カテゴリ:シドニー( 34 )

おやすみ 富士フイルム X seriesa FBより

f0050534_09101850.jpg


【和の「写心」《番外編》By Masaaki Aihara】

「おやすみ」シドニー郊外
FUJIFILM X-H1 + FUJINON XF16-55mmF2.8 R LM WR

“What do you want?”24年前、某航空会社での支社長室でのプレゼンテーションでの、第一声だった。フリーランスになって2ヶ月。僕はオーストラリアでの撮影のために航空会社のスポンサーシップが必要だったので、航空会社のトップにプレゼンテーションをすることになった。先方の支社長は、忙しいので単刀直入に、何が必要かを聞いてきた。プレゼンは成功し、撮影のサポートをして頂くことになった。
そのサポートの見返り条件はたった1つ、“Enjoy”だった。涙が出そうだった。
オーストラリアを楽しんで、良い作品を撮って欲しい。それだけだった。帰国後、作品をお見せして次の撮影のサポートもお願いした。そして次の条件は「うちに来て、家族と食事をしてほしい」。それ以来、オーストラリアロケの帰りに、航空会社の元支社長のブラッカーさんのオーストラリアのお家に伺い、家族の皆様と食事を共にさせていただいている。もう24年続いている。彼は「Masaはうちの家族みたいものだから」と喜んでくれる。

今回のオーストラリアの旅は、1988年の撮影開始以来、30年間オーストラリアの撮影でお世話になった皆様へのお礼の旅だった。昨年還暦を迎え、無事にオーストラリアで作品を撮り続けられたのは、多くの人のご支援があったからだ。そして今回のお礼の旅の締めくくりはブラッカーさんのお家だった。今はリタイアしてシドニー郊外で農場を営んでいる。夜に家族の皆さんと地元のパブに行き、そのあと家で暖炉の間で自家製のローストビーフに舌鼓。この24年の思い出話に花が咲く。暖炉にあたり話していると、昼間の農場の自由労働の疲れが出たのか、ワインの力で息子さんの腕に抱かれて、眠りについてしまった。静かなとても心が温まる時間。この瞬間の雰囲気を壊したくなかったので、ぼくはX-H1を電子シャッター + 無音設定にしてシャッターを切った。シャッターの音で大切な時にひびを入れたくなかった。彼との24年間の大切な時間を壊したくなかったので、静かにシャッターを切った。作品よりも大切なのは自分の人生の記録のファミリーポートレイト。この夜、X-H1はとても大切な時を記録してくれた。

写真家は撮影の時は独りだが、その後ろには多くの人たちの支えがある。それは富士フイルムも同じだ。1996年以来、オーストラリアの撮影をサポートしていただくことや、かつXシリーズで撮影に大切な機能について沢山ヒアリング、実現もしていただいた。X-H1はそのつながりを壊さないように、かつ永遠に残せるように静かに確実に大切な時を記録した。

家族の大切なシーン、人生の大切なシーン、そして第3者を気遣わなければならない大切なシーン。Xシリーズの電子シャッターと小さなシステム、最高峰の色再現は、あなたの人生の思い出を時の宝石に変えてくれるはずです。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2019-08-12 09:10 | シドニー | Comments(0)

羽田・シドニー就航キックオフ・サマーセミナー&ファンクション


f0050534_23063355.jpg







f0050534_23063290.jpg
FUJIFILM X100S

8月1日から、カンタス航空が37年ぶりに羽田に戻り、羽田~シドニー便がスタートしました。新たに始まった、ブリスベン便と合わせて快調な滑り出しだそうです。それを受けて、昨晩はシドニーのあるいニューサウスウェールズ州主催のサマーセミナーが開催され、多くの旅行&メディア関係者があつまりまして、僕も参加しました


セミナーは最新のシドニー紹介もあり、さらにハンターバレーのワインで盛り上がりました。主催者のニューサウスウェールズ州観光局 日本局長の新堀さんもホクホクでした。セミナーでは参加者に1等、カンタス航空オリジナル折りたたみ自転車が当たりました。これでシドニーを走ってください!とのことでした


f0050534_23063280.jpg

帰り道、もう一杯飲み足りないということでQ航空Iさんと九州美女K嬢と新橋立ち飲みで30分短期決戦で盛り上がりました。Iさん良いお店おしえてていただき感謝です。通います。日本酒350円~とおつまみ250円です。場所は…内緒です笑




by masabike | 2015-08-21 23:16 | シドニー | Comments(0)

実はTシャツフェチ?

f0050534_08031606.jpg

FUJIFILM XQ1

実は昔からTシャツ好きです。旅に行くとよくご当地Tシャツ買いますし、八耐やGPに行くとやはりTシャツ買います。家で寝巻代わりによく着るTシャツは、1988年3月に初めてオーストラリアに行った時、到着初日にシドニーのダウンタウンで買ったシャツです。割とイラストがシュールです。当時バイクのパーツや工具も運んだので、荷物を少なくするため衣類はほとんど持っていなくて到着後すぐ買ったのがこのTシャツです。当時英語はほとんどできず、買い物は恐怖以外のなにものでもなかったです





by masabike | 2015-07-08 08:13 | シドニー | Comments(0)

ブラッカーさん

f0050534_07501721.jpg
















f0050534_07501790.jpg











f0050534_07501644.jpg
















f0050534_07501677.jpg

















f0050534_07501647.jpg
















f0050534_07501607.jpg


















f0050534_07501743.jpg


















f0050534_07510927.jpg


















f0050534_07510913.jpg















f0050534_07513889.jpg


















f0050534_07515935.jpg
















f0050534_07515981.jpg

















f0050534_07515970.jpg
FUJIFILM X-T1+18~135mm ISO400~800


ワーリック・ブラッカーさん。1995年以来のオーストラリアで最も大切な友人の一人でもあり、僕の人生を大きく変えてくれた大恩人でありスポンサーさんです。1995年当時オーストラリア大使館のご紹介で、カンタス航空日本支社長であったワーリックブラッカーさんにお会いしました。目的はプレゼンテーションを行い、オーストラリア撮影のスポンサーになっていただくことでした。撮影機材が70キロ近くあるのでそのエクセスバゲージ等をスポンサーしていただくためです。


お会いした第一印象は、きりっとして厳しい人のイメージでした。支社長室で握手をして座った途端に
「君の希望は何かな?作品は大使館からの資料で全部拝見した、希望を言いなさい」
「往復の航空券と荷物のサポートです」
「わかったサポートしよう、詳細は秘書と話すように。申し訳ないので忙しいのでこれでよいかな?」
「あのスポンサードの条件は?」と尋ねると
「・・・・・」
更に数秒間があって
「Enjoy」でした。びっくりしました。それだけです。
その後撮影し帰国しすぐオフィスをお尋ねし作品を見ていただきました。それ以来20年来のお付き合いをさせていただいています。何度かお家にも伺い泊めていただいています。何度目かの撮影の時の条件が「うちに泊まり、うちの家族とご飯を食べること」でした。でもそのとき僕は、彼の船で川に遊びに行き、桟橋で間違えて彼を船の上から川に落としてしまいました。思わず帰りのフライトはcargoクラスかと思いました(笑)



今回4年ぶりにお会いして、シドニー郊外の彼の農場に遊びに行きました。入口に驚いたことに"For sale"の看板。彼に会うと「ちょうどいいところに来た、そろそろ年なのでもう少し手のかからない農場に変える予定なので、よい時に来てくれた。思い出の写真を撮ってね」と話になった。今の農場は。馬8頭、牛50頭、それと広大なピーカンナッツの農園。彼も70歳近いので、手間のかからない牛だけの牧場にしたいらしいです。


朝7時、彼と一緒に4WDのバイクに乗り農場の見回り行く。18~135mmのズームはこんな時系列で追いかける撮影でとても強い味方となってくれた。彼の動きもそして彼との会話もさえぎることがなかった。見回りをしながらこの20年の思い出話をたくさんしました。最後に別れるとき「今度、新しい農場になったら奥さん連れてまた来てね」と言われた。オーストラリアでの撮影は今26年目。この26年でたくさんの作品という財産を得ることができました。でも一番得た大切な財産は、ブラッカーさんはじめ多くの友人です。そして僕の作品の半分はは、あるいはもっと多く60% 70%はかれのサポートのおかげであると思います。これからもオーストラリアの友人たちとのマイトシップ大事にしていきたいと思います


追伸

最後から3枚目の作品がこの1年で、自分が最も気に入った作品です

撮影協力 カンタス航空




by masabike | 2014-07-15 08:14 | シドニー | Comments(2)

農場の朝 by New FUJINON 18~135mm

f0050534_23494769.jpg

FUJIFILM X-T1+18~135mm


シドニー郊外にある友人でもあり大恩人でもあるブラッカーさんの農場。冬のシドニー郊外はかなり寒い。朝の気温は5度。夜明けの霧が晴れ、彼の愛犬が農場を散歩している。

旅に出ると予想しない光、予想しないシーンがある。そして予想しないシーンほど素晴らしくかつ、撮りのがしやすい。18~135mm,従来の高倍率ズームレンズのイメージを覆すほどの高画質だ。どんな光が来ても、どんなシーンが現れても、短時間でベストなポジョンをとり、ベストなフレーミングを短時間に決めることができる。ストリートフォトやドキュメンタリーのプロカメラマンにお勧めの1本だと思う。あるいはトラベルジャーナリストにも。これとマクロレンズ、あるいは開放値f1.4クラスの標準レンズと2本持てばほとんどの取材はカバーできる。時にフリーランスフォトグラファー1年生2年生で、海外取材費を抑えたい人にはお勧めだ。このレンズとT1ボディーと35mm&60mmマクロの組み合わせなら安心して、LCCのフライトを利用できる。フリーの写真家にとってロジスティツクとコスト管理は撮影と同等あるいは撮影上に大事なことかもしれない

上の写真は朝の光の柔らかさを出すためにプロネガモードで撮影をした。フィルムシュミレーション+高倍率ズームレンズは一気に作品のバリエーションが増加する



撮影協力 カンタス航空



by masabike | 2014-07-14 00:01 | シドニー | Comments(2)

朝もや by New FUJINON 18~135mm

f0050534_17011080.jpg
FUJIFILM X-T1+18~135mm


20年らいの友人でもあり人生の恩人ブラッカーさんの農場に泊めていただいた。朝起きると一面の朝もや。その中を彼の愛馬がゆっくりと草をはぐくんでいた。まさに絵画のようなひと時だった。18~135mmは高倍率ズームにありがちなフラットなコントラストにならず、朝もやの中でも、柔らかくかつ芯がある映像を撮ってくれる。まさに純正レンズの底力を見せつけられた。FUJINONに限らず、N社もC社もP社もS社もO社も,純正レンズと言うのは、それなりに自社のカメラにきちんとフィットしている。やはり長く使う、より良い絵が欲しい場合は純正レンズは間違いのない選択だ。それにメンテナンス等のアフターサービスもメーカー純正はきちんとしている。だてに高いだけではなく、高いのには理由があります。ただし純正以外でzeissだけは別格です。やはり神がかり的なレンズを作る世界トップメーカーです








by masabike | 2014-07-11 17:13 | シドニー | Comments(0)

Sydney Light &Shadow by FUJINON 18~135mm

f0050534_09462990.jpg















f0050534_09462965.jpg




















f0050534_09472195.jpg


















f0050534_09462985.jpg



















f0050534_09462911.jpg


















f0050534_09462941.jpg



















f0050534_09462977.jpg



FUJIFILM X-T1+18~135mm


初冬のシドニー、目まぐるしく光が変わる。写真家にこれでもかこれでもかと、新しい光をシドニーが見せてくれる。それはまるで手品のようだった。高倍率ズーム18~135mmはレンズ交換によりタイミングを逃すことがない。それどころか撮影のリズムが作られ、まるで水が高みより海に流れる如く自然なリズムで撮影でき、フォトグラファーズハイな状況になる。レンズはもっと写真家に光を捕獲することを求めてきた

撮影協力 カンタス航空




by masabike | 2014-07-10 09:53 | シドニー | Comments(0)

New FUJINON 18~135mm  in シドニー 1

f0050534_08560478.jpg

FUJIFILM X-T1+18~135mm


街中ストリートフォトで、何があるかわからない時。そんな何でも対応に18~135mmは強い味方です

撮影協力 カンタス航空 



by masabike | 2014-07-09 08:58 | シドニー | Comments(0)

朝のひととき by New FUJINON 18~135mmwith X-T1

f0050534_09240285.jpg
FUJIFILM X-T1+18~135mm

シドニー郊外の大きな農場を切り盛りする、ブラッカーさん。20年以上の友人。でももともとは僕の大事なクライアントさんでもあり人生のターニングポイントを作っていただいた大恩人。彼は1993~1996年までカンタス航空の日本支社長。そのとき僕の撮影の大きなスポンサーになっていただきました。そしてオーストラリアに行くと時間があれば彼の牧場にいつでも遊びに行きます

この日も朝の牧場の見回り、愛犬とともに4WDバイクで1時間ほど見て回る。それに同行して撮影させてもらった。今回初めて高倍率ズームで撮影した。今までサードパーティーの高倍率ズームを使い何度か期待を裏切られたが今度は違った。短時間で自分の撮りたいポジションで撮りたい構図が素早く決められる。5手先までイメージして撮れる。この朝も300枚ぐらい撮影した。18~135mmはフォトグラファーにとって便利でもあり、どんどんとれるのどこまで自分の集中力と体力が持つか我慢比べのレンズだ

















by masabike | 2014-06-26 09:30 | シドニー | Comments(0)

南半球からの使者

f0050534_07393225.jpg

FUJIFILM X-T1 10~24mm


経った今、タスマニアからシドニー経由で帰国しました。今回はシドニーで2泊して、搭乗ぎりぎりまで撮影しました。今晩、渋谷の「ヒカリエ」でのトークショウで撮りおろしのタスマニア&シドニーお見せします。お楽しみに!!


by masabike | 2014-06-18 07:42 | シドニー | Comments(8)