我思う ゆえに我あり

f0050534_10282256.jpg
LUMIX S1R+LUMIX24-105mm

Eucla Dunesにて

長期の旅で一番大切なことは、良き旅の友を得ること

30年のオーストラリアの撮影は、30年の旅のログ。いつも素晴らしい旅の友がそのストーリーにいた

いままでも撮影の時には、写真家とアシスタントという関係の友も何人かいた。でもその関係が24時間では旅は続かない、かつ過酷な旅ならばなおさらだ。

雇用関係では主張と義務と要望の板挟みになる。撮影に集中できない
広大なOut backの撮影、でもあるいみそれは檻の無い牢屋にとじ込められての撮影。唯一、その檻を取り除くことが出来るのは、信頼という鍵だけだ。

だからこそシャッターを押していない時には旅の友でなくてはならない。時として、信頼が出来るまで、アシスタントでもオーストラリアに連れて行かないこともあった


一緒に飯を食べ、一緒に寝起きを共にした旅の友の信頼は撮影にとても大事。

そして撮影が終わったら家族だ。だから事務所に家族が集い、飲み食べ笑う、とても大事で当たり前のこと

曇り空のデューンの上に写真家のHarQ氏が立つ。何を思うのか?それはわからない

ここでは内観する時間はあふれるほどある。そしてここで内観することはとても作品に大切なキーワードになる

ここに立つと、宇宙と自分のつながり、自分がここにいる存在を考える

この現場で、彼が何を考えているのかわからない。でも彼ももはや、2度のオーストラリアのオデッセイで家族同様になった。

だから空気みたいな信頼の存在がいることしか僕もわからない






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。














# by masabike | 2019-07-16 10:41 | | Comments(0)

冬の朝ごはん ブルーニーアイランド 6月27日

f0050534_08384929.jpg














f0050534_08385001.jpg






















f0050534_08384995.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm(1枚目) XF10(それ以外)


タスマニアは今は冬。ブルーニーアイランドのコテージで目覚めるととても冷えていた。寝袋から顔を出してい、外を眺めていたら、Barryさんが「マサ、コーヒーだよと持ってきてくれた」外へ出ると彼はバーナーで朝ごはんの用意をしてくれている























f0050534_08384992.jpg



























f0050534_08384905.jpg



シンプルにベーコン&トースト。オーストラリアのブレックファースト。シンプルだけど、とても心のこもった暖かいご飯

2人で朝ごはんを食べながら「昨日は飲みすぎたね 笑」と話していた。前日はワインに日本酒(Grahamさんは日本酒が大好き)のチャンポン。でも久しぶりに大いに飲み話し笑い、たのしい夜だった

朝ごはんのテーブルに冬のタスマニアの柔らかくそして少しだけ南極の冷たさを含んだ光が差し込む















f0050534_08385096.jpg

















f0050534_08385007.jpg






朝ごはんを食べ終わるころ、Tracyがやって来た。「また来てね!もしかしたら次に会うのは東京かな?いつか日本に行くね」そう言いながら、力強いハグをしてくれて、彼女は仕事に向かった。はるか南半球の彼方に、僕を待ってくれるたくさんの友人家族がたくさんいる。この朝は、やっぱりここはHomeだと実感した。

2004年写真展をタスマニアで始めたときはアゥエー感満載だったが、今はここはとても大事なHome。この20年で僕が得たとても大事な宝物、タスマニアのHome



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。


















# by masabike | 2019-07-16 08:50 | | Comments(0)

うなぎ 鮒与 板橋

f0050534_07225517.jpg














f0050534_07225567.jpg




























f0050534_07225515.jpg


























f0050534_07225574.jpg


LUMIX G9Pro+LEICA42.5mm


家内が鰻が食べたいと言うので昨日の夜は鰻。昨日は朝から二人で家じゅう大掃除。疲れた体に鰻は最高です。板橋界隈で有名なのが、志村坂上にある「鮒与」さん。創業99年だそうです。意外と板橋、王子、千住は昔からのウナギ屋さんが多いです。街道の流れの関係と、荒川などの湿地帯で鰻が多かったからかもしれません


鮒与さんはご主人が一人で黙々と、炭火で焼いています。予約をすると、時間にあわせてご飯を炊き、ウナギをさばき焼くので時間通りに来てくださいと言われた。うな重はたきたてご飯にホクホクのウナギ、やめられません。ごはんはべっチャリしていません。そして白焼きは皮もパリパリ。家内は普段食べるのがゆっくりですが、昨日はあっという間に平らげました。昨日はビールよりも日本酒という事で冷酒をお願いしていただきました。ウナギにはやはり日本酒かな、と思いました


板橋の住宅街にある小さなお店でした。土用の丑の日が過ぎたらまた来ようと思います


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。















# by masabike | 2019-07-15 07:30 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

恵比寿 こづち

f0050534_17151677.jpg


























f0050534_17151657.jpg























f0050534_17151624.jpg





























f0050534_17151645.jpg

FUJIFILMXF10


金曜日 写真美術館の帰り道に恵比寿の「こづち」でランチをした。ここは恵比寿にあるTEH 定食屋。1988~95年ぐらいまでとてもよくお世話になった。当時仕事で恵比寿スタジオや恵比寿界隈にいるフォトグラファーやクリエイターのところに打ち合わせに行くとここでランチあるいは夕飯を食べていた。ともかく安い、量が多い、そして旨いの3拍子

お客さんも恵比寿スタジオのスタッフ 恵比寿界隈の若手のクリエーターやアシスタント それにタクシーの運ちゃんが多かった。ランチが500円ぐらい。当時僕は見習いカメラマン 手取りが10万5千円。時にはランチも高くて、ご飯と野菜炒めだけとか頼んでいた。当時、何かバイトの撮影等でお金にゆとりがあると、頼んでいたのが、憧れの生姜焼き定食+トン汁。こづちでの一番高いメニュー。今は普通に生姜焼きとトン汁が頼めるが、食べるたびに当時のことを思い出す。本当に写真家として独立できるか? 不安が体を占領していた。でもこづちで食べながら、頑張っている他のアシスタントや若手クリエーターを見ると頑張ろう!!と思えるのと、なけなしのお金で写真美術館で作品を見るとさらに写欲が湧いてきた

久しぶりに行ったこづちはスタッフもだいぶ変わり、少しお肉も小さくなった 笑 でも雰囲気は昔のまま


今回も生姜焼きを食べ、トン汁をすすりながら次のオーストラリアの撮影コンセプトを考えていた。ここにはつらく楽しい僕の見習い時代が詰まっている



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





# by masabike | 2019-07-15 07:08 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

カタログ

f0050534_06174243.jpg













f0050534_06175000.jpg

























f0050534_06175021.jpg

























f0050534_06175051.jpg






























f0050534_06175004.jpg


ただいま部屋の大整理&掃除中。写真展と写真集も終わりかつ、3連休雨なのでじっくり部屋の整理。
実は部屋の中に大量にあるのが広告用パンフレット。カメラ&写真は当然だが、それ以外にバイク オーディオ 車(少しだけです) 住宅 旅行関係 。これは趣味で集めたものもありますが、元々 仕事のスタートが広告代理店だったので、眼につくパンフレットを仕事の資料用 あるいは何かプレゼンの勉強用に集めた。


業種にかかわらず、企業が伸びている時 あるいは商品がぶれていない時(売れる売れないは別の話)はパンフレットの質も良く、ビジュアルの素晴らしく、コピーも切れが良い。逆に迷走期に入ると、やたらスペックを説明し、それもマスターベーション的な説明になっていく。もともと広告代理店時代は不動産広告が多かった。不動産の場合は3部作のパンフになっている。イメージパンフ 図面集 価格表&ローン 高額物件になると1部 数万円のパンフレットにになる。バブルのころは販売価格の3~4%が広告費だったからなおさらだ。そして広告はチームワークで英知を出し合って作る。アートディレクター、デザイナー コピーライター マーケティング リサーチ イベント担当 AE(営業)そして時にはイラストレーターやフォトグラファー。ブレスト~コンセプトワーク~ストーリー展開~キーワード&メインビジュアル設定の流れで詰めて、プレゼンをして勝ち取ったら、その流れで行く


だからクライアントと代理店側が息が合うと良い広告あるいは記憶に残る広告が作れる。


現在のカメラ&写真業界で見ると、スペックやカメラの良しあし、価格などは別にして、カタログと広告展開を見る限りキヤノンとSONYがダントツだと思う。残念ながら、どちらのメーカーもカメラ&レンズを使用していないし、所有していないので機材については解らない。でもパンフレット見る限り、もし僕がセンサーサイズや画素あるいはミラー式とミラーレスの違いも分からないぐらいの初心者で、カメラ店あるいはCP+等に行き、カタログを手に取ったら迷わずこの2社を買うだろう。それはスペックよりも買う気にさせる写真とコピーが並んでいる。「もし自分がキヤノンを買ったら、野町さんみたいな写真が撮れそう」そう思い込ませる勢いがある。そして印刷等のクォリティーも良い。悔しいけどとてもこの2社よくできている

でも個人的に今までで一番印象に残っているカメラメーカーのカタログはCONTAX。ビジュアル、コピー、デザイン、印刷どれをとっても素晴らしく、部屋にインテリアで飾っておきたいぐらいだ。特にRTSやAriaの広告は素晴らしかった。企業のコンセプトがぶれていないのがよく分かる。それとKodakとガチンコでバトルしていた時のFUJIFILMの海外向けパンフレット。めちゃくちゃお金と時間がかかっている。まさにミニ写真集。(別にいまのXシリーズのパンフがだめという意味ではない、誤解のない用意) これを見たら家にあるKodakを全部VelviaとProviaに買いなおすぐらいの勢い

あと写真集ではないですが、昔はニコンを買うと、お客様カードをニコンに送ると「ニコンの世界」というカタログ兼写真集がいただけた。これが内容がすさまじい。アベドン、ダンカン など当時の世界の巨匠の作品がずらりだった

つまりパンフレットはお客様に夢と未来を売るツール。そしていつの世でも好奇心の玉手箱であってほしい。20年後、今のカメラのパンフレット見てドキドキするものを作ってほしいし、使われるフォトグラファーも仕事ではなく、自分の魂と命を削って撮る作品を作りあげてほしい



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





# by masabike | 2019-07-15 06:52 | 写真アート | Comments(0)

カントリードクター

f0050534_17150301.jpg




週末金曜日 TOP MUSEUMで「場所をめぐる4つの物語」写真展を見てきた。一番のお目当ては、ユージンスミスのカントリードクター。

大学の卒論で写真史をテーマに書いた時に、当時のBEST of LIFEでダイジェスト版を見た。ネットの無い当時では、全作を日本で見るのは不可能だぅった。でもフォトジャーナリズムの金字塔と呼ばれるユージンスミスのカントリ―ドクターはダイジェストでも21歳の学生には凄い刺激だった
当時、かれの水俣が注目されていたが、個人的にはこちらの作品の方が好きだった。今回初めて全作 オリジナルプリントで見たが、撮影時の気迫と緊張感が伝わってきた。たぶん、撮影前にストーリー展開と絵コンテをある程度予測していたと思うが、ドクターという緊急事態があまりに多いので、その場その場で判断して、絵作りとストーリー展開を常に変更と決定を繰り返していたと思う。緊張の現場で客観的に伝えるだけではなく、撮影者の考えを多く入れ、主観的にかつ正確に時系列を追いながら、ち密な構図を作りあげている。

そしてキャプションの妙。彼は1ダースの専門の分野が必要だと言う、カントリードクターが万能でなければならない大変さを言い表していた。コンセプト作り~ストーリー構成~撮影~フレーミング&シャッターチャンスの判断 そしてまた新たな展開。作品を見ながら息を止めてしまうほど引き込まれる。写真家は完成形を想定してすべてを自らの意志で判断することの大切さがこの作品には強く感じられた。都合3回見直した。

学生時代からの願いがかなうとともに、ダイジェスト版ではわからない疑問だった部分がよく分かった。
個人的にはやはりキッチンでお茶を飲む疲れ果てたドクターの写真が40年前と同じように鮮烈だった







f0050534_17150382.jpg










f0050534_17150397.jpg

今回この写真展 他3人の作者 奈良原一高さん  内藤正敏さん 山崎博さんの3人の作品も充分すごかった。特に奈良原さんの軍艦島、やはり学生時代にアサヒカメラの巻頭特集で見た記憶があるが、やはりダイジェストだったので、作品の流れがよく分からず消化不良だった部分がよく分かった。山崎さんの作品も同じだった。メディアの紹介ではわからなかった部分が、今回解明された

いずれにしても写真はやはり写真展で生の作品に触れるのが一番というのが確認できた。そして4人とも、その時と場所に同化して、時間の残酷なまでに正確な観察者になっていることもよく分かった。






f0050534_17155365.jpg


さらにそのあと、僕は宮本隆司さんの「いまだ見えざるところ」展も拝見した

もうこれでもかというぐらいに心に写真がしみ込んできた。メーカー系でない純粋たる写真展は、作品ありきで力強くとても疲れる。でもそれだけ作品からオーラが出ている。メーカー系はどうしても、デジタルになってから「売るため」「スペックを見せるため」の部分が多く出てきてしまう写真展がしばしばある
そうではなく時と場所とどう対話するか、それを改めて考えさせてくれ、かつさらに自分ももっと撮らなければと、心を奮い立たせてくれる写真展群だった。

写欲を高めてくれてありがとうございました。それにしても疲れておなかが空いた写真展でした



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







# by masabike | 2019-07-14 17:41 | 写真展 | Comments(0)

富士フイルム 50000人写真展 マンモスYuka

f0050534_08001265.jpg
ロシア・シベリア ヤクーツク郊外 マイナス40℃

Nikon D800E+Nikkor24-70mm 



f0050534_07583019.jpg











f0050534_07583005.jpg



FUJIFILM XF10
一昨日から始まった、富士フイルムさんの最大イベント 「50000人の写真展」僕も平成の1枚コーナーで参加させていただいております
やはり平成最大の思い出は、いろいろ悩みましたが、シベリア サハ共和国のヤクーツクに行き、冷凍マンモスYukaちゃんの撮影でした
2万5千年前に冷凍ずけになった、子供のマンモスYukaちゃんが永久凍土の中から見つかり、それを撮影に行きました

多分世界で唯一、マンモスを撮影したフォトグラファーです 笑

「50000人の写真展」に展示した写真は、読売新聞さん 主催のマンモス展のためのメインビジュアル用に、シベリアの雪原に実際にマンモスを立たせてそれを撮影した後の、マンモスの大きさを解りやすくするための人間とのツーショットで撮影しました。ちなみに左が僕で右がマンモスです お間違いの無いように 爆

展示場所は富士フイルムスクエア2階 入ってすぐ左の最初のコーナーの一番上です。「平成の1枚コーナー」あいうえお順なので「あいはら」なので1番手です






















f0050534_07585878.jpg


写真展はいろいろな形があります。写真の用途も色々あります

でも毎回、この参加型50000人写真展を拝見すると、一番写真のあるべき姿、一番みんなが楽しめる姿なのかと思います

写真が一番他のアートと大きく異なる点は記録性です。どんなアートな作品でも時間が経つと、その記録性の縛りから逃げられません

今回も、この写真展を拝見すると、5万人の人たちの心の記録 思い出の記録です。そして素直に楽しい気持ちで撮っている作品が多いのでとても楽しいですし、心に魅かれます。個人的には●●賞受賞写真展や名作XXX展よりも、ある意味感動して楽しめます。デジタルカメラの時代になり、いつの間にかに写真で楽しむ、思い出を残して、写真を見て語り合うことが忘れ去られ、何万画素で撮った!ピントの山がどうした、レンズの色収差名、画像処理テクウンヌンなどになり、思いをこめて写真を撮るという事がないがしろにされている気がします
5000人写真展 まさに50000万人写心展です。多くの人の思い出と思いを展示する、まさにフジフイルムでしかできない壮大な写真展です。この写真展がある限り僕は参加したいです。写真の力 プリントの力いただきました

そしてスタッフの皆様 大変ですが頑張ってください



















f0050534_07583073.jpg













f0050534_07582921.jpg

















f0050534_07583023.jpg

そうしてもう一つの写真の力。フィルムです。50000人写真展会場の一角に、新生ACROSⅡのコーナーがあります
丁度僕の作品(まだプロトの段階なので、僕しかACROSⅡを撮影していません笑 プロトのフィルム は撮るには特別な経験値が必要です)が展示されているのでご挨拶に伺いました
やはりフィルムならではの奥深さと柔らかさの中に芯がある表現、これはデジタルには無理です。最近はフィルムは高いから撮れないという声もあります。でも僕が写真を本格的に始めた1970年代 フィルムはとても高かったです。なので昔に戻っただけです
でも値段だけではない表現方法、ぜひ皆さんも新生ACROSⅡお試しください。昔は高かったフィルムカメラの名機が今はお手頃価格で買えるのも魅力の一つです









富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






















 








# by masabike | 2019-07-14 08:23 | 写真展 | Comments(0)

水ナス お盆の晩に

f0050534_07465879.jpg
































f0050534_07465777.jpg








































f0050534_07465767.jpg

LUMIX G9po+LEICA42.5mm


東京は昨晩はお盆の迎え火。旧盆より一月早いです。なにせ江戸っ子は気が短いので,早いもの好きなので爆

昨日は、駅までご先祖様をお迎えに行き、迎え火を炊いてお迎えいたしました(我が家の風習で必ず、駅まで迎えに行くと言う事になっています)

お花を添えて、ほおずきもお供えしました

お盆の晩のご飯は、落語や能楽そして写真展でお世話になっている、池田市の楠田様より頂戴した、水ナスとお酒です。良く冷やした水ナスとお酒で、お盆の晩にご先祖様との会話が弾みます




f0050534_07465826.jpg





























f0050534_07465793.jpg





























f0050534_07465751.jpg

LUMIX G9Pro+LEICA42.5mm




この10日間ほど、家内の母のご葬儀でお弁当や外食続きでしたので、久しぶりに家でご飯を炊いて、ネギとたっぷり大豆系。昨日はマグロのぶつ切りと愛媛の鯛(家内の両親が愛媛なので)それと九州竹田の油揚げ、それにオクラとネギたっぷりの納豆です

これでおなかもヘルシーです。基本的に僕は大豆系とネギ類それに青魚が中心の食事です


今夜も水ナスで晩酌かな?




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2019-07-14 07:55 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

ウォンバット君たち

f0050534_07404316.jpg















f0050534_07404353.jpg




家内の母が亡くなり、そのあと大変だった彼女。この数日 我が家にたくさんいるタスマニアから来たウォンバット君たちに癒されて、少し元気になりました

世界で一番ピュアな空気の大地 タスマニアから来た彼らはとても良いエネルギーを持っています

ちなみに大きなウォンバット君たちは池田市の五月山動物園のウォンバット君たちにちなみ、マルちゃんとフクちゃんと命名しています

ウォンバット君たちどうもありがとう





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




# by masabike | 2019-07-14 07:44 | タスマニア | Comments(0)

南天夕景図 FUJIFILM X Series facebookより転載

f0050534_08104720.jpg

【和の「写心」《番外編》By Masaaki Aihara】

「南天夕景図」オーストラリア タスマニア州 ブルーニーアイランド
FUJIFILM X-T2 + FUJINON XF16-55mmF2.8 R LM WR

タスマニアは40 Degrees Southと呼ばれる、南緯40度の暴風の影響圏にある。そのために1日に四季があるといわれるぐらい、天気がころころ変わる。この日も曇り空だったが、友人宅のダイニングテーブルで、タスマニアのワインを囲んで夕方のひと時を過ごしていると、突然色が変化した。

こんな時にはすぐさまVelviaモードにして、その色の変化に対応する。普段旅行の時にはどんな状況にも対応できるようにフィルムシミュレーションとWBをPROVIA + WB/AUTOにしておく。ちなみにISO400にしておくことが多い。このような設定にすることで、旅での突然の出会いにも対応している。

そして通常の万能対応モードから、その場に合わせた色とWBのモード変更が、素早く設定できるのがXの強み。自分の色の好みを覚えさせているQボタンと、ダイヤル操作のISO設定は、メインメニューで細かく設定を呼び出さなくても、瞬時にできる。そしてダイヤル設定は、眼で見なくても手で覚えていれば操作しやすい。
ちなみに僕のタスマニア設定は次の通り。
Q1: Velvia + WB/晴天 Color +1
Q2:ASTIA + WB/晴天 Color -1
Q3:ACROS R + WB/白熱灯 シャープネス-1
Q4:PRO Neg.Hi + WB/AUTO
Q5:クラシッククローム + WB/AUTO Color +2
これにその時に応じて、微細な設定を加えている。色と光と天候の変化の激しいタスマニア、かなりこのQメニューが重宝。これなくして、僕の撮影はなしえない。

特に冬場、雨の多いタスマニアではQ2のASTIAの設定をベースに変化をつける対応が多い。ぜひXユーザーの皆さん、Qメニューを使いこなすことで、逃さないシャッターチャンスと、撮って出しの技を磨いてください。どんな光と影にもXならば対応できると思う。ちなみにこの撮影のあと、夕陽の作品で盛り上がり、テーブルの上にワインの空瓶があふれたことは言うまでもない









富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






















 






# by masabike | 2019-07-11 08:15 | タスマニア | Comments(0)