カテゴリ:ハンガリーの旅( 27 )

ブタペスト最後の夜

f0050534_6223958.jpg




f0050534_622532.jpg






f0050534_62362.jpg


FUJIFILM S5pro Nikor14~24mm フィルムシュミレーションモード

いよいよブタペストも最期の夜が近づいています。歩きながらチラチラ時計を見てしまい、自分で残り時間をカウントダウンしてしまっています

何処で最期の夕日を楽しむかなと考えたのですが、やはり王宮の丘から見るのが一番かなと思い、また丘に登った。日が沈み街に明かりがともりだす。次にここに来れるのはいつなのかなと感慨深くなってしまった。日本からヨーロッパそして南半球オーストラリアを旅することを考えると地球ってこんなに小さいのか、と考えてしまう。飛行機で数十時間でこの惑星は何処でもいけてしまう。次は何処かな?Moon?
そんなことを考えていると夜の帳と共に、ドナウの宝石が現れてきた。この宝石はミにつけることが出来ない。でも心の中に飾ることが出来る。またドナウの宝石見に来ます!!!

ドナウの宝石見に行くぞと思ったらクリックしてください


by masabike | 2008-11-07 06:30 | ハンガリーの旅 | Comments(1)

豪華なカフェ「ニューヨーク」

f0050534_695634.jpg





f0050534_6102233.jpg





f0050534_61039100.jpg





f0050534_6105695.jpg






f0050534_6111211.jpg







f0050534_6112823.jpg



FUJIFILM S5pro Nikor14~24mm

 ブタペストカフェめぐりの締めくくりはこのゴウジャスな「ニューヨークカフェ」 なぜブタペストなのにニューヨークカフェかは分からない。でもとても豪華。金閣寺がそのままカフェになったみたいです。かなりのお客さんでごった返していました。コーヒーとケーキで800円ぐらいでした。とてもゴージャスなんですが、なんか目がちかちかしてしまい、30分ぐらいででてしまいました。お店を出ようとすると「すいません、商業目的の撮影ですか」と美人だけど、妙にタカビーなサブマネージャーの女性に呼び止められた、プロのカメラマンだけど自分の趣味用とか言おうと思ったけどややっこしくなるので「旅行者だけど、単にアマチュアの趣味で」と言うと「でもそれプロ用のカメラ機材で高いので、あなたプロなんでしょ!!」と更にタカビーにいわれたので「趣味で撮ってるけど、僕お金持ちなので高いカメラを趣味で持っているというと仏頂面で行ってしまった
あ~~こわ。ブタペストでは美人に気おつけましょう

ニューヨークカフェでお茶したいと思ったらクリックお願いいたします


by masabike | 2008-11-07 06:28 | ハンガリーの旅 | Comments(2)

ブタペスト 土曜の昼下がり

f0050534_605854.jpg




f0050534_611555.jpg





f0050534_613167.jpg





f0050534_614688.jpg



FUJIFILM S5pro Nikor14~24mm

「お~~すげーレンズつけてるね、絵?プロもフォトグラファー!じゃー俺たち撮ってくれよ」
ブタペストを歩いている間ほとんど、S5に鬼太郎の目玉オヤジみたいなNikor14~24mmズームをつけっぱなしだった。結構皆人が振り向いてレンズを見ている。この日も市場を後にし、商店街を散歩しているとレストランの呼び込みスタッフに声をかけられて、撮影した。はじめてブタペストで向こうから会話を持ちかけられた。でも最期に「え?日本人なの?色黒いね、それにデカイネ」と言われてしまった。僕はよく海外に行くと南米系に間違えられる

ブタペストの町並みは何処でも絵になる。次はハッセル持って来たいと思う。

ブタペスト散歩したいなと思ったらクリックお願いいたします


by masabike | 2008-11-07 06:08 | ハンガリーの旅 | Comments(0)

ブタペスト中央市場

f0050534_553843.jpg





f0050534_5532395.jpg






f0050534_5534637.jpg






f0050534_554460.jpg


FUJIFILM S5pro Nikor14~24mm
 ハンガリーの名産と言ったら「パプリカ」 ここブタペスト中央市場には山のようにパプリカが売られている。野菜売り場はとても色とりどり。パントンカラーみたいだ。喧騒と野菜や食べ物の香り。市場は何処の国でも面白い


f0050534_5571089.jpg





f0050534_5573446.jpg

パプリカの香辛料のお店の前は香りとパプリカの色でマッカッか。物静かなハンガリーの人は実は、ものすごくパプリカのように熱いのかもしれない

中央市場買い物行きたくなったらクリックお願いいたします


by masabike | 2008-11-07 05:59 | ハンガリーの旅 | Comments(0)

王宮からの眺め

f0050534_2233501.jpg






f0050534_22341016.jpg







f0050534_22342650.jpg


FUJIFILM S5pro Nikor14~24mm モノクロモード

 朝早く王宮の丘に登る。まだ6時前だ。とても静かでまだ眠っているブタペストの町が見える。昼間は観光客でごった返しているが朝はとても静かでまさにタイムマシーンで数百年前に戻った錯覚がする。大昔、ハンガリーの王様は毎朝ここから町を見下ろし何を考えていたのだろう


注)今回はデジタルですがもうしばらくしたらモノクロフィルムで撮影したハンガリーUPいたします


王宮の丘で物思いしたいと感じていただいたらクリックお願いいたします
by masabike | 2008-11-03 22:38 | ハンガリーの旅 | Comments(3)

ブタペストの地下鉄

f0050534_23344572.jpg






f0050534_2335229.jpg




f0050534_2335195.jpg


ブタペストの中心街から英雄広場に行く地下鉄はヨーロッパでパリに次二番目に古い地下鉄です。そのためとても浅いところを走っていて、地上から20段ほど階段を降りるともうホームです。話によるとトンネルを掘ったのではなく溝を掘りレールと電車を入れてまた上からふたをして作ったとのことです

車両は東京の大江戸線よりもう少し小さく遊園地の電車みたいです。それこそ駅に着くと車内でメリーゴーランドみたいな音楽の合図がかかります。それとつり革は本等に「革」です。


f0050534_23401929.jpg





f0050534_23403296.jpg


ホテルのある西駅から市内に行く路線はかなり深く走っています。もう少し新しい路線ですが、車両は共産党時代の名残っぽく質実剛健そのものです。でも駅で写真を撮るのが元共産圏でしたので少しびくびくでした。逮捕されてシベリア送りになったらどうしようという感じですが、こんにちは撮影は何も問題ないです

ただ地下鉄、改札がないのでやろうと思えばキセル乗車が出来ますが、抜き打ち検札があり見つかるととんでもない罰金だそうです。こちらは皆、性善説で電車に乗るときは必ず切符は買うから改札はいらないと言う考えらしいです。ちなみの僕は3日間有効ブタペスト市内乗り放題(市電、バスも含む)パスを買いました。約3000円少しです。ハンガリー語が分からないのでフリーパスチケットは便利です


かわいい地下鉄乗りたくなったらクリックお願いいたします




by masabike | 2008-11-02 23:54 | ハンガリーの旅 | Comments(6)

お昼ごはんは「青いバラ」

f0050534_23211987.jpg





f0050534_23213921.jpg






f0050534_2322024.jpg





f0050534_23221614.jpg






f0050534_23223674.jpg


 前出のシナゴクを見終わったあと、もうお腹はヘコヘコで背中とお腹の皮がくっつきそうでした。そこでシナゴクのところにあるハンガリーレストラン「青いバラ」に行きました。パプリカのスープとやはり肉の煮込みを頼みあとはグラスワイン(もちろんハンガリーワイン)かなり味は濃い目ですが、歩いて疲れた体と少し寒い天気にはちょうどよかったです。そしてデザートは再びオペラ座近くのカフェで食べました。味はかなりあっさり目でした。日本人の口によく似合います。コーヒーとケーキで800円ぐらいです。豪華なお店の雰囲気でこの値段であればよいのではないかと思います。ちなみにランチはの「青いバラは」2000円ぐらいでした

最期にうちのNion F2もとりました。このような雰囲気で撮影するとカメラも嬉しそうです。35年物のNikonです。さすがにブタペストのカフェでも目を引いていました

ハンガリー料理味は少し濃い目ですけど、その気候風土にとてもあっています。

ハンガリー料理食べたいと思ったらクリックお願いいたします



by masabike | 2008-11-02 23:42 | ハンガリーの旅 | Comments(0)

オペラの名わき役

f0050534_8354335.jpg






f0050534_8355717.jpg


FUJIFILM S5pro Nikor14~24mm jpeg

オペラ座の周りには素晴らしいカフェがたくさんある。オペラの始まる前に待ち合わせ、あるいはオペラのスタッフや出演者がゲネプロや出番の前にコーヒーを楽しむ。そして何よりも大事なのは、オペラがはねたあと、ここで1杯引っ掛けて舞台の余韻を楽しむ。まさに文化だと思います。よく日本の東京オペラシティーのほうがヨーロッパのオペラ座よろいも音響がよく素晴らしいという人もいる。確かにそうかも知れない。でもオペラシティー出て、山手通りに立ったとき、余韻があるだろうか。フランチャイズレストランやコーヒーショップで余韻に浸れるのだろうか?

(でも日本でも銀座の歌舞伎座なんかはきちんとその余韻を大事にしていると思います)


最近日本はハードのみ先進国でソフトがついてきていない部分が多い。世界に誇れる車、バイクがあるのにモータースポーツ選手が少ない、世界最大のカメラ生産国何に世界に出れ勝負できる写真家が少ない。写真大国ではなくカメラ大国の現状

そこに文化と文明の差を感じる。日本も世界に誇れる文化がある。もう一度それを見直しかれてしまう前に何とかしてもらいたいと、カフェの窓から世界遺産の町並みを見ながら考えてしまった

文化と文明何か感じていただけたらクリックお願いいたします



by masabike | 2008-11-01 08:47 | ハンガリーの旅 | Comments(4)

ブタペスト オペラ座

f0050534_8305415.jpg




f0050534_8311976.jpg


FUJIFILM S5pro Nikor14~24mm jpeg

オペラ座の舞台と観客席も素晴らしいのだけど、その中に入るためのエントランスの舞台装置も素晴らしい。ここを歩いているだけでワクワクドキドキする。友だちでオペラ座でカラオケして見たいと言うとんでもないオヤジがいた。あまりにも悲しい発送・・・。(爆)でも少しやってみたいな。(スイマセン)

オペラ座で歌ってみたいと思ったらクリックしてください

by masabike | 2008-11-01 08:34 | ハンガリーの旅 | Comments(0)

ブタペスト豪華絢爛2  オペラ座

f0050534_15243446.jpg




f0050534_15245628.jpg





f0050534_15251428.jpg





f0050534_15252958.jpg





f0050534_15254275.jpg


FUJIFILM S5pro Nikor14~24mm フィルムシュミレーション


 今回のブタペストで是非訪れてみたかった場所のひとつがオペラ座。やはりヨーロッパ文化の粋を集めたオペラを演じる場所を是非見たかったです。シドニーにもオペラハウスがあり世界遺産にもなっていますが、やはりオーストラリアとハンガリーでは空気感もちがうので、是非ヨーロッパのオペラの空気感を感じてみたかったです。
さすがに凄かったです。言葉を失いました。ここに華やかな人たちが集い、オペラを観劇しているところを想像しただけで、鳥肌ものです。もちろん舞台から見たらもっと凄いと思います。ただちょうど劇場のメンテナンスのため今月はオペラはやっていません、とのことでオペラは見れませんでしたが(そのためにスーツも持って行きました)、メンテナンスのために客席に下りたシャンデリアをまじかに見れて感激でした

ちなみにオペラ見たことあるんですか?と思われた方もいると思いますが、実は1回だけあります。1997年デミ・キリテカナワ オペラコンサートを南オーストラリアの砂漠で「GEO」という雑誌の撮影で、じっくり見ました。写真は今でも家にありますが撮影時の契約で、雑誌で1回限りの掲載契約なのでブログでもUPで来ません。凄かったですよ!!人間の声があんなに素晴らしいと思ったのは初めてでした。

いつかはブタペストのオペラ座でオペラを感激したいです。でもそのときはブログにUPしたりしないで内緒に行きます(笑)

オペラみたいと思ったらクリックお願いいたします
by masabike | 2008-10-30 15:36 | ハンガリーの旅 | Comments(4)