カテゴリ:美味しい食べ物( 1524 )

大阪粉物夜話

f0050534_18413087.jpg













f0050534_18413000.jpg













f0050534_18412955.jpg
FUJIFILM X30

昨夜は大阪粉物宴会でした。キャラがとても濃い皆さんと濃い話で盛り上がりまして、ついつい飲みすぎ
ホテルにチェックインして、部屋に入りベッドに倒れこんでそのまま、朝までぐっすりでした

朝起きたら、体がお好み焼きの香りがしました 笑


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-06-13 18:45 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

休日朝ごはん

f0050534_10144520.jpg













f0050534_10144451.jpg


















f0050534_10144598.jpg




















f0050534_10144429.jpg


FUJIFILM X-H1+Carl Zeiss Touit2.8/50M


今朝は正しい日本の朝ごはん?www

塩鮭 油揚げの焼き物 納豆  目玉焼き ネギと油揚げの白みそ味噌汁  五穀米ごはん

お腹にやさしいヘルシーなご飯でした

やっぱり日本に帰るとご飯がおいしい

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2018-06-09 10:17 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

器の中の宇宙 FUJIFILM X Series Facebookより


f0050534_07284804.jpg

【和の「写心」 By Masaaki Aihara】

「器の中の宇宙」京都
FUJIFILM X-H1 + Carl Zeiss Touit2.8/50M

良く写真展やフォトコンテストで「和」をテーマにしたものを拝見すると、多くの作品が竹林、鯉、お寺、お神輿を被写体にしている。確かに間違いではないし、「和」と言われると思い浮かべてしまうのも無理もない。でもこれではインバウンドの人たちが撮るのと変わらないか、あるいはインバウンドの人たちの方がもしかしたら、もっとユニークな「和」を撮るかもしれない。つまり、うわべだけしか見ていなくて、本質は見ていないかもしれない。

僕は「和」を撮れと言われたら、それは事象や物を撮るのではなく、その物の背後に潜む精神性や、あるいは作品のコンセプトやコンポジションだと思う。以前、オーストラリアで個展をした際に、現地のキュレーターの方から「あなたはオーストラリアを撮っているのにとても「和」を感じる。「和」の風景のオーストラリアを初めて見た」と言われたことがあります。そのキュレーターの方は日本のある有名な美術館のコレクション展をオーストラリアの国立博物館でキュレーションしたことがあるほど、日本文化に精通している。けして、うわべだけで見てはいない。

「和」の写真と言われたら、お椀に盛られた白いご飯でもよいし、玄関にきれいにそろえられた下駄のはなおでもよい。あるいは凛と立つ竹ぼうきでもよいと思う。コンセプトと空間が大切だと思う。ゴールデンウィーク京都に観光に行った。5月はしばらくオーストラリアの奥地に行ってしまうので、少し贅沢をして老舗の料亭で食事をした。約400年続く京都で一番古いと言われるお店だった。
食事は無論おいしかったが、それよりもお料理の季節感と盛り付けが美しかった。まさに小さな宇宙だった。利休が小さな茶室に宇宙を感じさせたが、京の料理は茶室よりはるかに小さなお椀に宇宙を見せてくれた。いま器に、薬味とお刺身が綺麗に盛りつけられているが、これは見方を変えれば森の中の小さなくぼみに苔の中に存在する小さな新芽にもみてとれる。森羅万象すべてがつながっている。料理を見ても自然風景写真に生かせるし、その逆もある。そしてこれこそが「和」の風景だと痛感した。

今回の料理は、普通の客間で普通の蛍光灯と外光のミックス光源。こんな旅で偶然出くわした瞬間にも、Xシリーズのホワイトバランスは気持ちよく対応してくれる。まさに富士フイルム80年の色の歴史と経験が生かされていると感じた。素晴らしい瞬間や出会いはいつどこであるかわからない、暗いバーかもしれない、あるいは、今回のような料亭かもしれない。そして限られた光源で、最高の画質を得るための大きな手助けが、ボディー内手振れ補正だ。かなりスローなシャッタースピードでもブレを押さえてくれる。その分ISO感度を低くできるので、暗いところでも従来よりも素晴らしい画質を得ることが出来る。X-H1はフォトグラファーが手振れよりもホワイトバランスよりもフレーミングとシャッターチャンスと言う写真にとってもっとも大切なことにフォトグラファーを集中させてくれる。ぜひ大切な一瞬を、気持ちのままに撮りたいと感じたらX-H1を手に取ると良い。撮る楽しさ気持ちよさがそこに見えてくる。





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-06-07 07:30 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

儀式

f0050534_07553607.jpg












f0050534_07553572.jpg














f0050534_07553528.jpg
FUJIFILM X30

いよいよ本日から砂漠に里帰り。旅立ち前にいくつかの儀式がある。仕事がうまくいく、つまり勝つように、カツを食べます。昨日は王子の喜久屋さんの、カツ煮込みランチセットにかき揚をトッピング。カロリーやばそう・・・・






f0050534_07551251.jpg







f0050534_07551215.jpg
f0050534_07551253.jpg












f0050534_07551374.jpg












f0050534_07551256.jpg

f0050534_07590571.jpg


そして決めは、ご近所 二葉寿司でのアナゴです。オーストラリア30年ロケの間これはMustでした。そして光物を食べること。光を食らうことで良い光が撮れるゲン担ぎです。最後は時の運、いろいろゲンは担ぎます。この夜は家内のお酌でビールです。美味しかったです





f0050534_07552445.jpg








f0050534_07552584.jpg
そしてなと〆は家内の用意したケーキでした。これをまた家内と食べるために、無事これ名馬で、何事もなく帰って来たいです



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-05-07 08:02 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

地元の味 ホッピー&ヤキトン

f0050534_07394015.jpg












f0050534_07394060.jpg















f0050534_07394006.jpg








f0050534_07394073.jpg

FUJIFILM X-H1+Touit32M
京都から帰り、その夜は地元板橋のヤキトン屋さん「喜多八」連休の谷間でしたので、お客さんが殺到して、階段に座って飲むほどの満席。なんかホッピー、煮込み、ヤキトン落ち着きます。板橋の味と言う感じです

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2018-05-07 07:42 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

やっぱり駅弁とビール

f0050534_07343751.jpg













f0050534_07343609.jpg















f0050534_07343779.jpg













f0050534_07343645.jpg













f0050534_07343647.jpg













f0050534_07343740.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON18mm


京都の旅からの帰りはお昼の新幹線でしたので、お昼は京都の駅弁。家内はアナゴ寿司、で僕は牛肉弁当。そしてヱビスです。駅弁のお作法として、電車が発車するまでは食べません(どこかのビールのCMみたいですが) 丁度、琵琶湖と関ヶ原を見ながら駅弁を楽しみました。そして名古屋あたりから夢の世界でした  




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-05-07 07:38 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

京都イタリアン

f0050534_17501199.jpg


















f0050534_17501285.jpg
















f0050534_17501205.jpg


















f0050534_17501214.jpg





















f0050534_17501159.jpg





















f0050534_17501282.jpg



















f0050534_17501241.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON18mm Carl Zeiss Touit32M


京都で今回はイタリアンも食べた。御池近くのイタリアンに、雰囲気だけ見て飛び込みで入った。やはり京野菜をふんだんにつかったお料理が美味しかった。そしてもちろんパスタも良し、雰囲気も良し。以前オーストラリアでワイナリーの取材の時に、良いアートがある場所は良い食が出来る。良い食がある場所には良いアートが育つと言われた。京都はまさにそうゆう場所かもしれない。来年からはKYOTOGRAPHYを見て美味しい京の味が、我が家の定番になりそうだ




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-05-04 17:54 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

鯖寿司 多茂利 京都 

f0050534_17372429.jpg













f0050534_17374383.jpg

僕が、京都で一番好きなのが、鴨川沿いのお料理屋さん「多茂利」さんの鯖寿司。某老舗鯖寿司店始業されたご主人の作る鯖寿司は絶品。これを食べずして、京からは帰れないです。
f0050534_17375113.jpg
f0050534_17375161.jpg










f0050534_17375122.jpg


















f0050534_17375185.jpg














f0050534_17374356.jpg


















f0050534_17374308.jpg

FUJIFILM X-H1+CarL Zeiss Touit32M/50M

お店のお客さんはほとんど常連さん。ぼくもここの常連さんのクライアントさんに、ご紹介いただいて数年前にお伺いしました

鯖寿司以外にも、京都の味満載のお店です。特にお刺身は絶品です








富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-05-04 17:43 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

京の味 天ぷら 圓堂

f0050534_17181959.jpg












f0050534_17181939.jpg














f0050534_17183191.jpg






















f0050534_17183195.jpg
















f0050534_17183242.jpg




























f0050534_17183202.jpg
















f0050534_17181945.jpg



















f0050534_17183261.jpg



















f0050534_17184529.jpg






















f0050534_17184548.jpg















f0050534_17181929.jpg

















f0050534_17194569.jpg














f0050534_17181807.jpg


FUJIFILM X-H1+CasrZeiss Touit32M&50M


京都では、家内のたっての希望、美味しい天ぷらが食べたいで、祇園の圓堂に行きました。平日のみのランチ4000円コース。これにナスの天ぷらを追加していただきました。とても香ばしく、そしておなかにやさしい天ぷらでした。そして何よりも京野菜のてんぷらは、わざわざ京都に来てよかったと思いました
そして少し贅沢して、ランチでスパークリングワイン。オーストラリアのドメインシャンドンでした


一番おいしかったのは、ナスの天ぷらと最後のかき揚丼ですね

でも、隣のカップルの会話が面白くて聞き入ってしまいました。どうも男性が出張で、静岡県の富士宮に行き、地元の居酒屋に入ったら、お店の大将と御客のケンカに巻き込まれた話です。お客さんは、日本人と韓国人の若者のグループで、会計の時に、韓国のお客さんが、お通しの意味が解らず、何回も質問して、なぜか大将がブチ切れたらしいです。そこで僕の隣のカぅtプルの男性が仲裁に入って、お客は怒って帰り、仲裁の彼も酔いがさめて別の店で、飲みなおしたそうです。
今回は新京極のタクシーの運ちゃんと御客のケンカと言い、ケンカのキーワードが多い旅でした




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-05-04 17:29 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

京都 平八茶屋



f0050534_07213279.jpg














f0050534_07213262.jpg













f0050534_07214957.jpg






GWはこの半年間、忙しくて家内に迷惑をかけていたのと、さらに来週からオーストラリアの砂漠に出かけて、留守をお願いするのでGWは奮発しまして、京都で一番古いお料理屋さん 創業400年の平八茶屋さんに伺いました

実はことらのお店、落語家の桂 花團治師匠が取り持ってくれたご縁でした。師匠のご友人が、ぼくのトークショウにお越しいただきそれで懇意にさせていただきまして、今回はGWに「タケノコずくし」のコースを予約することができました



f0050534_07213248.jpg


















f0050534_07213218.jpg

















f0050534_07214932.jpg
















f0050534_07213157.jpg















f0050534_07214971.jpg
















f0050534_07220242.jpg
















f0050534_07214824.jpg


















f0050534_07220170.jpg

































f0050534_07220245.jpg

















f0050534_07220238.jpg

















f0050534_07220105.jpg

















f0050534_07221548.jpg



























f0050534_07221598.jpg






















f0050534_07214924.jpg





















f0050534_07221576.jpg





















f0050534_07221648.jpg
















f0050534_07221529.jpg







f0050534_07222900.jpg


















f0050534_07222953.jpg





















f0050534_07222959.jpg





















f0050534_07222903.jpg





FUJIFILM X-H1+FUJINON18mm Touit32M 50M


平八茶屋さんは創業400年、京都で一番古いお店。もしかしたら日本最古の料亭です。お料理はさすが伝統のお味。何よりもタケノコの概念が変わるほどの美味しさでした。そしてコースは3時間に及ぶ長いもの。でも静かな景色をお部屋で眺めつつ、家内とゆったりした時間が持ててよかったです


でもこの味を守るのは大変だと、お聞きしました。5年間の修行期間で、残る人は1割。さらにそのあと5年間の他のお店での外修行。そこから戻ってくるのがさらに1割。厳しいです。期間中は親方に「はい」としか言えないのが料理人さんの世界だそうです

昔は写真も厳しかったですが、最近は写真業界もだいぶ庶民的というか甘くなってきました。だからSNSで撮影場所を教えてくださいという、恥ずかしいことを聞く写真家が出てきてしまうのかもしれません。スタジオとかプロダクションで修業していたら絶対に怒られます

平八茶屋さん、お料理も素晴らしいですが、器も素晴らしかったです。眼と舌で味わうに日本料理を堪能しました


f0050534_07510258.jpg









f0050534_07510251.jpg

そして宿泊客のために蒸し風呂までございます


f0050534_07223543.jpg












f0050534_07465349.jpg






f0050534_07511181.jpg













f0050534_07223512.jpg

最期にお店を案内していただき、なんと柱に残る新選組が嫌がらせで、切りつけた刀傷まで見せていただきました。嫌がらせの理由は、こちらのお店が岩倉具視はじめ勤王の志士たちの会合場所だったからだそうです。まさに歴史です


本当に京都と日本料理を堪能した3時間でした。ぜひお江戸の方もお越しください



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2018-05-01 07:26 | 美味しい食べ物 | Comments(0)