<   2016年 07月 ( 86 )   > この月の画像一覧

Tokyo moment by FUJIFILM X-T2+FUJINON35mm

Tokyo  moment by FUJIFILM X-T2+FUJINON35mm_f0050534_10311292.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON35mm


X-T2は風景、スナップ、そして鉄道とこの数ヶ月大活躍してくれた。そしていま4K動画にもトライしている。ただ予想上に苦戦している。これはカメラのソフトやハード面ではなく、撮り手の僕自身の問題だ。プリント写真や、同じ動画でも映画とは異なりテレビで見る4K映像は、それぞれのデバイスや見る環境によりかなり、映像の見栄えが異なる。だからその見栄えのあんばいを考慮した、作画&撮影をしなければならない。ただ4Kで物が動いていれば良いというものではない。

だからかなり今勉強中だ。ただ動画で作品を撮る為には膨大な量の、名作と言われる映画や、すぐれたCMなどを見て研鑚しないとだめだと感じた。ただ鉄道が動いて撮れる。ただ野鳥がかわいく動いて撮れる、これではだめだ。何が自分の映像の下手さなのかを冷静に分析する必要がある。カメラの周辺機器の問題もある。問題はエベレストより高く、解決するための悩みはマリアナ海溝よりも深い


先日映像の勉強でヴィム・ベンダースのセバスチャンサルガドのジュネシスのドキュメンタリーDVDを買った。そこには勉強材料と問題解決の糸口がたくさんあった。あとスチル写真で、サルガドがシロクマを狙うシーンがある。でも彼はシャッターを押さなかった。絶好の撮影距離であるにもかかわらず。彼のコメントは「バックが良くない、これでは単に生態写真だ」とある。作品と写真の違いを見せつけるシーンだった。多くの動物やネイチャー系写真家が、作品と図鑑的な記録とはき違えている。自分はどちらの立場で写真を撮るのか、それを考えるにはとても素晴らしい映像だった。もちろん記録や図鑑の撮影がダメとは言っていない。ただ僕の視点は作品として撮る、そして生態も理解してもらえればと思う。ナショジオ的な観点だと思う

ぜひサルガドを撮影したヴィム・ヴェンダースご覧ください。動画も静止画もどちらも勉強になります







by masabike | 2016-07-19 10:46 | Comments(1)

砂漠の水辺 レインボーバレー  オーストラリア

砂漠の水辺 レインボーバレー  オーストラリア_f0050534_08450914.jpg
FUJIFILM X-T2(プロトタイプ)+FUJINON10~24mm


1988年、初めてオーストラリアに行った時に、お土産屋さんで砂漠に雨が降り、風景が写りこむ絵葉書を見た。いつかそん亜風景を撮りたいと思った。でも砂漠に雨が降るのは年に数日。しかも風景が写りこむほどの水が溜まる、雨が降る数年に、あるいは数十年に一度。

今回X-T2の撮影でオーストラリア・ノーザンテリトリーを選んだ時、、何か予想外のものが撮れる。そんな予感がした。現地到着の第1日目。荒野の岩山に向かう。そこんは1988年に絵葉書で見た光景が広がっていた。オーストラリアの神様とはやはり相性が良いみたい。撮影終了後、大地と夕日に向かい合掌して、頭を垂れお礼を伝えた





by masabike | 2016-07-19 08:50 | アウトバック | Comments(0)

祝 上野・国立西洋美術館 世界遺産登録

祝 上野・国立西洋美術館 世界遺産登録_f0050534_23171357.jpg










祝 上野・国立西洋美術館 世界遺産登録_f0050534_23171405.jpg














祝 上野・国立西洋美術館 世界遺産登録_f0050534_23171307.jpg















祝 上野・国立西洋美術館 世界遺産登録_f0050534_23171430.jpg


FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm


昨日の西洋美術館世界遺産登録から一夜明け、家内が美術館にもろもろ確認事項に行くのに同行しました。朝開門してすぐなのに、ものすごい人ででした。メディアもたくさん来ていました。まさに世界遺産効果だと思います。

家内もこれから忙しくなると思うので、体調管理に注意して、夏バテしないでほしいと思います

世界遺産登録に向けて、動かれていた皆様、おめでとうございます、そしておつかれさまでした。これを機に新たなるアートと建築の道が開けることをお祈りします


by masabike | 2016-07-18 23:22 | イベント | Comments(0)

写真文化とカメラ

写真文化とカメラ_f0050534_18085588.jpg







写真文化とカメラ_f0050534_18074099.jpg



先日二つの写真文化にかかわる展示を品川で見た。一つはニコンミュージアムでの「亀倉雄策と歩む」展、もう一つはキャノンギャラリーでの「日本スポーツプレス協会40周年記念報道写真展」。2つともとても、見ごたえがあり、かつ写真の文化というものを肌でひしひしと感じた。

 亀倉氏は言うまでもなく、Nikon F並びにニコン関連印刷物のデザインだけではなく東京オリンピック(1964)や日本万国博覧会のポスターでも知られる、日本いや世界トップクラスのデザイナー。氏のデザインは格調があるとともにアイキャッチも優れている。もし彼がニコンFnoデザイン等をしていなかったら、いまのニコンとニコン神話が生まれただろうかと思うぐらいだ。そしてそのデザインしたカメラ、カメラのパッケージ カタログ、取説。すべてのカメラマン、そしてお客様に箱を開ける喜び、興奮、そして写真を撮る喜びを上着く且つ、生まれながらにしてニコンFは神話と伝説を作り出したと思う。亀倉氏のデザインセンスもあるが、氏がカメラの奥底に潜む哲学、そして使う写真家達の気持ちをよくくみ取っていると感じる。そして当時のニコン技術陣の情熱をこのパッケージデザインに込めたのではないかと感じる

 そしてニコンミュージアムに展示している1950年代前半の亀倉氏のニコンのポスターを拝見すると、今現在そのポスターが量販店やカメラ店の店頭に張られていても、何ら古さを感じない。良いものは時代を超越する、それを感じさせられた。それは写真作品も同じだと思う。目先の流行やウケ狙いで、撮られたり、必要上のエフェクトをする作品は、時の流れの奈落の渦の中に沈むだろう。僕は自分の作品を、その奈落の渦の奥底に沈ませたくない、時の流れを乗りこえ永遠に残せる作品を目指したい

そしてキャノンギャラリーでのスポーツ写真展も、奇しくも東京オリンピックのとき撮影された、中谷氏の作品から始まっている。当時は一発勝負の撮影の時代、よくこのアングルに想い切れたと感心するものが多い。そして数々の歓喜と悲劇がアスリートの内面を写し撮る作品群で埋め尽くされていた。今回はキャノンギャラリー1階と2階のぶち抜き展示。見ごたえ充分。過去の自分の歴史や思い出と照らし合わせてみると感無量のとても素晴らしい写真展。キャノンという大メーカーならではの企画力を見せつけられた。そして写真家達とメーカーの共存する歴史の偉大さも。個人的にはスポーツ写真展では、コブラツイストを決めるアントニオ猪木のモノクロ作品と、マウンドの芝に長い影を落とすイチローの写真がすきでした

ニコンとキャノン、この2大メーカーが時を同じくして60年代を中心とした写真の文化にかんする展覧会を同時に見ることが出来たことにとても幸せを感じた。多くのスポーツ写真家が光と時間と格闘して撮った作品群、その中にはキャノンだけではなく亀倉氏デザインのニコンFもあっただろう。ニコン&キャノン、この2大メーカーが写真家とともに歩んだ道のりを昨日は感じた。そしてその長い道のりは、世界最高峰の映像を撮るとために2つのメーカーに哲学を生み出したと思う。時と光と影を一瞬にして写し撮る写真という表現に対する哲学なくしては銘機というものは生み出せない。そしてカメラ技術者たちの写真に対する思い入れも。昨今、写真には興味がないという技術者もいると聞く。そのような人たちが増えたらいままでのような歴史を写し撮る名機は生まれるのだろうか?真のフォトグラファーたちはカメラオペレーターではない。どのメーカー、どのカメラに哲学があり、写真が好きな人たちが作り上げているかかぎ分ける嗅覚を持っている。そして哲学や情熱を感じないカメラは手が伸びない、使わない。なぜなら、自分の一生を決めるかもしれない大事な一瞬を、信じられない、愛せないカメラには託せない。

作品というものはカメラと自分の心で作り上げる、わが身の分身でもあり子供みたいなものだ。愛情を感じられないカメラでは、身を削り、命を懸けてときには死と向き合いながら、情熱をかけて写真を撮ることはないだろう。いくらお金を積まれても。歴史の生き証人足る写真、自分の分身足る作品を撮るために、多くのメーカーそして技術者には情熱を持ち、写真を愛してカメラを創りあげてもらいたい。

おととしドイツのカールツァイス本社でプレゼンテーションさせていただいた。4時間以上にもわたるプレゼン。そこで多くのツァイス社のエンジニアやドクターと語り合った。話の多くは彼らがレンズと製品もそうだが、以下に写真を愛しているか、いかに写真を撮るのがたのしみか、そして写真を撮る哲学の大切さを語ってくれた。日本のカメラはドイツの光学機器を母体としてスタートしている。技術は学んだが、どうやら彼らの哲学を学び忘れた日本のエンジニアは多いみたいだ。日本製品をコピーするだけと、他国を非難するエンジニアもいるが、世界から見れば同じ穴のムジナかもしれない。哲学とそれを裏打ちする情熱、そして写真が好きということがなければ永遠にドイツのコピーから抜けられない。真似しただけかもしれない。

何度も言うが、作品を撮る為にそのために僕たちは命を懸けている。写真家にとり一番大切なことは情熱、だから写真がすきだという情熱をかけて作られたカメラでないと写真家の気持ちと化学変化は起きない。化学変化なくしてはもちろんよい写真はうまれない。技術者の皆さん、化学変化が出来るカメラを作ってください。そうでなければ・・・・その答えはエンジニアの皆さんが一番ご存知です。つまりそんな技術者は去ってほしいです


追伸

今、ニコン キャノンだけではなく富士フイルムスクエアでも奈良原一高の名作、王国など一連の作品も展示している。ぜひこちらも必見です。3回見ました。いニコン、キャノン、富士フイルム いずれの展示も入場無料です。ぜひお見逃しなく



by masabike | 2016-07-18 18:10 | 写真アート | Comments(0)

FUJIFILM X-T2 熟成 すべては気持ちよく撮る為

FUJIFILM X-T2 熟成 すべては気持ちよく撮る為_f0050534_17102215.jpg











FUJIFILM X-T2 熟成 すべては気持ちよく撮る為_f0050534_17103136.jpg









FUJIFILM X-T2 熟成 すべては気持ちよく撮る為_f0050534_17344044.jpg


FUJIFILM X-T2の発表から10日余り。空前の予約状況らしいです。X100からXシリーズのもろもろにかかわらせていただいている、フォトグラファーとしては大変うれしい限りです。そしていくつかの意見も取り入れていただいておりますし、それ以外にエンジニアの皆様と撮影現場に来ていただいたり、100時間近い時間を共有させていただいております。
 前にもブログに書いたようにX-T2はスペック面で大きな進化がT1からありますが、スペックに出ないまさに熟成した点が数多くあります。そのすべては写真を撮る人が、プロもアマも昨日写真を始めた人たちでも楽しく気持ちよく撮れるようにとの想いをこめて、たくさん意見をだし熟成していただきました。そしてその熟成のおかげで見事にオーストラリアの荒野で心の中に見えた映像をそのまま具体化でき、パンフレットにも使用していただきました


FUJIFILM X-T2 熟成 すべては気持ちよく撮る為_f0050534_17160554.jpg







FUJIFILM X-T2 熟成 すべては気持ちよく撮る為_f0050534_17160509.jpg



FUJIFILM X-T2 熟成 すべては気持ちよく撮る為_f0050534_17254585.jpg

個人的に大きな点は2つ。
1 撮影画面に外枠フレームがついたこと
2 バッテリーが本体1個 グリップ2個さらにグリップ装備でブースター機能となることです


1は、夜間や暗所あるいは高コントラスト、逆光時にフレーミングが格段にしやすくなったこと。無駄な面積がフレーミングの時に減り、より美しい画面フレーミングそして無駄がないことによりセンサー画面を最大限ポテンシャルを引出し、撮影後のトリミング等を排除したこと。今まで光学ファインダーに比べて暗所ではフレームと絵の境が難しく、夜間に撮影したら地面だと思ったらフレーム外枠で、地面や水平線が切れてしまった!そんなトラブルをなくしてくれます。


2のバッテリーの増加は 寒冷時や4K撮影時にバッテリー切れを防いでくれます。もちろん舞台などで、バッテリー交換をなるべく避けたいシュチュエーションでもそうです。さらにバッテリー増加のブースター機能で秒間コマ速度の増加もできますし、ホールドもよくなります。これでまさにプロ用対応も可能となりました。ニュージーランドで空撮をした際に64GB撮影しましたが、バッテリーグリップで助かりました

すべての機能がファインダーの構図とシャッターチャンスに集中できるようになっています。もちろんバッテリー残量も3つ分表示しています



FUJIFILM X-T2 熟成 すべては気持ちよく撮る為_f0050534_17261370.jpg
FUJIFILM X-T2 熟成 すべては気持ちよく撮る為_f0050534_17261355.jpg
FUJIFILM X-T2 熟成 すべては気持ちよく撮る為_f0050534_17261309.jpg
FUJIFILM X-T2 熟成 すべては気持ちよく撮る為_f0050534_17261395.jpg
FUJIFILM X-T2 熟成 すべては気持ちよく撮る為_f0050534_17261388.jpg
そしてまだ使用していませんが5つのAF-Cカスタム設定。いままでのXシリーズの動体での弱点もカバーしています。ここら辺は僕もこれから試していきます。ただこの3か月、雪山、砂漠、熱帯雨林、大雨、薪能の幽玄の会場とあらゆる自然環境、物理的制約の撮影現場で試して撮影し、約2TB撮影しました。撮影量だけがすべてではないですが、異なる環境で撮影し何ら問題は出ることもなく、且つ操作性ではさらにその何いくつかの熟成を積みかさねました。目的は完成品になった時、自分の作品が世界最高レベルで撮れること。それも目指しました。ぜひ熟成の仕上がりと富士フイルム80年の色の完成度をお試しください。デジタルカメラにおいて色再現でこのX-T2をしのぐカメラはないとほぼ断言できます

リアルフォトを目指すのならば、X-T2&Pro2を使えば画像処理は過去の遺物になるでしょう













by masabike | 2016-07-18 17:33 | カメラ | Comments(0)

外泊 夕景  by FUJIFILM X-T2

外泊 夕景  by FUJIFILM X-T2_f0050534_09222547.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm


X-T2になりおおいに進化したのがファインダー。秒単位100フレームになり、動体や急にカメラを振った時、あるいは逆光にとても強くなったことだ。そして全体に言えることはすべての動きが滑らかで、フォトグラファーがあらゆる機能や操作を考えずに感じるままにできること。伝統的な光学式一眼レフシステムに匹敵する、ワークフローになってきたこと。作業が滑らかであるということは、フレーミングやシャッターチャンスなど、クリエィティブな動作に集中できるのでより素晴らしい作品が作れることです。写真とは何かを知り尽くした、富士フイルム80年の歴史がなせる業です。大事なことはカメラとはなにかではなく、写真とは何かです。カメラはあくまで写真を作り上げるためのデバイスにすぎません。フォトグラファーにとりカメラを手に入れるのが最終目標ではなく、作品を創り上げることが最終目標です

だから作品を作りたい人、心の中の絵を表現したい人にはX-T2は心を写しだす魔法のデバイスだと思います
ただ実は僕が使っているT2はプロト機です。よくアマチュアの方は、実売機より良く写るのでしょ?と言いますが逆です。ファームや機能はまだ未完成です。画質もそうです。ですからと飛ばない戦闘機で、当たらないミサイルを打ち、なんとかターゲットを仕留めるようなものです。でもその癖を飲み込み当たるようにしながら、且つ問題点の洗い出しをして、お客様に使いやすいカメラにすることも仕事のうちの一つです。X-T2精魂込めてテストしました。絶対にお勧めです!!




by masabike | 2016-07-18 09:33 | 日本風景 | Comments(0)

世界遺産お祝い宴会 華興

世界遺産お祝い宴会 華興_f0050534_09094270.jpg
FUJIFILM X30


昨日の夜は上野の国立西洋美術館が世界遺産になったので家内とお祝い宴会いたしました。家内はコルビジュエ専門のキュレーターで西洋美術館の客員学芸員でもあるので、今回の決定は彼女の仕事に大きな励みと力になると思います。そこでおお祝いの宴会となりました

でもビールをおいしく飲むために・・・


世界遺産お祝い宴会 華興_f0050534_09094343.jpg
宴会の前に、滝野川の銭湯・稲荷湯に行きました。相変わらずここはお湯が熱くて、ぬるいのと標準は入れますが、熱い湯は入れませんでした。ちなみにここはテルマエロマエのロケ地です。板橋&滝野川界隈は銭湯がたくさん残っています



世界遺産お祝い宴会 華興_f0050534_09094212.jpg





世界遺産お祝い宴会 華興_f0050534_09094204.jpg

稲荷湯から歩いて数分のところにある華興で宴会しました。ここの餃子は小龍包に近くジューシーです。あとタレをつけないで食べます。以前、タスマニアのフォトグラファー Mッチが来て、タレをつけてお店のおばちゃんに「たれつけないでと言ったのに」と言われて「でもねと」わけのわからない反論したお店です。でもとてもおいしいです。お勧めです


世界遺産お祝い宴会 華興_f0050534_09094295.jpg


それとお勧めが焼き豚です。なかなかジューシーです


世界遺産お祝い宴会 華興_f0050534_09094206.jpg

〆はパイコー麺。たっぷりの骨付き豚肉。最後は・・・・・


世界遺産お祝い宴会 華興_f0050534_09094302.jpg
骨ごとかぶりつきました。これから世界遺産として西洋美術館が本格稼働するので家内はこれからおお忙しだと思います
あまり無理せず、頑張ってもらいたいです






by masabike | 2016-07-18 09:19 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

三連休 夫婦間バトル発生!?

三連休 夫婦間バトル発生!?_f0050534_07151805.jpg
FUJIFILM XQ2


三連休の中日、天気も悪いからどこか都内で美術館巡りとしようと、奥様と話をしました。ところが・・ところが出がけに大夫婦間バトルが発生しました。よもや離婚の危機という状態でした。理由はなんと彼女が選んだのは、NZお土産で買ってきたオールブラックス オフィシャルラグビーシャッ。で!僕が来ていたのはオーストラリア ワラビーズ オフィシャルラグビーシャッ。どちらもラグビーナショナルチームのオフィシャルシャツです。そしてこの2か国というか2チームは永遠のライバルです。というわけでいきなり玄関で、奥様にタックルすることになりました(冗談です)無事円満にお出かけしました(爆)


三連休 夫婦間バトル発生!?_f0050534_07154423.jpg
出かけたのは2つの美術展、まず朝一が、江戸東京博物館での「妖怪展)かなりも面白かったのとゾクリトしました。円山応挙の幽霊が。かなりシュールで怖いです。床の間にあったら眠れないほどです。面白かったのが地獄絵図。お食事のしている方にはごめんなさいですが、糞尿沸騰地獄絵図。臭いのと怖そうで絶対にここには入れられたくないです。それから身につまされたのが、生前にうそをついたために、舌を引っ張り出されて、100本のくぎを打たれる餓鬼。広告代理店S芸の営業マン時代にクライアントから「広告代理店は本当にいつも2枚舌なんだから」と言われたときに2枚じゃ足りませんよ、1000枚ぐらいないと」と言いクライアントを驚かせたことがありますが、まさに舌を100本の釘で僕はあの世に行ったら打ち抜かれそうです


それ以外にも日本の漫画文化は室町時代から、あったのだろうと思わせる、地獄や妖怪の滑稽画もあり盛りだくさんです。意外とお子さんにはわかりずらいです。展示の後半が面白いです。特に後半には歌川国広の骸骨図もあり面白いです。入ったら混んでる前半より空いている後半から見てください

次に向かったのが出光美術館、本日までの展示ですが出光美術館50周年特別展 美の祝典です

今回の目玉はこの3点
クリックすると新しいウィンドウで開きます

伴大納言絵巻 下巻


クリックすると新しいウィンドウで開きます
紅白梅図屏風 酒井抱一

クリックすると新しいウィンドウで開きます


酒井抱一 風神雷神図


今回は個人的にこの3点が目玉です。ぜひ写真やアートをやられている方はご覧ください

でも風神雷神図で一番好きなのは第1作を書いた、俵屋宗達です。光琳、抱一とだんだん模写してくるとやはりパワフルさが失せてくる感が個人的にはあります

クリックすると新しいウィンドウで開きます


尾形光琳 風神雷神図

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 風神雷神図 俵屋宗達



見終わり、奥様が「奈良のナチュレアサン(ヤマグチハルクさんの以前のハンドルネーム)と二人でリアル風神雷神図をやってね、あなたが風神、山口さんが雷神かな」と言われました、ハルクさんいかがですか?





by masabike | 2016-07-18 07:29 | Comments(0)

砂漠の水辺 


砂漠の水辺 _f0050534_07003943.jpg
FUJIFILM X-T2(プロトタイプ)+16~55mm


オーストラリア中央部はアウトバックと呼ばれる、荒野や砂漠。そこに水は存在しない。世界で最も乾燥した大地だ。しかし数年に一度大雨が降り大きな池が出来る。今回X-T2の撮影で訪れたときもそうだ。風景の撮影で大事なことの一つに相性とか直感がある。ここに行くとなぜか気持ちよい、流れるように撮影のリズムがとれる、あるいはここになぜか惹かれる。その気持ちは作品を創り上げるとき大きい


いろいろな国やエリアに行ったけど、間違いなくオーストラリア大陸中央部、ノーザンテリトリーのアウトバックは僕にとり相性の良いエリアだ


by masabike | 2016-07-18 07:05 | アウトバック | Comments(0)

我が家に残っていた大東亜戦争

我が家に残っていた大東亜戦争_f0050534_16495214.jpg









我が家に残っていた大東亜戦争_f0050534_16495216.jpg

 三連休、たまには家の整理と思い、我が家の金庫の書類を整理していました。すると保存重要という、うちの親が書いた文字の封筒が出てきました。遺言かな?とでも思い中を整理して出てきた事務的な書類の中から上のような封筒が出てきました。

表題は「戦時郵便貯金切手」裏には何と、東宝の円谷特技監督初作品?の「ハワイマレー沖海戦」の広告が。

開けてみるとこんなものが

我が家に残っていた大東亜戦争_f0050534_16533548.jpg
我が家に残っていた大東亜戦争_f0050534_16533508.jpg
我が家に残っていた大東亜戦争_f0050534_16534628.jpg
我が家に残っていた大東亜戦争_f0050534_16534632.jpg
我が家に残っていた大東亜戦争_f0050534_16535599.jpg
我が家に残っていた大東亜戦争_f0050534_16535504.jpg
我が家に残っていた大東亜戦争_f0050534_16543409.jpg
我が家に残っていた大東亜戦争_f0050534_16543433.jpg


中から出てきたのは、戦時債権の書類。ようは戦争随行のために勝つまでは、我慢しましょうと国民が買わされた債権です。ご存知のように戦争の敗戦の結果、これは紙くずになったはずです。多分うちの親はその悔しさとどうにもならない思いで、これを残したのかもしれません。そして・・・・


我が家に残っていた大東亜戦争_f0050534_17002756.jpg






我が家に残っていた大東亜戦争_f0050534_17002683.jpg


もう2つ書類が出てきたのが、昭和20年5月25日の空襲で我が家が全壊になった時の、罹災証明書。うちの両親はその日、B29が編隊でやってきて、日本の飛行機が近づくと、まるで蚊取り線香にやられた蚊が落ちるようにぱらぱら落ちてきたと言っていました。その時、これで戦争は負けるんだなと思ったそうです。戦後71年、我が家の金庫からこんなものが出てきてビックリしたのと、まだ家の中に戦争があったのだと痛感しました。フランスでテロがあり、トルコでクーデーターがあり、ISやタリバン、アルカイダ さらに北朝鮮どこを向いても戦争だらけ。東シナ海、南シナ海もきな臭いです。そして我が国の政府も?です

二度とこのような債権を買わされたり、このような罹災証明を受けることのない世の中にしていただきたいです。都知事選、真剣に考えさせてもらいたいです








by masabike | 2016-07-17 17:08 | ファミリーヒストリー | Comments(0)