<   2018年 09月 ( 59 )   > この月の画像一覧

ボーダレス

f0050534_18061902.jpg

FUJIFILM X30



今月、都内のスタジオで外資系企業のタレントさんを使った広告撮影をした

メインはムービーで、僕が撮る静止画(いわゆる写真はサブ化、少ない紙媒体用の素材撮影) ですのでムービーの人のリハーサルの時に同アングルで撮るか、本番の時に横で少しサブアングルで撮るのが多かった。時としては静止画用に別アングルで撮ることもあったが、あくまでメインはムービー。

意外とこのような仕事は、舞い込むことがしばしばある。今までは音がするので絶対にムービー本番中には撮影できず、本番終了後、大あわてで撮らせていただくことも多かった。だがFUJIFILM Xシリーズの登場で、様相は一変した。電子無音シャッターの登場で、ムービーチームに迷惑をかけることなく、何テイクも同じシーンを同撮出来る様になった。しかもH1になりボディー内手振れ補正がついたので、高性能16~55mmを手ブレ防止をかけて使うことが出来る。しかも手持ちであればただでさえたてこむ現場で、ムービー用の三脚や照明&音声機材の立ち位置に迷惑をかけることなく、手持ちで撮れる。


円滑な現場作業はチームで撮るときにとても大切。この場合は写真家としての個よりも、静止画を撮るカメラオペレーターとしてチーム優先の立ち位置を撮る。

広告は必ず、動画でも静止画でも 、絵コンテ サムネール 、ラフ、台本が存在する。その時にはフォトグラファーとしての作品ではなく、いかにクライアントやディレクターの制作意図に沿った写真が撮れるか、それが最優先で最重要。「僕の個性は?」とか「僕の作品性は?」というのは必要ない。絵コンテどうりに撮れて、現場が円滑に進んだ時に、ほんの少し出来た作品に自分らしさをトッピングするか、あるいは少しだけ遊びのカットを撮り、少しだけ主張する。あくまでクライアントの指示道理が大切。僕はいらない


今回はクライアント企業が外資なら、メインの仕切る広告代理店も香港の会社。制作チーフも香港の人。海外で外資系あるい現地のスタッフと働くことはあったけど、いまさらながら日本で海外のスタッフと仕事をするのは初めて。現場では英語で指示が出ることもしばしば。

日本で英語ですか?という方もいるかもしれないが、もはや当たり前の道具かもしれない。世界共通言語なので、もはや使えないと致命的かもしれない。フォトショップやデジタルテクノロジーが使えないよりも、英語が使えない方が致命的だと昨今感じる。昨年のフジキナあるいは富士フイルムXシリーズの世界同時発表の際に、事業部長さんや役員の方が英語でプレゼンテーション。もうこれは当たり前になっている。

そして撮影現場でも、当たり前のボーダレスの時代になっている。動画と静止画の同時進行のボーダレス。

そして今回の香港の制作チーフとても仕事がしやすかった。その理由は、撮影指示が単純明瞭明確だった。従来の絵コンテとは異なるアングルやフレーミングの変更が出た時、すぐその場で絵コンテを描きシンプルな単語で説明してくれる。日本人のチーフにある様に「この感覚解るかな?」とか「アバンギャルドな作品が欲しいとか」抽象的ではなく、とても具体的。やはり香港ベースでいろいろな国で仕事をしていると、言語の問題、感覚の問題が壁になる。それを突破するにはシンプルにかつ、自分の内面で作るべきものをきちんと消化して具体化している。そうでなくてはいろいろな国に行き、会ったばかりのスタッフとチームを作り広告を作りあげるのは難しい。

今回のチーフは、待ち時間にスマホで自分が普段に撮っている写真を見せてくれた。物撮り、風景、ポートレイト 、ストリートフォト、どれも素晴らしかった。つまり仕事のチームのフォトグラファーに自分の写真を見せることで、自分の世界観を理解してもらおうとの考えだと思う

最後にチーフは、この写真はすべてFUJIFILM X-T1で撮っているというので、僕はt1のプロモーションをしていたと、作品を見せると大いに喜び、盛り上がり、両手で握手をしてくれた。長丁場で220GBも撮る撮影だったけど、とても楽しく良い仕事が出来たと感じた


これからボーダレスの仕事が、日常になるのだろう。いつでも自分の立ち位置を忘れずに、俺がでは無くチームの中でどうか!そしてより英語力とコミュニケーション力を磨かないと、この時代は生き残れない。
何でもどんな状況でも撮れて且つ、自分が勝負できる得意技のフィールド、それもキラーフォトが撮れるフィールドを持つことが大切。ネイチャーしか撮れないフォトグラファーでは生き残れないことを今回痛感した



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






























by masabike | 2018-09-30 18:16 | 広告仕事 | Comments(0)

波乱万丈北海道ツーリングDay3 8月28日 悲劇は続くよ何処までも

f0050534_15221299.jpg















f0050534_15221361.jpg















f0050534_15221300.jpg


FUJIFILM XF10

キャンプで爆睡…できると思ったら、深夜2時ぐらいにキタキツネが外に置いておいた、キャンプ用鍋をころがして目が覚めて追い払った・・・・

ところが夜が明けてテントを出ると、ゴミをバイクのハンドルにぶら下げておいたら、飛びついて食い破られて、あたりはゴミすて場状態

しかもオーストラリアで買ってきたビーサンも食い破られ、モンベルのダッフルバッグも革の部分と、柔らかい布の部分は全部食い破られて無くなっていた 大涙

気を撮り直し・・・(というか取りなおす以外何も方法が無いです)



割れたウィンカーをガムテープで補修。ただ切れたランプはどうしようもないので、どうするかと考えネットで調べたら(便利な時代です)、稚内にレッドバロンがあるので、そこで修理を頼みに行くことにしました


それでもかすかにツーリングを楽しむ気持ちは残っていました



f0050534_15221364.jpg








f0050534_15221318.jpg

最後の笑顔だったかもしれません 汗 &笑

天塩から稚内のオロロンラインは嘲り笑うような良い天気。キャンプ地の浜頓別か紋別に向かいます







f0050534_15221350.jpg
途中で夜鉄で夜撮影した、勇知に立ち寄りました



f0050534_15330068.jpg







f0050534_15330037.jpg








f0050534_15330152.jpg
駅舎も駅舎の中もかわいかったですが、気持ちの動揺は隠せずピンが合っていません 涙




f0050534_15223132.jpg









f0050534_15223117.jpg

稚内の稚内空港近くにある、レッドバロンの稚内店です。キャンプとバンガローも兼ねていて綺麗ですし、スタッフ親切です。来年はここに泊まることにしたいです

そういえば、稚内で家庭用品&Do itのお店 ホーマックに買い物に立ち寄ったら、ハレーの人がいて「ここでヒートテックありますかね?」と聞かれたので「売っていますよ」と答えると、夏だと思ってメッシュの革ジャンでタンクトップで来たら死ぬほど寒いと抜かしていた。北海道をなめています。Vツインの振動で頭のネジも緩んでいるのではと思いました (こうゆう考えがあとでばちが当たります)


f0050534_15223244.jpg
ツーリングの定番、宗谷岬。まだまだ余裕のうすら笑い。この時、エンジンスタートの時にセルモーターの係が悪かったですが・・・・、あまり深く考えませんでした。バッテリーは春に変えたばかりなので・・・・・・・ 


それにしても宗谷岬はインバウンド多かったです


f0050534_15223186.jpg

















f0050534_15223074.jpg
















f0050534_15223059.jpg




















f0050534_15223145.jpg


そして国内ワィンディングロードでベスト3に入れたい、お気に入りの宗谷丘陵。うれしくなって1往復半もしました。もう自分が風になった気分で、ボブディランの「風に吹かれて」が頭の中をリフレインしていました。これが今回ツーリングの最後の楽しい思い出になろうとは・・・・・・















f0050534_15224762.jpg














f0050534_15224732.jpg


f0050534_15223124.jpg

宗谷丘陵走りを満喫したあとは、浜頓別近くのエサヌカ線で、大平原を楽しみました


ここはよくTV CMにも使われる道で、たしか最初は出光石油の企業広告だったと思います



f0050534_15464929.jpg
エサヌカ線で、北海道来ました!!記念写真。これがこの日の最後の楽しい写真でした


記念写真を撮りお昼を食べて、エンジンスタート!!うん? うん?なんかかかりが悪いな。あっかかりました。でもこれだけ走り込んでいるのにバッテリーが上がるわけないし。家から早くも1400キロ走っています


まずは目指すは浜頓別、ガソリンを入れてから、浜頓別でキャンプか紋別でキャンプか考えます


浜頓別のエネオスGSでガス満タンのあと・・・・・

「ギュル・・」その音を最後にエンジンは沈黙。セルモーターはうんともすんとも言わない


スタンドのお兄さんの「バッテリー上がり?ジャンプコード繋げようか?」


この時点でかなりやばいと、頭の中は白くなっていました。コードをつなげるためにバッテリー端子を出すためには、うちのバイクはフロンカウルとガソリンタンクを外さないとだめなのです。大事です。その前にバイクシートが固着してはずれないです。シートを外すのに20分近くかかりました

購入したバイク屋さんも夏休みで電話もつながらないです




やぅっとシートを外して、タンクの隙間からバッテリーがみえました。スタンドのお兄さんが、ドライバーを端子に繋いで通電させればかかるかも?とのアイディアでやってみたら、見事エンジンかかりました

しばらくアイドリングのあと、荷物を積んで再度、エンジンスタート。何も変化がないです。エンジン再スタートはダメでした。その後何度もしますがNG。置いていくか、札幌まで運ぶことを考え、友達の「突撃元ちゃん」に軽トラとか手配できますか?と聞いたとこ「相原さん バイクの保険にレッカーサービスついていいるかも?」で保険屋さんに聞くと、ピンポンでした

バイク保険、加入してから40年使ったことが無かったので、知りませんでした

保険会社に頼むと、翌日の昼に旭川からレッカーが来るとのこと。翌日・・・・・今宵は…、そこで思い出したのが、知り合いの網走の写真家 大島さんの定宿 ペンション小石がスタンドの裏にあることを思い出して、電話すると「今晩空き部屋ありますよ」とのご返事。神の声。しかも宿まで200mぐらい。オーナーさんがスタンドまで迎えに来てくれて、二人でバイクを押してお宿に向かいました

この日は夕ご飯は、何を食べたか覚えておりません。バイクをどうするか?どうやって東京まで持って帰るか?


とりあえずレッカーで札幌のバイク屋さんをどこか探して運ぶしかないし、とんでもない致命傷だったらどうしよう


頭の中がいっぱいです。18年乗った相棒で、ツーリングリタイヤ状態は初体験です


撃墜されたパイロットや、魚雷が命中して船を放棄する艦長の気分でした 涙


ちなみにこの一部始終の写真はありません。そんな余裕はなかったもので 涙 でもそれではプロ失格ですね 




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。


























by masabike | 2018-09-30 15:35 | Motor Bike | Comments(2)

銀ブラ 塙さん写真展

f0050534_10483409.jpg
















f0050534_10483393.jpg

FUJIFILM X-Pro2+FUJINON35mm


昨日は雨の銀座と日本橋を家内と散歩しました

銀座は、富士フォトギャラリー 銀座で開催中の塙さんの写真展見学です。Xのイベントよヨドバシカメラさんのイベントで、いつも塙さんにはお世話になっております


今回はパリの写真展、じつは奥様は仕事でちょこちょこパリに行くので、「あっここは何とかだ」とか「この駅からルーブル近いんだよね」とか懐かしそうに言っていましたが、僕はパリ未体験なのでちんぷんかんぷんです。ちなみにパリとロンドンとハワイとニューヨークにはまだ行ったことがありません

その代り皆さんがいかないような、シベリアの奥地 アイスランドの氷河 オーストラリアの荒野に入ったことがあります。ちなみに有名観光地ですと、ローマ ナポリ アマルフィー ケルン ベルリン サンフランシスコ  香港 台北 ジャカルタ マニア あと東京と奈良に入ったことがあります 爆

塙さんの写真展は今週木曜日までです

f0050534_10483424.jpg




















f0050534_10483390.jpg






















f0050534_10483442.jpg

















f0050534_10483454.jpg


写真展の後は新装オープンした高島屋さんに行きました。今までにない新しいブランド趣味の店があり面白かったです
特に本棚の専門店があり、興味深かったです。それとポルトガル料理のお店。少しお店が落ちついたら食べて見たかったです


あと一番おもしろかったのがBung&Olufusenというスピーカーショップです。ワンセット何と御値段500万円。昨日はデスペラードを聞かしてもらいましたが、さすがに良い音です。これにアンプを足したらメルセデスが買えるよと思いました。そう思うとカメラは安いです 爆


日本橋界隈は夕飯はどこもかしくも混んでいたので京橋へ。昔の会社 創芸の跡地にたった、ファッションビルでイタリアンを食べました。

21~29歳まで、京橋にあった広告代理店で営業マンをしていました。とうじは会社に行くのが嫌で嫌で仕方がなく、若気の至りで、しっかりした上司に辞表をたたきつけたり、今思うと恥ずかしいことばかりでしたが、約8年間 いろいろな広告&メディア業界で生き抜くすべ 掟 マナーを教えていただきとても感謝しています

夕飯を食べながら当時のいろいろなことが走馬灯のようによみがえりました。若い時の苦労は買ってでもしろ、今思うと昔の人は良い言葉を残してくれたと思います。権利を主張する前に、できることをやる、努力する、我慢する大切なことを学んだ7年10ヶ月の広告代理店営業マン時代でした。当時ご迷惑を掛けたり、激怒された先輩、上司、クライアントの皆様ありがとうございました。そしてとても素晴らしい人脈もいただきました

そんなことを考えさせられた土曜の京橋での夕飯でした






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





















by masabike | 2018-09-30 10:56 | 写真展 | Comments(0)

波瀾万丈 北海道ツーリング Day2 8月27日 悲劇その1と2

f0050534_15040500.jpg








f0050534_15032366.jpg
FUJIFILM XF10


羽幌を過ぎると、空は快晴!!お~~~北海道に来てよかった!!まさにライダーズパラダイス


そして稚内に近づけば近づくほど、風景は最果て。

そして風はだんだん寒さを帯びて来るがけど、気持ちは高揚 もうヒートアップ


f0050534_15040520.jpg






f0050534_15040512.jpg
天塩の町はずれのキャンプ場に、今宵のお家を構える。ここには温泉もついているの最高です

キャンプを設営し、夕焼けの利尻富士を見に、ワカサカナイ方面へ。この時バイクの両サイドの、荷物を入れるケースを外してキャンプに置いていった。今思えばケースをつけておけば・・・・・・

f0050534_15040500.jpg













f0050534_15125807.jpg
上 XF10
下 X-Pro2+FUJINON18~135mm

f0050534_15032325.jpg
XF10

そしてせっかく来たので記念写真。
でも悲劇はこの10分後 撮影が終わりバイクに乗ろうと思ったら、やはまたがるのと反対側の右側に路面が傾斜しており、サイドスタンドを外したときに、足が滑り・・・・・・・・・・・・・・・・・・。バイクが ガッシャン。サイドバックがついていなかったので完全に横倒しで、バイクのお腹が出てしまいました


さすがに完全に倒れ且つ、ハンドル側が下がっているので、起こすことが出来ません。悪戦苦闘5分。運よく2台のバイクが通りかかり手助けして起こしてくれました。でも右側前後のウィンカーがおしゃかです。立コケしたときには、カギを付けたケーブルまでからまり、大変でした



でもやっちまったのは仕方がない、気をとりなおして利尻富士の夕景楽しみましたが、心が寂しい


f0050534_15204919.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON18~135mm












f0050534_15032260.jpg
XF10

そんな寂しさが写っている利尻富士夕景です








f0050534_15040581.jpg

でもキャンプに戻り夕飯の時に、腰にぶら下げたキーホルダーを見ると何かおかしい????、矢場、バイクのスペアーキーが無いです。BMWのキーはゴムのBMWと書いた台座に金属のキーが差し込んであり、そのゴムのパーツが経年劣化でばかになり、キーホルダーに台座だけのこり、先にあるキーが無いです


本日の損害、前後ウィンカー エンジンプロテクター破損  スペアーキー行方不明

落ち込みながら、北の星空を楽しみ、子ぎつねのように眠りに落ちましたが・・・・更なる悲劇が・・・ つづく 爆





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-09-29 15:26 | Motor Bike | Comments(0)

波瀾万丈北海道ツーリング Day2 小平 海鮮丼

f0050534_08130134.jpg

FUJIFILM XF10

留萌を過ぎて、日本海沿いに走るオロロンラインに入ると、おひる時。人間も燃料補給で入ったのが、小平 鰊番屋の食堂。お目当ては海鮮丼。1600円でしたがさすがです。それにしても今回、富士フイルムさんよりお借りしたXF10は色再現が最高です。やはり小さくてもX、ウニの色が良く出ます。貸していただいたYさん マネージャーのOさんありがとうございました

















f0050534_08122189.jpg










f0050534_08122175.jpg











f0050534_08122124.jpg

鰊番屋の駐車場、鰊のマークが面白かったです。この小平から天塩まで、ひたすらアップダウンが続きます。19歳の時、自転車で北海道を一周した時、この小平~天塩が、一番つらかったです

いよいよ旅のクライマックスのサロベツ原野へ





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2018-09-29 08:39 | Motor Bike | Comments(0)

波乱万丈 北海道ツーリング Day2 函館~留萌

f0050534_08122012.jpg


















f0050534_08122144.jpg

FUJIFILM XF10



北海道ツーリング 2日目 8月27日 函館からサロベツ原野の天塩を目指します。距離は600kmぐらい。というわけで、函館の朝市もパスしてひたすら北を目指します


前夜泊まったルートインは、大浴場もあり快適でした。朝ごはんはGS1150のフェンダーをテーブルにしてコンビニおにぎりと珈琲でした

大沼公園を過ぎて高速に乗り、ひたすら北を目指します。曇り空でしたがときどき陽も射し快適でした。でも函館から札幌遠いいです。


今回は苫小牧便のフェリーがとれなかったのが痛いです




f0050534_08122157.jpg

札幌が近ずくと、雨がパラパラ。輪厚でカッパを着ました。気分がめげます

こんな単調な時は、人間カーステレオで歌を歌っています。この日はジュディ―ガーランドのオーバーザレインボーのサビと、石川さゆりに津軽海峡冬景色です


函館から留萌まで無給油で走り続けました。札幌から深川までは、覆面パトカーに注意してかなりの頻度でバックミラー確認しました

道外ナンバーのバイクは道警の金づるの良いカモなので

留萌を過ぎるといよいよ日本海 オロロンラインです






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。













by masabike | 2018-09-29 08:31 | Motor Bike | Comments(0)

津軽海峡 夏景色

f0050534_08224858.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON18~135mm


真夏のつがる海峡夕暮れ。竜飛岬に石川さゆりさんが立って歌っているような気がしました 笑



旅に行くときはX-T2,H1よりもなぜかPro2を持って行きたくなる


何か機能以外の存在感が、旅で写欲をかきたててくれる。オーストラリア ニュージーランド インドネシア 韓国そして日本と旅した僕のpro2はボロボロ。でもすべては旅の思い出。これからも世界をこのカメラと旅をしたい



旅に誘ってくれるカメラX-Pro2だと思います。そしてよい旅レンズが18~135mm 旅では超便利です







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-09-29 08:26 | 日本風景 | Comments(0)

Nikon Z7  来宅

f0050534_07440060.jpg






















f0050534_07440003.jpg





















f0050534_07440035.jpg

Nikon Z7+Nikkor105/1.4 f1.4 モノクロ R


ニコンフルサイズ ミラーレスZ7が我が家に来ました


小さなボディーにD850をしのぐポテンシャル。


高画素のカメラのお試はやはりモノクロが一番よく解ります


モノクロは白から黒へのグラデーション。画素数がその諧調表現を左右します。


モノクロの表現はニコンらしいカリット感があります

そして何よりもFマウントアダプターを使うことにより、膨大なFレンズシステムを使えるのが最大の魅力です

今回はレンズンも105/1.4使いました。ニコンらしい切れのある秀逸レンズでした


台風が過ぎたら外へ持ち出そう







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-09-29 07:48 | カメラ | Comments(0)

浅草師弟どぜう会

f0050534_08050361.jpg


















f0050534_08050220.jpg
















f0050534_08050263.jpg







f0050534_08050315.jpg
LUMIX G9pro+LEICA12~60mm

昨日はうちの元アシスタントさんで、今子育て休業中のみずきちゃんと、昼飲みランチでした

場所は正統 東京の浅草で駒形どぜうでご飯でした
f0050534_08020035.jpg
Photo by Mizuki

昨日は少し肌寒かったので、どぜう鍋でぬる燗と鯉のあらい、お江戸のただしいランチという感じでした

駒形どぜうは、ネギ盛り放題なのでとてもうれしくヘルシーです

〆はどぜう汁と熱々ご飯で美味しくご馳走様

f0050534_08020185.jpg














f0050534_08020148.jpg














f0050534_08050182.jpg



















f0050534_08050258.jpg

みずきちゃん、元々は写真学校を出て、某出版社のスタジオで修業したあと、うちにアシスタントに来ました。パノラマ写真が好きで、とても良い感性しています。そしてとてもパワフルで根性すわっています


オーストラリアのロケも2回同行してもらっています。タスマニアと西オーストラリアの白い砂漠です。こちらがビビるような環境でも、砂漠で遭難しそうになっても、どんと構えています。もともと彼女は帝京高校チアリーディング部のキャプテンで甲子園とかに行っている、こてこての体育会系です


うちでアシスタントしている時に、写真集も出し、いくつか仕事のオファーもあったのですが、只今子育て中です
昨日は3時間、ひたすら写真のことを話しました。撮る心構え、戦略 、コンセプト、未来の夢など、あっという間の3時間。

彼女を含めて、僕には砂漠に行ったアシスタントさんが5人いますが、みんな家族であり旅の仲間です。師匠と弟子みたいな硬い関係でしばると、長い過酷な環境では、メンタルが破たんしてしまいます。やはり家族のような人間関係を作らないと生きて帰れないような環境での旅は難しいです









f0050534_08050254.jpg
昨日は赤いお召し物が良く似合いかっこよかった、みずきちゃんです。また忘年会で写真の話をしましょうね。子育て終わったら、写真の世界に戻ってきてください。才能はあふれるほどあるのだから

追伸

昨日は雷門でみずきちゃんと待ち合わせ

おちあい、さてご飯と思ったら・・・・・・

f0050534_08020110.jpg
人力車の車夫の方から「日本は初めてですか?東京観光 、人力車でいかがですか?」と英語で聞かれ、思わずのけぞりました。「すいません、僕に日本人なので、英語が解らないので」超驚きでうろたえる車夫の人は、日本語で「東京の思い出に、いかがですか?」とさいど日本語で!「あの~~、地元なのですいません」といい、唖然とする車夫の人を残して、みずきちゃんとご飯へ行きました。彼女は大うけ、よくFBで外人に間違えられると、書いてあるけど本当だったんだと!でもインバウンド向けの車夫の人や、都内の有名ホテルの副支配人など、外国人客を見慣れた人たちに間違えられます。今度はミドルネームつけようと思います。チャーリーとか?笑






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2018-09-28 08:19 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

FUJIFILM X Series FBより転載 Junction

f0050534_09095116.jpg

【和の「写心」By Masaaki Aihara】

東京都 江北ジャンクション
FUJIFILM GFX 50S FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR

2014年ごろから僕は、モノクロで且つ高画素のカメラで作品を撮り続けているテーマがある。それがKatachiと呼んでいるシリーズ。

自然、人工を問わず、物が持っているフォルム、シルエットの面白さ、機能美、生命美を撮り続けている。そしてその作品は必ずモノクロで被写体と正対しガチで撮ることにしている。「間」をとったり、加工したりせず。存在する物体と正面切って向かい合い撮ることにしている。

その時に必要になるのが、その物の存在感とカメラとその物の間にある空気感、あるいはその物の質量感。残念ながらこれは小さな画素では出ない。フィルム時代の大判的なものが求められる。

皆さんは驚くかもしれないが、僕は普段、東京にいる時は、不動産&建築の広告も撮っている。モデルルームや竣工写真などだ。その時、特にコンクリート打ちっぱなしの建物は、高画素のカメラが必要だ。理由はコンクリートの重量感を表現するためだ。デジタルカメラ黎明期には建築家は自分の作品である建物の重量感 質感が出ないからとフィルムでないと撮影をOKしないことも多かった。黎明期のデジタルの低い画素数では建築の重量感が出なかったからだ。
僕も当時はASTIA 100Fでコンクリート外観の建築をかなり撮った。だがフィルムのASTIA 100Fがなくなり、デジタルでASTIAの諧調と重量感を出すのは苦労した。だがこの1年GFX 50Sの登場でかなり楽になり心のストレスが無くなった。特にモノクロは、コンクリートや金属の重量感が良く表現できる。

ただ中判デジタルは誰でも気軽に買える、使えるものではなかった。昨日の夜までは。昨晩ドイツで行われているPhotokinaで「GFX 50R」が発表された。より薄くコンパクトになり、価格も多分コンパクトになるはずだ(笑) 中判デジタルが特別なものから、妥協しない作品を撮る身近なアイテムになったと思う。そして中判カメラがフィルム時代と同じように、作品撮りやコマーシャルの必須アイテムになるだろう。GFX 50S これから秋から冬の光でどんなKatachiを撮ろうか楽しみ。いつか中判デジタルの個展、楽しみに待っていただきたい。

 
Photography by Masaaki Aihara




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-09-27 09:20 | Tokyo City | Comments(0)