<   2012年 01月 ( 59 )   > この月の画像一覧

京都 妙心寺

f0050534_16365351.jpg









f0050534_16371083.jpg



FUJIFILM X100

 今回仕事のあと、京都に行きました。ちょうど冬の特別公開で京都妙心寺の三門と隣華院が見れるので行きました。我が家の専属学芸員の奥様のアドバイスでした。特に隣華院の長谷川等伯の四季の山水画はまさに間の空間の絶妙さが凄かったです


また山門の内部の極楽図もすばらしく、特に極楽に住むと言われる、頭は美女で体が鳥で、美しいこの世のものとは思えない歌声で空を舞う「カリョウビンガ」の姿が綺麗でした。でもそこの書かれている天使さんのお顔が美空ひばりさんにそっくりでした。これは館内説明の方もそうおっしゃっていました

3月まで公開です、ぜひ妙心寺行ってください


応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-01-23 16:46 | 日本風景 | Comments(0)

お好み焼き パパラッチ

f0050534_16192838.jpg








f0050534_16194230.jpg










f0050534_16195064.jpg











f0050534_1620576.jpg










f0050534_175548.jpg












f0050534_1773438.jpg



FUJIFILM X100

大阪の夜はひとり静かに、ワイングラスでも傾けて旅の時間を楽しもうと思ったら、なんばの駅近くで巨大な手でわしづかみにされて、有無も言わさず拉致されましてお好み焼き屋さんへ(爆)、誘拐の主犯は「食べているところを撮らせろという」強硬な要求でしたので泣く泣く要求を受け入れました。
主犯は奈良のパパラッチスナイパーで、女性だけ狙うのかと思ったら撮られてしまいました

でもこの難波「味乃屋」さん、さすが味も焼き具合も絶品でさすが激戦区で40年生き残っているだけはあります。次回また大阪に行ったら食べたいです

特にネギ焼きが最高に気に入りました。主犯もそう思ったらしく、隙が出来たので、逆パパラッチしました。主犯のNATUREAさんは毎度毎度関西でよい店に誘拐してくれます。次の誘拐も待っています(笑)

そういえば最近グルメで「タベログ」がやらせ投稿で問題になっていますが、やはりあくまで基本は自分の勘や知り合いの紹介がよいと思いますし、それで外れたら自分の勘が悪いということで、あまりにネットに頼るのは怖いです


あと僕もタベログ等みますが、たまに「まずい」とか文句のコメント書いてあります。でも悪い店の雰囲気を見抜けなかったのは自分の責任ですし、そんなことをいうこともみっともないです。まずかったときは静かに学習しましよう。ぼくも「こりゃまずいな」という店は何も言わずにブログに載せません。やはり最近よく行くお店がタベログで「とてもまずい」とか「量がが少ない」とかかれていました。どちらのお店もとても美味しいですし、1軒はいつもコースで食べきれないです。なんとなくライバル店の人が嫌がらせに書いたのかなと、かんぐってしまいます。皆さんも美味しいものを食べるには自分の勘としっかりした情報源を持ちましょう(笑)

でも本当にここのお好み焼き美味しかったです

応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-01-23 16:35 | 美味しい食べ物 | Comments(2)

関西出張 駅弁といえばチキンライス

f0050534_16102194.jpg









f0050534_16103548.jpg












f0050534_16104345.jpg












f0050534_16105610.jpg














f0050534_1611356.jpg


FUJIFILM X100

20日のお昼から関西に出張に行きました。富士フイルムさんのGF670/670Wのワークショップでしたが、今回は地元のカメラ屋さんが集客大奮闘で、ブログにUPする前に満席になってしまいました


金曜日、新刊瀬のきっぷと同時に買ったのが旅の定番、東京駅チキンライス弁当、しかも朝ごはん抜きでしたので腹ペコでシュウマイまで買ってしまいました。さらにさらにキオスクでオーストラリアワインも売っていたのでこれも買い、セレブなお昼となりました。特にチキン弁当についているスモークチーズが粋な計らいです。おかげで楽しく飲んで食べて、しっかり三島ぐらいから京都まで爆睡しました

何度食べても東京駅のチキン弁当は飽きないです。いつも深川飯弁当と迷うのですがこちらを選んでしまいます。駅弁は日本が生んだいだいな旅の文化です


駅弁応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-01-23 16:16 | 美味しい食べ物 | Comments(4)

マグロディナーJige

f0050534_8235991.jpg








f0050534_8241477.jpg









f0050534_8242751.jpg








f0050534_8243819.jpg









f0050534_824518.jpg










f0050534_825046.jpg


 昨晩アh築地の炭火焼&マグロのお店Jigeでクライアントさんのご馳走でうちの奥様とマグロのなか落ち堪能いたしました。昨年ご結婚された、熱々ホクホクのクライアントさんなのですが、ご結婚のときに記念にとご結婚おめでとう写真を撮影しまして、そのお礼で今回ディナーに奥様と御呼ばれしました


天然大間の本マグロのなか落ちを食べさせてくれます。脂っこくなくさっぱりした美味しさです。温かいご飯があったら何杯でも入ります(爆)そしてウニのグラタンはもう「まいう~~~」の世界でした。Kodakのニュースで沈んだ心も少し元気になりました


新婚さんは見ていると、やはり超幸せオーラを出していますので、食べているとそのエネルギーをいただいた気がします。次回は結婚1周年記念写真をお撮りしますと約束しました

FUJIFILM X100



応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-01-20 08:31 | 美味しい食べ物 | Comments(2)

時代が動いた日 さよなら&ありがとうKodak 

f0050534_7592748.jpg


PENTAX K5 35mm Macro  CBLカラーバランスレンズ使用

昨日、午後Kodak社がチャプター11 破産申請法を申し出て事実上の倒産をしたことを知った。凄くショックだった。この20年近くほとんどKodakは使っていないが(それでも時々トライXは使っていた)なんともいえない悲しさとむなしさだった

学生時代、バイト代のほとんどがトライXの長巻ロールと、少し余裕のあるときはコダクロームに消えて行った。ある写真関係の人から、数年まえKodakが大量リストラして、コダクロームの製造現像スペシャリストを解雇したのでもうあの会社はおしまいだと聞いた。なぜならコダクロームは熟練技術者でないと製造や現像が出来ないということだそうで、そのとき大丈夫かなと僕も感じた。


19991年の1月まで僕もほとんどのフィルムはコダクロームと一部エクタクローム、そしてトライXだった。19990年に富士フイルムからベルビアが発売されたが、当初は??という感じで使用しなかったが1991年1月にフィジーにロケに行き、同じ場所を撮影した同行の外のカメラマンの(カメラマン2人体制の仕事でした)ベルビアの作品を見て唖然として、そのときからフィルもをすべてベルビアに変更しました。個人的にはそれがKodakとの決別になったのですが、でものコダクロームの独特の世界 浅井慎平さんのコダクロームでのカリブ海の世界、北井一夫さんやサルガドのトライXでの世界は絶対にデジタルに取って代わるものではないと思います。

f0050534_812132.jpg








f0050534_8122838.jpg













f0050534_8125071.jpg


FUJIFILM X100

そのKodakの終焉を迎えた日の夕方、銀座のリコーギャラリーで、まさに新しい時代の写真展を見たアレハンドロ チャスキエルベルグさんの写真展”High Tide"(今回の写真展は作者の意向で会場での撮影が許可されています)月の光をメインライトに、ストロボや他の光源を使用して撮影した不思議な作品。夢の世界とドキュメンタリーが同居している。デジタルな世界とアナログの世界の同居感もある。まさに時代に終焉と新しい時代の開幕を見た日でした。肌で時代が動いたのを感じました。
でもながいあいだKodakどうもありがとう。暗室でトライXのネガからプリントを作る作業が自分の写真の原点でもあり勉強させてもらったことは一生忘れません



Kodakありがとうクリックお願いいたします

by masabike | 2012-01-20 08:19 | イベント | Comments(6)

函館 クリスマスイブ

f0050534_9572411.jpg












f0050534_957399.jpg












f0050534_9575192.jpg












f0050534_958812.jpg












f0050534_9582291.jpg














f0050534_9583555.jpg












f0050534_9585434.jpg













f0050534_9591154.jpg













f0050534_9592420.jpg












f0050534_9593892.jpg












f0050534_9595056.jpg













f0050534_102212.jpg















f0050534_100593.jpg


 FUJIFILM X100

クリスマスの函館を奥様と散歩し楽しみ、おしゃべりして楽しみ、お茶を飲んで語らい、美味しいものをともに食べて楽しむ。平凡でささやかな幸せを3年間には考えられませんでした。この平凡でささやかな幸せが次の作品の大きな進化と想像力になると思いますし、子のささやかで平凡な幸せが長く続くことを祈りたいです。そしてこの平凡な幸せが被災地の皆さんに早く訪れることを切望します

函館応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-01-19 10:05 | 日本風景 | Comments(6)

函館 五島軒のカレーライス

f0050534_9521563.jpg










f0050534_9523796.jpg










f0050534_9524973.jpg











f0050534_953276.jpg


FUJIFILM X100


 函館散策で再び、撮る食べるのスパイラル。クリスマスイブのお昼は函館名物 五島軒のビーフカレー。じっくり煮込んだアジが寒さで凍えた胃袋にしみこみます。雪の函館を見ながらのカレーライス。なんか異国にいる錯覚です。明治の人たちはどんな気持ちでこれを食べたのでしょうか・・・。

函館応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-01-19 09:55 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

芦野公園駅

f0050534_9385553.jpg











f0050534_9394486.jpg











f0050534_9395693.jpg












f0050534_9401116.jpg













f0050534_9402447.jpg












f0050534_9403440.jpg











f0050534_9404489.jpg











f0050534_9405469.jpg














f0050534_94145.jpg


Nikon D700 Nikkor 14~24mm 28~70mm  70~200mm

 津軽鉄道 芦野公園駅。むかし太宰治が東京駅で「芦野公園駅まで1枚ください」といって駅員さんにそれはどこだ?と聞かれもめてといういわく付きの駅(笑)

ここはとてもお気に入りの駅、小さな駅だけど無限のスタジオに感じられる。他に僕の好きな駅は宗谷本線 抜海 小湊鉄道 鶴舞 奥羽本線 峠駅です

小さな駅で通過する列車、移り行く時を、じっくりかみ締めながら撮るときに至福の時間を感じます。最近の鉄道写真いろいろバリエーションがあって面白いですが、狙って撮ったぞ、こうしたら受けるぞという力みが見えすぎてしまい、撮るフォトグラファーの心の興奮より、受け狙いの力みが感じられるのが多いのが少し悲しいです。「ゆる鉄」という名の「むり鉄」「くるしみ鉄」の気がします。やはり王道は廣田さんですね。心から趣味を楽しむ気持ちが感じられると思います
by masabike | 2012-01-19 09:49 | 鉄道写真 | Comments(2)

函館ベイエリア散策

f0050534_9314440.jpg









f0050534_9315566.jpg








f0050534_9354965.jpg

FUJIFILM X100
 1時間も散歩すると足元から冷気が内臓までしみこんできた。新島襄ゆかりのちのカフェJOEに入り暖をとりました。小さいけれどおしゃれなお店で、夜も来たくなりました

f0050534_936529.jpg










f0050534_9361470.jpg











f0050534_9363077.jpg











f0050534_9364063.jpg












f0050534_9365455.jpg


旅をしていると、スナップ写真というのが写真の基本で王道かなと考えることが多い。今回の函館のたびは散歩~スナップ撮影~お茶~散歩~撮影~食べる飲むの繰り返し。心とお腹を沢山函館で満たしました

函館応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-01-18 09:38 | | Comments(2)

暗夜行路 3


f0050534_9252713.jpg


Nikon D700 Nikkor50mm

丘の上から、ディーゼルカーが駆け下りてきた、まるで光の天使が羽を休めに地上に降り立ったような気がした。夜の鉄道は幻想的でもあり、神秘的でもある。
3年以内に鉄道写真展をやってみたい気持ちが凄く大きくなってきた。


応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-01-18 09:27 | 鉄道写真 | Comments(4)