダレスになりました。撮影でもデジタルテクニックが求められますが、やはりそれ以上に語学力が必須と感じます。浦島さんとは、もともとお父様の写真家 浦島甲一さんを通じてしりあいました。1995~98年に同じ版元さんから、DVD&CD-ROM写真集を出させていただきました。生前、2度ほどお目にかかりましたが、魂で撮る力強い写真家の方です。浦島甲一さんのハルニレの木は、愛情と魂にあふれています。だから僕はそれ以上のものは撮れないので、十勝に行ってもハルニレを撮らないです。とても北海道で尊敬する写真家さんでした


f0050534_07484981.jpg

今回は最後に教室にサインさせていただきました





f0050534_07490155.jpg













f0050534_07484984.jpg
トークショウ開始前 帯広名物 インデアンカレーで浦島さんと突撃元ちゃんと、戦の前の腹ごしらえでした

f0050534_08042520.jpg


カレーは定番のカツカレー&インディアンルー 辛口です



f0050534_07490144.jpg

終了後 参加者の写真家 岩崎さん 帯広の写真のご意見番 岡田さん 北海道を代表する写真家 戸張さんも交えて打ち上げでした。今回の北海道で唯一の宴会でした


今北海道も含めて、日本全体 インバウンドの方がたくさんいらっしゃいます。その中には写真家も方も多いです。そして広告や編集の仕事でも、外資系が増えてきて、打ち合わせや撮影現場では英語が求められます。ボーダレスの時代、国内のネイチャーフォトしか撮らないから、自分は英語なんて必要ないと言っていると、仕事がなくなってくる時代です。そしてプレゼンテーション力も併せて求められます。
ちなみにネイチャーフォトは、ほぼ和製英語です。海外では通じません。もちろんネイチャーフォトグラファーなんて存在しないです。すべてフォトグラファーです



また帯広でトークショウしたいです。ご参加いただいた皆様 ありがとうございました
See you again mate




by masabike | 2019-09-30 07:51 | トークショー | Comments(0)

豊潤 

f0050534_21254676.jpg
Nikon Z7+Carl Zeiss Baites18mm

北海道に行く前に 岩手の山から農村地帯を走り、八戸に抜けました

何気ない日本の田園風景。これを自分だけのオンリーワンの視点で撮れるようにならなければならないと感じました
凄い風景をすごく撮るのは当たり前、誰もが見過ごす、日常の風景に、自分だけの世界観を見出すのが、一番大切と感じます

オーストラリアから帰った直後、日本の田園風景はとても素晴らしい世界に見えます


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2019-09-29 21:29 | 日本風景 | Comments(0)

PENTAX100周年 記念パーティー

f0050534_23045878.jpg

























f0050534_23045887.jpg




























f0050534_23045857.jpg































f0050534_23050867.jpg






































f0050534_23045823.jpg





















f0050534_23050843.jpg



今日はペンタックスさんの100周年記念パーティーにお招きをいただき伺ってまいりました。実はペンタックさんはNikonに次いで、僕の中ではお付き合いの長いメーカーさんです。高校1年の時にバイトでNikon F2を買い、高校2年の時にペンタックス67を買いましたので、それ以来の長いお付き合いです

特にプロサービスに入ったのが1993年ぐらいで、1995年にフリーランスで独立する時に、ペンタックスのHさんから、CD-ROM等のお仕事を紹介していただき、独立したての仕事がないカモの時に、とても大きな支えとしていただきました。それ以来、多くの仕事をペンタックス67&645でやらせていただき、2008年のソウルでの個展の時も、現地にサポートスタッフの方も来ていただいたのと、ペンタックスファミリー 韓国 会員10万人にプロモーションしていただき、ソウルの写真展を大成功にさせていただきました



今回のパーティーはリコーの社長 山下様 リコーイメージング 社長 高橋様もお越しになりスナップ、ご挨拶される大々的なものでした(ちゃっかり記念写真撮らせていただきましたが)そして乾杯の御発声は、大御所 沼田早苗さん。やはりオーラがありました



f0050534_23050910.jpg

乾杯も終わったところで、1993年にプロ登録させていただいて以来お世話になっているペンタックスの佐々木さん(僕の右隣) 沼田早苗さん テラウチマサトさんと記念写真


f0050534_23173414.jpg
そしてやはりプロ登録依頼、お世話になっていて鉄道つながりの平井さんとも。








f0050534_23182737.jpg
























f0050534_23182706.jpg






f0050534_23195884.jpg

イベント途中では、来年発売?予定のAPS-C一眼レフのモックも披露されまして、会場は大盛り上がり


f0050534_23201421.jpg





















f0050534_23201457.jpg

















f0050534_23220650.jpg

最後には100周年記念ケーキも登場。フォトグラファーのこばやしかをるさんと記念写真 、一人で食べるわけではなく、あとでおすそ分けをいただきました




f0050534_23220774.jpg





























f0050534_23220770.jpg
写真は すべてpENTAX K3+18-55mm
今回は長年お世話になった、ささやかなお礼として、紅白のオーストラリア・スパークリングワインをペンタックスさんに送らせていただきました。最後にスタッフの皆さんと乾杯しました。

今回のイベントは、いかにコアなペンタックスユーザーが多いかという事と、いかにユーザーを大切にしているか、そしてユーザーとメーカの一体になった、とてもアットホームな感じを受けました。確かにプロサービスに行っても、とてもアットホームな感じが入会当初から感じました。お客様と常に一緒、そんなペンタックスにいつまでも、がんばって欲しいと感じました。ペンタックスの皆様、最後にもういちど、100周年おめでとうございます。そしてお招きありがとうございました




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










by masabike | 2019-09-22 23:27 | イベント | Comments(1)

お礼参り

f0050534_11223114.jpg
Nikon Z7+Carl Zeiss Batis 18mm+Kiponアダプター


オーストラリアのロケから戻り、今日は巣鴨のとげぬき地蔵にお礼参りに伺った。旅の安全を祈願したので、無事に帰れたのでそのご報告とお礼だ

家から旧中山道をあるいてお参りした。途中 良い光が来たのでスナップ三昧。本日のレンズはZeiss。Otusも含めてZeissのゾーリンゲンの刃物のような線の切れ味が好きだ


よくイベント等で、「自分にはどのような機材が良いですか?」とご質問をいただく。これは回答不可能な質問。何を感じ それをどう表現したいかで機材の選択や組み合わせは変わる。カメラとレンズはその途中経過でしかならない。なんで撮るかではなく、何を表現したくて撮るか?ここが一番大事。カメラ雑誌のレポートや写真教室の先生はなかなかそこを説明解説しない。プロセスではなく結果の得方にそろそろ気がついてほしい




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2019-09-22 11:29 | TOKYO下町 | Comments(0)

Minganew PUB Western Australia

f0050534_12352929.jpg
今回 3泊した 西オーストラリアの荒野の田舎の村、超1級辺境地 Minganew.

ある夜 撮影も終わり夕飯を食べにパブに行くと、異様な盛り上がりと興奮、何かな?と思ったら全員が地元のAFL オージールールズともフッティーとも呼ばれる、オーストラリア独自のフットボールのサポーターたち。AFLは超過激 けが人続出 流血必死。ボウルを持った世界最強のスポーツかもしれない

でもなにやら落ち込んでいる人もいる、どうやらこの日、シーズン最後のグランドファイナル出場の大一番を掛けた、彼らが応援するウエスタン ブルドッグが僅差で敗退したらしい。





f0050534_12350491.jpg
























f0050534_12350547.jpg




























f0050534_12350496.jpg

























f0050534_12350456.jpg
































f0050534_12353099.jpg

夕飯 食べて飲んでいると、「負けちゃったよーどうしよう」「Fxxxxxx」とのコメントなので、来年はきっとグランドファイナルだよ!というと、みんな「そうだ来年だ!!」と割と気持ちの切り替えが早い。でも何人かが「どこか好きなチームはある?」と聞かれたので、本当はあるけど、無いと答えておいた。身の安全のため。皆さんかなり熱くなっているので。個人的にはアデレード クロゥズが好きなのですが・・・・、へたに敵チームだと血を見るので 笑

彼らの後ろのメニューボードにも"Minganew Football Club"と書いてあります

で、いずこの国も同じで、最後は反省会



f0050534_12353040.jpg
























f0050534_12352957.jpg






























f0050534_12353099.jpg






































f0050534_12353020.jpg


最初は副クラブ会長 、そして最後に会長が、みんなに、「あとわずかだった、本当にあとわずか!来年はグランドファイナルに行こう!!」とげきを飛ばし、会長は椅子の上から大ジャンプをして床にこけていた。ちなみにこの後、日本のラグビーワールドカップの話になり、ワラビーズ(オーストラリアのチーム)応援してね 最近日本も強いよね、ジャイアントキリングで南アフリカに勝ったよねという話になり。最後は日本でラグビー人気あるの?まあまあ、でも一番の人気は野球。というとほとんどの人がやはり、野球は知らなかったです、ひとりが、あのアメリカだけでやっているボールゲームじゃない?というお話になりました

でもパブは飲み屋でレストランで集会場。地元の人との楽しいひと時です。田舎のパブ、一見 西部劇風ですが勇気を持ってG,Dayと言って入りましょう

ちなみに9月28日 このAFLがメルボルンでグランドファイナル。オーストラリアが一番盛り上がり燃える日です


f0050534_12514227.jpg



















f0050534_12513877.jpg

ちなみに試合はこんな感じです。ぜひネットでご覧ください



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。











by masabike | 2019-09-21 12:52 | 西オーストラリア州 | Comments(0)

オーストラリア My オミヤゲ

f0050534_11062552.jpg



オーストラリアに何度 行ってもやはりお土は持って帰ってくる。特に2度と行かないかもしれない田舎に行くとなおさら。というわけで今回の一番のお土産は、西オーストラリア のゴールドフィールドと呼ばれる田舎町。Menzisnの郵便局で売っていた、スタビホルダー。何に使うか?実はこれはウレタンでできていて、缶ビールをななっかに入れて飲む。ウレタンの断熱効果で、手で持っていても暖まらない、オーストラリアならではの発想。田舎のパブではだいたい自分のパブの名前の入った、スタビホルダーを売っています。うちにもかなりたくさんあります






f0050534_11062428.jpg

それからキャンプでお世話になった、インスタント食品。とくにこのスープ美味しいです。あとはインスタンドインドライス。病み付きになる味でしたよ

でも娑婆で食べたら、美味しいのかな?笑






f0050534_11072515.jpg

オイルサーディーン缶。日本は意外と高いので。これで200円ぐらいです。ふたを開けて油を少し捨てて、お醤油をたらして、ネギを入れて火であぶって食べると、マイウーです







f0050534_11062468.jpg
そしてさすが大陸、本当のバイクでのアドベンチャー雑誌売っています。日本みたいにアドベンチャーごっこではなく、マジアドベンチャーです。あと不動産の広告等のお勉強のためにVOGUE LIVING。お勉強大事ですよ







f0050534_11062537.jpg
最後に、カンタスさんの機内でいただいた、アメニティキットの入ったポーチ。かわいいので、バッテリーやカメラの掃除道具を入れるのに良いかと。





f0050534_11171917.jpg
そしてなんといっても、オーストラリア ワラビーズ ワールドカップジャージ

これが一番のお土産です。今日はオーストラリアVSフィジー。どちらもいろいろお世話になった国なので、応援するのが難しいです 汗



皆さんも本日は、応援よろしくお願いします




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。











by masabike | 2019-09-21 11:18 | | Comments(0)

"Standing" FUJIFILM X Series Facebookより転載

f0050534_09580040.jpg



【和の「写心」By Masaaki Aihara】

「Standing」神奈川県横浜市 横浜ベイブリッジ
FUJIFILM X-H1 + FUJINON XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

普段僕は意外と、不動産広告や建築の仕事が多い。しかも不動産の広告は皆さんが週末に新聞のチラシや、駅のポスターで見るようなマンションの広告を撮影することが多い。外観もあればモデルルームもある。だから僕はネイチャーフォトグラファーとか名乗っていないのですが(笑)

建築や不動産の仕事は、風景ととても似ている。なぜなら相手が巨大で動かないと言うか、動けない。だから撮影前にロケハンと平面図、立面図、日影図、あるいは設備図とにらめっこして、建物が美しく見える角度と時間を捜す。更にお施主さんや建築家の意向を最大限に生かす。特に建築家は設計やデザインの時に、イメージする角度や絵があるので、それを充分表現できるように撮影する。ただ実は建築と言っても、大きく分けるとビルや家屋のような建物と、橋やトンネル、あるいはダムなど土木と2つの流れに分かれる。2015年、富山・高岡のミュゼふくおかカメラ館での写真展で、富山の風景という事でダムを撮影して以来、ダムとか橋とかの土木系の建造物の撮影にとても写欲が湧く。水をせき止める、道を支えるなどシンプルな目的のための100%の機能美。その無駄のない機能美を、どの角度からどの時間で撮ると、自分がイメージするダムや橋の力強さが出るかなと、毎回建築物と向き合い対話して撮影する。これは風景を撮る時とまるで同じ。山の代わりにコンクリートの壁のダム、木の代わりに鉄骨の橋である。なぜか日本のネイチャーフォトを撮る方は人工物を毛嫌いするか、撮らない人がいる。やはり究極の機能美は自然界の風景に通じるものがあると思う。昔の山水画でも、景色の中に寺や橋を入れている。石元泰博の桂離宮、マーガレット・バーク=ホワイトのダムとかもぜひ参考にしてほしい。自分が今、撮りたい建築物がある。飛騨の山中にあるスーパーカミオカンデ(実は以前、ある出版社の企画で撮影する予定がキャンセルになった。今でも大変心残り)奇蹟に近い確率の、宇宙からのシグナルを捕まえるためだけに作られた構造物。「人類が創りだした究極の風景」、「地球と宇宙をつなぐ風景」として撮影したい。ネイチャー系の方も、「人工物なんて」と食わず嫌いなことを言わないで、秋になり光がシャープになってきたこの頃ぜひ、建築物を撮ってほしい。被写体と向き合い対話することは、ネイチャーであろうが人工物であろうが変らない。そして撮りたい気持ちと、心の感動をいつもXはサポートしてくれる。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










by masabike | 2019-09-21 09:59 | 建築土木 | Comments(0)

オーストラリア ナショナルカラー

f0050534_21282349.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON16mm

西オーストラリア州 撮影協力 カンタス航空

今オーストラリアは花の季節。特に西オーストラリアは花真っ盛り。そのかなでもひときわ目を引くのがワトル。オーストラリアのナショナルカラーの元になった花。金と緑がオーストラリアのナショナルカラー(黄色ではなく金だと言う事です)


あすからいよいよ始まるラグビーワールドカップ。オーストラリアのナショナルチーム ワラビーズのチームカラーもこの金と緑です。僕もワラビーズのジャージを買い、静岡エコパにオーストラリアVSジョージア戦を応援に行きます。かなり熱くなってきました、明日の開幕戦は、どこで見るかただいま思案中です




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2019-09-19 21:32 | 西オーストラリア州 | Comments(0)

パラレルワールド

f0050534_21054887.jpg
LUMIX S1R+SIGMA20mm

メインのランドスケープを撮り終わり、車に戻ると、最後の光が車の屋根に映りこんでいた
なんとなく普段と違うシュチュエーションで撮ってみたくなり、本気の撮影の合間に少し肩の力を抜いたのを撮ってみました

いがいと撮っているうちにはまりこみ、何十枚も撮ってしまいました
撮影で大事なのは、たくさんの好奇心の引き出しを用意することと、引出しを作れる心と視点の余裕を持たせることだと思います



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。











by masabike | 2019-09-19 21:09 | 西オーストラリア州 | Comments(0)