<   2017年 12月 ( 82 )   > この月の画像一覧

大阪 縁の下の力持ち

f0050534_15174227.jpg












f0050534_15174142.jpg

クリエイト 大阪


f0050534_15180258.jpg










f0050534_15180181.jpg









f0050534_15180313.jpg

富士フォトサロン 大阪




f0050534_15183511.jpg

ワンダーフォトショップ 原宿





f0050534_15230159.jpg

池田市民ギャルリ VEGA




先週から今週で、今年 写真展等でお世話になった皆様にご挨拶でお伺いしました。初の原宿写真展となったワンダーフォトショップさん 大阪写真展でお世話になった富士フォトギャラリーさんと富士フォトサロンさん そして先週はお伺いできなかった池田市民ギャルリ VEGAさん、皆さん大変な影の仕事をやっていただきました。以前いもブログで書きましたが、写真展はチームワーク作業です。作品は我がまま我を通しますが、写真展の進行展示作業は皆様がいないと、写真1枚を飾ることすらできないので、スタッフの皆様全員と力を合わせて成し遂げます

丁度、F1やMOTO GPのチームと同じです。ドライバーやライダーは独りですが、マシンを走らせるためにはその陰に多くの人がいます。写真展も同じです。スタッフの皆さんあっての写真展です。プロで長くやっていると、ついそこを見落としがちです。来年も東京 大阪と写真展があります。ズタッフの皆様どうぞよろしくお願いいたします。次回はどら焼きの箱の下に山吹色の板を敷き詰めて伺いたいと思います 笑


ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね





by masabike | 2017-12-25 15:32 | 写真展 | Comments(0)

紅白図


f0050534_12112899.jpg


LUMIX G9Pro+LEICA100~400mm
北海道 三国峠

風景写真は場所と天気の読みと運が作用する。そして運が悪い人はプロになるのは難しい。この時もあるプロの方が撮影されていた。とても売れている有名な方、運が強いのだなと実感した。やはり自分の腕と運で切り開き作品にしたい。人の運で切り開いた作品をパクることは僕はしたくはないです



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね





by masabike | 2017-12-25 12:09 | 日本風景 | Comments(0)

琵琶湖 黎明20170830

f0050534_07250547.jpg

FUJIFILM GFX+FUJINON23mm


今、富士フイルムスクエアで展示中の「美しい風景写真100人展」の作品とカット違いの作品。展示作品はNikon F6+Nikkor14~24mmですが、同じ時間帯ですと、フィルムでの作品は露光時間が1分を超えてしまいます。相反不規がでて露光時間はさらに伸びる可能性がありました。そうすると露光中に夜明け前の光の状態が変ってしまうので、デジタルにしました。ISOは400でした。

そして黎明の淡いピンクが空にのってきた時に、その柔らかさを出すためにフィルムに変更しました。フィルムとデジタル、どちらが良いかと聞かれます。でもそれは間違いです。2つの表現方法はまるで異なります。僕はその状況に一番自分のひぉゆげんが近いメディアを選び撮影したいと思います。これはデジタルカメラの種類も同じです。デジタルになり、各メーカーあるいは機種ごとに異なる特色が出ています。フィルム時代が万能カメラが多かったですが、デジタルになりよりメーカーの哲学が出てきたと思います。仕事で使うので、被写体別に機材は選択しています。


アマチュアの方には難しいと思いますが、プロなのでなるべく満足が行く機材を選びたいと思います


ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね






by masabike | 2017-12-25 07:35 | 日本風景 | Comments(0)

店にサンタが やってきた yayaya

f0050534_21371334.jpg












f0050534_21371671.jpg

昨日は今年の4月 写真展でお世話になった 原宿 ワンダーフォトショップに年末のご挨拶に伺いました。女子の多い職場なので、当然クリスマスプレゼント持参です

昨日は人数分のシュークリームを持ってサンタにふんして伺いました。ワンダーの皆さんはとても元気で明るいです。本当に写真を楽しんでお仕事しています。2枚目はワンダーのチーフ 遠藤嬢です。いつもパワフルです。皆さん今年もお世話になりました
ちなみに僕の写真年賀状はワンダーでプリントしました



f0050534_21373737.jpg










f0050534_21374499.jpg


原宿の後は富士フイルム スクエア 風景100人展のパーティーに出席しました。プロや大人の作品も見ごたえありましたが、一番おもしろいのは、高校生と大学生の出展者です。今回は多くの若い人が紹介されました

大人はそつなくうまくまとめるシーン、ヒラメキと出会いでダイレクトに撮っています。面白いですよ


f0050534_21375049.jpg
そしてパーティーの後は写真で大変お世話になっている方と、今年1年を振り返り二人だけの静かな忘年会でした

お世話になっている方からは、一生懸命撮ることと、いつまでのトーナメントプロであり続けることを昨晩もしっかりアドバイスしていただきました
以前も、大手カメラメーカーのプロ担当の方から、写真家はシャッターを押して稼ぐこと、人の写真を講評したり、レッスンをして稼ぎの主だったことにしないこと、というのを強くアドバイいただきました。今でもそれは守っているつもりです


忘年会というけど忘れるのではなく、1年を思い出し確認する会でした



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね





by masabike | 2017-12-24 21:49 | イベント | Comments(0)

ブリ ブリ ブリ 富山と言えば寒ブリです

f0050534_11001771.jpg

FUJIFILM X30 寒ブリ





f0050534_11002252.jpg
ノドクロ


富山に鉄道写真を撮りに行ったついでに、寒ブリ堪能してきました。有名回転すし「寿司食いねえ」 思い切り寒ブリとノドグロ食べてきました。口の中で広がるとろける感、やめられません




f0050534_11002816.jpg
シメサバ

あと光物も好きなので特選シメサバいただきました



f0050534_11003831.jpg










f0050534_11004095.jpg

冬の日本海 白身物を中心に食べました。ここのお寿司屋さんは、氷見港や金沢港直送でとてもおいしく、回転ずしの概念が変わります








f0050534_11005283.jpg











f0050534_11005481.jpg
そして最後にもう一度、寒ブリとトロ寒ブリいただきました。
美味しい分、お値段もすこし予算オーバーしました 笑

ぜひ冬の富山の味覚を食べに来てください。




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




by masabike | 2017-12-23 11:06 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

12月21日 ニコン 写真同光会 忘年会

f0050534_10502548.jpg












f0050534_10502688.jpg









f0050534_10502525.jpg


今年も、ニコンさんの社員サークル ニコン写真同光会(同じ光に集う、いかにもニコンさんらしい名称です)の忘年会に御呼ばれしました。このサークルは社員の方であれば部署や職種に関係なく参加できるそうです。ですから水戸や熊谷の工場の方、総務などの事務方の方もいらっしゃいます。

今年でもう7~8年目です。そして忘年会では、今年の1枚の講評をさせていただきます。昨年はお題を出しまして「モノクロ」でした。皆さんが1年で何を見ていたのか、とても楽しい作品が集まりました。特に若いエンジニアの方2人の作品が光っていました。(約1名 D850を買ったうれしさでカラー作品を持ってきた方がいましたが?爆)写真が好きな方がいて、しっかりサークル活動をしている、何かニコンさんの大事な根幹を見せていただいている気がします

ちなみに来年のお題は「走る」です。皆さん楽しみにしております





ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



by masabike | 2017-12-23 10:57 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

浪速写真会談 ?ランチ忘年会

f0050534_10383750.jpg













f0050534_10383623.jpg






















f0050534_10383595.jpg





















f0050534_10383590.jpg




















f0050534_10383536.jpg




















f0050534_10383681.jpg





















f0050534_10383644.jpg














f0050534_10383462.jpg

LUMIX G9pro+LEICA12~60mm

大阪でランチ忘年会をいたしました。H Photogarapher HraQさんの仕切りで、浪速カメラ女子2人を加えて、串カツ宴会でした。ついつい昼間からビールなんていただいてしまいました。当初、お好み焼きでしたが、「粉物」は犯罪になるので危ないので、串カツに変更でした

1日で一生分の串カツいただきました。G9proもオイリーになりましたが、耐油性は強かったです。宴会の話題は写真のことが多いです。ここでは書けない極秘のこと。本にしたら面白いだろうなと思いました。串カツは「だるま」というお店でしたが、串カツが回転寿司みたいに列車で運ばれてきて驚きでした。

やはり大阪来たら、串カツ お好み焼き たこ焼きの3つは食べないとだめですね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




by masabike | 2017-12-23 10:46 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

夜鉄

f0050534_10092846.jpg
Nikon D5+Nikkor35mm 富山地方鉄道


富山で鉄道写真を撮ってきました。2年前のミュゼふくおか写真展の時に初めて、富山地鉄を訪れ、久しぶりに鉄路らしい鉄道に出会えました

僕が写真を始めたのは小学4年生の時。きっかけは蒸気機関車を撮るためでした。いわゆる鉄ちゃんです。そして鉄道を取り巻く環境からスナップ 、列車を待っている間に眼にした光景から風景と広がってきました。だから鉄道写真は僕の原点です。原点はいつも撮るたびに興奮するのと緊張します。


来年はオーストラリア撮影開始から30年、だからこそ原点の鉄道写真を大事にしたいです。そしてはじめてオリンパスペンEEを持った時と同じ、カメラ小僧 鉄道少年の気持ちを忘れないようにしたいです。先生と呼ばれるようになると人間お終いですので、永遠の鉄道写真小僧の気持ちでいたいです



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑 
下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね





by masabike | 2017-12-23 10:16 | 鉄道写真 | Comments(0)

和歌山の夜はMKレンズ


f0050534_18000207.jpg












f0050534_18000409.jpg













f0050534_18000394.jpg






f0050534_18000330.jpg
和歌山の打ち上げの宴は、豚鍋で始まりました。お肉を持つのが今回の講演会の、仕掛人の木川先生です。じつはこの豚鍋、面白いことに水ではなくお酒で煮込むのです。でもなんとそのお酒がすごいです!!なんだと思いますか?



f0050534_18000276.jpg
なんと煮込むお酒は、すべて越乃寒梅です水は使いません。お酒だけです





f0050534_18022353.jpg

木川研究室の学生さんが、なんとFUJINON MKレンズを持っていました。将来動画のプロになりたいので、バイトして買いましたとのこと。凄いです。若い人以外と、熱くがんばっています









f0050534_18022392.jpg






f0050534_18022364.jpg

北海道でお会いしたかたも 聴講に来ていただきました
そして盛り上がった宴会はさらに2次会へ


f0050534_18022494.jpg



f0050534_18022269.jpg
和歌










f0050534_00170079.jpg

お店のご主人が自ら鯖を釣り作られた鯖寿司と和歌山ラーメンで2次会でした

そして更に宴会は盛り上がり・・・・・・

f0050534_00170733.jpg
イケメンマスターのいる、カウンターバー(でもなぜかコタツもあるお店)で3次会。
やっと完全燃焼して、ホテルへ帰ったのが深夜1時過ぎ。爆睡して起きたら今朝の9時40分であわてて大阪に向かいました



ブログランキング応援クリックお願いします。下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね





by masabike | 2017-12-21 18:09 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

和歌山大学講演会をおえて

f0050534_17432036.jpg


























f0050534_17435765.jpg

























f0050534_17441323.jpg





















f0050534_17434227.jpg

昨日の和歌山大学での講演はことし行った、公演&トークショウで一番気持ちよく話すことができました。その訳はカメラのことはほとんど語らず、写真本来の話をすることができたからです。

写真の見せ方 読み方 感じ方を中心に話をしましたそして写真も写真以外も含めて過去の名作を見ることの大切さを説きました

露出やテクニカルの話ではなく、どのように感じ 心の中でどのように見えるか?その心の中の映像をどのように実像にするか?そのような話でした

特に今はやりのインスタ映えに関しての話もしました。目立たせるのではく、いかに心に残るか、残すか?そのためにはどのように見せるか?鑑賞者しっかり受け止めてもらうために、どのようにコンセプトを組み立てるか?写真の内面の話です。学生の皆さんはフォトグラファーのwebのテクニカルな話に興味がない、飽きているそんな感じでした。僕もそれは同感です。


また学生の皆さんはインスタ映えにかんして、もうあれは過去のもので、あれははやりものと意外と冷静に受け答えしていただいたので安心しました。もちろんハデハデ写真に関しても、意外と冷静に観察していて、安心しました。大人の仕掛けに意外と食らいつかずに冷静に分析していました

全人類総カメラマン化しつつある現在、テクニカルより何を感じどう表現するかが大事です。学生の方からの印象的質問が「自撮りに関してどう思うか?」でした。僕個人は自撮りは賛成です。人の迷惑にならなければ、記念写真を残したいというのは、存在の証なので当然だと思います。そして自撮り 記念写真は写真の宿命の象徴です。写真がほかの芸術と決定的に異なるのは、その記録性です。アッジェのパリしかり、土門拳の下町の子供たちしかり、撮影時の芸術性をはるか超えるアーカイブ性があります。そんな質問が出てくるところが若い学生の皆さんの面白さです。ぜひこれからも学生向け講演会を開催したいです。そして多くのカメラトークショウをしているカメラマンに問いたい、一度高校生、大学生向けにきちんと写真というものを授業で説明してほしい。カメラを語るのはなく、写真を語ってもらいたい。適正露出や解析現象、レンズのゆがみの話はもう飽きた

追伸
和歌山大学の学生の皆さん、またお会いしましょう!!」


ブログランキング応援クリックお願いします。下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね






by masabike | 2017-12-21 17:52 | 写真アート | Comments(0)