カテゴリ:カメラ( 304 )

開封の儀 2題

f0050534_07283009.jpg


FUJIFILM XQ2












f0050534_07282975.jpg

























f0050534_07282960.jpg





















f0050534_07282939.jpg




















f0050534_07282994.jpg


週末にFUJIFILM XF10を買いました。8月の北海道ツーリングの際に、お借りした時にあまりの画質と色の良さに惚れてしまいました
最近お疲れモードのX30とXF1の代替え機として買いました(もちろん前の2台も使い続けます)


家内がキュレーターなので夫婦共用で使います。キュレーターの仕事の際に、絵の資料等の撮影時に、彼女曰く「FUJIFILMが一番きれいに正確に出る」との事です
僕はロケハンで撮影したものが万が一、本番でも使用できる画質が欲しかったのでXF10にしました

土曜日に開封の儀をしましたが、やはり新品カメラの箱を開ける瞬間、至福の喜びです






f0050534_07282953.jpg

秀逸なのが18.5mmのこのレンズ。お値打ちですよ






f0050534_07285261.jpg
昨日松本から届いた箱…なんでしょう??






f0050534_07285212.jpg






中身は竹の笹の葉に包まれています。かなり大きいです。大きさ比較のXF1と比べてもかなり大きいです。鯖寿司?違います!!












f0050534_07285353.jpg








f0050534_07285354.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON60mm Macro

そう答えは栗羊羹です。松本・開運堂からの秋限定の羊羹のお取り寄せです。お茶で美味しくいただきました
秋はやはり栗羊羹が最高です






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2018-10-23 07:39 | カメラ | Comments(0)

Nikon Z7  来宅

f0050534_07440060.jpg






















f0050534_07440003.jpg





















f0050534_07440035.jpg

Nikon Z7+Nikkor105/1.4 f1.4 モノクロ R


ニコンフルサイズ ミラーレスZ7が我が家に来ました


小さなボディーにD850をしのぐポテンシャル。


高画素のカメラのお試はやはりモノクロが一番よく解ります


モノクロは白から黒へのグラデーション。画素数がその諧調表現を左右します。


モノクロの表現はニコンらしいカリット感があります

そして何よりもFマウントアダプターを使うことにより、膨大なFレンズシステムを使えるのが最大の魅力です

今回はレンズンも105/1.4使いました。ニコンらしい切れのある秀逸レンズでした


台風が過ぎたら外へ持ち出そう







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-09-29 07:48 | カメラ | Comments(0)

僕がXを使う理由

f0050534_14454143.jpg

FUJIFILM X30 WB/AUTO Color/STD


いよいよフォトキナが明日から始まります


各メーカーいろいろなカメラがうわさされていますし、すでに今月発表されたカメラもあります


FUJIFILMもX-T3や、うわさのGFX系新モデルもあります


今僕の場合は、作品とコマーシャルはXが中心です。


その訳は毎回申し上げる通りに、「撮って出しの色の良さ」です


上の写真は昨日 信州ロケの時に松本のお菓子屋さん「開運堂」さんで買った和菓子です

X30のデフォルトで撮りました。WBはAUTO、フィルムシミュレーションはSTD。照明は単に室内のLED。それでこれだけいけます


一番大事なことはお皿の色が白く抜けていること。旅物広告のグルメ取材では大切です。

その理由はレタッチする時間が無いからです

白いお皿が白く出ないと、お料理が美味しく見えないです



羽田に着いたらそのままデーターくださいと言うロケがこの数年多いです


また海外のエアラインの撮影でも、撮影終了時にそのままHDごと納品もあります


スタジオに戻りレタッチ、そんなことはもう時代遅れになりつつあります。競合他社よりも1秒でも早く自社の商品あるいはイベントをSNSにUPしたい、そんなクライアントさんには、現場で完成形に追いこめるXシリーズは最強です


正解がない色、それを心のままに表現してくれるXシリーズはスペック競争とは別の次元に存在するカメラだと僕は思っています





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2018-09-24 14:56 | カメラ | Comments(0)

我が家に新しい仲間がやって来た!!

昨日、我が家に新しいカメラがやって来た。最新のミラーレス!!今噂のあれです・・・・

XF10。APS-Cサイズのコンパクト。来週からの北海道ロケハンに持って行く予定です。ラィディングジャケットの胸ポケットにも入るサイズ。バイクで移動の時は大事です。かつハイクォリティーの画質なので、そのまま仕事で使える。大事なことです


f0050534_07534852.jpg
18.5mmの画角と明るいF2.8のレンズは強い旅の味方です
グリップ部もかっこいいです



f0050534_07545296.jpg
FUJIFILM XF10

そしてもう一人?の新しいお客様が、家内が会社から持ち帰ったカンガルーのぬいぐるみ。子供ちゃんも入っています

昨日の状況が解る様にバックはテレビの台風情報です。台風被害が少ないことを祈っています



来週8月27日~9月5日は北海道 ロケハンです。しばしブログはその間お休みです

その間ランキング ポチお願いします。ランキング低迷すると泣いてしまうので 笑


フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2018-08-24 08:01 | カメラ | Comments(2)

FUJINON35mm ジャイアントキリングレンズ

f0050534_21511475.jpg
FUJINON XF35/1.4+FUJIFILM X-T1









f0050534_21583781.jpg

FUJIFILM X-Pro1+FUJINON35mm












f0050534_22154112.jpg
FUJIFILM X-Pro1+FUJINON35mm



いろいろなメーカーのレンズラインアップで名品というのは数々あると思う

写真家 HarQ氏のブログを見て、改めて考えさせられたのがXF35mm


ただこれほどコストパフォーマンスが良くかつ、フルサイズ不要論まで出るくらいの 画質の良いレンズ

つかみやすいピントの山とナチュラルな表現


XFレンズを代表する、名玉だと思う

このレンズを使うとき、センサーサイズ?そんなものは関係ない、そう思わせる描写だ



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 



 



by masabike | 2018-06-29 22:19 | カメラ | Comments(0)

マシカク チェキ

f0050534_10212924.jpg

今朝、真四角チェキ FUJIFILM instaxが我が家にやって来た。とても楽しみ。

究極のシンプル、そしてフィルム。限られたレンズそしてフィルム。頼るのは自分の光と影を読む視点とフットワーク

このカメラで女子高生やカメラ女子と勝負かな? 


でも負けたら・・・・「ランドスケープの極意」と「光と影の処方箋」を読み直して一からお勉強いたします

久しぶりにドキドキワクワクのカメラです!!お昼食べたらフィルム買いに行って来います!!






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2018-06-15 10:25 | カメラ | Comments(0)

CからBへ

f0050534_18421160.jpg


昨日、急遽プリンターを買いました。今週は遠征ロケの書類作りでたくさんプリントしなければならないのに、今まで使っていたキヤノンのプリンターがまた紙詰まりです。格安1万円以下プリンターなので仕方がないですが、かなりの頻度で詰まります。と言うのも、意外と特別な指定用紙とか、カルネ用の通関専用紙でのプリントが多いので、薄い紙が多く詰まりやすいのですが、いつもここ一番で詰まったりするのと、ヘッダーに位置が微妙にずれるので、カルネとかの通関書類のプリントにいつも切り貼りで悩んでいましたが、もう5年使ったので元は取ったと思い、今回は記してブラザーにしました。スキャナー付きで約8000円です


僕はプリンターはこの10数年格安品のみです。理由は書類しかプリントしません。写真は全部、プロラボに頼んでいます。展示する場合のプリントのあんばいをお家プリンターは考えてくれないからです。記念写真もお店プリントです。色も良いのと保存が全然違うので、お家プリンターではしません。だからプリンターは格安品にしています

というわけで、プリンターはC社からB社へ。さよならキヤノン、お疲れ様でした



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-04-15 18:49 | カメラ | Comments(0)

もう一つの標準レンズ

f0050534_08373709.jpg

Nikon D800E+Carl zeiss Otus55mm

スーパー標準レンズを使って分かったのは、デジタルになり撮影が雑になっていたポイント。フィルムの4x5を使っていた時のような、丁寧確実な作業を思い出させてくれるのがotus.自己診断レンズと僕は思っている



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2018-04-11 08:40 | カメラ | Comments(0)

もう一つの標準レンズ 

f0050534_08192695.jpg


Carl Zeiss Otus55mmF1.4+Nikon D800E


うちにあるもう一つの標準レンズ。ある意味世界最強の標準レンズ。自分がどこを見ているか何を表現したいかを心に決めて撮らないと、撮影者を嘲り笑うようなレンズ。撮る光と影としっかり対話をして、気持ちを込めないと微笑んでくれないのがOtus.自分の心が落ち着いていない時、力を籠められない時は使えないレンズ。ゆるい写真?それはなんですか?と問うて来るレンズ。

でもじゃじゃ馬レンズは使いこなせたとき、至福のよろこびを与えてくれる
ただこのレンズ使用にはお作法が必要

1必ず三脚使用
2ピントはライブビューで拡大して確認。更にルーペでチェックできればパーフェクト
3シャッターはミラーUPしてから3秒後
4プリントはイルフォードのバライタ銀塩プリントが個人的には好ましい
5被写体をじっくり見ること


でもぜひ使ってみてください。今度我が家のGFXにつけて試したい



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-04-11 08:28 | カメラ | Comments(0)

3つの標準レンズ その3

f0050534_23042767.jpg

















f0050534_23042797.jpg
FUJIFILM X-H1+carl Zeiss Touit 32M


3つ目の標準レンズはドイツの切れ味 Zeiss Touit32M

3本の標準レンズの中で、線の表現が一番好きなレンズ。でも3本の標準でどれが一番良いですかと言われると難しい
MTF曲線も回析現象もさほど気にしない

気にするのは、覗いた時の気持ちよさ。使っていての楽しさ。だからその日の気持ちで変わる


FUJINONが和食だとしたら、毎日ベーシックで使うつまり食べていく。でも時には麻婆豆腐や、ミュンヘンの白ソーセージが食べたくなる。そんな接し方が、3本の標準レンズ。良くレンズレポートとかで、いろいろなカメラマンが難しいことを書いているけど、使っていて気持ちよく自分の撮りたい絵が撮れればそれで好いじゃないと、僕は思うのですがいかがでしょうか?

そんなにすぐれていても撮る喜びが湧いてこなければ、自分には向かないレンズだと思う



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2018-04-09 23:12 | カメラ | Comments(2)