<   2009年 09月 ( 64 )   > この月の画像一覧

八幡浜名物 ジャコテン(訂正) 八幡浜グルメ2

f0050534_5265127.jpg






f0050534_527715.jpg








f0050534_5272136.jpg









f0050534_527379.jpg



FUJIFILM F200EXR
八幡浜2泊目の夜は友達のご親戚の方のお招きで料亭での大宴会でした。八幡浜名物のジャコテンから始まり、さきアジやひらめのおつくり、それからおそうめんなどなどもう地元の食材のオンパレードです。特に天むすとさきアジは絶品でした。涙物です、でも更に最後においしいものが・・・。






f0050534_5275233.jpg










f0050534_5281766.jpg











f0050534_5285071.jpg


鯛めしでした。鯛とタレと生卵をかき混ぜて温かいご飯にかけて食べます。もうもう言葉がないです。もう入らないと思っていたのですがぽろっと食べてしまいました。

四国の西の端、八幡浜は四国の食文化と少し九州の食文化が混ざった美味しい街です。ぜひ来て下さいね!!全国グルメブロガーの皆さん待っていますよ!!

またいいもの食べやがってとお怒りの方クリックお願いいたします



by masabike | 2009-09-02 05:36 | 美味しい食べ物 | Comments(9)

八幡浜名物 チャンポン

f0050534_5205923.jpg


F200EXR

チャンポンといえば長崎だと思っていましたが、八幡浜のちゃんぽんも美味しいです。少ししょうゆ味のちゃんぽんかなり美味しくいけます。いま八幡浜には30軒近いチャンポン屋さんがありしのぎをけづり町おこしの目玉になっています。長崎のも美味しいですが、ここのも美味しいです。すいえば仙台のチャンポンも美味しかったので、今度は日本全国チャンポンチャレンジツーリングしてみようかな・・・、なにせETC1000円なので。

八幡浜チャンポン食べたい方はクリックお願いいたします



by masabike | 2009-09-02 05:24 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

佐多岬 感慨 改修版

f0050534_12261427.jpg






f0050534_12262785.jpg


FUJIFILM S5pro Zeiss50mm F2フィルムシュミレーション

プロバイダーのトラブルで一部写真が見れない方がいたので再編集UPいたしました。ご迷惑おかけしました

31年ぶりの佐多岬。二十歳のとき始めてここにバイクで来た。初めてのロングツーリングだった。その当時はヤマハのGT50通商ミkニトレ。原付免許を取得して初のロングツーリングだcツタ。親戚のいる四国を一周した。そのときにひたすら続くワインディングロードというバイク雑誌のツーリングレポートを鵜呑みにしてきたら、とんでもなかった。ひたすらブラインドカーブとアップダウンの山道が40キロ以上続く、原付にとっては地獄のような道だった。そんな昔の体験がよみがえってきた。そしてもっと遠くに行きたい、もっとながく行きたい。その延長線上にたどり着いたのがオーストラリアだった。いまもしタイムスリップして30年前の原付バイクに乗る自分にここであったら「きみはあと10年したらオーストラリアの砂漠にバイクで行くよ」といってあげたい


そんな思い出に浸っていると豊後水道に日が沈んでいく。昔のハードな道も今はいいハイウェイ。便利さを感じつつも少し寂しさも感じました。そういえば今回はレンタカーであったのでなおさら楽に感じましたが!今回レンタカー、四国は道が狭いのでSクラスでトヨタのビッツを借りました。よく売れているので燃費もよくきびきびとしたよい車だと思って借りたのですが、「ガ~~ン」でした。正直なんじゃこりゃという車でした。僕は車はトランスポーターなので、ある意味走ればなんでもいいと思っていました(のぞくオーストラリアのアウトバックです、そこでは車にポテンシャルを求めます)

レンタカー屋さんでブレーキを踏んでビックリ、あまりにスポンジーというか感触のないブレーキなので、思わず「壊れているの?」とお店の人に聞いてしまいました。こたえは「こんなもんですよ」でした。あとシートが腰高のへんてこりんなシート。ドライビングポジションが最悪な感じです。でもなによりも???がエンジンフィーリング。まあこの手の車ではしょうがないのですが、なぜかエンジンというよりも発動機、という感じで乗っていて音と走行音とレスポンスが気になってしょうがなかったです。凄いスピード感と思いスピードメーターを見ると時速40キロ。安全運転にはいいのですが何とかならないのでしょうか、あとサスペンションも・・・、言い出したらきりがないのですがトヨタさん何とかならないでしょうかこの車。

ホンダのフィットやプジョーやワーゲンの小型車に乗ると、山椒は小粒でもピリリトから意的ないい車ですが、ビッツは????。ぼくはいつもオーストラリアではランドクルーザーに乗っています。荒野を走るのには最高の車だと思いますし、トヨタが世界に誇る日本の名車だと思います。ですから同じメーカーさんが造った車とは思えなかったです。どうかトヨタサン小さな車でも一生懸命トヨタクオリティーで造ってください。

久しぶりの佐多岬、いろいろなことを思ってしまいました。あと30年したら今度は何で来るのだろう?

時の移り感じていただけたらクリックお願いいたします


by masabike | 2009-09-02 05:15 | | Comments(2)

写真絵本「ちいさないのち」発売のお知らせ!絵本作家デビュー??


f0050534_1756829.jpg








f0050534_17562270.jpg




このたび10月に小学館さんから初の写真絵本「ちいさないのち」発売いたします。(書店に並ぶのは10月20日ぐらいになります)今回は写真のみならずお話&イラストも相原正明作で一人三役のマルチタレントで制作いたしました。

お話は宇宙のどこかの星に1本の木がいて、その木とお星さまとの物語です。お話は一人で家にこもりっきりで作りました。写真はもちろんオーストラリアとタスマニアです。そして今回は風景のみならずたくさんの動物のお友達も出演いたします(絵本ぽい表現でしょ)ぜひ家族みんなで楽しんで見て頂いていただけるような絵本です。そして写真はいつもどおり撮ったままのありのままのオーストラリアで、お子さんたちに「え~~地球にこんな風景あるの!!」といわせられる高品位の作品群です。そしてコンセプトは「10億年後の子供たちうへ」です。理由はお買い求めいただければわかると思います。よろしくです

実はこの5年ぐらい、絵本を作ろうと思っていました。以前ブログにも紹介したバージニアリーバートンさん作の「せいめいのれきし」が自分の作品のルーツだと思うし、またいつかそんなルーツに根ざした作品を後世の人に伝えられる息の長いものを造りたいと思っていたので絵本を制作することのなりました

そして物語とイラストも自分自身の作品なので妥協せずに100%いや300%の満足できるアイハラワールドが表現できたと思います

絵本は全部で40ページでオールカラーです。撮影場所の説明もついてきますので写真ブロガーにもお楽しみいただけます。そして印刷は300線の高品位印刷(専門用語ですいません)でじっくり写真集としてもお楽しみいただけます。そして気になるお値段は(ジャパネットタカタ風でお読み下さい)なんと消費税込みで1470円。クリスマスプレゼント、新入学のお祝い、バレンタインのお返しにも最高だと自負しております(笑)

そして10月16日からの六本木富士フイルムスクエア・2階富士フォトサロンの写真展の期間中スライドトークショウではプロのナレーターによる絵本の朗読&スライドショウを予定しております。

これからもどんどん新しいこと、そしてじっくり練った作品をお見せしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。そして今回の絵本は本当に、だいじな自分の分身になると思います。皆様ぜひお手にとってご覧いただければと存じます


絵本応援クリックお願いいたします



by masabike | 2009-09-01 17:59 | 写真集等出版物 | Comments(13)