<   2018年 01月 ( 45 )   > この月の画像一覧

ふるさと クレイドルマウンテン 

f0050534_15515508.jpg








f0050534_15515498.jpg










f0050534_15515476.jpg
















f0050534_15515422.jpg










f0050534_15515478.jpg


FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm

タスマニア クレイドルマウンテン にあるCradle Mt Hotel。ここに泊まると全館僕の作品で埋め尽くされているので、泊まりながらとてもうれしく興奮する。その訳は、このホテル併設のオーストラリア最大の写真ギャラリー"The Wilderness Gallery"で2004 2007 2010と三回の個展をやらせていただいた。そしてそれぞれの個展がロングランで、1年~1年半の展示となった。集客と作品販売が良いと展示期間が延長されるからだ。でもだめだと打ち切りになる、とてもシビアだ。そして終了後作品はすべてGallery収蔵となった。

そしてこの3回の個展のあいだ、通算1年半以上僕はこのクレイドルマウンテンにいた。自分の家以外で、一番長く暮らしたことがある場所がCradle Mt。ある意味第2のふるさと。村の人やレインジャーもよく知っている

そしてこのギャラリーはフォトグラファーにとってとても厳しいことがある。それは自分の被写体が、窓を開ければそびえていることだ。そう、このギャラリーは世界遺産クレイドルマウンテンに隣接して立っている。だから窓を開ければ本物が見える。つまらない作品や、弱い作品を撮ると、お客様から「君の作品を見るより、窓を開けて外を眺めたほうが素晴らしいよね」と言われてしまうからだ。それぐらい窓を開けて外を見ると、素晴らしい光景が広がっている
f0050534_15525459.jpg

PENTAX 645+SMC200mm+FUJIFILM Provia100F

だからこそ写真展で滞在しる間、毎日森と大和湖に通いづくめて作品を撮った。でもここに大きな壁というか、落とし穴があった。毎日いると、天気も読めてくる。そうしているうちに、今日は天気が悪いから、行っても大したのが撮れないから、ゆっくり寝て居よう。そうゆう、危ない心の悪魔がささやくようになった。でも永遠にここにいるわけではない。ここにいられるチャンスといるためにここに僕は存在していると考えた。だからどんなに天気が悪くても、朝夕は撮影に行き、日中はギャラリーで店番をしていた。それでもしばらくすると、だれに命令されたわけでもない、だれも見ているわけでもない、だったら毎日、撮影に行っていると嘘をついてもばれないのではと考えてみた。でもたった一人だけ、その嘘が通じない人がいることも気が付いた。嘘が通じない人‥‥、それは自分。。

やはりこの大きなチャンスを逃さない、それは自分に嘘をつかないことと分かった。そして僕は毎日、タスマニアの森に通った。その努力の成果が実り、ギャラリーにデンマーク王子様と王女様がお越しになられ際、絶賛のお言葉を頂戴した。それが僕が親善大使になるきっかけでもあった


毎日毎日地道に、そして好きなことだから逃げず向き合い、撮影して作品とする。でも少しでも気を緩めると、怠け癖が付いてしまう。たとえば、現場に行かなくても、泊まっているバンガローの窓やベランダから撮ればいいやとか、友達が来たからお酒を飲んで本日は撮影休業。でもそんなときに素晴らしい、光が来たら写真家としてはおしまい。どこかに住んだら風景写真なんて、撮れる。絶対にチャンスは逃さない。誰しもそう考える。でもそこには前に述べたような、大きな落とし穴がある。移住し住み着くことで、日常化して、日常に流されてしまうことの怖さを痛感した。そのいい例が日本にもたくさんある。多くの写真家が住み着いている、富良野や富士山周辺、でもいまだに前田真三さんや高橋真澄さん、あるいは大山行男さんや岡田紅葉さんを超える作品を拝見したことがない。もしいらっしゃったら僕の不勉強で申し訳ありません
住み着いて作品を作るそのためには背水の陣が必要と痛感したのがクレイドルマウンテンだった。もし写真家が、部屋の窓やベランダから作品を撮るようになったら、あるいはお酒を飲んで朝撮影に行かなくなったら、それは写真家をやめる時かもしれない。その訳はその写真を見せられたお客様が一番かわいそうだからだ






ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね
















by masabike | 2018-01-19 16:02 | 写真展 | Comments(0)

いよいよ明日 宇都宮サトーカメラ様 LUMIX G9Proトークショウ

f0050534_07080287.jpg

明日、栃木県で初のトークショウがはじまります
まだお席が若干あるかもしれません。ご希望の方はお店までお問い合わせいただければ幸いです

皆様のご来場 お待ちしております


ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




by masabike | 2018-01-19 07:10 | トークショー | Comments(0)

クレイドルの森

f0050534_18390645.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm

何十回、いや何百回も歩いたクレイドルの森。でも毎回新しい発見がある。そして毎回、ヒルと仲良くなる。今回はホテルの部屋に4匹ご招待しました


ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




by masabike | 2018-01-18 18:41 | タスマニア | Comments(0)

ご褒美

f0050534_18230281.jpg


国際線と国内線を結ぶシドニー空港のカンタスシャトルバスの背もたれもオーストラリア







f0050534_18204410.jpg









f0050534_18204552.jpg









f0050534_18204428.jpg












f0050534_18204572.jpg










f0050534_18204515.jpg


















f0050534_18230261.jpg

FUJIFILM XQ2
タスマニアから日本への帰路、今回頑張った自分へのご褒美で、シドニー~羽田をビジネスクラスにアップグレードいたしました。シドニーのカンタスラウンジ。オーストラリアワインの素晴らしいコレクションで飛行機に乗るまで、オーストラリアの味覚を堪能できます。そしてうれしいのが、充実したアイスクリームコーナーがあります。乾燥したオーストラリア、アイスがとてもおいしいです


f0050534_18230152.jpg










f0050534_18230371.jpg














f0050534_18230231.jpg









f0050534_18230202.jpg













f0050534_18230168.jpg









f0050534_18230271.jpg
そしてなんだかんだ言ってもやはり広くて安定感のあるB747のビジネスクラス。カンガルーマークのパジャマもくれます。とても良い旅の記念です。離陸したらシャンパン飲んで、シドニーの有名レストラン調理の チキンカツレツに堪能して、羽田まで爆睡でした。でもフレンドリーなサービスが定評ですが、何よりも一番素晴らしいカンタスさんのサービスは世界トップクラスの安全率。これが一番のサービスです




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね








by masabike | 2018-01-18 18:33 | | Comments(0)

夏のタスマニア

f0050534_17170245.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm

撮影協力 タスマニア州政府観光局 カンタス航空


久しぶりに真夏のタスマニアに里帰りしました
夏とはいえ、南極の暴雨圏 夕方になると気温は12~3度 フリースがないと寒くてだめです。しかも風は重い南極からの南風 でも僕はこの土地が大好きです
久しぶりに帰ったタスマニア、細胞の一つ一つまで今タスマニアが浸透しています




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



by masabike | 2018-01-17 17:20 | タスマニア | Comments(0)

日本の味


f0050534_12494605.jpg










f0050534_12493999.jpg





2週間のタスマニアロケを終えて帰りました。ロケとしては割と中期のロケでしたが、中身の濃い、本当にとても内容の濃いロケでした。自由業の辛さで帰国すると、たくさんのデスクワークが待っています。まずは第1弾で宅急便と郵便局に行きました。その帰りに喜多方ラーメンの前を通ると美味しそうな香り。ついきのうまで帰国したら第1弾は吉野家牛丼とビールと思っていたのですが、大きく変更。レバニラ炒めと生ビール。この喜多方ラーメンのレバニラかなり美味しいです。でも実は30歳ぐらいまではレバーが嫌いでした。その前は肉と魚は一切嫌いでベジタリアンでした。ほんとです。でもいまでもサバ味噌煮と冷やし中華と、鳥の水炊きは苦手です
レバニラでビールを飲んでいると、うしろでサラリーマンの人の「昼間に生ビールでレバニラか・・・・」というつぶやきが聞こえました。すいません










f0050534_12495288.jpg

〆はシンプル醤油ラーメンでした。日本の味は美味しいです

ちなみに今回のタスマニアロケでは10日間で約700GB撮影いたしました 編集が楽しみ!!!



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




by masabike | 2018-01-17 12:56 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

1月10日 良い天気で忙しいです


f0050534_10230355.jpg
昨日の夕飯は町のお肉屋さんで買ったBBQチキン。天気が良くさちゅえいが忙しいので、料理をしている時間がありません。このまま丸かじりしました。800円でした



f0050534_10230380.jpg

朝ご飯は、さらに忙しいので、インスタントスープとチョコレート2かけらです。ウエストがくびれてきました



f0050534_10230478.jpg
f0050534_10230311.jpg






f0050534_10230346.jpg
移動の途中で、蜂蜜屋さんがありましたので、パンに塗る蜂蜜を買いまして、ついでに蜂蜜アイスいただきました。おいしいですよ



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


by masabike | 2018-01-10 10:27 | | Comments(0)

キャンプのごはん

f0050534_12455594.jpg





f0050534_12591409.jpg





f0050534_12465956.jpg


FUJIFILM XQ2

タスマニアの山の中でキャンプしています。意外と夜中は冷えるので、3シーズンの寝袋にシュラフカバーして寝ています。昨日の夕飯は バターロール 2個とオイルサーディーンの缶詰でした。今朝はトマトスープとインスタントラーメン。でもラーメンはこちらの食料BOXに入れていたのを食べたら、賞味期限が1年前でした 汗




f0050534_12464151.jpg


お昼はBothwellという田舎のパブでカウンターミールのステーキでした。正真正銘のオージービーフです




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



by masabike | 2018-01-09 13:03 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

成田~メルボルン

f0050534_16104739.jpg












f0050534_16091033.jpg












f0050534_16090490.jpg













f0050534_16091595.jpg








f0050534_16092934.jpg

 今回の旅は、行きは成田~メルボルン~タスマニアです。成田では機材が多いので早めにチェックインしてラウンジでくつろげました。フライトは満席で、オージーのインバウンド多さを物語っていました。フライトではご飯を食べて速攻で寝ようと思ったら、ついつい映画にはまり1本半も見てしまい失敗しました 笑 トランスホーマーとホビットを見てました


メルボルンでは朝ご飯は、オージーバーガーとカプチーノです。カプチーノを飲むとオーストラリアかな?と実感します
でも久しぶりのハンバーガー、やはりでかいです





ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




by masabike | 2018-01-07 16:16 | | Comments(0)

アサヒカメラ 清水哲郎氏の記事に拍手

f0050534_18444718.jpg

 おととい、久しぶりにアサカメを読んだ。何年ぶりだろう? 今回はたまたま

風景写真を検索していたら、アサカメ1月号のコンテンツ 「風景写真をダメにした戦犯たち」というタイトルに行きついた。近所の図書館でじっくり読んでみた。記事を書いた写真家は清水哲朗氏、モンゴルを撮影して、作品にしているとても骨のある写真家の方。何度か食事をさせていただいたこともあるし、彼がモンゴルを撮り始めたころ、いろいろお話させていただいたこともある。僕の大好きなタイプの撮影スタイルの写真家の方

今回の記事は、結論から言って、「素晴らしい。真実」の一言。まさに清水氏の述べる通り。そしてこの記事を書く勇気に賞賛を送りたい。それも風景写真の作品性についてとても精通しているからこそかけたと思う。なぜなら、清水氏は30年以上前に風景写真に革命というか大きなムーブメントを巻き起こした、竹内敏信氏の愛弟子だからこそ、その神髄をかけたと思う。

清水氏いわく、「今の風景写真は伝統芸能化している(本当の伝統芸の皆さんごめんなさいwww)」 それは竹内氏が撮った作品表面だけをなぞり、その神髄を見ていない。つまり竹内さんはもともと社会派のドキュメンタリー写真家。公害で荒廃していく日本列島を撮っていた。ある時そこから進化し、荒廃してダメになる前に、素晴らしい日本の姿をドキュメンタリータッチで残そうとした。だからこそ、瞬間の美しさを起動力のある35mmカメラ+高精細フィルム ベルビアで瞬間の美しさを狙ったと思う。それ以前は風景と言えば中判 大判で35mmで風景撮影は考えられなかった。それを作品化したのが竹内氏

その功績は大きくすばらしいと思う。だからこそ35mmで撮ったというデーターを、誇らしげにそして改革の意味で大きく出したと僕は思う。だが悲しいかな、読者や安易な編集者は、その作品の裏に潜む哲学まで読み取れなかった。カメラ、レンズ、フィルター 、フィルム 、三脚などの表面のデーターのみ。そしてそれが今まで綿々と続いている。多くのプロアマ含めて哲学やコンセプトを完全に見失い、竹内氏の形にのみ近づけようとしている。それは今も脈々と続いている

例えば、写真コンテストで、テーマを「和」とすると、おおくのエントラントは「竹林」「お寺」「鯉」を撮ってくる。これは自分の経験上事実だ。和というのは哲学であり、コンセプトであり、思想であり、道である。お寺を撮ったから和にはならない。その空間、間、視点の美学をいかに表現するかだ。残念ながら多くのプロでもこの形から逃げることができていない。海外を撮影しても和になる。寝起きの布団やまくら、あるいは朝ご飯を撮っても和を表現できる。だが誰も撮らない、撮れない。表面しか見ていない。特に日本の風景写真家の多くは、前にも書いたが、日本の風景しか撮っていない。外から見ていない。外から見ることにより、初めて気が付く視点もある。あるいはほかのジャンルの撮影あるいは、写真をはなれて、油絵、日本画、彫刻、音楽をやることによって見えてくる世界もある。だから今回、清水氏の書かれた記事に、大きなスタンディングオベーションを送らせていただきたい。この記事を読んでカチンときたプロの風景写真家はいると思う、ではその答えは作品で表現してほしい。あるいは裸一貫、アウェーの海外での仕事の洗礼を受けて欲しい。

多くのネイチャーフォトグラファーにレッスンや講評会評で収入や評価を得るのではなく、撮った作品で稼げと言いたい。30年前 あるメーカーののプロ担当課長から「相原君、レッスンや講評会で稼ぐな、プロだったらシャッター押して稼げ、もしこのことを守らなかったら、おれが抹殺するぞ」とありがたいアドバイスを頂いた。今もそれを守っています

久しぶりにカメラ雑誌の記事を読んで拍手をした。清水さんどうもありがとう。応援します!! そしてもっとモンゴルの作品を見せてください!!!

今回の文章は 一部 アサヒカメラ 清水哲朗氏の表現を抜粋でお借りしています

今日の記事でブログ炎上するかな?ネイチャーフォトグラファーから 剃刀とか送られてくるかも? www

この記事と今日の作品は何ら関係はありません



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




by masabike | 2018-01-06 18:56 | 写真アート | Comments(2)