<   2019年 08月 ( 63 )   > この月の画像一覧

富山~東京 8月27日

f0050534_07555303.jpg




























f0050534_07555349.jpg




























f0050534_07555441.jpg


































f0050534_07555429.jpg

ツーリングは行ったら帰らなければなりません。富山から東京まで再び500kmを走ります。そのために朝はモリモリ食べます。特にブロッコリーとタマネギが好きなので。でもやはり富山と言えば、マスずしです。一度でいいから、マスずし 丸ごと食べてみたいです

実は年に4~5回血液検査を健康診断ですのですが、いつも血液良好です。多分普段の食事の中心が、ネギ タマネギ ブロッコリー 青魚 大豆系だからかもしれません。前にも言ったように、ジャンクフードとスナック菓子は、ほとんど食べません





f0050534_08004317.jpg























f0050534_08004439.jpg
















f0050534_07561176.jpg

27日は、朝から大忙しでした。8時半に高岡市長さんにご挨拶訪問、9時にホテルで朝ごはん 9時半チェックアウト 10時過ぎにミュゼふくおかごあいさつで、11時にミュゼを出ました

福岡ICから高速に乗り、砺波で降りて、国道を荘川沿いに走ります。ここは僕の大好きなルートで、適度なワインディング、絶景そして交通量が少ない。もうバイク最高のルートです
途中、荘川沿いで記念写真兼 ロケハンしました
f0050534_07561165.jpg

荘川沿いに走り切り、白川郷ICから再び高速で高山へ。高山は混むので、街はずれを走りパス。平湯を目指します。平湯温泉でお昼の、温泉卵を食べようとすると、お店のおばちゃんに、あと20分かかると言われて諦めました

f0050534_07561065.jpg

























f0050534_21105158.jpg

ここから超タイトコーナーの安房峠へ。大型車はすれ違いできないような道ですが、安房トンネル開通前はここを、大型観光バスが走っていました たまにすれ違えなくて、渋滞していました。昔、GS400に乗っているころ、ここで地元ナンバーのRGγ400とバトルしたことがあります 爆



安房峠を越えるあたりから、風の中に雨の香りがしてきて、雲行きが怪しくくなりました

f0050534_21110027.jpg



f0050534_21110056.jpg
お昼は松本近くの風穴の里で、冷えたキュウリ。でもやはり物足りなくて、ざるそばを頼みました。お店の人に、大盛りにしますか?ときかれ、ハイと言うとこんな状況でした。でもなんとか完食しました

松本で、松本警察で野暮用を済ませて一路お江戸へ。八ヶ岳にさしかかると雨。八ヶ岳PAでカッパを着こむ。雨はバイクの天敵です、帰り道に前日の事故現場を通ると道路の復旧工事中でした、やはりかなりのダメージの事故みたいでした

上野原~小仏峠トンネルまで渋滞!!平日なのに!! 八王子で小休止をして我が家についたのが1920.




f0050534_21092828.jpg


f0050534_07561188.jpg

今回の走行は約1000kmでも、あと少しで1000km完走だったのに残念、もう少し走れば良かったです 爆







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2019-08-30 08:19 | Motor Bike | Comments(2)

不思議な森

f0050534_16450020.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON18-135mm

富山に行く途中 予定していた林道が通れずに、う回路を走って出会った不思議な光景


森の木々から、カラフルな雨傘がぶら下がり、不思議な光景だった
予想しない、出会いと驚き これも旅の楽しみ




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2019-08-29 16:47 | 日本風景 | Comments(0)

ミュゼふくおか再訪





f0050534_21105293.jpg







































f0050534_21105280.jpg

今回の旅の目的の一つ、ミュゼふくおかで開催されている「絶対風景」に作品を1点 出展しています




その見学と、写真展のお礼も兼ねての再訪でした。偶然会場で人気風景写真家 辰野さんにも再開できました。辰野さんから「バイクでここまで来たんですか?遠いのにご苦労様です」と言われたので「片道500kmぐらいなので、オーストラリアの移動に比べたらたいしたことないですよ」とお答えしました 爆





ミュゼふくおかは、安藤忠雄氏設計の富山県唯一の作品です。広い吹き抜けが、印象的でこれをいかに使いこなすのかが、この美術館での写真展の一番の味噌です。東京や大阪など大都市ではなかなか、これだけ天井の高い美術館は少ないです、この高さ広さを使い切れる作品をこれからも作りたいです。そのためには撮影時点で、どこにどのようなコンセプトの作品をどう展示するかを考えての撮影が求められます。「撮れちゃった」そして綺麗な写真がたまりました だから写真展ではだめです。最終形を想定して、撮影に臨む。それが美術館での作品展のカギとなります



f0050534_07364927.jpg


Nikon F2+Nikkor35mm+FUJIFILM RDP

大台ケ原 満月の夜の稲妻 (奈良県)

今回のミュゼふくおかで展示しています、ぼくの作品です。ぜひぜひ生のプリントでご覧ください。「絶対風景」展9月1日まで開催です。お待ちしております




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










by masabike | 2019-08-29 07:38 | 写真アート | Comments(2)

高岡市長様 ごあいさつ

f0050534_21104013.jpg


今回の富山・高岡の旅では高岡市役所からお招きをいただき、高橋正樹 高岡市長にお会いして、ご挨拶をさせていただくことになりました
2015年に高岡のミュゼふくおかで、個展をやらせていただいた際に、お越しいただきご挨拶をさせていただいたので、このたびは2回目です

高橋市長には、また素晴らしい美術館である、「ミュゼふくおか」で写真展をしてみたいですと言うお話と、冬にぶりを食べに伺いますとお話をしました。すると市長から「夏の岩牡蠣もたべてくださいね」とのアドバイスをいただきました。またこないとダメだなと思い、来年の夏も富山ツーリングかな?

f0050534_07134646.jpg










f0050534_07132976.jpg

















f0050534_07132966.jpg

























f0050534_07132957.jpg
2015年 写真家生活 満20周年の記念で、ミュゼ福岡で個展をやらせていただきました
総点数 約250点の個展でした。そして僕の場合は縦長の掛け軸風の作品が多いので、天井の高いミュゼふくおかでの個展にはとてももってこいでした





オーストラリアの風景と、ストリートフォト ポートレイト 落語とランドスケープと人物の対比で展示しまして、タイトルもダブルポートレイトにしました
そして最後の展示室がこの時 Zeiss Otus 55mm+Nikon D800E+写真弘社 ラムダプリント モノクロによる作品群 Katachiでした

今年開催したLUMIX GINZAでのEarthraitの作品の基礎となった撮り方をここで初めて展開しました。




なので人生ターニングポイントの写真展でした。写真家 25周年 あるいは30周年の写真展をミュゼで開催してみたいです。富山の皆様 またどうぞよろしくお願いします。写真展は岩牡蠣が食べられるように、夏にしようかな?爆



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2019-08-29 07:26 | | Comments(0)

富山の夜


f0050534_21104058.jpg

富山の夜は高岡の居酒屋さんで、大盛り上がり。地元の銘酒 勝駒でぐいぐい行きました。今回は夜鉄やもろもろの撮影でお世話になっている、富山県庁の砂原様(中)と高岡市役所の宮崎様とご一緒させていただき、富山の名産味わいました

勝駒は、元々日露戦争 陸軍騎兵の生みの親 秋山好古のもと、騎兵で日露戦争に参加した方が、富山に帰り、その馬で勝ことを記念して、勝駒と言うお酒を造られたそうです。今回は愛媛から富山にご縁がつながってきました

f0050534_21093146.jpg




f0050534_21102503.jpg










f0050534_21102627.jpg


















f0050534_21092845.jpg

お魚も美味しかったですが、〆のおでんと富山のお米のおにぎりも最高に美味しかったです

そして、泊りは、今回もホテルニューオータニさん。部屋がアップグレードされていて、一人で寝るにはさびしかった・・・ではなくもったいなかったです




f0050534_21090699.jpg





























f0050534_21090649.jpg





























f0050534_21090625.jpg





























f0050534_21090590.jpg

めちゃくちゃ良いお部屋で、お風呂もひろくて、お家に帰りたく無くなりました 笑

追伸
居酒屋さんで、僕が着ていたのはMOTO GP YAMAHAのロッシ選手のサポーターシャツ。居酒屋さんの人に、ガソリンスタンドで働いているの?と聞かれてしまった 爆







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2019-08-28 22:01 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

夏の終わりに

f0050534_21454258.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON18-135mm



山之村付近

毎年、7月の入道雲は、夏の予感でワクワクするが、8月末の入道雲は、夏の終わりのごあいさつみたいで、胸が締め付けられる

9月になると秋の色がはじまり、紅葉 そして落陽 初冬 初冠雪 発氷 そして年末 除夜の鐘。だから8月末の入道雲は、1年が終わりに近づいた、シグナルみたいだ。本当に今年も早かった・・・まだその言葉は早いかな?笑


今回のバイクで富山往復の、強い味方は万能FUJINON 18-135mm 常用域をほぼカバー、手振れ補正、接写もそこそこ、旅の万能レンズです




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2019-08-28 21:50 | 日本風景 | Comments(0)

富山夏空ツーリング 8月26日 

f0050534_21093046.jpg



8月もあとわずか、そしていよいよ秋の撮影シーズン到来。その前にロケハンも兼ね、いつもお世話になっている富山の皆さんへご挨拶も兼ねてのツーリングに行くことにしました。朝7時前、家を出て、朝の通勤ラッシュが始まりかけた、山手通りから首都高 初台IC.平日の下り線なのにかなり混んでいます。でも相模湖を過ぎると、快適快適な走りが出来ます。フラットツインは絶好調で走ります

談合坂での朝ごはん。池袋・タカセの名物 アンパンとコーヒー牛乳。大型バイクを走らすのは、意外と体力使います。なので甘いもの欲しくなります。今回は松本まで中央道、そのあと上高地をかすめて、安房トンネル~平湯と行く予定です。

さすがに八月末だと、朝の八ヶ岳近辺は、涼しいと言うより、うすら寒かったですが、8月頭にCBR出来たときの猛暑から比べれば天国です。それにしても、平日とはいえ夏休みシーズン。相変わらず、追い越し車線をちんたら走るミニバンや、いきなり車線変更するレンタカーなど、注意しなければならない、走るパイロンが多いです。小淵沢まで来ると、塩尻~岡谷JCT事故渋滞10kmの表示、あ~~~という感じでした

その後、事故に遭遇。 諏訪湖SA付近で事故を目撃。事故現場の手前10キロぐらいから、塩尻―岡谷JCT事故渋滞と表示されていましたが、諏訪湖SAに近づくと、走行車線の車が、追い越し車線に車線変更していた。「事故現場近すぎ?」と思い僕も追い越し車線。近づくと3台玉突き衝突。どうやら渋滞の最後部に3台が玉突き。先頭はホンダCRV 次がタンクローリー そして最後部で追突したのが2トン車。追い越し車線をゆっくり移動中、最後尾の追突したトラックを見ると、運転台から手が出て、おいでおいでをしていて「出してくれよ」とうなる様に、60ぐらいの男性ドライバーが、か細く声を出していました。顔色は蒼白。運転席は完全にぺちゃんこ。大型油圧ジャッキと、金属カッターがないと、これは開けられないです。どうしようもできない無念さがありました。2トン車は完全にタンクローリーに食い込んでいて、タンクローリーに追突されたCRVは車体後部がグっチャリでしたが、ドライバーの女性は路肩で携帯で連絡を取っていました。2トン車のドライバー、どうなったか心配です。いまだにあの「出してくれよ」の声と、ぶらぶらしていた手が忘れられません



























f0050534_21093084.jpg



































f0050534_21093083.jpg







































f0050534_21093177.jpg



松本で野暮用を済ませ島々から安房トンネルを目指します。そして安房トンネルを抜けて平湯へ。急に空気がさわやかになります。平湯~奥飛騨温泉郷~双六川~山吹峠~山之村まで来ると、通行予定の有峰湖林道が通行止め、あら~というわけで、天空の高原と呼ばれる山之村の広場で、コンビニおにぎりでランチを食べていたら、ここのラーメン美味しいよ、と地元の人に言われて、地元ホウレン草入りラーメン食べました。素朴な味で美味しかったです

でも少しインスタントの香りがしましたが、夏空の元で食べられたことでOKです。快適なワィンディングから、狭路を走り神岡を目指します






























f0050534_21093118.jpg





































f0050534_21093112.jpg

ものすごい狭路を縫うように神岡に向かいます。神岡と言えば、スーパーカミオカンデ。以前これを撮るお仕事が来ましたが、どたんばでカミオカンデが壊れて撮影がキャンセル。今でも悔やんでいます。でもこの神岡に向かう狭路、体重移動とバランスどりが忙しかったです、つづら折れもあり神岡に着いた時は、やや腕が上がり気味。良い運動です


f0050534_21104010.jpg
写真は すべてFUJIFILM XF10

神岡からは、渓谷沿いに41号線を走り、渓谷と夏空を堪能。富山平野に出ると41号線をはなれ、農道をつなぎ、八尾から砺波、そして高岡についたのが16時、汗だくだくでした。でも走りがいのある、たのしい500キロでした





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2019-08-28 21:36 | Motor Bike | Comments(0)

Sunday Aftenoon 2

f0050534_20582954.jpg
LUMIX S1+SIGMA20mm

日曜日の夕暮れ、フリーランスのフォトグラファーになってからは、素敵な時間と、光を楽しみ時間を地わえるようになってきた

サラリーマン時代は、笑点がはじまり、サザエさんが終わるころ、とてもブルーになった。広告代理店の営業担当だったので、月曜日の朝は、毎週営業会議があり、前の週までの数字の報告と、翌週 翌月の数字の報告と見直しを話さなければならない

そして毎回、僕は場長から文句のオンパレードを言われる。そんなに簡単に数字なんて変わるわけないし、そんなに簡単に広告のキャンペーンなんて落ちていないよと、心の中で悪態をついていた。だから今日も、家内の「明日からまた会社・・・」の呟きもよく分かる

ない仕事、無い数字、無い売り上げをひねり出す、特に僕が営業の時はバブル。それでもその分、目標のノルマは高く、他しか僕のノルマは3億円。今でも撮影で疲れると、月曜日の営業会議の悪夢を見る。完全に心に刷り込まれたトラウマ

ちなみに今朝見た夢は、長大編成の貨物列車をけん引するディーゼル機関車の運転士をしていて、運転台に置いておいた、チョコレートの箱が倒れ、床に大好きなチョコが散乱するのだけれど、列車がつづら折れの下り勾配。ブレーキレーバーから手が離せず、チョコが拾えない、どうしよう…で眼が覚めました。平和いです

全国のサラリーマンの方、素晴らしい月曜の朝が来ますように




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2019-08-25 21:11 | Tokyo City | Comments(0)

Sunday Afternoon

f0050534_20582974.jpg

LUMIX S1+SIGMA20mm


日曜日の夕方の都会がなぜか好きだ
多分、翌日の朝になると魔法が解けていつもの都会に戻る前の、静かなオブジェのような空間 あるいはテーマパークのような不思議さがあるからだろうか?

そんな空間を20mmで楽しむ。個人的には16mm 20mm 24mm当たりのデフォルメ感が好きだ





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2019-08-25 21:01 | Tokyo City | Comments(0)

室戸岬

f0050534_12052325.jpg











f0050534_12052481.jpg























f0050534_12052466.jpg

22日木曜日 松山空港を飛び立った飛行機は四国山脈を横切り東京へ向かっていた

離陸して、しばらくすると四国山地の山並みの向こうに海が見えた、しかも土地が海に挑むようにつき出している。室戸岬だった、まさに地図の通り。もしかしたら、遠い昔、僕のご先祖様は、どこか南の土地から、黒潮にのり北の大地を目指してやってきて、この岬に引っ掛かったのではないかと、思う想像を張り巡らせてしまった。旅の最後に素晴らしい遊覧飛行だった







f0050534_12051651.jpg










f0050534_12051747.jpg

松山空港では、さすがみかん大国、蛇口からミカンジュースがありました 笑


f0050534_12051689.jpg

写真は全て
FUJIFILM XF10
今回の旅は、松山で車を借りて、松山~大洲~八幡浜~三崎港~八幡浜~松山(道後温泉)~松山空港 と272キロの旅だった。納骨の法要があったとはいえ、南予の風と香りと光、そして味を充分以上に堪能できた


家内の両親は愛媛、僕の父は徳島。同じ四国なので、風俗習慣もとても分かるし、嗜好も近い。そして思考の風土をお互いによく分かっている。ときどきこれは偶然ではなく、彼女と知り合ったのも、何かのご縁だと思う。仕事や遊び仲間でもなぜか周りに四国 特に徳島の関係者も多い。ご縁、この大切さを痛感した4日間だった

南予、そして徳島、もう一度年内に帰ってくると思う




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





 



















by masabike | 2019-08-25 16:03 | 日本風景 | Comments(0)