カテゴリ:ル・コルビュジエ( 1 )

ル・コルビュジエ ラロッシュ邸 2

f0050534_10003340.jpg

























f0050534_10003314.jpg






























f0050534_10003386.jpg























f0050534_09583112.jpg



























f0050534_09583106.jpg






















f0050534_09583150.jpg
































f0050534_10003302.jpg
FUJIFILM X-H1&X-T3 Carl Zeiss Touit12mm 32mm FUJINON16mm 23mm



冬の柔らかい光が差し込むラロッシュ邸。モノクロームで撮るために存在しているような、コルビジュエの作品だった。線の美しさと、光の取入れが、撮っても撮っても飽きない。彼の階段まわりのラインの美しさは、、東京 西洋美術館にも共通していると感じた


建築が3次元の巨大アート作品であることを、ル・コルビュジエの作品を見て体験すると痛感する。光と影を写真という2次元の世界で表現するか、建築という3次元の世界で表現するか、表現方法の終着点は異なっても、出発点は同じであると感じた



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 


by masabike | 2019-02-16 10:11 | ル・コルビュジエ | Comments(0)