カテゴリ:日本の風景モノクロ( 39 )

宮古島 風と光

宮古島 風と光_f0050534_09050048.jpg


FUJIFILM GFX100+FUJINON100-200mm 宮古島

GFX100を使い、いちばん1億画素の効果が得られると感じたのはモノクロだった。白から黒をグラデーションで表すモノクロは、画素が少しでも多ければ多いほど、ドットが増えその分豊かな諧調を得られる。

それと遠近感だ。ついつい1億画素、どれだけ細かく見えるかに目が行きがちだが、遠近感とグラデーションこれに目を向けてほしい






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2019-12-02 09:08 | 日本の風景モノクロ | Comments(0)

真夏の夜の夢

真夏の夜の夢_f0050534_21572238.jpg

新潟県 笹川流
FUJIFILM X-H1+FUJINON16/1.4 ISO2400



カメラ機材がデジタルになってから、夜も撮影が多い。夜明け トップライト 午後の光 薄暮 夜 。フィルム時代に比べて、倍以上は撮っている。今回の新潟ロケもたった2日間なのに、4~5日ロケに行った気分だ

なのでフィルム時代に比べて集中力のピークが異なる。フィルム時代は朝と夕方がピークで、昼間は休憩が多かった。だがデジタル化と、作品の多角化 多様化でいつも撮っているので、200%の集中力をどれだけ持続できるかが、撮影の鍵。なので撮影中は、ゾーンに入ると他は何も見えない。悪魔のようなことも平気で言う、平時の自分とまるで異なる、まさにジキルとハイド。なのでチームワークで撮影する、動画や映画の世界は僕には無理だと思う。スタッフ全員を敵に回すことは必至だ。でも敵に回しても、撮りたい気持ちの方が強いと思う。

だから撮影が終わるとパソコンのシャットダウン状態。いきなり意識を失う。
昨日の夜、意識を失う10分前に撮った作品が上。朝起きて本当に撮ったのかなと夢の中の世界だった
良い作品を撮るには、我を忘れる、写真家の山口さんが、山口流の武道の極意は無念無相と言っていたが、まさにそれに近い境地です





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2019-07-31 22:10 | 日本の風景モノクロ | Comments(0)

天使の階段 三国峠 北海道

天使の階段 三国峠 北海道_f0050534_10144720.jpg

FUJIFILM X-Pro2+FUJINON16~55mm


早朝の峠は暗雲が、抱きかかえていた。でもそこに天使の階段が降りてきた。今日も1日よいことがありそうだ



by masabike | 2016-03-15 10:16 | 日本の風景モノクロ | Comments(0)

存在2

存在2_f0050534_07022223.jpg

FUJIFILM X-T1+50~140mm
富山県

夜の壁は巨人のようにも見える






30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2015-06-25 07:03 | 日本の風景モノクロ | Comments(0)

存在

存在_f0050534_06592856.jpg
FUJIFILM X-T1+16~55mm
撮影地・富山県

ただ水を押しとどめるために作られた壁。機能以外無駄なものがない。そこに美しさを感じる。水と壁の戦いを見守るように月が昇る






30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2015-06-25 07:00 | 日本の風景モノクロ | Comments(0)

凍木

凍木_f0050534_15343098.jpg
Zeiss Otus55mm+Nikon D800E


寒い時ほど、厳しい気候ほどよい写心が撮れるのはなぜだろう。もしかしたら厳しい気候は被写体と対峙すること以外のすべての思考と邪念を振り払ってくれるかもしれない




by masabike | 2015-04-05 15:38 | 日本の風景モノクロ | Comments(0)

小樽路地裏3

小樽路地裏3_f0050534_16553739.jpg


PENTAX K5 35mmMacro

高所恐怖症の僕にとっては絶対に登りたくないはしごです

高所恐怖症の方クリックお願いいたします
by masabike | 2010-10-25 16:57 | 日本の風景モノクロ | Comments(3)

屈斜路湖 

屈斜路湖 _f0050534_16423223.jpg


Nikon D700 Nikor24~70mm

冬の屈斜路湖、これを見ると冬こそ北海道と思ってしまう

これだけ凍っているとクッシーは見れそうもありません。奈良のNさんへ、クッシー撮影失敗しました(笑)
by masabike | 2010-02-16 16:44 | 日本の風景モノクロ | Comments(4)

福岡 柳川 

福岡 柳川 _f0050534_7243225.jpg







福岡 柳川 _f0050534_7342064.jpg


Nikon F2 Nikor28mm ZEISS50mm FUJIFILM ACROSS

プリント写真弘社
EPSON GT-X900にてスキャン


 日本の情緒を写すのはモノクロが好きです。特にフィルムで写すとなんかホッとします。使い慣れたNikon F2で一枚一枚丁寧にフィルムを巻き上げながら撮影していると、写真を写していると実感しています。気がつくとカメラオペレーターになりそうなデジタル時代。光と影を読むのが写真の楽しみであり奥深さ。

Nikonを使い続ける訳は、必ずどんな世界でもしっかりシャッターが切れるカメラを作ってくれること。そして古いF2がいつまでもメンテナンスできる環境を提供してくれること。僕の体と心の一部であるこのNikon F2をいつまでも使い続けたい。やはりライカは僕には似合わないのかもしれない

NikonF2応援クリックお願いいたします


by masabike | 2009-12-27 07:31 | 日本の風景モノクロ | Comments(7)

和美 北海道積丹半島

和美 北海道積丹半島_f0050534_1712525.jpg






和美 北海道積丹半島_f0050534_1713419.jpg


FUJIFILM TX-1 FUJINON 30mm 45mm

 オーストラリアの風景を撮影していて気が付いたことがある。東京・下町、家の庭を撮影していて気が付いたことがある。日本のきちんとした風景をきちんと撮っている数が少ないこと。

日本の風景を自分なりにどう撮るか考えている。日本人と言うDNAを生かして作品造りしようと、徹底的に日本で。でた答えの一つがモノクロで縦で日本のウェットな風景。皆様どうお感じでしょうか?

この撮影で使用する富士フイルムTX-1、もう生産を辞めています。でも個人的に考えるに富士フイルムさんが作った最高のフィルムカメラの名機だと思います。日本のウェットな風景を縦位置パノラマモノクロで伝えるには、フィルムしかないと思います。そのためにモノクロフィルムとフィルムメーカーが作った最高のカメラで挑みたいテーマだとお思います


応援クリックお願いいたします


4月9日相原正明銀座スライドトークショウもよろしくお願いいたします


by masabike | 2009-04-08 17:22 | 日本の風景モノクロ | Comments(10)