カテゴリ:鉄道写真( 239 )

桜香列車

f0050534_12232621.jpg
FUJIFILM X Series FBより転載

【和の「写心」 By Masaaki Aihara】

「桜香列車」千葉県 小湊鉄道
FUJIFILM X-H1 + FUJINON XF16-55mmF2.8 R LM WR

僕が、写真を始めたきっかけは鉄道写真、今でいう撮り鉄。初めて家にあるハーフサイズのカメラで近所の駅の蒸気機関車(SL)を撮ったのは確か1968年ぐらい。それからしばらくして、もう1台家にあったスプリング式の蛇腹カメラ6×4.5で撮りだした。当時はすべてモノクロ。富士フイルムネオパンSS。カメラには露出計がないので、フイルムのパッケージに晴れたら1/125 F11、曇ったらF8、雨が降ったらF5.6。それだけが頼りだったので、なかなか上手に撮れなかった。特に被写界深度とか解らなかったので、どうしたら手前の花と列車が綺麗に撮れるかとか悩んだ。でも鉄道雑誌や撮影に行き、撮影している大人たちからいろいろ教えてもらった。

高校1年生の時に、半年間郵便トラック助手のバイトをして一眼レフを買った。ファインダーで被写界深度が解るのと、ピントがよく解る(蛇腹式カメラは距離形式 しかも連動ではなかった)なによりもTTLが付いているので撮影の露出ミスが格段に減った。その嬉しさは今でも忘れない。
今でも鉄道写真を撮っていると、その当時を思い出し、その当時の気持ちに戻る。そして今X-H1で撮影していると、ゼロ戦から最新鋭のジェット戦闘機に乗り換えたぐらいの気持ちだ。X-H1、実は一番気に入っているのはシャッターフィーリング。撮影の時はシャッターが一番大事なカメラと自分との接点。このソフトでかつレスポンスの良い入力。撮影の時に、心が被写体に反応したそのタイミングでシャッターが切れる。だから鉄道写真の時はとても楽しく、且つストレスがない。この日も桜の花の中を列車が通過して行った。撮り終わった時に、1970年にX-H1があったら、撮影の帰り道、うなだれずに僕の鉄道写真の名作が撮れたのにと思ってしまった。

 
5月31日(木)まで、東京・丸の内のFUJIFILMImaging Plazaにて、相原正明さんの作品が展示される「写真・X・そして私」展を開催中です。ぜひお気軽にお立ち寄りください。
https://imagingplaza.fujifilm.com/gallery.html


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-05-03 12:30 | 鉄道写真 | Comments(0)

1970年代 「あけぼの」

f0050534_15404164.jpg
撮影地不明 多分秋田か青森 福島
PENTAX67+SMC75mm +FUJIFILM NEOPAN SS

ED75牽引のあけぼの

この当時、今のデジカメがあったら、もっとたくさん撮れていたのにと、心残りですが、フィルムならではの夜の味わいがあります


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2018-04-29 15:47 | 鉄道写真 | Comments(0)

宗谷本線 普通列車 1970年代

f0050534_15404048.jpg
宗谷本線 豊富付近
PENTAX67+SMC105mm+FUJIFILM NEOPAN SS


写真展に向かい、いくつかの70年代のフィルムをスキャンしてプリントしている

もう40年近く前のことが、昨日のように思い出される
当時はまだ北海道にも客車列車がたくさんあり、最後の旅情の時代だったのかもしれない
まだ当時、青函トンネルはなく、青函連絡船で北海道に渡っていた

まさかこの時には、自分が外国で撮影をするなんて思ってもみなかったことだ




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2018-04-29 15:44 | 鉄道写真 | Comments(0)

夜鉄 津軽鉄道

f0050534_08453951.jpg

Nikon D4+Nikkor50mm


少し鉄道写真から遠ざかることで、鉄道の魅力がよく解った。そして風景、広告、いろいろなジャンルの撮り方を混ぜ合わせ夜鉄を撮っています。ゆるくない鉄道写真
目指したいです




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-04-11 08:49 | 鉄道写真 | Comments(0)

夜桜電車

f0050534_18533189.jpg
Nikon D5+Nikkor70~200mm

勝沼ぶどう郷駅

なぜか夜の街を背景に走る電車を見ていると、涙がこぼれそうになることがある





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-04-10 18:55 | 鉄道写真 | Comments(0)

機能美 新幹線 Omiya

f0050534_18510573.jpg
LUMIX G9Pro+LEICA200mm+1.4コンバージョン

先日撮った新幹線の作品でこれが一番気にっています
窓枠のところのアンダー気味の露出で、マシンとして羊の皮の奥のスゴサが表現できたかなと持っています



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-04-01 18:54 | 鉄道写真 | Comments(2)

撮り鉄 ぶどう郷駅

f0050534_16512736.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON10~24mm


 ぶどう郷駅、日が暮れだすと日中はたくさんいた撮り鉄の人は消えていきます。多分列車の色が出ないからかな?風景だと日暮れ近くなると、撮影名所はたくさん人が集まります。昨日も撮り鉄の人が帰るころ、夕焼けと桜を撮りに、風景系の人がたくさん来ました。ジャンルごとに撮影時間帯屋ポジションが異なることがわかりました。でもこの垣根を越えて狙うと面白いのが撮れそうです




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-04-01 16:54 | 鉄道写真 | Comments(0)

夜鉄 勝沼 20180331

f0050534_11315526.jpg



Nikon D5+Nikkor35/1.8 ISO6400


昨晩の中央線 勝沼ぶどう郷駅  昼間は撮り鉄の方がたくさんいましたが、夜は人もまばらで花見の宴会客だけでした

夜のNikon最強です。まさに夜間戦闘機です




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2018-04-01 12:10 | 鉄道写真 | Comments(0)

待合室 富山地方鉄道

f0050534_14190702.jpg
Nikon D5+Nikkor35mm


灯りがあるだけで、そこに物語が生まれてくる



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2018-03-22 14:20 | 鉄道写真 | Comments(0)

立山の風 富山地方鉄道

f0050534_11204012.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm


立山連峰がうっすら赤みを帯びるころ、夕方の通勤電車が来る。この時間帯の撮影が一番色が難しい

ミラーレスを使うようになり、撮りながら色のあんばいがわかる。フィルム時代では信じられないことだ。その分、被写体の動きや画面の細部に眼が届く

1発勝負の鉄道写真 ミラーレスは助かる。通常の鉄道であれば、今のミラーレス機は充分AFは追随できる



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-03-20 11:24 | 鉄道写真 | Comments(0)