カテゴリ:日本植物( 107 )

不忍池 ♯3FUJIFILM X-T4

不忍池 ♯3FUJIFILM X-T4_f0050534_09303824.jpg
FUJIFILM X-T4+FUJINON100-400mm


東京はあるいい被写体の宝庫 建築 風俗 fashion そして人工ではあるが自然も

なので今回のStay Homeの間なるべくTOKYOを撮ろうと思っている



この時期の定番は上野の不忍池。蓮の花 ついついVelviaモードでくっきり撮りたくなる。だがそうすると、葉っぱの緑が毒々しくなる場合がある

なので僕はASTIAモードを選び 彩度での度合いで調整をしている。今回は+1~+2で撮っている。そしてシャープネスをー1~2に設定。

ただ色の好みなので人それぞれ。絶対ではない。

良く後で画像処理すればよいという人がいる。プロでもそうゆう人がいる。ただ画像処理する場合、ソフトに精通するよりも、肉眼でしっかり色が見えるか、グレーチャートをどれだけ肉眼で分析できるか、色の捕色どうなっているか理解していないと、この世にありえない景色になる


仕事で多くの富士フイルムさんの色の匠たちとお会いする。彼らの話を聞くと、色に関しての素人の僕たちが、ソフトウエアーを使いメーカ以上に色をコントロールするのは不可能。街のチューニングショップがF1やWRCに出るようなもの。僕らができるのであれば何百億円もかけて色の解析研究をメーカーはしない。そして僕らはアウトプットするプロラボのプリンターの特性 インク特性も薬品特性もわからない。印刷物であれば、大日本や凸版の印刷機 製版機の特性もわからない。だから風景に関してはなるべく最大限現場で追い込む そしてX&GFXは風景に関して、キュレーターの言うと頃のリアルフォトに関してはほぼ100%jpeg撮って出しでOKだ

何人か知り合いのキュレーターやアートディレクターに言わせると、画処理で多くの写真が 見せてやろうという目立ちたい気持ちが先立ってしまい、香辛料の効きすぎた異色のエスニック料理状態だという。ただ僕は画像処理をしなければならない場合胃も当然あると考える。以下のように分けられる

撮って出し リアルフォトの世界 ドキュメンタリー ランドスケープ Wilderness

画処理が必要 モノクロ 現代アート fashion 広告

とくにモノクロや現代アートでは撮った写真は、あるフォトグラファーも言っていたが、音楽で言うところの楽譜。あるいは料理の素材。それをどう演奏 あるいは料理するかが腕の見せ所。ただこの倍も成り行きで画像処理するわけではなく、このような素材はこうなるであろうと最終形を予測している。いじっているうちに成り行きでできるわけではない。
なので風景 ネイチャー系の方 画像処理のテクを磨くよりもまずは被写体としっかり向き合い、自分の機材のポテンシャルを100%引き出すこと。XもGFXもそうすれば、あなたをきっと裏切らない


いまはStay Home


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2020-07-08 09:52 | 日本植物 | Comments(0)

春の雫2

春の雫2_f0050534_21162025.jpg
FUJIFILM X-T2+carl Zeiss Touit2.8/50M


Touit50mは僕のお気に入りのレンズの一つ

マクロ機能も優れているのは当然だが、そのボケ味が何とも言えず美しい。芯がありかつ周りは急に柔らかくふわりと描写してくれる。そして色の透明感もZeissテイスト。Xシリーズを使い始めたころから、このレンズも使っている

そしてマクロでありながらポートレイトの撮影もこなしてくれる。旅でコンパクトに機材をまとめたいときに、必ずカメラバッグに入れる1本だ

Xユーザーにお勧めのTouit50Mです



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2020-03-17 21:20 | 日本植物 | Comments(0)

春の雫

春の雫_f0050534_21075844.jpg


FUJIFILM X-T2+Carl Zeiss Touit2.8/50M


今日も古河庭園に行き、花と対話してきました

ウイルス騒動で、仕事のキャンセルロケのキャンセルで時間が出来たので逆に、普段撮れない身近なものを撮ることと、基礎体力の整えで毎日1万5千~2万歩歩こうと考えています

時間ができたことを退屈、無駄な時と考えずに、普段できないことをしようと思いっています。そう思うと、ロケに行けなかったことも、体や時間を整えるためと思え充実できます

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2020-03-17 21:12 | 日本植物 | Comments(0)

光を切る刀






光を切る刀_f0050534_17503332.jpg


























光を切る刀_f0050534_17563197.jpg

































光を切る刀_f0050534_17563162.jpg
































光を切る刀_f0050534_17563132.jpg































光を切る刀_f0050534_17562404.jpg































光を切る刀_f0050534_17562513.jpg
































光を切る刀_f0050534_17562591.jpg



































光を切る刀_f0050534_17562419.jpg































光を切る刀_f0050534_17562402.jpg



LUMIX S1R+LUMIX50mm/1.4


かなりとんがった性格のLUMIX 50mm/1.4

でも使いこなすと、自分はここを見て訴えたかったというのが絵に出てくる

それと気持ちよいくらいの線の美しさ。高いけど、飽きずに長年使える刀のような切れ味の50mm

このレンズを使うためにS1RもしくはS1を買ってもいいと思わせるレンズです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2020-03-15 17:58 | 日本植物 | Comments(0)

春光降臨

春光降臨_f0050534_17444623.jpg


LUMIX S1R+LUMIX50mm/1.4


今日は半日 都内を家内と散歩しました。公園の花々は一気に春の香りを放ちだしました


毎日テレビで暗いニュースを見ていると暗く病気になります


病は気からです。お弁当を持って外に出て、光を浴び、大地の気と生命の営みを受け取りましょう








春光降臨_f0050534_17484023.jpg

今日のランチは千石の裏返しのおいなりさん「おつな寿司」のおいなりさん。ウイルスの裏を食う、ゲン担ぎでした


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2020-03-15 17:48 | 日本植物 | Comments(0)

Katachi 湖北

Katachi 湖北_f0050534_22164375.jpg

LUMIX S1R+LUMIX50/1.4 L MonochromeD



どこに行ったらよい被写体があるか?どこに行ったら、面白い被写体があるか?それは誰にもわからない。

だがそれを見つけるたった一つの有力な方法がある。それは「好奇心」

この先に何があるか?今から1秒後に何が起こるか?それを求める心が、正解を見つけてくれる

ガイドブックやネットの情報だけを頼りにすると、この感動する好奇心が薄れてしまう

今朝も、この森の奥に何があるのだろう?この好奇心が、1本の樹との出会いを生み出してくれた


好奇心がない人、残念ながら写真家には向かないと思う。そして自分にそれがなくなったときは廃業する時だ

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2019-12-16 22:23 | 日本植物 | Comments(0)

大阪万博公園

大阪万博公園_f0050534_07510870.jpg
LUMIX S1R+LUMIX 50mm/1.4
L Monochrome D


昨日は多くのお客様にヨドバシカメラ 大阪万博公園 撮影会にご参加いただきまして誠にありがとうございました


僕も有名な写真家の皆様の末席をよごさせていただく形で、講師として参加させていただきました

お天気にも恵まれ、とても楽しい有意義な1日だったと思います


モデル撮影会は、ある意味撮影においてとても大事なチャンスです
限られた時間  場所  撮影ポジションでどれだけ自分らしい作品を撮るかとてもよい上達の場になります

僕も学生時代、写真部で年に1度のモデル撮影会でだいぶしごかれました

また機会がございましたらヨドバシカメラ様 撮影会で皆様にお目にかかりたいと存じます


昨日の撮ったモデルさんの写真はUP出来ないので、ロケハンの時のチューリップです

皆様本当にご参加ありがとうございました




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



 

 

by masabike | 2019-04-22 07:57 | 日本植物 | Comments(0)

上高地 Nikon Z7

上高地 Nikon Z7_f0050534_17333111.jpg
Niko Z7+Nikkor70-200mm  上高地


今回のZ7撮影では30年ぶりに上高地に行った。

山岳写真ではなく、北アルプスの上に、この星の意志が降臨してくる、そんなイメージを狙ってみた


荒れ狂う風が僕のイメージ通りの世界を運んできてくれた 多謝


Nikon The Gallery Z7企画展

 “SPIRIT” 相原正明写真展のお知らせ

このたび2月19日より東京・新宿にございますNikon The Gallery2にてニコン新製品 ミラーレス Z7での撮影による、企画展 SPIRITを開催させていただきます。今回は初めてのニコン様での個展開催となります。16歳 高校1年生の時にNikon F2を買っていらい、憧れのニコンのギャラリーでの初の個展です。

タイトルと作品コンセプトのSPIRITは、この国に息づく大地のSPIRIと、その大地が生み出した自然物人工物問わず物にも宿る、SPIRITを意味しています。  

作品は秋から冬の日本の風景と、日本の風土生み出した、自然物と人工物の形の美しさを表現いたしました。そしてカラーとモノクロ、数々の表現の対比を織り込んだ作品展です

開催期間 2019219日(火)より34日(月) 日曜日休館

開催時間 10:30am-18:30pm 最終日は15:00まで

開催場所 ニコンプラザ新宿 内 THE GALLERY2

     〒163-1528 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿得るタワー28

     Phone 03-3344-0565

詳細はNikon THE GALLERY 相原正明 写真展 SPIRIT をご覧ください


下記の日程でギャラリートークを行います。いずれも予約不要、参加費無料です。トーク時間は30~40分です。

2月19日 12:30~ 2月20日 12:30~ 
2月21日 17:30~ 2月23日 11:00~
作品解説とNikon Z7の魅力とお伝えしたいと思います

また22日は夜セミナールームでのギャラリートークも行います
18:30開始です。夜の部も予約&参加費無料です。

熱いニコン ストーリーお話ししたいです




また期間中 2月22日(金) 18:30-より会場でトークイベントも開催いたします。予約不要で参加費無料です。また期間中は多くの時間在廊を予定しております。更に直前にブログ&Facebbokでの告知になりますが、ギャラリートークも開催いたします。こ(予約不要 参加費無料)

今年はNikon F生誕60周年 そして僕も還暦を迎えました。節目の年に素晴らしい写真展を出来るように頑張りたいと思います。皆様ぜひご来場よろしくお願いいたします

写真家 相原正明



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 












by masabike | 2019-02-16 17:42 | 日本植物 | Comments(0)

シダ

シダ_f0050534_14434351.jpg
FUJIFILM GFX50s+Carl Zeiss Apo Soner 135mm+焦点工房 Nikon FマウントーGFXアダプター

北海道 チミケップ湖

コマかいシダの質感、これほどGFXで撮りたくなる素材はない。これに、きりりと硬い描写のZeissのマクロ的 性格も持ち備えた、Apo Soner 135mmで撮ると面白くて仕方がない。時間があれば1日中撮っていると思う






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。













by masabike | 2018-10-31 14:48 | 日本植物 | Comments(0)

終焉の美

終焉の美_f0050534_13045258.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON90mm

満開の桜や梅。あるいはこのアジサイの旬なころ。旬なころを見極める。その目利きも難しい


だが旬なころは被写体の力大きい。

自分の気持ち1+被写体の力1=3~5あるいは10に出来る



だが旬が過ぎたもの。通常の眼で見れば被写体の力は枯れている。


でも心のセンサーに引っ掛かってきたのは、存在してきた力強さ。存在したがために持っていた美しさ。有終の美。オーストラリアの立ち枯れの木々も同じだ



見た目の華やかさだけに、惑わされずに被写体の陰に隠れた力強さ見つけだすことが、地球のポートレイトを撮るうえでの大切なこと



PSのスライダーを思い切り動かす前に、じっくり被写体の裏に存在するものを見出し、語る力を見につけないと、極彩色の写真=素晴らしいと言う、あまりにも表面的な


作品ばかりになりそうで怖い



だが今静かに、本来の写真が持つ、力 美しさ 心の在り方に気が付き始めている人たちが、増えてきた


そんな人々が光を浴びる時代になってほしい






by masabike | 2017-09-30 13:16 | 日本植物 | Comments(0)