カテゴリ:アウトバック( 202 )

Home

f0050534_11475641.jpg
FUJIFILM G617 FUJINON105mmF8 f32 Velvia50
オーストラリア アウトバック


最近帰っていない、僕の隠れ家スタジオ。オーストラリア ロケ開始30年目の今年は、久しぶりにスタジオの扉をあけに行ってみたいです。

ワクワクドキドキのおもちゃ箱みたいなスタジオです



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-04-17 11:50 | アウトバック | Comments(4)

Home

f0050534_08071625.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm
オーストラリア ノーザンテリトリー


灼熱の大地。でおここで僕の作品は数多く生み出されている。そろそろここに帰りたい気持ちになってきました

何もない荒野、空と岩と太陽と星と月。この世界にいると、心が高揚してフォトグラファーズハイの気持ちになります
気持ちが入るところ、それが見る人に心に伝わればと思います








by masabike | 2017-12-01 08:11 | アウトバック | Comments(0)

オーストラリアの香り

f0050534_09522402.jpg

FUJIFILM X30


リホームお祝いにうちの元アシスタント まりこさんからリホームお祝いに頂いた、オーストラリアプリザーブドフラワー。お部屋の中が良い香りです。プリザーブドフラワーはPocoさんというプリザーブドフラワー専門店のもです

ちなみにうちの事務所は男子よりも女子の方が優秀です。砂漠でも音をあげません www




ちなみにこれから9月になるとオーストラリアの荒野は花盛りになります




f0050534_09532713.jpg









f0050534_09532847.jpg










f0050534_09532804.jpg













f0050534_09532883.jpg












f0050534_09532928.jpg
















f0050534_09532926.jpg







f0050534_09564658.jpg













f0050534_09533498.jpg


FUJIFILM S5pro+Nikkor14~24mm 28~70mm Carl Zeiss 100mm



8月末からワイルドフラワー前線が北から南下します。南半球なので下に行けばいくほど寒くなります

ぜひ花の絨毯、西オーストラリアにお越しください



by masabike | 2017-08-12 09:59 | アウトバック | Comments(0)

惑星の表情

f0050534_08352749.jpg
LUMIX GH5+LEICA12~60mm

オーストラリア ・ブルームからシドニーへのフライはオーストラリア大陸を斜めに横断する。その間、果てしなく広がる真っ赤な砂漠を何時間も見ることになる。まさに地球のポートレイトだった




by masabike | 2017-07-19 08:37 | アウトバック | Comments(0)

デビルズマーブルズ Light and Shadow2

f0050534_07511542.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm

アウトバックは光の洪水、強烈な太陽光が肌を焼く。その分強烈なコントラストの映像が撮れる。頭の中にイメージコンテが湧きあがり、シャッター押すのが間に合わないぐらいだ。今回5月のアウトバック、T2で600GBぐらい撮影した、ボディーもレンズも過酷な環境で頑張ってくれた。特に10~24mmと16mmは超酷使状態でしたが、ノントラブルで頑張ってくれた





by masabike | 2016-12-12 08:08 | アウトバック | Comments(0)

デビルズマーブルズ Light and Shadow

f0050534_07511572.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm


 僕が被写体を見る時、ドンのように見てどのように絵作りを決定しているのか、自分の内面とときどき語り合い、考えることがあります。どう見ているのかというと、多くの場合が 光と影の陰影の具合~自分の好みの光か?~フレーミング~物の形、あるいは陰影を優先とするか?色彩を優先とするか?この時点で最終的にカラーかっモノクロにするか決定。こんな流れだと思いますが、見た瞬間にすべてを決定する場合もあります。上の作品はこの内面の動きで決定しました





by masabike | 2016-12-12 08:03 | アウトバック | Comments(0)

デビルズマーブル 影

f0050534_07511694.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON10~24mm


オーストラリアのアウトバックは宇宙みたいなところ(行ったことないですが汗) 熱いか寒いか、光と影、つねに2極の世界です。ある意味とてもデジタルな世界かもしれません。そういえばXシリーズを使い始めて、ある時期から急に撮影料が加速したポイントがあります。それはFUJINON10~24mmが発売された時点です。個人的には遠近感がイメージ通りに表現で来て、かつワイド側10mmという画角、そしてクリアーな画質。このレンズの発売時点で個人的にXシステムは自分の撮影の主軸の一つになると決定した。ぜひ風景撮る方、FUJINON10~24mm 風景写真キラーレンズです、お試しください。




by masabike | 2016-12-12 07:58 | アウトバック | Comments(0)

オーストラリアンカラー


f0050534_08055335.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON16mm


夕日が落ちる時間、オーストラリアのアウトバックならではの色が世界を覆う。そしてこの色が撮れなければ、僕の心の中の基準では、カメラ機材としては満足しない。フィルム時代、ベルビア100も50も見事にこの色を再現してくれた






by masabike | 2016-12-09 08:13 | アウトバック | Comments(0)

地平線の彼方に

f0050534_23232339.jpg
FUJIFILM X-T2+Zeiss Touras 32mm

地平線の上には、小さな家族たちがいて、去りゆく今日に手を振っていた





by masabike | 2016-11-08 23:25 | アウトバック | Comments(0)

荒野の存在

f0050534_22504332.jpg
Nikon D810A+Carl Zeiss Otus 28/1.4


荒野を旅していると、大きな風景の中の小さな存在から、撮って撮って、こちらを見てとシグナルをいただくことがある。質量的には小さな存在だが、精神的には宇宙を感じさせる存在の時もある





by masabike | 2016-11-06 22:53 | アウトバック | Comments(0)