<   2008年 12月 ( 50 )   > この月の画像一覧

フェルメール記事コメントありがとうございました


f0050534_1735351.jpg



フェルメールについての12月4日のコメントに想像以上に熱心なコメントを頂戴したことに心より感謝申し上げます。最近特に写真&写心、そして撮影について考えることがたくさんあります。特に絵画を見ると今1枚の絵に対するエネルギーを強く感じますし、また写真に比べ劣化しにくいというあこがれ(400年500年というスパンで考えた場合)を思います。ただコメントでも頂戴したように、何気なく撮った一瞬がとても素晴らしい瞬間になるとことは絵画には不可能な世界もあります

絵画は1枚を描くのにとても思い入れが出来ます、ただ写真もシャッターを押すのは一瞬でもそこまでのプロセスにはとても長い時間がかかります。どちらも共通しているのは。思いを、イメージを紙の上に表現すると言うことです。

最近アマチュアの写真家の方と接し、一緒に撮影する機会が増えました。
そこでとても驚くことがよくあります「露出はどうすればよいのですか?露出補正はどんな風にすればよいのですか?」「何処を切り取ればよいのですか?」ということです。質問する方もずぶの素人ではなく、かなり写真教室等通われ、いい機材を持っているハイアマチュアのかたです。それに対して「ではどんな露出にしたいのですか?」と聞くと「適正露出にしたい」と言うのがこれまた多くの答えです。そこで困ってしまいます、適正露出は人により異なると思います。アンダー目がいい人、オーバー目がいい人、かなりハイキーがいい人、もうつぶれるくるらいアンダーがいい人。とるフォトグラファーのイメージによりまちまちです。そこで「どんな絵がほしいのですか?どんな風に心の中でイメージしていますか?」ときくとひたすら「いや適正露出の絵がほしいんです」の繰り返しです。もうこうなると禅問答です。でも多くのアマチュアの方は写真教室に通っています。でもそこで教えてもらうのは先生の写真と同じようになる露出の撮り方、それが適正露出。あるいは単純にマルチパターン測光で出た値からプラスマイナスどうするかと言うことだけみたいです。

何を感じ何を表現するか、何を訴えていくかという各個人の映像に対する哲学はほとんど教えてもらっていないみたいです。これでは写真の面白さは半減だと思いますし、各個人の表現方法を見つけるのはとても大変だと思います。どうしても海外で言うところのワークショップにはならず「おけいこごと」になっているのが日本の写真教室ではないかと感じます。いつもアシスタントさんに教えるときは「実戦での方法」「仕事のための方法」「作品作りの方法」この3つで教えています。だから「おけいこごと」で教えるのはとても骨が折れるし。禅問答になってしまいます。だから教えるほうにも単にスキルやテクニック本の切り売りではなくメンタル&イメージングを教えてもらいたいと思います。そうしないと生徒さんがかわいそうです(ちなみにワークショップをするときは自分ではアーチストではなくサービス業と考えています)

話は戻りますが絵も写真も他のアートも同じですが一番大事なことは何を表現するか、どうして自分の内面を表すかです。残念ながら写真はこれだけブームであるのにその心と哲学よりも、ROW現像やら露出補正やらのスキルのみが注目を浴び教えられ、撮るための心と哲学がないがしろにされていると思います。デジタル一眼の写真ブームが去ったあとどれだけの人が、カメラが残るのでしょうか?

一番楽しくきちんと撮影しているのは今の10代20代の人たちかもしれません。彼ら彼女らはテクニックのスキルから開放されているからだと思います。

話は大きくそれましたが僕はこれからもたくさん楽しんで写心を撮って行くつもりです。皆さんもどうかたくさん楽しんで写心を撮ってください。僕もしばらくは絵画には移行しませんご安心を(笑)

これからも応援するよと言う方クリックお願いいたします。クリック少ないと絵画に行きます(笑い)



by masabike | 2008-12-05 17:18 | 写真アート | Comments(18)

Long Way Round


f0050534_168521.jpg


Nikon F2 Nikor28mm エクタクローム オーストラリア・ノーザンテリトリー・ガンバレルハイウエイにて


最近家に帰ってTVを見るのが楽しみ。別にTV番組ではなくDVDだ。シドニーの友人からクリスマスプレゼントにと頂戴したバイクのDVD。タイトルは「Long way Round」」主演はスターウォーズ エピソード1の主演ユアンマクレガー。そして彼の友人でもある英国俳優チャーリーボウマン。この2人がロンドンからニューヨークに向かってユーラシア大陸を横断し北米大陸を縦断するドキュメンタリー。製作はイギリスの放送局BBC.シナリオのない長編ドラマ。今ヨーロッパ&オーストラリアでものすごく売れているDVD&TVプログラムでス。

出発前のサバイバルトレーニング、ファーストエイドトレーニング、スポンサーの打ち切りなどなど自分のたびと照らし合わせてしまい、見ながら力が入ってしまう。2人は役者さんだけあってとても表現力が違う、ボキャブラリーが豊富(前編英語はとても聞きやすいです、簡単なフレーズが多いので英会話の練習にもよいです)どこかの国の芸NO人、あっ間違えました芸能人(ついつい芸がないから芸NO人と思っていた人が多いので・・・。)のキャーキャー騒ぐだけの旅物やナンチャッテドキュメンタリーとは違います。

今まだ3話までしか見ていないのですが、先が待ち遠しく全3巻のDVD「Long Way Round」の先が待ちいどおしく、また続編のロンドンからケープタウンまで行く「Long Way Down」も凄そうです。(こちらはケーブルTVで2話ほど見ました)ちなみに彼ら2里が乗っているバイクはうちと同じBMW1150GSシリーズ。もう仕事も、デートも??全てホッポリ出して家からロンドンまでバイクで行ってしまいそうな気分です。

ともかく2里のたびを見ていると行動も発言もとても哲学を感じます。そして日本では軽んじられているモーターサイクルと言う趣味がヨーロッパやオーストラリアではとても大事な大人のそして男の趣味であると言うことが実感します。バイクという不完全な乗り物、それに乗り旅を、しかも大陸横断するそこに何かおおきな哲学を感じます


そしてバイクでのたびの素晴らしさとともにこれを制作したBBCの制作力にも脱帽しました。最近日本でみるテレビはニュースと教育TVの落語家日曜美術館ぐらい。あとはなんか番組というよりも芸NO人の学芸会という感じです(中にはもっとよく探せばいい番組があるのかもしれませんが、テレビの番組を探してみようと思わせないぐらいテレビ自体つまらなくなっていると個人的な趣味では感じるのです)
どうか日本のTV局の皆さん視聴者が我を忘れてみるぐらいの番組をどうか制作してくだ
さい。(昨日はLong way Round 夢中になりすぎてヤカン焦がしてしまいました)

今度もしブログが中断したら皆さん相原はユーラシア大陸に鉄の馬で向かったと思ってください。そういえば昔母が「戦前は(この戦前のいみは太平洋戦争です、ベトナム戦争や湾岸戦争ではありません、念のため)東京駅からパリまで汽車の切符が買えたんだよ。むかしは大東亜共栄圏で満鉄なんかがあったので、東京からパリやロンドンまで汽車でいけたんだよ」と言っていたのを思い出しました。オ~~大陸がまっている!!

ユーラシア大陸旅したくなったらクリックお願いいたします


by masabike | 2008-12-05 16:08 | Motor Bike | Comments(3)

黎明

f0050534_11435867.jpg

FUJIFILM S5pro Zeiss50mm フィルムシュミレーション

フォトキナの合間船上のような忙しさと緊張感。夜明けのホテルから見る風景に写欲が沸き心がパワフルになる。どんな料理よりも、いい光がフォトグラファーを一番元気にしてくれる

ドイツの朝の光感じていただけたらクリックお願いいたします




by masabike | 2008-12-04 11:46 | ドイツの旅 | Comments(0)

フェルメール展



f0050534_9501525.jpg

昨日東京都美術館でフェルメール展を見てきました。しかもオランダ大使館ならびにオランダ系企業主催の特別内覧会でしたので、一般の方にはとても申し訳ないのですが大変ゆっくり静かに見れました。
今年は日本オランダ年ですので、オランダ系イベント目白押しです。絵画展もよかったのですがオランダ大使とてもジェントルマンでかっこよかったです


フェルメール展、満員御礼でもう80万人ちかい方がご覧になりました。只今入場1時間待ちです。彼の絵はとてもライティングというか光と影の使い方が微妙で巧みで、写真を筆で書いたというぐらい、とても写真的な感じがする絵画でした

でもフェルメール絵画を眺めていると写真のはかなさを感じてしまいます。多くの絵画が300年400年たっても愛でることが出来ます。写真は数百年後はどうなのでしょうか?愛でることができるのでしょうか?考えてみれば銀とコラーゲンの化学変化や、電子信号の配列を楽しんでいるというとても切ない物なのかもしれません。特にデジタルでPhoto Shop等でいじりまくるなら、いっそうのことカメラを捨てて筆にもちかえて絵画に転向してしまったほうがとフェルメール展見ながら考えてしまいました

写真の未来考えてみようかなという方クリックお願いいたします



by masabike | 2008-12-04 09:50 | 写真アート | Comments(5)

サンデー毎日 世界遺産

f0050534_9271932.jpg


昨日発売のサンデー毎日の連載シリーズ「写真家たちの世界遺産」に3年前撮影しました、西オーストラリア州シャーク湾の空撮の写真が掲載されています。ここには地球に酸素をもたらしたといわれる「ストロマトライト」といわれる原始生物が現存しています。そしてジュゴンやいるかもいる大変素晴らしい国立公園です。

撮影は早朝セスナをチャーターして行いました(もちろん扉をはずしてもらい身を乗り出して撮影します) 撮影はペンタックス645&35mmSMCレンズ フィルムは世界のFUJIFILMベルビア100です。
どうぞお近くの書店、コンビニでお手にとってご覧いただき来年のゴールデンウィークは是非シャーク湾お越しください。

ちなみに写真だけでなく文も書いています(誤字脱字は無いです(笑))こちらもお楽しみください

シャーク湾いこうかなと思ったらクリックお願いいたします
by masabike | 2008-12-04 09:32 | 写真集等出版物 | Comments(2)

フォトキナ決戦前夜!豪快ドイツ飯 ツムシフヒェン

f0050534_7292355.jpg




f0050534_7294594.jpg






f0050534_730675.jpg






f0050534_7313960.jpg






f0050534_733734.jpg






f0050534_7332140.jpg






f0050534_7334595.jpg



オーストラリア&韓国&タスマニアと旅して滞っていました、ドイツの旅続編お送りいたします

明日はいよいよフォトキナという前夜、普段小食で体が弱いので(笑)思い切り栄養つけました。デュッセルドルフ市内にあるツムシフヒェンというドイツ料理のお店。ナポレオンもあしげ無く通ったという由緒あるお店です。ここの定番は豚のレッグの丸焼き。超巨大でもう死にそうなくらいお腹がパンパン。でもとてもとても美味しかったです。これと地ビールで大満足です。一人これで少しお高く2000円ぐらいです。ビール込みです。
帰りは酔った勢いで駅で遊んじゃいました
f0050534_7393891.jpg


そうですドイツの男性の趣味の王道と行ったら鉄道模型。駅でジオラマがあり1ユーロで10分ぐらい遊べます。ついつい夢中になり2ユーロ使ってしまいました。
おかげでホテルに帰りバクスイです

相変わらず食う寝る遊ぶだなと思った方はクリックお願いたします
by masabike | 2008-12-03 07:55 | ドイツの旅 | Comments(4)

デュッセルドルフ散歩

f0050534_882299.jpg




f0050534_7462592.jpg





f0050534_7463944.jpg





f0050534_7465331.jpg

FUJI FILM S5pro Nikor14~24mm

そういえばご飯の前、デュッセルの町を散歩した。暮れなずむ秋のヨーロッパの空気を楽しんだ。でもこの街の感じどこかに似ていると前回のドイツの旅でも感じた。そうメルボルンにそっくりな感じだ。やはりオーストラリアの街はヨーロッパを残していると実感した

歩き疲れた後は地元のビヤホールで食前酒!!ライン川を渡る風がビールをなでていた

また飲んでいるのか!!というかたクリックお願いいたします
by masabike | 2008-12-03 07:50 | ドイツの旅 | Comments(6)

Adobe Lightroom2Adoventure in Tasmania

f0050534_77846.jpg





f0050534_772547.jpg






f0050534_773897.jpg






f0050534_775278.jpg







f0050534_78551.jpg


きのう4月に参加したフォトグラファートラの穴、アドビフォトアドベンチャータスマニアが本になりましたライトルーム2アドベンチャーをアメリカから受け取りました。発売はアメリカの出版社
O'REILLYです。本を広げてビックリ、参加フォトグラファー記念写真でえらそうに一番前でど真ん中でマキラマ嬢と収まっていました。これで世界では日本人は謙虚で控えめというのは過去のものだという誤った認識がされそうです(笑)
 しかもS5プラス、富士フイルムクラッセ(フィルムカメラですなんとデジタルのイベントなのに)
を首から提げています。これでうちの仕事先の富士フイルムさんもだいぶ喜んでいただけたと思うのですがいかがでしょうか・・・・・。

更に別のページにはカメラを構えドアップで写っています。金剛力士のときではなくてよかったと思います。事前に言って頂ければきちんとメイクして行ったんですけど?

本文には満月の夜のタスマニア東海岸とクレイドルマウンテンのパンダニが採用されています。この本は世界中の書店&パソコン店で売られる予定です。いまのところ英語版だけですが近々日本語はじめ世界の言語に翻訳されて出ると思います。是非お近くの書店でお見かけの際はお手に取りご覧いただければと思います。出来ればお店で本を広げ「この集合写真の真ん中のイケメンの日本人私知っている」と大きな声で本屋さんで叫んでいただければなおさら嬉しいです(汗)

ライトルーム2BOOK買ってみようと思ったらクリックお願いいたします
by masabike | 2008-12-02 07:20 | 写真集等出版物 | Comments(11)

あれが日本だ!!(追記)

f0050534_633696.jpg






f0050534_6332775.jpg


 デイフライトはずっと外の景色が眺められるので大好きです。ワインを飲みながら、ご飯を食べながら、好きな本を読んだり音楽を聴きながら天空の高みからの遊覧飛行で最高に楽しいです。18のとき始めて飛行機に乗ったとき(当時スカイメイトというのがあり半額で22歳以下のひとは飛行機に乗れた)こんな素晴らしく楽しい乗り物があるんだったらパイロットになるべきだった人生誤ったとさえ思いました(でも人一倍運動神経おんちなので無理だと思いました(汗))

それ以来飛行機に乗るのは大好きです。昼間のフライトでは必ず窓際にしてもらいます。今年になりもう40回近く飛行機に乗りましたがそれでも毎回ワクワクです。もう救命胴衣と酸素マスクの説明は暗記しています。最近カメラマンで食えなくなったら転職は客室乗務員とさえ思っています(爆) でも制服が入らないかもしれません・・・。

今回はフライトがJALの機材なので機内オーディオはたくさん日本の音楽があります。ちょうど日本列島が近づくころ70年代のヒット曲を聞いていました。ちょうど五つの赤い風船の「遠い世界に」が流れているとき、まさにそのとき窓の外を眺めると雲の彼方にまさに富士山が見えました。本当に歌詞の「雲に隠れた小さな島が、あれが日本だ、私の国だ」と言う歌詞の通りでした。(むかし歌手の吉田拓郎さんがこれを日本の国歌にしたほうがいいと言ったうわさを聞いたことがあります)
 
再び涙ものでした。海外に出ていろいろ仕事をすると否が応でも自分が日本人であると言うことを実感させられます。むかし江戸時代、明治時代海外に出た侍たちは帰国の船で富士山を見たときは感慨深かっただろうなと実感しました。帰国したら富士山撮影しようかな?どなたかいいポイントあったらお教え下さい(笑)

ちなみに機内で富士山を撮影しているとき夢中になり、機内で金剛力士になってしまい「税関申告書をお持ちですか」と声をかけていただいたCA(客室乗務員)のオネエサンをさがらせてビビラせてしまいました。もうJALは乗せてくれないかもしれません(汗)

五つの赤い風船懐かしいな~~というかたクリックお願いいたします



by masabike | 2008-12-01 06:58 | | Comments(8)

再びスタンレーを越えて

f0050534_6225740.jpg








f0050534_6232262.jpg
 

今年二度目のDAY FLIGHTで豪州から日本への移動。QANTAS/JALのコードシェアフライトはブリズベンを離陸後、ケープヨークをかすめ、ニューギニア・スタンレー山脈を越えて日本へ向かう。スタンレー山脈上空はとても厚い雲で山もそしてスタンレーの魔女も見れなかった。1月のブログにも書きましたが。いつもここを通るたびに前出の松本零士さんのスタンレーの魔女を思い出す。

20年前会社を辞めて、退職金とサラリーマン時代の貯金を握り締め、オーストラリアに来た。そのときも香港からのフライトでここを越えてきた。英語も出来ない、知り合いもいない、砂漠横断の経験もない、それでもバイクで砂漠に行き写真を撮りたかった。その時も行きは越えることができたけど、帰りはここを通れるのかな?スタンレーも日本も見納めかなと思った。そして知らない間に夢中で豪州で写真を撮っていたら20年過ぎてしまった。そんなときに機内オーディオのBGMで竹内まりやさんの「人生の扉」という曲がかかってきた。会社を辞めた青年もいま50のオッサン、果たしてあと何回このスタンレーを超えて撮影に来ることができるのだろうか?人生のカウントダウンが始まった気がする。時間があと100年ほしい。昔の人はよく言ったもので「少年老いやすく学なりがたし」とはいいお言葉を残してくれたと思います。

 過ぎ行くサンゴ海の雲を眺めていると、涙が止まらなくなった。これからもっと1秒を大事に写心を撮って行きたい。そしてもっと写心を楽しんで行きたい


写心&人生楽しんでいますと言う方クリックお願いいたします




by masabike | 2008-12-01 06:28 | | Comments(3)