カテゴリ:カメラ( 317 )

Nikon D5 仕事のイージス

f0050534_17103962.jpg
明日は2019年度 第1弾の広告撮影。いわゆる作品撮りではなく、しっかりしたWORKの撮影。撮るのはある超有名企業のVIPのポートレイト。当然、時間の制約 アングルの制約、そして何よりも絶対に失敗しない撮影。しくじると、担当者と担当者の上司ともども終わることになるので


今回の撮影の撮影の布陣は
 Nikon D5&Df+Nikkor24-70mm 35mm 50mm 60mm Macro
 FUJIFILM X-H1+XT2 FUJINON16-55mm 16mm 35mm 56mm 90mm

コメット2400W  2灯   LED2灯

カメラもライトも2システムにしてあるのは、フェイルセーフで何かあってもリカバーできるように別系統で2つ用意する。もちろんメディアはダブルスロットルで同撮


僕の基本的な考えは、カメラは大事なとにこそトラブルがある。レンズは大事な時に壊れることがある。つまりトラブルかもしれないを前提に用意する。ただ大事な撮影の時は必ず、Nikon のフラッグシップモデルで押さえること。これはフィルム時代から変わらない


なぜならば、絶対の安心感。過去40年近くF一桁モデル あるいはDトップクラスモデルを使い、いままで自分のミス以外に記憶にあるカメラトラブルはなかった。いわば仕事の時の、すべての邪悪な災いから、クライアントのオーダーを守ってくれる、万能の盾。つまりギリシャ神話に出てくるイージスだからだ。広告の撮影では、現場でのクライアントの意見が最高意見。予定以外のおオーダーが来ることもある。そんな時に、すべてに対応してくれるのD5。今までに何度かD一桁モデルには救われた。別にDfを含めて他のカメラが不安と言っているわけではない。D5は超越したモデルであると感じる

本当に僕にとってはD5を含め Dひと桁モデルは鉄壁なイージス。

ニコンがニコンであるゆえんは、この万能のイージスを維持し続けてくれていること。目先のスペックではなくどんな環境、条件でも確実にシャッターが切れてチャンスを、あるいはオーダーをものにできること。これにかなうカメラはまだ存在しないと思う。スペースシャトルのオフィシャルカメラになっている理由もわかる。安心感は撮影の時に、ファインダーの中の世界に100%以上集中させてくれる。

明日は朝から時間との闘い。D5、明日も僕のイージスであってほしい。そしてニコンにはいつまでも万能で鉄壁のイージスを作り続けてほしい。ライバルメーカーを見ることなく、使う常にフォトグラファーを見続けてくれる、フォトグラファーファースト、それを維持してほしい。

写真の仕事で、お金で買える安心感があるとしたら、それは紛れもなくNikon D5だと思う


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。













by masabike | 2019-04-14 17:28 | カメラ | Comments(0)

やっぱりライカ でもライカ

f0050534_07225706.jpg
 
昨日、Penのライカ特集を買ってしまいました少しミーハーですが。



僕はライカを持っていません。また実は撮影で使ったこともありません。でもいつもカッコいいカメラだなと思っています

使わない理由は、自分の撮影スタイルに合っていないからです。やはりきっちりした構図をとりたいので、レンジファインダーよりも光学ファインダー。あと最短撮影距離が、近い被写体が多いので、近接撮影が苦手なライカは手が出ませんでした


でもそれ以上に、写真を始めたときに買ったNikon F2に僕は育ててもらったのと、Nikon Fにあこがれてf2を買ったけんもあるので、いつも傍らにはNikonがあり、その存在と人生に与えた影響はライカをはるかにしのぐ存在でした

うちにあるF(1台は家内の父の形見)&F2は、「我はNikonなり」とオーラを出しています。孤高であり絶対の存在です。なのでライカに浮気をする気にはなれませんでした。やはり自分の体のいちぶとなり、多くの思い出と体験を共有するカメラが一番大切で名機となると思います。スペックとかははるかにそれよりも優先順位が低いです

だから多分、一生ライカはかっこいいカメラだなと、羨望の眼差しで見続けるカメラであり、人生を共に歩むカメラはF,F2そして一番砂漠で苦楽を共にしたF3だと思います。ニコンさん、ぜひ絶対の存在であり、我はニコンなりという、人生を共に歩めるカメラを作ってください

そうしたら死ぬまでライカは買いません









富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 





 






by masabike | 2019-03-07 07:54 | カメラ | Comments(0)

LUMIX S1R 生命力 生命美


f0050534_21261032.jpg



























f0050534_21260903.jpg

































f0050534_21243950.jpg






































f0050534_21243940.jpg

LUMIX S1R+LUMIX24-105mm/F4



鮮やかな色も、抜けの良い色も、そして渋い色も、新世代LUMIXは得意です

そして24-105mm Macro レンズは万能ですが、単に便利ズームではなく、真髄を見極めるズームです


今回のLUMIX S1R HDLという機能がついていて、4K有機ELテレビで見るための、撮影モードです

お家で$Kテレビで見ると、あたかもライトボックスでルーペで覗いているような、そんな錯覚に囚われます

詳しいことはぜひ、CP+ 2019 パナソニック ブース

相原正明 S1Rステージへお越しください。スペックなんて関係ない、写真の神髄 カメラの持つことの素晴らしさと楽しさをお見せいたします。




相原登壇予定日
会場 CP+  パシフィコ横浜 パナソニック ブース

2月28日 13:45-14:25


3月2日  13:45-14:25

以上2回ステージです

ランキングポチリしていただけると、もっとお見せします





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 



by masabike | 2019-02-26 21:32 | カメラ | Comments(0)

アスペクト比のお話 by Nikon Z7

f0050534_18134117.jpg














f0050534_18134119.jpg



















f0050534_18134183.jpg















f0050534_18134289.jpg
Nikon Z7+Nikkor Z 24-70mm


 ミラーレス機の大きな特色はアスペクト比が変えられること。ミラー式はフィルムの流れで、基本的には変えられない。だから前にブログで話した通り、僕はフィルムだけの時代5種類のカメラボディーを撮影シーン別に用意していた

雲の形や、光の状況で、アスペクト比に合わせてアングルや縦横、場合によってはカラーとモノクロも変化させる。
常に1つのシーンで、どのパターンで撮るのが最適か、あるいは自分の世界観に合致するか考える

画家の方は、自分のイメージに合った、キャンバスや和紙を頼んでいた。だが写真家はフィルムサイズという縛りがあった。ミラーレスになりその縛りから解放されたのに、撮り手の心とイメージはフィルム時代のままで凍結している。ではアスペクト比を変えて撮れば、何でも以下と言えばそうではない。やたらめったら変えても写真展の時にまとまりがつかなくなる。最終的にはどう表現したいかを、しっかり心の中に絵コンテできないと、アスペクト比の変更とバリエーション、映像の迷宮に入ってしまう
アスペクト比だけではなく、カラーかモノクロか、カラーやモノクロのモード、感度、WBフィルムであれば銘柄。すべて心の中に絵コンテが出来ないと使い切れない。ファインダーで被写体を探していてはお終いだ。あくまでファインダーは心の映像の合致しているかの、確認の窓を開けるようなものだ
そんな話をNikon Z7 企画展 SPIRITのギャラリートークではお話しします。ほかの撮影教室やコンテスト必勝法と、5味ぐらい違うトークショウでお待ちしています



Nikon The Gallery 新宿 Nikon Z7 企画展  SPIRITのギャラリートーク追加のご案内です
下記の日程でギャラリートークを行います。いずれも予約不要、参加費無料です。トーク時間は30~40分です。

2月19日 12:30~ 2月20日 12:30~ 
2月21日 17:30~ 2月23日 11:00~
作品解説とNikon Z7の魅力とお伝えしたいと思います

また23日は夜セミナールームでのギャラリートークも行います
18:30開始です。夜の部も予約&参加費無料です。

熱いニコン ストーリーお話ししたいです




Nikon The Gallery Z7企画展

 “SPIRIT” 相原正明写真展のお知らせ

このたび2月19日より東京・新宿にございますNikon The Gallery2にてニコン新製品 ミラーレス Z7での撮影による、企画展 SPIRITを開催させていただきます。今回は初めてのニコン様での個展開催となります。16歳 高校1年生の時にNikon F2を買っていらい、憧れのニコンのギャラリーでの初の個展です。

タイトルと作品コンセプトのSPIRITは、この国に息づく大地のSPIRIと、その大地が生み出した自然物人工物問わず物にも宿る、SPIRITを意味しています。  

作品は秋から冬の日本の風景と、日本の風土生み出した、自然物と人工物の形の美しさを表現いたしました。そしてカラーとモノクロ、数々の表現の対比を織り込んだ作品展です

開催期間 2019219日(火)より34日(月) 日曜日休館

開催時間 10:30am-18:30pm 最終日は15:00まで

開催場所 ニコンプラザ新宿 内 THE GALLERY2

     〒163-1528 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿得るタワー28

     Phone 03-3344-0565

詳細はNikon THE GALLERY 相原正明 写真展 SPIRIT をご覧ください


また期間中 2月22日(金) 18:30-より会場でトークイベントも開催いたします。予約不要で参加費無料です。また期間中は多くの時間在廊を予定しております。更に直前にブログ&Facebbokでの告知になりますが、ギャラリートークも開催いたします。こ(予約不要 参加費無料)

今年はNikon F生誕60周年 そして僕も還暦を迎えました。節目の年に素晴らしい写真展を出来るように頑張りたいと思います。皆様ぜひご来場よろしくお願いいたします

写真家 相原正明



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 








by masabike | 2019-02-11 18:24 | カメラ | Comments(0)

写真を撮る儀式

f0050534_19175122.jpg













f0050534_19175170.jpg
Nikon Df+Nikkor Macro 60mm

我が家ではお正月に、必ず家の前で記念写真を撮る。しかもフィルムで。その理由はデジタルよりもほぼ確実に未来に映像を残せるかもしれないからと、フィルムならではの時間の味わいがある。今年はNikon F+Nikkor35mm+FUJIFILM ACROSの組み合わせだ

時にはNikon F2もしくはF6となる。中判は使わないんですか?と聞かれるがセルフタイマーがないからだ。
昨年僕は還暦を迎えた、そして今年Nikon Fは生誕60周年を迎える


今でも好きなカメラはなんですか?と尋ねられると真っ先に出てくるのがNikon FそしてF2.そのスタイルと存在感は時代を超越している。

今年、生誕60周年を迎え、ニコンさんでは、なにかイベントがあるかもしれない。その時はぜひNikon Fのメカも大事だけど、その作られたときの日本光学のコンセプトと哲学をしっかりと、この21世紀に伝え広めてもらいたい。いまのデジタルカメラが、見失ってるものがあるとすれば、その答えはNikon Fに宿っていると僕は考える。持つこと、撮ること、そしてファインダーを覗く事にステイタスを感じる、それがNikon Fであると思う。

そしてこのカメラが動く限りは、ぜひ富士フイルムさんにフィルムを生産し続けてほしい。カメラだけでは魂は封じ込めらられない。カメラとフィルム、この2つがそろってこそ初めて写心がとれて、時を超越して残すことが出来る。カメラとフィルムはバイクの前輪と後輪、片方だけでは立っていることが出来ない。平成最後のお正月
Nikon Fで写真を撮りながらそう思った。Nikonさん、この日本の光学技術の金字塔カメラの素晴らしい生誕60年祭期待しております





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 





by masabike | 2019-01-02 19:30 | カメラ | Comments(0)

年越し大掃除

f0050534_18324791.jpg















f0050534_18324850.jpg







f0050534_18324732.jpg






f0050534_18324779.jpg

昨日の午後、ゴロゴロデレデレしていて、ふと思い出したというか、心に引っ掛かっていたのがカメラの大掃除。昨年も1年間酷使しましたが、大晦日車の大掃除や、部屋の大掃除に追われカメラまで気が回りませんでした

本当は正月三元日は働いてはいけないと言いますが、最初が肝心と、昨日はカメラの大掃除をしました。いまや我が家の最大勢力にになったXシリーズ。かなりレンズが多く時間がかかりました。それからほぼ同数のNikon 艦隊。昨年は夜鉄でとてもよく働いてくれて、ボロボロ状態でした。

そしてZeissレンズ群。特にotusレンズ群はお高いので慎重に磨かせていただきました。1本1本 1台1台 掃除をしていると、昨年の撮影の現場のことをたくさん思い出します。すべての機材さんどうもありがとうございました


でもまだ、LUMIX G9Pro群とPENTAX67&645群 GFX50s群は掃除が出来ていません。そのせいでしょうか、今朝の初夢は、PENTAX67で撮影後に現像したフィルムをラボでチェックしていたところ、フィルム面の平面性が保持できていなくて、フィルムの画像のいたるところでピントがボケていて、ラボで真っ青になりました。すると横からラボにいた元 富士フォトサロン 札幌のマネージャーH氏がでてきて「だからお前はフィルムの入れ方が下手で雑なんだよ」と怒鳴り飛ばされ、それで目が覚めるという恐ろしい初夢になりました。ペンタックス67様 本日中に大掃除いたします。ごめんなさい



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 




by masabike | 2019-01-02 18:48 | カメラ | Comments(0)

FUJIFILM X100が取り持つご縁

f0050534_21320381.jpg













f0050534_21320322.jpg
FUJIFILM X100

今日は銀座で素晴らしい方に御呼ばれしてのお食事会でした。7年前に偶然、x100で声をかけてお撮りさせていただいた方からの、素晴らしいお食事のお招きでした。7年前、プロトの生まれたての小さなx100が作り上げてくれたご縁でした

f0050534_21320824.jpg














f0050534_21320813.jpg
FUJIFILM XQ2


この7年間、我が家のX100は世界を旅してだいぶ、傷だらけになりましたが元気です

そしてこのカメラが一期一会の素晴らしい出会いを生んでくれました





f0050534_21371110.jpg









f0050534_21371010.jpg

FUJIFILM X-T2









f0050534_21371188.jpg
お食事会のあと、別れ際にお土産に頂戴したイチゴとマカロン。家に帰って、家内とカメラが取りもつご縁についてはなしながら、たのしいお茶のひと時をしています。でもこの香川さんのいちご、最高においしいです


いつでも出会いを大切に、そして出会った被写体に最大のエネルギーを注ぎ込む、これを守っていて良かったと思いました



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 


by masabike | 2018-12-17 21:40 | カメラ | Comments(0)

カメラのモリヤマ

f0050534_17181508.jpg

FUJIFILM XF10


那覇での3日間のFUJIFILM Xセミナーミッション 無事終了いたしました

おかげさまで沖縄でカメラを持っている人がすべて来たのではないかと思えるほど、大好評でした 笑

まじめな話、24年ぶりの沖縄。大きく変わっていた部分、そして昔来た時のままの懐かしい沖縄。2つを体験することが出来ました。

でもこの2日間のセミナーはカメラのモリヤマ 店長の森山様と、縁の下方緻密なスケジュールで一生けんめい支えていただいた、富士フイルムさんの営業部隊のおかげです。本当にありがとうございました


イベントは写真家だけではできません。見えないところで頑張るスタッフの皆様のおかげですと、今回も強く感じました

また機会があれば、那覇に南の風と光を体験しに帰って来たいです。沖縄の皆様本当にありがとうございました

最後は店長の森山様とツーショットです



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。












by masabike | 2018-12-03 17:24 | カメラ | Comments(0)

FUJIFILM X-T3 慣熟撮影 新宿御苑

f0050534_22355280.jpg

















f0050534_22362460.jpg



























f0050534_22363663.jpg


















f0050534_22363600.jpg





















f0050534_22355361.jpg























f0050534_22355217.jpg



























f0050534_22355227.jpg























f0050534_22355266.jpg




















f0050534_22363637.jpg








f0050534_22355243.jpg

FUJIFILM X-T3+FUJINON35mm 60mm Macro Carl Zeiss Touit12/2.8



今週末の沖縄Xセミナーをひかえて、我が家に来たばかりのFUJIFILM X-T3の慣熟撮影、つまりカメラに人間がなれるための撮影を都内でしました。基本的にはT2と変わらないのですが、やはりAFの速さと、各スイッチ類の操作が、手触り感がかなり向上し、高級化した。つまり正常進化している。色もかなりセンサー等が変ったので心配したが、問題ない進化だった


あとはモノクロが、暖黒調から冷黒調への調整がついた。かなりこれは特筆すべき。各メーカー、モノクロの進化はとても歓迎すべきことだと思う

本日は基本的にSTDでWB/AUTOもしくは晴天で撮影して、全体に癖がないかの確認撮影でした。でも新宿御苑すごい人でした




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2018-11-25 22:45 | カメラ | Comments(0)

コメントご返信

Nikon Dfの記事にコメントいただいた、maryarqueimさんへ
出先で、コメントにうまくご返事が書き込みできません、コメントありがとうございました

by masabike | 2018-11-19 21:14 | カメラ | Comments(0)