カテゴリ:旅( 687 )

法然院

f0050534_22552040.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON56mm


南禅寺 近くの法然院さんという小さなお寺さんの講堂で、うちのお手伝いをしていただいている、写真家の高木君が個展をしているので見に行ってきた

建築をアート的に撮った作品が中心。そして展示の場所がお寺さん。見ていると心が落ちつく。写真展にはお寺さんが良く似合うことを見つけた

そんな法然院のお庭に春が満ちていました






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 


by masabike | 2019-05-09 22:59 | | Comments(0)

GWアクシデント

f0050534_22335634.jpg









f0050534_22335736.jpg
GW 5月1日 徳島を出て鳴門大橋~明石大橋~そして垂水出口と来て、出口を出る寸前に事故に遭遇。数台前のトラックが横転していました

止まっているリッターカーが事故に何かしら絡んだ模様です

GW 超サンデードライバーと、レジャー疲れの人がいりまじり、いたるところで事故や、トラブルを見かけます

やはりゲームではないので、車の運転は失敗すれば痛みを伴います。乗ることに不安を抱える人は、GWとかは無理しなければよいのにとも思いますが・・・




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 


by masabike | 2019-05-09 22:38 | | Comments(0)

京都の休日

f0050534_07133706.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON56mm

京都 法然院


連休の京都では法然院で、うちでお手伝いいただいている写真家・高木君の個展を見て、さらに永観堂でLUMIX&水野克比古氏のコラボ展を拝見しました。

その後はKYOTO GAPHYで写真三昧のGWでした



京都で古い過去の文化を学び、写真展で新たな表現を感じる、まさに温故知新の3日間でした

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 








by masabike | 2019-05-07 07:18 | | Comments(0)

四万十 無手無冠 お酒の旅

f0050534_12550892.jpg



f0050534_13161180.jpg

FUJIFILM XF10


今回の高知のお宿はここ。3月頭に予約しましたが、市内はほとんど満員で、市内から車で10分弱のホテルでした朝ごはんもついてい、二人で1泊16000円。まさにGW料金でした。でも仕方がないですね







f0050534_12552003.jpg







f0050534_12552146.jpg



















f0050534_12552194.jpg





高知市内から再び高知道に乗り、四万十川を目指します。窪川より四万十川沿いをドライブ。でもなんと大正町あたりでネズミ取り。セーフでした。あと少しで念願のゴールド免許なので安全運転です



四万十川は雨でしたが、雨の四国山地と川が綺麗でした。多くのツーリングライダーとすれ違いましたが、雨の中大変そうで、ご苦労様と言う感じです。丁度、四万十の沈下橋で記念写真を撮ってあげた八王子ナンバーのBMW R100RAのグループ、リーダの人がXーH1を使っていてとてもうれしかったです


f0050534_12552044.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON100-400mm

一昨年、X-T2のテスト撮りした、十和町のこいのぼり。今年は風がなく、鯉たちは風待ちでお休みでした


f0050534_12550805.jpg




f0050534_12550758.jpg














f0050534_12550678.jpg























f0050534_12550787.jpg





























f0050534_12550749.jpg























f0050534_12550788.jpg


















f0050534_12550789.jpg



GUJIFILM X-T2+FUJINON16-55mm




そして四万十川に行ったら、迷わず大正町の造り酒屋さんに無手無冠を買いに行きました。もう30年以上前にSUZUKI GS400でツーリングに来たときに見つけたお酒です。四万十川のお水で作ったお酒です。辛口で辞められないお味です

東京の高知県物産センターでも買えますが、やはり地元で買いたいので、しっかりお酒2本と焼酎1本買いました





f0050534_12552125.jpg

そして窪川のスーパーで再び、ダメ押しのカツオのタタキ。もう眼からカツオが生えてくるぐらい食べました

この日のお昼はカツオのタタキ 太刀魚のお刺身 土佐清水の鯖焼きバッテラ ゆずのおいなりさん。これでしめて1600円です



カツオを満喫したあとは、再び高速で徳島へ向かいます。また加速しないノートe Pwerで頑張るドライブです









富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 






by masabike | 2019-05-04 13:30 | | Comments(0)

徳島 お墓参り

f0050534_12171697.jpg















f0050534_12171658.jpg


FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm 上
FUJIFILM XF10 下


今回のGW 写真展の合間に徳島の相原本家のお墓参りです。やはり年に1度は、自分を世につかわしてくれた、ご先祖様にお礼をお伝えしないと、どうも気持ちが落ち着きません。


今回は兵庫駅で日産ノートe-pwerのレンタカーを借りました。関西の渋滞ポイントより西側で借りたので、渋滞知らずで、明石大橋を渡り四国に入れました。今回は家内が同行です。お家はウォンバット君たちとラッキーと親戚のおばがお留守番しています


実は家内の両親も四国・愛媛の出身なので、我が家は四国SPIRITであふれています 笑


徳島、お墓参りの帰りは、名物徳島ラーメン。上板あたりで入ったラーメン屋さん。美味しいのですが、なぜか薄味の四国で濃厚な味付けのラーメンが出来たか謎です。これは薄味の京都で天下一品ラーメンがあるのと同じくらいの謎です


垂水~明石大橋~鳴門大橋~徳島~藍住と走り、本家の藍畑に来ましたが、途中に見えた、大塚製薬美術館は人だらけでした。GWに行ってはいけないポイントだと思いました。

お墓参りの後は、土成~高知と移動しましたが、ノートeパワー 、リッター20kmと好燃費ですが、高速の追い越しと長い上り坂では軽自動車にあおられます。自分では買わない車です


高知に続く









富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 





by masabike | 2019-05-04 12:31 | | Comments(0)

平成から令和の時に

f0050534_01110478.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm
徳島 本家のあぜ道にて


 平成から令和の時代の転換期、ぼくは徳島で迎えました。相原の本家のお墓参りに来ています。そして平成から令和の時代の変わり目を自分のルーツの徳島で迎えました。このタイミングで自分の原点を見つめなおすためです

徳島は父の実家です。なんどかブログでも書いたように、もともと徳島で藍染めの藍を栽培していた農家が、父の実家です。父からは、藍染めの藍を栽培していたから、苗字を相原にしたと聞いています。僕で18代目に当たるそうです。これはお寺さんの過去帳からわかりました。

ご先祖様のお墓に来ると、代々の人たち、そしてその代々の人たちの記録に残るさらに前の人たち、その人たちの出会いと行いの結果、自分がこの世に生を得ることが出来たと感じます。さらに言うならば、代々のご先祖様になる前の、つまり人になる前の、なにかしら生命体のつながりがあったからこそ、そん結果として自分の存在を痛感します。つまり長い生命の歴史の結果が自分であることを気づかされる。そしてこれは人間を含むすべての生命に共通していることと感じる


オーストラリアの砂漠で、いつも空と大地、太陽 月 星を見ていると思うことが、すべての生命は奇跡の結晶であること。だからこそ奇跡を無駄にせず一生懸命生きることが生命の義務かなと感じます。そして悲しいかな、奇跡はいつか終わりが来ることです。そんなことなどもろもろのこと、そして自分を作り出してくれたご先祖様と奇跡に、本家のお墓参りに来るたびに感じます


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2019-05-01 01:18 | | Comments(0)

Ceduna Sout Australia

f0050534_07472715.jpg

LUMIX S1R+LUMIX24-105mm

Ceduna South Australia



オーストラリアに行くと光のパワーが日本の倍ぐらいある

この30年間 僕の視点はこの光と影に育ててもらった。オーストラリアの大地でシャッターを押すとき、いつも自分のいるべき場所に戻ってきたなと感じる


強烈なコントラストと色彩、まさに光彩の大陸だと思う


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2019-04-10 07:50 | | Comments(0)

グレネルグビーチ 夜明け

f0050534_16183862.jpg
LUMIX S1R+LUMIX50mm

南オーストラリア州 アデレード郊外のビーチ グレネルグ




南氷洋からの夜明け

アデレードに来たのは8年ぶり

でもなぜか男二人でビーチの見渡せるホテルに泊まっている 爆



LUMIX S1R オーストラリアのマジックアワーを見事に捉えてくれた。そして新たなる神レンズ LUMIX50mm ZeissOtus 55mmの新たなライバル

その魅力は甲乙つけがたい。うれしい悩みがまた一つ増えた模様





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2019-04-08 16:22 | | Comments(0)

タスマニア フランス お土産交換会


f0050534_07170599.jpg
















f0050534_07145397.jpg


















f0050534_07145342.jpg




















f0050534_07145329.jpg




















f0050534_07145434.jpg



















f0050534_07145427.jpg


昨日の早朝 22日間のオーストラリアロケから帰りました

しっかり家内へのお土産を買ってきました。

今回はさらにクレイドルマウンテンからウォンバット君を連れて帰りました。これで我が家にはウォンバット君が5匹になりました

さらにクレイドルマウンテン レインジャーセンター限定のタスマニアデビル限定のエコバッグ


グルメお土産は、オーストラリア最高峰チーズと呼ばれるタスマニア・キングアイランドチーズ。濃厚な味わいです。南氷洋を渡る、塩分の強い風がはぐくんだ牧草を食べた牛たちが生み出したチーズです。一度食べたら病みつきです


そしてチーズのパートナーと言えばワインです。タスマニア名産の白ワイン 買ってきました。タスマニアの名所をイラストにしたラベルです。絵柄はオーストラリア最古と言われるリッチモンドの石橋です




f0050534_07145475.jpg
オーストラリアロケと同じ期間、彼女は南仏 エクサンプロバンスで開催させていたル・コルビジュエ展の閉幕

の立会いと、貸出作品のクーリエに渡仏していました。機内2泊現地2泊 しかも朝5時から美術館での作業での弾丸ツアーです




お土産は僕の好きなオイルサーディーン缶と思いきや、実は中身は・・・・・・えっ!!!です




f0050534_07145496.jpg










f0050534_07145416.jpg
オイルサーディーン缶の中身はチョコレートです

これはフランスでPoison d,Avril(ポワソン ダブリル)という4月1日に魚の形をしたお菓子を食べる日のイベント用のチョコレートです。このイベントエイプリルフールのもとになったともいわれています














f0050534_07160570.jpg
そして最後のお土産はハリーキャラハン写真集。エクサンプロバンスを撮影したものだそうです。名作のモノクロ、お勉強します


ちなみに映画ダーティーハリーの主人公もハリーキャラハン刑事。もしかしたらクリントイーストウッドが、彼の写真のファンでその名前にしたのかなと考えてしまいました




ちなみに我が家では現在 フランス時間 タスマニア時間 日本時間の3つの時差が存在しております 笑い


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2019-04-05 07:29 | | Comments(0)

Welcome to JAPAN SAKURA

f0050534_17293811.jpg





LUMIX S1R+LUMIX24-105mm アスペクト比2:1

オーストラリア大陸をノンストップ3週間休みなしで撮影した

帰国して、近所の遊歩道を散歩すると、まだ桜が綺麗に咲いていた

ダイナミックなオーストラリアの風景は、料理に例えるならば1KgのTボーンステーキ そして日本の風景は繊細な懐石料理。どちらも素晴らしい料理。日本の風景とオーストラリアを対比で撮っていきたいとあるきながら感じた


このアスペクト比2:1の撮影が出来るのは、僕が知る限りS1Rとリンホフパノラマカメラ6×12 ホースマンの612アダプターだけの数少ない世界観
ただリンホフとホースマンはフィルムカメラ時代なのでもうすでにない。90年代 富士フイルムG617とリンホフ612の2台体制でオーストラリアを撮影したかったが、フリーランスになりたての僕は、いずれも80万円近いカメラだったので、画面サイズの大きい617の1台しか買えなかった。だからそれ以来のあこがれのアスペクト比

風景写真にはとても大切なアスペクト比だと思うし、不動産&建築広告でも多用できると思う


ちなみに桜は家内がフォースを使い、帰国まで桜が散らないようにしてくれました 爆




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




だと思う。





by masabike | 2019-04-04 17:51 | | Comments(2)