<   2016年 01月 ( 86 )   > この月の画像一覧

申年は赤パンツ

f0050534_12185369.jpg
f0050534_12212089.jpg
f0050534_12212020.jpg

昨日は巣鴨とげぬき地蔵に初詣に行きました。帰り道に奥様より、赤いパンツを買っていただきました。その訳は申年に異性から、赤い下着をもらうと生涯下の世話にならないということで、巣鴨にあるマルジで赤パンツを買っていただきました。いつも混んでいるお店なのですが、昨日はさらに混んでいまして長蛇の列です。これでしばらくは下の世話にはならずに済みそうです


f0050534_12185486.jpg






f0050534_12185408.jpg









f0050534_12185424.jpg

そして帰り道、滝野川の稲荷湯でひと風呂浴びて帰りました。ここのお湯は、半端なく熱いです。高血圧の方はNGです。ちなみにこの銭湯はテルマエロマエのロケ地です


f0050534_12185314.jpg






f0050534_12185347.jpg
滝野川には古き東京が残っています。亀の子たわしの本社もここにあり、たわしのお飾りです。巣鴨~滝野川~板橋。田舎の東京が残っています。ぜひ爆買いツアーにお越しください笑




by masabike | 2016-01-03 12:26 | TOKYO下町 | Comments(0)

2016年 お正月 皆様本年もよろしくお願いいたします

f0050534_11555230.jpg
新たな光 FUJIFILM X-T1+FUJINON10~24mm 北海道 オンネトー

 少し遅くなりましたが、皆様 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。多くの新年の御挨拶状やメールをいただきまして、本当にありがとうございます。1つ1つにご返事をできないことに大変心苦しく思います。またこの数年、年末年始に写真展等が重なり、皆様に新年のご挨拶状をお送りしていないことにも大変心苦しく思います。

この数年、言い訳がましくなりますが、唯一きちんと体と心を整理し休めるのが年末年始の数日しかない現状です。そのため皆様に大変失礼そして不義理をはたらきまして、誠に申し訳なく思います。ただその分、今年もより高みを目指した作品を制作発表したいと思います。それを持って皆様に今年のご挨拶の代わりとしていただけることで、お許しをいただければと思います。


年末のご挨拶にも書き添えました通り、今年も従来の地球のポートレイト風景作品に加えて、katachiと言うコンセプト作品そしてか三代目桂花團治師匠を中心とした落語の世界、和の世界を撮りたいと思っております。もちろん従来通りの不動産を中心といたしました、広告のお仕事も続けてい行きたい所存です。加えて今年は、今まで行きたくても、なかなか行けずじまいの土地にも撮影で春先に行くことになりそうです。時が来ましたら、また皆様にご報告させていただきたいと思います。今まで以上に今年も一生懸命、楽しく写真を撮りたいと思います。そしてより心を研ぎ澄ますことにより、写心から写神に昇華させていただきたいです。これからの課題はこの時空に潜む、サムシングエルスとリンクし、己の心のありようを写す写心から、時と光の背後に潜む何かを写させていただける写神にすることだと思います。どうぞ末長くお待ちください。そして今年も皆様にとり幸多き年になりますように、末席ながらお祈り申し上げます



by masabike | 2016-01-03 12:11 | Comments(0)

2016正しいお正月を楽しみました

f0050534_18425209.jpg







f0050534_18425168.jpg
FUJIFILM XQ1


掃除も終わり無事にほっとしつつも、継続している撮影もしつつ、大晦日を迎えました。夕方から「海ほたる」で撮影して、帰宅後、ここ一番用に取り置きした、久保田の萬寿をあけまして、トロとタイで、紅白でおめでたい夕餉を迎えました。そして食事が紅白ならば見るのも紅白。この2~3年紅白を再び見るようになりました


ことしもまたMISHAが見れて最高でした。でもやはり以前のナミビアからのMISHA中継が涙ものでしたが。今年はそれでもレベッカで思わず感激して涙しそうでしたし、Superflyの声量に圧倒されました。福山コンサートは、思わず自分かと思いました爆

そしてもちろんそのあとはゆく年くる年。元旦も朝から少しお仕事がらみで作品を撮りました。1年の計は元旦にありなので、かなり一生懸命撮りました


f0050534_18503012.jpg





f0050534_18502935.jpg









f0050534_18503064.jpg








f0050534_18503035.jpg







f0050534_18502990.jpg










f0050534_18502902.jpg








f0050534_18502929.jpg









f0050534_18502805.jpg





f0050534_18502918.jpg

FUJIFILM XQ1


元旦は昼はうちの親戚と、夕方からは家内の実家にお邪魔して、家内の母と3人でおせちとお魚いただきました。お酒は秋田・大平山 神月 と言うおめでたい名前のお酒を持って行きました

そして今朝も朝から、お雑煮とお酒で楽しい朝でした。お正月ならではです。そのあと六義園で少し作品撮りをして、家まで4キロ歩いて帰りました。


by masabike | 2016-01-02 18:54 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

さよなら2015

f0050534_18291056.jpg











f0050534_18291065.jpg











f0050534_18291073.jpg









f0050534_18291021.jpg













f0050534_18291096.jpg


FUJIFILM X100S

年末に家内と忘年会と言うことで、銀座の「はなれや」さんと言うお店にジンギスカンを食べに行きました。ここは年末にJTBパブリッシングさんの忘年会で、連れて行っていただいたのですが、とてもヒツジの肉が美味しく、それを家内がブログで見ていきたいということで再訪しました。うちの家内はレバーが大好きで、羊レーバー食べたいということでここにしました。お値段もリーズナブルです。生ビール380円です!銀座で!

かなり飲んで食べて、ひとり4000円でした。しめはラム肉入り焼うどん?でした




f0050534_18302538.jpg








f0050534_18302529.jpg










f0050534_18302590.jpg
帰り道の銀座から丸の内そして東京駅へのみちは、買い物客や銀座を楽しむ人で大賑わい。そういえば2015の年末は忘年会でいろいろな人が、お店の予約が近年まれにみる難しさと言っていました。なんだかんだ言っても少しずつ景気は良くなっているのを感じます。このまま失速しないでもらいたいです




by masabike | 2016-01-02 18:41 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

お掃除戦争 キッチン編 その原因は・・・・

f0050534_18231892.jpg







f0050534_18231801.jpg

FUJIFILM X30

キッチンまわりの油汚れが多いのが、たぶんその食材かもしれません。特にカレーです。まとめて鶏肉2キロぐらい使い、大鍋で2~3日煮込むので、換気扇が油ギトギトになります。あとは焼き豚や、中華系も多いので。年末大掃除の前にお正月用に大量に焼き豚3キロ作りました。そのうち焼き豚やさんに転職するかも?笑 

1月2日現在キッチンは綺麗です笑 キッチン戦線異状なしです



by masabike | 2016-01-02 18:27 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

あけましておめでとうございます 2016

2016年 あけましておめでとうございます。今年も相原正明 ブログよろしくお願いいたします
昨年の富士フイルム Xシリーズ face bookご覧いただけない方のためにお届けいたします

新作品はお正月が終わったら怒涛のようにUPいたします。しばしお待ちください


f0050534_16180753.jpg

未来を見つめる 千葉県 館山

FUJIFILMX-T1+FUJINON35mm

2015年 いろいろなシーンをx-T1のファインダー越しに見ました。厳冬の北海道も、桃の花が咲き誇る甲府盆地も、水墨画のような梅雨の四国山地も、夏の光がまぶしい立山連峰も、燃えるような紅葉の長野も、そして今年の光が去りゆく冬の富士山を見つめる子供の姿をファインダー越しに眺めるのが今年最後のface book

今年はNew FUJINON 16mmのデビューがありました。今もっとも僕のお気に入りのレンズです。広角でありながらすごく被写体に近寄れてかつ後ろの背景も表現できる。たとえばタスマニアで小さなコケに、近寄り撮影しつつも、背景の森のスケール感も写し撮れる。風景や旅のロケにはなくてはならない存在です。さらにNew FUJINON90mmそのボケ味とシャープさの両立はファインダーを見て鳥肌が立ち、唸り、そしてほれぼれします。そしてXF1.4Xのテレコンバーター。X-T1の電子無音シャッターで撮る、桂花團治師匠の落語の世界でも撮影ポジションに制約のある寄席ではテレコンバーターが大活躍してくれました。そして忘れてはならないのがX-T10&New FUJINON 35mm f2.0のデビューです。小さいながらもフルサイズ機にも引けを取らない高画質は、コンパクトでありながらプライベートの旅の間にも写真展レベルの作品がたくさん撮れました

数え上げたらきりがない、今年のXワールドです。そして来年はX100

誕生から5周年を迎えます。やっとXシリーズも生まれたての赤ちゃんから、自立して歩き未来を見つめる子供まで成長したと思います。遠くそびえる日本最高峰の頂を見つめる、このこのようにいつもその先を見つめるXシリーズ。さらに2016年は、Xシリーズはより高みを目指した成長をすると思います。フィルムならではの記憶色の再現を武器としたXシリーズ。プロ写真家やアーティストのみならず、日常の感動を残したい皆様の強い味方になれると思います。そして僕もXの成長に負けないように、更なる頂点を目指した作品を創り上げたいです。来年も皆様の心に残る作品をお見せしたいと思います。今年1年ありがとうございました。そして皆様にとって、この地球にとって素晴らしい2016年が訪れることをお祈り申し上げます。



上記記事は2015年12月30日に富士フイルム face bookにUPしたものです



by masabike | 2016-01-01 16:19 | 日本風景 | Comments(11)