カテゴリ:タスマニア( 400 )

FUJIFILM X Seriesから 原始の森


f0050534_19063385.jpg


【和の「写心」《番外編》 By Masaaki Aihara】

「原始の森」
オーストラリア タスマニア州 クレイドルマウンテン国立公園(世界遺産)
FUJIFILM X-H1 + XF10-24mmF4 R OIS
撮影協力 タスマニア州政府観光局 カンタス航空

いよいよ梅雨が始まった。雨ばかり、あるいは雨が降らなくても、どんより空ではいい写真が撮れないとお嘆きの方も多いと思います。でも快晴だけが良い作品を生むわけではないです。雨だからこそ、あるいは曇っているからこそ撮れる被写体もあります。雨の日だからこそのしっとり感、曇天だからこその柔らかい光。そんな光に向いているのが森の中です。雨が降っていても森の中であれば、大きな木々が雨を防いでくれて傘がいらない場合もあります。

今日お見せする作品はX-H1のプロモーションのために今年の1月に撮影しました。タスマニアの数億年も変わらない原生林の中です。じつはこのクレイドルマウンテンの原生林は、1年のうち約250日が雨。だからこそ大地はビロードのような、美しい地衣類に覆われ、森は50メートル近いユーカリの巨木が立ち並んでいます。クレイドルマウンテンでは晴れていると、ダブ湖という美しい湖越しのクレイドルマウンテンを撮影します。でも雨や霧、あるいは曇りで遠景の風景がダメな時は、この苔に覆われた原生林の中を1日歩き回ります。雨が降ると、苔の緑はみずみずしさを増し、かつ水滴がまるで森の宝石のように輝きます。そして雨天の柔らかい光は森の中を、まるでディフューザーをかけたように、滑らかにかつ神秘的に照らしてくれます。約20年間、ぼくはこの森を撮らせていただいていますが、いつも新しい発見と感動と生命との出会いを与えてくれます。

あと森を撮る秘訣が1つあります。WBをマニュアル設定にすることです。AUTOですと、森のしっとり感が表現しにくいです。でもXならばEVFを見ながらWBのマニュアルでの色温度を設定できます。ミラー式カメラでは不可能なことです。実際の色と自分のイメージの色をEVFで目視確認しながら、誰でもできます。そしてX-T1、X-T2、X-Pro2そしてX-H1は防塵防滴処理が施されております。だからこそ悪天候下でも撮影に安心して集中できます。

しっとりした森の中で何日も撮影をしていると、森に自分が包まれていくのが感じられます。

 
まだまだ長い梅雨、ぜひ皆さんの近くの森、あるいは公園の木立の中に自分だけの雨の日スポット見つけてください。きっと晴れの日とは違う、光と被写体との出会いが待っています。

 





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2018-06-13 19:06 | タスマニア | Comments(0)

我あり タスマニア

f0050534_18211423.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON100~400mm


ここにいるよと、アイコンタクトを送ってきた木。森の中にひっそりとでも力強く存在している。
本当にすごいものは声高に叫ばない。存在するだけのオーラを放ち、解る人だけがそれをきっちキャッチできる。

そんな写真家であれればよいと思います






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2018-04-07 18:24 | タスマニア | Comments(0)

原始の森 タスマニア

f0050534_09405193.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON10~24mm


寒くて雨が多い多湿なタスマニアの森。世界でも数少ない、冷温帯雨林。この高湿度かつ緑一色の世界。この環境を表現できるのはXのフィルムシミュレーションだけだと僕は思う



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2018-03-31 09:43 | タスマニア | Comments(0)

安井さん タスマニアの森にて

f0050534_09253771.jpg





















f0050534_09253738.jpg



















f0050534_09253806.jpg

























f0050534_09253860.jpg






















f0050534_09253740.jpg





FUJIFILM X-H1+FUJINON16~55mm



1月のタスマニアのハードなロケの合間のつかの間のティータイム。クレイドルのふもとの森の中の小さなカフェで、タスマニア・デボンポートに住む友人の安井さん親子にお会いした

彼と最初に出会ったのは、4年ほど前。タスマニアの友人の紹介でお会いした。本業はツアーガイド&トラベルコーディネーター
そのあとテレビの仕事で、俳優の田辺誠一さんと、タスマニアを旅する番組があり、その時にお仕事としてコーディネーションをお願いした。その時に、仕事の確かさも感謝だったが、英語のボキャブラリーの多さ、特に専門用語に関する単語の知識がすごかった。もともとサラリーマンだった彼は、オーストラリア人の奥様とでご結婚されて、タスマニアに移り住んできた



とても現地の空気になじんでいる方で、いつも超ポジティブ、撮影で行き詰っているときには現場はとても明るくなる

この日は息子さんと、3人での楽しいお茶の時間を過ごせました。おかげで午後からの撮影、一気に作品のパワーが上がりました
安井さん、また森で楽しいお茶をしましょう




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-03-26 09:34 | タスマニア | Comments(0)

精霊の住む森 タスマニア

f0050534_08265673.jpg

FUJIFILM X Series FBより転載




【和の「写心」《番外編》 By Masaaki Aihara】

「精霊の森」
オーストラリア タスマニア州 デビルスギャレット
FUJIFILM X-H1+ FUJINON XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro
手振れ防止機能使用
撮影協力 タスマニア州政府観光局 カンタス航空

森の中を歩いていると、時として足元の小宇宙に出会うことがある。
この日もビロードのようなコケに覆われた森を歩いている時、僕の脳裏に小さなシグナルが来た。「見て見て 足元だよ」そんな感じだった。足元を見ると、小指の先ぐらいの小さな、苔の花?が咲いていた。精霊のような花が一生懸命、僕にシグナルを送っていた。レンズをマクロXF80mmに替える。足元はクッションプラントと呼ばれる苔。足場がフワフワしているのと、あまりにも苔の精霊が小さいので三脚は使えない。

苔の大地の上に腹ばいで寝そべり、手振れ補正をONにして撮影する。X-H1はボディー内手振れ防止機能だけではなく、そのフェザータッチのシャッターで、入力時のブレがX-T2 & X-Pro2よりもさらに押さえられている。それこそ、強く息を吹きかければシャッターが下りるのでは?そんな感じの繊細なシャッターフィーリングだ。

X100発売から7年。カメラやレンズさまざまな細かいところが熟成してきた。これは多くのX-photographerたちの現場での意見が取り入れられたことと、そして世界中のXユーザーたちの声が、カメラづくりに反映されているからだ。

ファインダーで小さな苔を見つめながら、大自然のSpiritと対話しながら撮影していく。カメラの存在を忘れ、大自然から来るSomething elseを感じ、それを作品にしていく。光と時に集中できる。ファインダーを通してではなく、被写体と僕がダイレクトに向き合っている感覚になる。それがX-H1の素晴らしさであると思う。空気のような存在でありながら、空気なくしては生き物が生きられないように、Xなくしては僕の作品は存在しえない。それがXシリーズ7年間の進化の神髄だと思う。



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-03-22 08:29 | タスマニア | Comments(0)

Talking to Pandani in Tasmania

f0050534_08172781.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON80mmMacro ACROS


被写体と向かい合うとき、大切なことはこの被写体の何処に自分は魅かれて、どこを表現したいかと自問自答することが大切だと思う。このパンダニとこの日は1時間以上お話しました



撮影協力 カンタス航空 タスマニア州政府観光局


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-03-22 08:20 | タスマニア | Comments(0)

こんにちわ

f0050534_13112430.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON50~140mm




かなり人なっこいウォンバット君  このあと膝にのってきました
パパと言われたらどうしようと思いました


撮影は特別許可をいただき、柵内で行っております。通常は柵外からの見学撮影となります


撮影協力 五月山動物園 池田市民文化振興財団


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-03-21 13:16 | タスマニア | Comments(0)

五月山動物園 ウォンバット もぐもぐたいむ2

f0050534_13112403.jpg



FUJIFILM X-H1+FUJINON50~140mm

池田市五月山 動物園

ウォンバットのお食事タイムは夕方は16時からだそうです


撮影協力 五月山動物園 池田市民文化振興財団

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-03-21 13:13 | タスマニア | Comments(0)

モグモグタイム 五月山動物園 ウォンバット

f0050534_14104822.jpg


FUJIFILM X-H1+FUJINON50~140mm


大阪 池田市 五月山動物園のウォンバット君 夕方のモグモグタイムのお時間でした




撮影は特別許可をいただき、柵内で行っております。通常は柵外からの見学撮影となります





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-03-20 14:13 | タスマニア | Comments(0)

タスマニア by FUJIFILM X-H1

f0050534_10200642.jpg
富士フイルム x Series FBより転載です


【和の「写心」《番外編》 By Masaaki Aihara】

「黎明岩礁図」
オーストラリア タスマニア州 東海岸
FUJIFILM X-H1+FUJINON XF16-55mmF2.8 R LM WR
撮影協力 タスマニア州政府観光局 カンタス航空

Xシステムになって一番恩恵を受けたと感じるのが、色変化の大きい夜明けのシーンの撮影。フィルム時代は当然4種のフィルムをいつも持ち歩いていた。
Velvia ASTIA ProviaそしてモノクロのACROS。そしてそれぞれを詰めるためにメインで使用していた35mmは常に3台のボディーを、場合によっては4台をスタンバイしていた。でも今は1台で済む。同じ夜明けのシーンでも色と光によりモードを使い分けている。

この日も南極からの重い冷風が吹き付けるタスマニアの東海岸。夜明けの空は、重いまったりした雲で覆われていた。だが水平線が少し開いていて、夜明け前の色と光が差し込んでいた。最初の薄暮の撮影では、重い雲と、まったり感を出すのでASTIAで彩度(Color)を-2で撮影開始。しっとりした空気感を重点に置いた。水平線に色がついてきた時、彩度を+2にUPし、水平線の赤みと、岩の赤みを強調した。(本日の掲載作品)

その後さらの岩の赤みが増してきたのでASTIAからProviaに変更してメリハリのある画面にして、陽が昇るとき空が晴れ渡り強烈な色彩になったのでVelviaに再度変更。そのあと色の変化が終わりをつげ、晴天の強烈なコントラストになったのでACROSで岩と波の陰影を狙ってみた。
同じ撮影場所でも、同じモードで一本調子で撮るのではなく、色変化にあわせてフィルムシミュレーションを使い切る。もしこの朝、少し霧がかかるような夜明けだったら、新しいETERNAモードを使っていただろう。画家が絵具を使い切るように、写真家もフィルムシミュレーションを使い切ることで、自分の心の中に存在する、心象的風景が表現できると思う。





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-03-15 10:22 | タスマニア | Comments(0)