カテゴリ:旅( 632 )

バースデイプレゼント

f0050534_23561594.jpg














f0050534_23561588.jpg









f0050534_23561503.jpg
















f0050534_23561596.jpg











f0050534_23584882.jpg












f0050534_23584869.jpg












f0050534_23584879.jpg

FUJIFULM X30(上3枚) X-H1+FUJINON16~55mm(下3枚)


今年の誕生日、家内から、ゴージャス誕生日プレゼントをいただきました。温泉旅行です。しかもスーパービュー踊り子号の先頭席(正確には最後尾の最前列席)

展望車状態です。そして旅と言えば、お弁当です。今回は米沢牛&豚角煮弁当。プラスビールです。働いている車掌さんに申し訳なく、ビール飲みながら車窓を楽しみました。最後列の眺めは面白く、2時間の旅はあっという間。特にトンネルと鉄橋が、眺めの変化が大きく面白かったです

今回先頭席、意外と2週間前の予約でうまくとれました。ラッキーです。この眺めとお弁当は最高のコンビネーションです


やはり個人的には、旅の王道は鉄道かな?




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 




by masabike | 2018-06-24 00:05 | | Comments(0)

f0050534_17090597.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON16mm


昨日から小さな旅に家内と行きました

1泊2日の小さな旅、家内からの誕生日プレゼントでした


泊まったお宿の、食事の間に合った、灯。



家庭を持つという事は、どんな遠くからでも見える小さな灯がある、ありがたさを感じます







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 





by masabike | 2018-06-23 17:11 | | Comments(0)

ランドセルの語源

f0050534_08222543.jpg



オーストラリアの都市近郊で見られる"LAND SALE"の看板。まさにその名の通り、土地の販売。実はみなさん、これが小学生のランドセルの語源って知っていましたか?


オーストラリアはもともとヨーロッパからの移民の国。その元のヨーロッパ、とくにイギリスで、土地の売買の時に、不動産測量士や不動産業の人たちが、土地を品定めに行くとき、測量道具 契約書類 などを持ち歩くために手で持ち歩くより、背中にしょった方が楽なので、それらを入れるバッグがありました。明治になり、日本の使節団が、イギリス人の測量士が、背負っているバッグに興味を持ち、「あれはなんだ」と聞いたところ、通訳ミスで、カバンではなく土地の販売をしていいるところですよと、言ったところが、「あのせおい籠はランドセルというのか?便利だな」となり同じものを買い求めて帰国。そして明治末に文部省が、子供たちが通学の時にこれは便利だから、市民たちにこれを活用するようにと御触れを出しました。その時この籠は「ランドセルと言い、エゲレスでも民が便利に使用している」となりその後普及しました

いかがですか?
実は大ウソです。オーストラリア 移動距離が長く 途中退屈です。LAND SALEの看板を見たときに、HarQ氏と冗談で、これがランドセルの語源だったら面白いよねと言う、話から来ました。お時間とらせてすいません

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 




by masabike | 2018-06-22 08:32 | | Comments(2)

ロシアの大地

f0050534_13151716.jpg











f0050534_13155242.jpg













f0050534_13155393.jpg


















f0050534_13155313.jpg

















f0050534_13155385.jpg


















f0050534_13155376.jpg















f0050534_13151770.jpg
Nikon D800W+Nikkor14~24mm 24~70mm


世界は今ロシアでのサッカーワールドカップで盛り上がっている。今まで一度だけ、ロシアに行ったことがある、それもマンモスを撮るという仕事で。シベリアの永久凍土より見つかった、子供のマンモスYukaちゃんの撮影でシベリアに1週間いた。トランジットでモスクワに行ったが、空港以外は見ていないです 涙



マイナス40度越えの世界は、冥王星にいるのかよ!!と思わせる環境でした。その寒いロシアの大地で、熱いワールドカップ。ますます永久凍土が溶けそうです

今夜の日本戦・・・・心配です。怖くて見ないかも・・・・・・





7月に鉄道写真展を開催いたします。詳細は下記の通りです。皆様お待ちしております


東京展 富士フォトギャラリー 銀座

開催期間 201876日(金)~12日(木)

平日10:30~19:00 最終日は14:00まで

土曜日曜 11:00~17:00

期間中 無休 入場 無料


期間中 7月6日 7日 8日 最終日13日はギャラリートークもしくはトークショウを予定しております


最寄駅

地下鉄 銀座線 京橋駅 3番出口より 徒歩1
地下鉄有楽町線銀座一丁目駅7番出口より徒歩1
JR
有楽町駅 京橋口より 徒歩5

所在地

104-0061
東京都中央区銀座1丁目2-4
サクセス銀座ファーストビル4F
TEL
03-3538-9822
FAX
03-3567-0039





大阪展 富士フイルムフォトサロン 大阪

 

開催期間 2018720日(金)~26日(木)

午前10~午後7時(最終日午後2時まで 入館終了10分前まで)

入場無料 期間中無休

最寄駅

地下鉄御堂筋線「本町」駅下車 3番出口から本町通りに沿って 東へ約5
地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅下車 17番出口から本町通りに沿って 西へ約3

所在地

541-0053大阪市中央区本町2-5-7
メットライフ本町スクエア (旧 大阪丸紅ビル) 1F
TEL 06-6205-8000

作品点数 全倍9点 全紙45点 半切20

会場 富士フイルムフォトサロン大阪スペース1





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 




by masabike | 2018-06-19 13:20 | | Comments(0)

いつでもどこでも

f0050534_10183627.jpg

LUMIX G9pro+LEICA42.5mm



写真にカテゴリーは必要ないかもしれないと思う。カテゴリはーあくまで編集者やエージェント、あるいはディレクターが作品の仕分けに必要なものと僕はこの数年思う。撮り手であるフォトグラファーがこのジャンルしか撮らない、あるいは他のジャンルは興味がないでは、大切なシーンを逃がすことになる


今考えると、フォトグラファーを目指していたころ、ジャンル別でだいぶ撮り逃がした、撮り損ねたシーンが多いことに悔いる。目の前に広がる世界はすべて光と影で構成されている。光と影にジャンルはない。その光と影を捕獲するのがフォトグラファーならば、撮った後に、光と影をえり好みをすればよい。撮る前に自分のその時の甘い気持ちで判断するべきではない


西ーストラリア カルグーリー 。レストランでコーヒーを待つあいだ、塩コショウの瓶がアイコンタクトを送ってきた。なぜか血が騒ぎ取ってしまった。でもとても楽しい一瞬だった



7月に鉄道写真展を開催いたします。詳細は下記の通りです。皆様お待ちしております


東京展 富士フォトギャラリー 銀座

開催期間 201876日(金)~12日(木)

平日10:30~19:00 最終日は14:00まで

土曜日曜 11:00~17:00

期間中 無休 入場 無料


期間中 7月6日 7日 8日 最終日13日はギャラリートークもしくはトークショウを予定しております


最寄駅

地下鉄 銀座線 京橋駅 3番出口より 徒歩1
地下鉄有楽町線銀座一丁目駅7番出口より徒歩1
JR
有楽町駅 京橋口より 徒歩5

所在地

104-0061
東京都中央区銀座1丁目2-4
サクセス銀座ファーストビル4F
TEL
03-3538-9822
FAX
03-3567-0039





大阪展 富士フイルムフォトサロン 大阪

 

開催期間 2018720日(金)~26日(木)

午前10~午後7時(最終日午後2時まで 入館終了10分前まで)

入場無料 期間中無休

最寄駅

地下鉄御堂筋線「本町」駅下車 3番出口から本町通りに沿って 東へ約5
地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅下車 17番出口から本町通りに沿って 西へ約3

所在地

541-0053大阪市中央区本町2-5-7
メットライフ本町スクエア (旧 大阪丸紅ビル) 1F
TEL 06-6205-8000

作品点数 全倍9点 全紙45点 半切20

会場 富士フイルムフォトサロン大阪スペース1





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 


by masabike | 2018-06-17 10:48 | | Comments(0)

30年目のオーストラリア Day14(2018/05/21)

f0050534_10184750.jpg










f0050534_10184705.jpg










f0050534_10184692.jpg

LUMIX G9Pro+LEICA12~60mm

ピナクルス近くの町 セルバンテスのキャンプ場 1泊 2人でテントで3000円。きれいなトイレ、シャワー 、キッチンが付いています
キャンプ場は実は治安が良いです。というのは車で来る人が中心なので、車が買えて旅が出来る予算を持っている人となります。意外とバックパッカーの方が、置き引きとかに会います



レンタカーのパジェロスポーツもだいぶ使い込んできました。お手伝いいただいているHarQさんもだいぶ、オーストラリアの空気になじんできました。








f0050534_10184708.jpg









f0050534_10185137.jpg

5月21日の夜は西オーストラリアロケ最後の夜です。セルバンテス2泊目はモーテルに移動です。やはりカメラのメンテナンスやバッテリー充電、データーバックアップを考えると、電源と埃の無い環境は大事です
最後の夜は近くのtake awayのお店でピザとハンバーガーです。お店のお姉さんが美人でしたが、後ろに控えているおばさんは怖そうでしたので、声がかけられませんでした。HarQさんは、写真に撮りたかったと嘆いていました。


オーストラリアの30年の変化は、田舎でもお持ち帰りのお店が出来て食事に不自由しなくなりました



7月に鉄道写真展を開催いたします。詳細は下記の通りです。皆様お待ちしております


東京展 富士フォトギャラリー 銀座

開催期間 201876日(金)~12日(木)

平日10:30~19:00 最終日は14:00まで

土曜日曜 11:00~17:00

期間中 無休 入場 無料


期間中 7月6日 7日 8日 最終日13日はギャラリートークもしくはトークショウを予定しております


最寄駅

地下鉄 銀座線 京橋駅 3番出口より 徒歩1
地下鉄有楽町線銀座一丁目駅7番出口より徒歩1
JR
有楽町駅 京橋口より 徒歩5

所在地

104-0061
東京都中央区銀座1丁目2-4
サクセス銀座ファーストビル4F
TEL
03-3538-9822
FAX
03-3567-0039





大阪展 富士フイルムフォトサロン 大阪

 

開催期間 2018720日(金)~26日(木)

午前10~午後7時(最終日午後2時まで 入館終了10分前まで)

入場無料 期間中無休

最寄駅

地下鉄御堂筋線「本町」駅下車 3番出口から本町通りに沿って 東へ約5
地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅下車 17番出口から本町通りに沿って 西へ約3

所在地

541-0053大阪市中央区本町2-5-7
メットライフ本町スクエア (旧 大阪丸紅ビル) 1F
TEL 06-6205-8000

作品点数 全倍9点 全紙45点 半切20

会場 富士フイルムフォトサロン大阪スペース1





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 

by masabike | 2018-06-17 10:40 | | Comments(0)

30年目のオーストラリア Day13(2018/05/20)

f0050534_07372094.jpg













f0050534_07372020.jpg















f0050534_07372150.jpg

Kalgoolieは鉱山の街。そしてアウトバックへの入り口。街は開拓時代からの古いたたずまいを残しています。1988年、ギブソンデザートをバイクで横断して、この街に出てきました。相方を組んだ、宝塚の平野氏と「町に着いたらシャワーのあるモーテルに泊まろう」という事で、この街のモーテルに泊まったのですが、朝起きたら、毛穴から砂漠の砂が出たのか、ベッドが砂でじゃりじゃり弟子かもシーツが砂で赤く染まっていた。しかも部屋も、荷物から出た砂でじゃりじゃり。こりゃやばいという事で早めにチェックアウトして、バイクのエンジンをかけていると、お掃除のおばちゃんが、僕らの部屋に入った後に叫び声がしたのを聞きました。恥ずかしい思い出です




f0050534_07372023.jpg












f0050534_07372085.jpg

街の古いレストランで久しぶりにお茶をしました。カメラを構えるHarQ氏、握力1トンなのでカメラが壊れないかと心配です

Kalgoolieは意外と、街の道路標識の案内が乏しく、西に向かうハイウェイに出るのにかなり苦労しました。この日はインド洋に面したピナクルスに向かいました



kalgoolie~Northam~Toodyay~Gingin~Lancelin~Pinaclesと今日も700km越えの移動です





f0050534_07372827.jpg

道はひたすらまっすぐ







f0050534_07372837.jpg

途中、Sourthercrossという街があり、トイレ休憩で止まりましたが、何もありませんでした





f0050534_07372828.jpg

この日の移動エリアは、フォトジェニックなユーカリが多く、何度か止まり撮影。もともと木の作品を中心にブログにUPしていたHarQ氏もかなり一生懸命に撮影。なんかプレッシャー感じます 爆


f0050534_07372842.jpg











f0050534_07372988.jpg

ピナクルス手前の撮影ポイントに着いたのが3時半ごろ、日没まで撮影してセルバンテスという村のキャンプ場に着いたのが6時半ぐらい。この夜は地元のパブでオージービーフステーキ。ビールは何とKirinでした

食べてテント入り2秒で寝ました

撮影はすべてLIMIX G9Pro+LEICA12~60mm
この12~60mm旅にはなくてはならないレンズになりました





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-06-14 07:53 | | Comments(0)

寝心地最高 ホテルニューオータニ 大阪




f0050534_18414913.jpg










f0050534_18414989.jpg














f0050534_18414920.jpg




















f0050534_18415012.jpg



















f0050534_18420145.jpg


















f0050534_18420190.jpg



















f0050534_18420050.jpg



















f0050534_18420067.jpg




FUJIFILM X30

大阪の旅の定宿は、お城が見えるホテルニューオータニ。秀吉公のお城を見ながら寝ると天下がとれる気がします 爆

実はニューオータニさんのベッドが個人的には今まで旅で体験した、ベッドで一番硬さの寝心地が良いので、大阪に来るといつもこちらにお世話になります。サービスが良い、設備が立派、コンシェルジェが美人とかいろいろホテルを選ぶ基準はありますが、やはり一番基本的な、安眠できる、良い眠りが出来る。とても大事です。昨日も速攻2秒で寝て、しっかり8時間半の睡眠でした

f0050534_18415051.jpg

















f0050534_18415076.jpg


朝窓を開けると、大阪の街が一望、朝から天下がとれた気分でした。ところで朝、ポットを探していたら、部屋の棚にミニコンポ。パナソニックのミニコンポがありました。良い眺めとよいベッドで良い音が聞けるのであれば、次回はCDもって来ようと思いました





f0050534_18420108.jpg













f0050534_18420147.jpg
そして朝ごはんはホテルならではの、焼き立てオムレツです、幸せな朝でした




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2018-06-13 18:58 | | Comments(0)

30年目のオーストラリア  Day12(2018/05/19)

f0050534_07233466.jpg
LUMIX G9Pro+LEICA12~60mm Lモノクローム


Eucla6日目の朝、もう1日ここに延泊するのを決めた直後、再び空が割れ欲しい光を頂戴することが出来た
心が葛藤し、悩み、切望しないと良い光は降りてきてくれないことを改めて教えられた


荒野の小さなモーテルとも今日でお別れ


f0050534_07233454.jpg












f0050534_07233494.jpg











f0050534_07233338.jpg





f0050534_07233303.jpg














f0050534_07233383.jpg












f0050534_07330374.jpg












f0050534_07234865.jpg







f0050534_07234990.jpg
LUMIX G9Pro+LEICA12~60mm


この6日間、カメラ機材も車も砂との戦い。機材は石灰質の砂のおかげでじゃりじゃり。三脚も雲台も動きが渋い。体中砂だらけ。
最後に僕らの部屋を毎日メンテナンスしてくれたおばちゃんと記念写真。おばちゃんとの記念写真、HarQ氏はとてもうれしそうだったので、てっきり年上でボリューミーナ女性が好みかと思ったのですが、1週間後に、まるで逆の女性に声をかけナンパしたのを見ていると、他人の好みは解らないと思いました 笑

でもこれで娑婆に戻れるので、HarQ氏うれしそうです。でもこの日はこの後再び1000km近いリエゾン(移動)です。目的地はkalgoolie鉱山の町です

今回の旅の記録はG9Proが中心です。個人的には静止画像の撮影が中心なのと、ハイレゾ撮影が出来るのでGH5よりG9の方が、僕の使い方には向いています。GH5よりは短い時間ですが4K/60P撮影もできます。テレビ局とかの納品は4K/60Pが良いと、あるテレビ局の関係者に言われました



f0050534_07234862.jpg

移動の途中で見かけた、オーストラリアのパトカー。ホールデンV6エンジンのパトカーでインターセプター並みに速いです。ちなみに車載レーダーがあるので、すれ違いざまにもスピード計測されて捕まります。用心です



f0050534_07234866.jpg







f0050534_07234764.jpg



途中のロードハウスで休憩とランチ。疲れると甘い飲み物が欲しくなります。この日は途中給油は2回です。パジェロスポーツの燃料タンクは68リットル、この大陸を走るには小さいです。2回目の給油はナラボーの終点 Nowsman、そのあと日が暮れてサバンナ地帯を移動ですが、夜の移動はカンガルーがたくさん飛び出すので、スローダウンです





f0050534_07234894.jpg
19時すぎ、kalgoorlieに到着.モーテルを探すが見当たらない、路肩に止まっていたタクシーの運ちゃんに「ここらへんにモーテルないですか?」ときくと「君の後ろの建物がモーテルだよ」といわれ大恥でした。食事は巨大なフィッシュ&チップス。一生分のチップス食べました

翌日はインド洋目指して西進します


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2018-06-11 07:48 | | Comments(0)

30年目のオーストラリア Day11(2018/05/18)

f0050534_08045668.jpg
LUMIX G9Pro+LEICA100~400mm


連日、砂漠は雲に覆われている。思うようなところに思うような光が来ない

現状のある光、これも地球のポートレイト。雲に覆われていて来ない光だが、別の考えでは柔らかい光が来ている。柔らかい光でどう撮るか?今回でEuclaは5回目。オーストラリアの神様から今までと違った、光の見方と捉え方を試されている感じがする。今までのイメージから、固定概念から脱却する方向を模索する。大地とシンクロするために、心を落ち着かせよう。機材やテクの問題ははるかに小さい、心の中の自分の世界観の在り方それを見つめなおそう

そして迷った時に、やってしまう失敗がやみくもに砂丘を歩き回ること。やっと見つけたポジションに自分の足跡が邪魔していたら、お笑い草だ
心を落ち着けじっくり見る、これを忘れないこと。時間はまだある。



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-06-10 08:09 | | Comments(0)