カテゴリ:旅( 743 )

備えあれば憂いなし 危機は1秒後にやってくる

備えあれば憂いなし 危機は1秒後にやってくる_f0050534_07081472.jpg



















備えあれば憂いなし 危機は1秒後にやってくる_f0050534_07074651.jpg






















備えあれば憂いなし 危機は1秒後にやってくる_f0050534_07074605.jpg



今から32年前の3月 僕のまだ終わらないオデッセイはオーストラリアの大地から始まった


砂漠に行き一番感じたのは、日本での価値観がまるで異なる。そしていかに自分が危機管理能力が低かったか。2ヶ月半の旅はまさにブートキャンプだった


いま日本ではウイルス騒動で、トイレットペーパーや買占めやマスク不足が起きている。マスクはともかくトイレットペーパーはまさに風評被害とデマ。僕のところはどうだったかというと、備蓄があるので心配していなかったです。

最近断捨離がはやり、物は持たないほうが良いという風潮になっています。また流通の発達で必要なものは必要な時に手に入れればよいという発想になっています。でも断捨離、確かに余分なものは持たない、変に固執して持たないということはありますが、備えをしなくてもよいということと別と考えるべきです。1990年代より、首都直下型地震が怖かったので、庭とベランダに災害備蓄をしていました。トイレットペーパーやガスコンロ 災害用非常食 寝袋 テントなどなどです。災害にっても1ヶ月は救援物資はいただけない、ライフラインの復旧はしないという前提です。

でもどうして、家の外に置いておくの?という疑問もあると思います。それは家が倒壊した場合、家の中に置いておいては取り出せない使えないという前提です。1ヶ月持ちこたえれば何とかなる。その考えです。オーストラリアのアウトバックと呼ばれる荒野や砂漠にはいるときも同じです、車は壊れるもの、荒野でスタックするもの、道は迷うものという前提です。そのために水は最低60リットル(水は水タンクに穴が開いても大丈夫なようにいくつかに小分けしておきます) 食料は10日分(火を使わなくても食べられるものを入れておく、キャンプ用バーナーが壊れる、キャンプのガスがなくなる前提です) それと非常用ブランケット 体温維持 遮熱 遭難時ヘリから発見してもらう場合の目印を持っていきます。そして車の燃料は車のガソリンタンク⁺40~60リットル。次の補給地点についた時、燃料が半分は残っている工程を組みます。燃料や水など命にかかわるものが、少なくなると人間パニック状態になりやすいのと、心配で撮影に没頭出来ないです

1度だけ、燃料の予備を少なく持って行ったとき、夜間の移動でミスコースをしてパニック状態になった経験から絶対に燃料と水は多めです

またバイクの時、日本のバイク雑誌のツーリング心得で、無理に満タンにすると車重が重くなり運転がしにくいという情報をうのみにして、満タンにせずに次の街まで余裕と思い移動すると、強烈な向かい風で、いつもリッター20km走れていたマシンが11kmしか走れず、ガソリンスタンド手前5キロの砂漠でガス欠STOPをして地獄を見たことがあります

さらに天気が変わりやすい時のキャンプや、あるいは日本で車中泊の時はアルコールは取らないです。緊急に移動するときにアルコールが体内にあると動きがだめです。あと国内では飲酒運転となります。特に日本は天候変化が激しいので、夜中に車を移動することを常に念頭に置き、車中泊では飲まないです。よく有名撮影地で車中泊で酒盛りをしているカメラマンがいますが、アホとしか言いようがないです

それと車にはトイレットぺーパーが12ロールは入れておきます。ビロウな話ですが、葉っぱで拭けばよいという人もいますが、オーストラリアみたいな未知の部分が多い大陸ではどんな植物が危険かわからない、もしくは葉っぱの裏についている虫が危険な場合もありますので、トイレットペーパーをたくさん持っていきます

今の自宅でも、食料 日用品 衛生用品等は、ほぼ1~2ヶ月備蓄をしています
そして出かけて帰宅する前には、必ず車もバイクも燃料を満タンにしておきます。こうするといざというときにガソリンスタンドに慌てて並ばなくてもよいです。311の時にこれでだいぶ助かりました。そしてガソリン満タンにしておくと、ガソリンタンク内に空間ができないので、タンク内の錆防止にもつながります

でも一番大事な危機管理は、自分の気持ちを信じること。何かあるかもしれないと備えておくこと。ヤバイなと感じたらすぐ逃げる、予定をキャンセルする、今回やめることで再訪すればもっと良い写真や出会いが得られると考えています。いま北海道が緊急非常事態なのに、東京からホテルや航空券をせっかく予約したからと、キャンセルしないで撮影に行っているアマチュアカメラマンが多いと聞きました(あくまでまたずてです) 正直 自分が生きる細菌兵器になりかねない自覚を持っているのでしょうか?と考えたいです

砂漠はすべて自己完結しなければならないです。軍隊のミッションと同じです。まさに備えあれば憂いなしです。



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。


by masabike | 2020-03-06 07:39 | | Comments(0)

フランス 旅のお土産

フランス 旅のお土産_f0050534_15575638.jpg


今回のフランス旅。飛行機の手荷物容量がプレミアムエコノミーだったので、一人23kg×2個のスーツケースまでOKだったので、しっかり買いました
一番のお土産はマグナムのコンタクトプリント写真集 コンタクトプリントと、その中からどれを選んだかでまとめた本。巨大で重かったです。4キロぐらいあります。でもひとめぼれで買いました






フランス 旅のお土産_f0050534_15575785.jpg


パリをテーマにした写真家たちのオムニバス写真集。シーフやヘルムートニュートンなど豪華盛りだくさん







フランス 旅のお土産_f0050534_15575612.jpg

BEATONのVOGUE写真集 涙ものです。



フランス 旅のお土産_f0050534_15575677.jpg


ブレッソンの名言集 翻訳してみます 笑

かなりお勉強になります



フランス 旅のお土産_f0050534_15575817.jpg


インテリア関係の雑誌。色使い、光の使い方が勉強になります





フランス 旅のお土産_f0050534_15575676.jpg



そしてもちろん本家VOGUE。Fashion&広告の勉強になります




フランス 旅のお土産_f0050534_15575765.jpg
エッフェル塔の図面集 見ていて飽きないです。昔の手書きの図面 まさにアートです。キャドでは無理だろうな








フランス 旅のお土産_f0050534_15575772.jpg
フランス 旅のお土産_f0050534_15575728.jpg
そして言わずと知れた、ル・コルビジュエの美術書 見ごたえ充分でした

往路に比べて帰りは、荷物の重量プラス15キロぐらいでした

でもお気づきの方もいるかもしれませんが、日本でいうところのネイチャーフォトの写真集がありません。それはやはりパリに行くと、売れ筋はモノクロでファッションやアート系が多いのと、やはり自分の視点の引き出しを増やしたいので、あえてネイチャー以外にしています



それとネイチャだと、やはり自分の作品集が最高だと思っているので 笑


そして・・・・・・


フランス 旅のお土産_f0050534_15575732.jpg


パリは今、バーゲンシーズン。普段あまり靴とかは買わないのですが、お安いので買ってきました
僕は足が普段、27~27.5cmなので海外に行くと、サイズが豊富です。ついでにワイシャツも2枚買ってきまし

学生時代 自転車をしていたので胸板が厚いので、日本のシャツはいつも胸がパンパンなので、海外だとシャツも買いやすいです


でも一番のお土産は、旅の思い出と、パリの光と影を写した作品です。お楽しみに




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2020-01-30 16:10 | | Comments(0)

検疫

検疫_f0050534_07553926.jpg


オーストラリア  シンプソンデザート

撮影でよくオーストラリアに行きます。隔絶された大陸 オーストラリアは検疫が厳しいです。入国時 ほかの大陸からの食糧はNGさらに靴やアウトドア用品等に土がついていると、空港で洗浄や消毒させられます。それぐらいきびしくしないと、この固有の大陸は守れないからです。入国審査は税関とは言わずBorder Forceという部署で行われます。それぐらい厳しく、世界丸見え特捜部などのテレビ番組でも、オーストラリアの入国の厳しさをしばしば取り上げています

そして僕の行く奥地は、ロスリバーウイルスなど、いまだに未知の病原菌もあると言われています、なので自分の健康管理と検疫ルールをしています

そしてもちろん日本に帰国したときは、空港から荷物を運んだ、自分の車の車内に供物を入れたまま、消毒剤(バルサン等で)荷物についている虫等を駆除しています


まだ母が生きているとき、特別養母老人ホームに入っていました。帰国後 1週間はホームに行かないことにしていました。ホームのスタッフマネージャーさんから「どうして帰国したのにお母様に会いに来てあげられないのですか?」と聞かれたとき「もし僕が熱帯病の潜伏期間あるいは未知の病原菌を持っていたら、パンデミックで老人ホームは全滅するのでいけないです」とこたえると。「それは正しい判断です」と言われました。でも友人とか何人かは「少しぐらいは行ってあげたら、お母さん待っているよ」と言われましたが、個人の感情で災害を招きたくなかったです

幼稚園の時、法定伝染病しょうこう熱で隔離入院したことがあります。約1ヶ月半。ある夜熱意が下がらず両親と病院に行くと、しょうこう熱の疑いがあると感染症病院に救急搬送。完全隔離なので病院の入り口で両親はシャットアウト。人生初の親と離れての暮らし。とうじたしか5歳でしたので、深夜の病棟で泣いていると、隣のベットの樽井君という男の子から「ここは泣いてもいい子にしても病気が治るまで帰れないんだよ」と言われました。週に1度だけ、防護服を着た両親と1時間の面会がOKでした。当時、都内で子供の間でしょうこう熱が流行っていたので、完全隔離は仕方がなかったです。

当時看護婦さんから「正明君が、泣いたからお家に帰ると、もっとたくさんのお友達が病気になって、みんなが泣いちゃうよ」と言われました

また当時の日本 1963年ごろはいまよりも衛生状態が良くなかったので、なおさら厳しい対応だったと思います。今回のコロナウイルス、まだ根本が謎なので、厳しいようですがパンデミックを防ぐためには、早めあるいは疑いのある場合の隔離は仕方がないと思います。隔離はかわいそうとか、思いやりがないと言って、蔓延して死者が出たらもっと悲しいです。

子供のころの隔離で得た教訓は「世の中良い子にしても泣いてもどうしようもないことがある」ということでした 笑



今回のコロナウイルス、まだ何も本当の真実の原因 対応対処方法がわかっていないみたいなので、この場合は少し厳しく残酷かもしれませんが、個人の希望や感情よりも、世界全体の保全ということを考えて隔離あるいは隔離の勧めをしたほうが個人的にはよいと思います。もし自分が、同じ立場になったら、迷わず隔離されます。無理して家にいて、病気を蔓延させ誰かが亡くなったら、そのほうがよりつらいです。
早くこのウィルスの災いが収まることを祈ります

ちなみに記事と写真は関係がありません


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2020-01-30 08:08 | | Comments(0)

那須 手打ちラーメン

那須 手打ちラーメン_f0050534_08015198.jpg












那須 手打ちラーメン_f0050534_08015180.jpg


FUJIFILM XF10



3日間の東北ロケ。しめは関東の入り口 那須の国道4号線沿いで、入った地元のラーメン屋さん。「名物 手打ちラーメン」と書いてあるお店で、やはり地元のトラックや営業車が止まっていたので、あたりと思い入りました

おすすめラーメン定食を頼むと、1000円でラーメン チキンカツ 半ライス 煮物がついていて驚きのボリューム。ラーメンの麺はやはり手打ちだけあり、腰があり美味しかったです。もう最高のコスパのお店で、味もよかったです

でも前夜のお店が・・・・



那須 手打ちラーメン_f0050534_08015810.jpg


東北道 菅生SAの和定食。鮭の切り身 トン汁 ご飯 半熟卵で720円。上のラーメン定食との差がすごいです。しかも鮭の切り身はひからびていて、豚汁は豚がほとんどないです。卵は薬品臭かったです。涙・・・、前回もここは麻婆豆腐焼きそば頼んではずれています。駄目駄目のサービスエリアかもしれません


今度全国 定食屋さん巡りみたいな本でも出そうかな?笑い


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2020-01-17 08:08 | | Comments(0)

地元の味 秋田 上桧内の定食屋さん

地元の味 秋田 上桧内の定食屋さん_f0050534_18380785.jpg













地元の味 秋田 上桧内の定食屋さん_f0050534_18380756.jpg
















地元の味 秋田 上桧内の定食屋さん_f0050534_18380828.jpg



















地元の味 秋田 上桧内の定食屋さん_f0050534_18380725.jpg


FUJIFILM XF10


今回のロケは雪不足のおかげで、予想外の遠征で田沢湖まで足を延ばした

1月14日 自宅~首都高~東北道~猪苗代IC 裏磐梯に行ったが雪が絶望的 
そこで猪苗代IC~東北道~紫波SA(車中伯)

1月15日 紫波~盛岡IC~田沢湖~阿仁合~打当~阿仁合~田沢湖~盛岡IC~東北道~五百川PA 車中泊

1月16日 五百川~猪苗代IC~裏磐梯~猪苗代~R294~天栄村~白河~那須~那須IC~浦和IC~自宅で、トータル1500kmのドライブでした


撮影に行くと、コンビニやジャンクフードになりやすいです。そこでなるべくよい食のために地元の定食屋さんに行きます

今回は秋田内陸鉄道 ぞいR105号にめんした食堂 なか志ま食堂でホルモン定食でした。お店に入りメニューを見ていると「まずはお茶っこでも、飲んで」と言われました。お~~~秋田だなと思いました
ホルモンもおいしかったですが、オクラやご飯がおいしかったです。ごはんお替りいるかい?と言われお代わりをして今しました。これで780円 秋田はおいしい安いです




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2020-01-16 19:02 | | Comments(0)

Go West 西国巡礼 撮影 Day5 12月15日 佐多岬~湖北 

Go West  西国巡礼 撮影 Day5  12月15日 佐多岬~湖北 _f0050534_16400827.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON35mm

民宿 大岩の目の前は豊後水道。夜明けの海を見に早起きして家内と、初冬の海を楽しみました。小一時間 見ていたので 冷え切りましてお宿に戻り、温かいご飯と伊勢エビ汁がうれしかったです


Go West  西国巡礼 撮影 Day5  12月15日 佐多岬~湖北 _f0050534_16384598.jpg







Go West  西国巡礼 撮影 Day5  12月15日 佐多岬~湖北 _f0050534_16384613.jpg















Go West  西国巡礼 撮影 Day5  12月15日 佐多岬~湖北 _f0050534_16384628.jpg


FUJIFILM XF10

民宿 大岩 下手なお宿の夕ご飯ぐらい出てきます。朝から熱燗飲みたくなります



Go West  西国巡礼 撮影 Day5  12月15日 佐多岬~湖北 _f0050534_16484566.jpg












Go West  西国巡礼 撮影 Day5  12月15日 佐多岬~湖北 _f0050534_16484597.jpg

LUMIX S1R+LUMIX70-200mm



8時半にお宿を出て向かうは滋賀県 湖北。プチ ロングランです。途中の香川ではフォトグラファーのカプチさんにご挨拶の予定もあり、頑張って走ります

ただこんな時に限って、途中の光が素晴らしく、道草して時間をとられます。神様のいたずらですね

佐多岬~八幡浜~大洲~松山道~坂出~瀬戸大橋~岡山~山陽道~新名神~京滋バイパス~長浜ICと約550kmのリエゾンです





Go West  西国巡礼 撮影 Day5  12月15日 佐多岬~湖北 _f0050534_16434454.jpg

今回は途中、時間がなくて高速のPAでお会いしたカプチさん。長年ネットでお世話になっている方です
普段のブログよりも怪しくなかったです 爆
でもなかなかお会いできず、不義理をしていましてすいませんでした。今回はお時間とっていただき、本当に感謝しています。次回はうどんツアーですね



Go West  西国巡礼 撮影 Day5  12月15日 佐多岬~湖北 _f0050534_16400877.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON100-400mm




Go West  西国巡礼 撮影 Day5  12月15日 佐多岬~湖北 _f0050534_16562563.jpg
LUMIX S1R+LUMIX70-200mm


朝ごはんは超ボリューミーでしたので、お昼ごはん抜きでノンストップで琵琶湖へ。関西圏も渋滞なくすいすい
湖北の撮影場所には16時前には着きまして素晴らしい、琵琶湖の夕景を楽しめました



この日のお宿は湖北の温泉でした 
続くです

by masabike | 2019-12-31 17:02 | | Comments(0)

Go West 西国巡礼撮影 Day4 12月14日 南予・八幡浜

Go West 西国巡礼撮影 Day4   12月14日   南予・八幡浜_f0050534_16511697.jpg
LUMIX S1R+SIGMA14-24mm

別府からのフェリーは午前3時に八幡浜に到着、でも5時半まで客室で寝ていられるので、爆睡しました。しかも奮発して1等船室でした。豊後水道は穏やかでとても快適な船旅。降りた八幡浜はまだ真っ暗で月が出ていたので、黎明の月の撮影をしました














Go West 西国巡礼撮影 Day4   12月14日   南予・八幡浜_f0050534_16465652.jpg


2時間ほど撮影の後は、八幡浜の朝一で、海鮮丼。朝から飲みたくなりました。全貌はというと・・・・・








Go West 西国巡礼撮影 Day4   12月14日   南予・八幡浜_f0050534_16465621.jpg



こんな感じです。まかない丼、特盛900円です

FUJIFILM XF10



Go West 西国巡礼撮影 Day4   12月14日   南予・八幡浜_f0050534_16555071.jpg

市場で働く人はハムエッグの人が多かったです。魚は見飽きたのかも・・・・



Go West 西国巡礼撮影 Day4   12月14日   南予・八幡浜_f0050534_16465639.jpg






Go West 西国巡礼撮影 Day4   12月14日   南予・八幡浜_f0050534_16465657.jpg

八幡浜港

今回八幡浜に来たのは7月に亡くなった家内の母のお墓参りです。8月に納骨したので、年内もう1度ご挨拶にお伺いします。家内は東京から飛行機とJR乗り継ぎで来るので、伊予大洲で待ち合わせです


僕の父も徳島、家内の両親も愛媛、そして意外とお仕事等で関係をいただく方は、四国の方が多いです。何か土地の縁というかご先祖様の縁を感じます。そしてここ八幡浜で、結婚する時の前撮りを地元の写真館で致しました。2009年です。当時僕は富士フイルムさんの、フィルムの広告をけっこうしていて、写真撮るならフィルムで!!というキャンペーンもやっていました。なので、前撮りもフィルムで撮らなければと思い、富士フイルムさんのプロ部Sさんに「XXX写真館で結婚式の前撮りをするのですが、その写真館がデジタルか、フィルムかわかりますか?」とお尋ねすると調べますから、大丈夫ですよ!とのお答え。でも、結婚は内緒なので、社内でご内密に!とお願いすると、大丈夫です、口の堅さがウリですからとのお答え。でも10日間後にフィルムで撮る写真館とわかりましたが、なぜか富士フイルムさんのスタッフの多くから「ご結婚おめでとうございます」と言われてしまった。なぜでしょう?爆

でも四国はなぜかほかの土地と違い、独特のものを感じます。少しほかの日本の土地と違うような…、徳島 剣山にはユダヤの秘宝が眠るともいわれているので、何か特別の土地なのかもしれません。でも多くの四国のひとが割とポジティブです。ポジティブすぎて四国八十八か所のお寺さんとか、お坊さんのゴシップが絶えないですが wwww




大洲で家内と待ち合わせてからはさらに旅は続きます





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2019-12-30 17:02 | | Comments(0)

Go West 西国巡礼撮影 Day2 12月12日  網田駅

Go West 西国巡礼撮影 Day2   12月12日  網田駅_f0050534_17220979.jpg




























Go West 西国巡礼撮影 Day2   12月12日  網田駅_f0050534_17220305.jpg






























Go West 西国巡礼撮影 Day2   12月12日  網田駅_f0050534_17220370.jpg
































Go West 西国巡礼撮影 Day2   12月12日  網田駅_f0050534_17220330.jpg


LUMIX S1R+LUMIX24-105mm LUMIX50mm


有明海の撮影の前にやることがあった。地元出身の元アシスタント 山下君が中学に通った駅がある。そこの雰囲気が良いのでぜひ見てきてください。と言われたので訪れた。素朴な小さな駅、でもとても温かみを感じる。絵になる駅だ。今は無人駅で民間委託駅。一人地元のおばさんが駅の番をしていた
ホームに入ってよいですか?と尋ねると、良い写真を撮ってねと言われた

冬の午後の光が温かくさす駅。改札を通るとき、山下君はこの改札を毎日通っていたのかと思うと、感慨深い。そしてこの改札を通り東京に行きその先にオーストラリアがあり、僕と出会った。駅の改札が人生の改札に見えてきた。

そしてこの改札を通り、うちに来てくれたのかと思ったら、目頭が熱くなった



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2019-12-28 18:01 | | Comments(0)

Go West 西国巡礼撮影 Day2 12月12日

Go West 西国巡礼撮影 Day2   12月12日_f0050534_17034036.jpg

FUJIFILM XF10

壇ノ浦PAでは平家や安徳天皇の亡霊に悩まされることなく、爆睡9時間 起きたら7時半でした。関門海峡の朝日を楽しみながら九州入り。古賀SAで朝ご飯ですが。なんとここはYmobileが入らない。仕事ができない困った・・・・・
とりあえず朝ごはんを食べて熊本を目指します









Go West 西国巡礼撮影 Day2   12月12日_f0050534_17034049.jpg








Go West 西国巡礼撮影 Day2   12月12日_f0050534_17034065.jpg


10:50amに熊本 ・松橋IC到着。お江戸から1225km,大した距離かもしれませんが、オーストラリアではよくある移動距離。カンガルーが飛び出すわけでもないので、とりあえず一晩耐えて走りました。ホンダのエンジンはタフでした






Go West 西国巡礼撮影 Day2   12月12日_f0050534_17034021.jpg



















Go West 西国巡礼撮影 Day2   12月12日_f0050534_17034165.jpg






















Go West 西国巡礼撮影 Day2   12月12日_f0050534_17034175.jpg


























Go West 西国巡礼撮影 Day2   12月12日_f0050534_17034177.jpg

























Go West 西国巡礼撮影 Day2   12月12日_f0050534_17034125.jpg


FUJIFILM XF10

インターを出たら宇土市のホテルに向かいます。ホテルに荷物を置いたのち、地元出身のアシスタントの山下君 おすすめの回転すし ばんばん寿司へお昼ごはん。地元九州の素材の回転すし。豊後水道のサバや玄界灘の鯛がおいしかったです。ついつい食べ過ぎて13皿行きました!!美味しかったです

少しホテルで骨休めしたのちに撮影に向かいました












富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2019-12-28 17:18 | | Comments(0)

Go West 西国巡礼撮影 Day1 12月11日




Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_08094934.jpg









Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_23510193.jpg


















Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_23505538.jpg


FUJIFILM XF10


久しぶりの九州方面のロケに行きました。しかも車で自走です。
今回は有明海 阿蘇山 四国・南予 さらには琵琶湖 ・湖北とめぐるので、飛行機や新幹線は、時間と距離の都合が悪いので全行程自走で、ワンドライバーです。つまり自分で運転です。距離はありますが、オーストラリアと比べたら、ガソリンや水の心配、それとカンガルーの飛び出しもないので、ただ1000km自分のペースに運転できるかだけの勝負です




前夜の徳島 ボンさん お江戸の宴会の余韻を残し7時前に、家を出て新宿西口まで家内を会社に送り、初台から東名です。ゴールは熊本インターの先です。約1300km.耐久ドライブですが、長距離トラックドライバーさんに言わせたら、当たり前の距離です


まずは最初の休憩は足柄SA。結構霧も出ていて寒かったです。朝ご飯は板橋駅前 マルジュウで買ったパンです
Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_23510508.jpg












Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_23510260.jpg
足柄を出発し、新東名~伊勢湾岸道~新名神 ときて信楽近くの甲賀土山SAで給油です

平均燃費11.3km/L 大柄なステップワゴンで機材満載なのでよい数字です。今年になり新名神が伊勢湾岸道とつながったので、東名阪の四日市~亀山の渋滞の名所がパスできるようになり西に行くのが便利になりました



Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_08091784.jpg
そこで長距離を快適に走るための自分自身の決まり事です

●まずは体への疲労&負担を減らすために腰痛防止ベルト。よくトラックドライバーさんもしています。骨盤が開くのを防止して、腰痛を防いでくれます。柔道整体で買いました
●しっかりしたドライビングポジションをとる
●自分のペースを守る
●むやみに飛ばさない
●自分より速い車が来たらすぐに進路を譲る 自分より遅い車がいたら、抜く
●追い越し車線は、なるべく短時間 (官公庁の車につかまらないためもあり)
●ちょうどよいペースカーがいたら、それに適度な距離でついていく。近すぎると進路を譲られてしまう
●水分補給
などなどです。土山SAでのランチはチャンポン、野菜をしっかりです



Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_23510522.jpg

土山SAを出た後、最大の問題は関西圏で渋滞に引っ掛からないか?今回は関西圏を15時前後に通過するようにして、夕方の帰宅渋滞をパスします。新名神~名神~京治バイパスときて再び名神。そして新たな新名神が開通していたので、宝塚近辺の渋滞もパスで来て、スイスイで山陽道に。でも山陽道に入った途端、トラック銀座。かなり走りにくく、疲れます。少し距離が長くても中国道にすればよかったと後悔しています。今までバイクで九州まで3回走りましたが、バイクではトラックがすいすい抜けたのであまり気にしていなかったのですが・・・・・・ 甲賀土山を出て2時間半 福石PAでトイレタイムです

Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_23505573.jpg

ここで当分補給 やはりオーストラリア好きとしてはコアラのマーチです これを食べるとコアラ基金に自動的に売り上げの一部が寄付されます。皆さん今年はコアラが山火事で大変です。ぜひコアラのマーチを食べてコアラ基金に寄付してください


Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_08411270.jpg























Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_08411263.jpg

福石を出たら、本日のゴール下関を目指してラストスパートなのですが、ここから先の広島県の長いこと。東の静岡地獄に並び西の広島地獄です。走っても走っても広島です。景色も工場地帯が多いので退屈です



広島市を過ぎて宮島SAで夕飯です。広島といえばカキで、カキフライ定食にしたのですが、多くの人から宮島だったら「アナゴ」だよと指摘されて後悔しています。でもおいしかったです。宮島SAでは20L給油。高速はガソリン高いので、熊本まで無理なく到着できる量だけ給油。ちなみに日本では次の給油ポイントで3割ぐらい残ればで、給油量を決めています。オーストラリアでは目的地に着いたとき半分ぐらいタンクに残量を給油ポイントで決めています。ただ奥地や日本の林道に入るときは常にその前で、少ししか入らなくても満タンです。

Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_08411674.jpg









Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_08484497.jpg















Go West 西国巡礼撮影 Day1  12月11日_f0050534_08484459.jpg
広島地獄を抜けると山口県。でもなかなか下関につきません。下関 壇ノ浦PAに着いたのは21時過ぎ。お江戸から13 時間です。バイクよりも2~3時間多めにかかります。昔、福岡までBMW 1200RSで12時間半で行くと、料金所のおじさんが通行券の東京の入った時間を見て「あんた、いったい時速何キロで走ってきたの?」と怒られたことがありました

夜の関門海峡は美しかったです。そして行きかう船を眺めていると、何となく香港とアジアの香りを感じました。この夜は平家の亡霊に囲まれて、9時間の爆睡。寝しなに壇ノ浦の海に安徳天皇を見た気がします wwww


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2019-12-28 09:01 | | Comments(0)