荒野のモーテルでテレビを見ていて思う事

f0050534_13351026.jpg

オーストラリアでテレビを見ると、多民族国家 マルチカルチチャー主義というのがよくわかります。SBSという局では、世界各国のドラマや映画をしています

またスポーツでも国民的スポーツのクリケットやオージーボールもON AIRしていますが、モータースポーツやサーフィンもかなり報道しています。また新聞の競馬欄では、府中や阪神競馬の結果も報道されています

そして通常のニュース番組では、こんなことが世界であったの?というぐらいの日本では報道されていない、ニュースがたくさんやっています。特に中東 イスラエルと近隣国とのトラブルは、ほぼ毎日報道されています。日本だと、中東はあまりニュースにのぼりませんが、当たり前のようにたくさんニュースが流されています。あとはアジアのニュースです。特に香港のニュースは日本より、より詳しくかつ、かなり確信の映像を流しています

いつもオーストラリアから日本に帰ると、日本はほんとにFar Eastと感じます。これは地政学的だけではなく、文化的にも感じます。そしてメディアの取材力と粘り強さ、そして映像や写真のクォリティーの高さを海外に出ると感じます。

一人一人のメディアのスタッフがまさにプロフェッショナルで働いている感じを受けます。日本では大手新聞社では、新人一括採用で、その中で体力ありそうだからカメラマンに配置というのも、うそのような本当の話です。それでは良い写真は撮れないです。執念がそこには不足すると感じます。そしてやはり、記者クラブ等でのぶら下がり、囲み取材かもしれません。貿易も金融も、護送船団方式をやめて自由化しているのだからメディアも自由化するべきではないかと感じます。 実はだいぶ前にテレビ朝日が、オーストラリアのメディア王 マードック氏に買収されかけたときに、意外と局の現場のスタッフが、反対すると思いきや、現実は賛成して喜んでいたのが、驚かされました。理由は昔からの、悪しき慣例と天下りがなくなりそうだからとのことでした

また1999年にオーストラリアに滞在しているときは、チモール紛争が勃発し、オーストラリアは国家非常事態宣言で、テレビもラジオも大騒ぎでしたが、日本に帰国すると、チモール紛争はまるで報道されておらず、一番のニュースはサッチー&ミッチー騒動でした

ぜひ日本のメディアの幹部の方々に、真剣に海外の番組作りあるいは報道を見ていただきたいです



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



# by masabike | 2019-09-14 13:36 | 写真アート | Comments(0)

ランドスケープを考える

f0050534_22145752.jpg
LUMIX GH5+LEICA8-18mm


これから2週間 西オーストラリアの荒野で大地と空と対話しながら、地球のポートレイトを撮らせていただく。日本では信じられない、強烈な色と光がある。そしてフラットな大地は、太陽が地平線のかなたに、逃げるまで、素晴らしい斜光をレンズに投げかけてくれる。

写真展ではしばしば「これ本当に撮ってだし?」と聞かれるが、ほぼ撮ってだしである。若干だけプリントの時に、濃淡や明るさを調整するが、微調整のレベルだ。カラー作品に関しては、ガンガンに画像処理は使わない。良い光や色を、待つ、探す、降りてきてもらう。この3つが大切だ。現実にない色やトーンを作品にして、ランドスケープフォトと呼べるのかどうか?心象色が逆作用した悪い例かもしれない。

ではコンテンポラリーアートはどうかというと、彼らは頭の中でこうしたいという、絵コンテと設計図が出来上がり、それに合わせて撮った作品を素材として加工している。ただやみくもにいじったり、あるいは撮れなかったから色を乗せかというわけではない。そこを勘違いしないで欲しい。夕陽を待ったけど、あまり色が変わらなかったからPSで赤くしましたとは、次元が異なる話だ

あとではモノクロームはどうかというと、モノクロの時点で現実世界とは異なるので、これをいじるというのはフィルム時代から当然だった。色がある世界を黒から白のグラデで表現すること自体が現実ではない。だから加工するのは当然。カラーとは違う世界観だ。カラーで撮った作品をモノクロにする場合、よほど視点を考えないとh難しい

いま、あるカメラ雑誌で写真家・米未知子氏が過剰なレタッチをしてよいのかという記事が話題になっている。それはとてもうなずける。フィルム時代、こう撮れたらよいなと、言う作品がとれるまで粘る、あるいは何度も通うが当たり前だったが、今は撮れなかったら後で画処理しようになってきた

これでは残念ながら、心に残る作品は難しい。目先のネットの「イイネ」を優先として、作品性が後になっている気がする。目立たせる写真ではなく、20年後 30年後も心に残る作品にしたい。


せっかく大地が見せてくれる地球のポートレイトを、ぼくはなるべく加工しない。素材の良さ、鮮度の良さを生かしたい。寿司と同じだ。もしかしたら僕のEarthraitSushiテイストかもしれない。風景撮影、待つこと耐えること、これが基本だと思う



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







# by masabike | 2019-09-04 22:19 | 写真アート | Comments(0)

Heading to Perth

f0050534_21095991.jpg

f0050534_21095967.jpg

f0050534_21095919.jpg




f0050534_21113801.jpg


f0050534_21113864.jpg

昨晩 成田を出て今、西オーストラリアのパースに居ます。今回はワイルドフラワーと塩の湖の撮影です。
成田では、ラウンジが使えたので、日本を出る前の事務作業をかたずけ、オーストラリアワインを楽しみました

カンタスラウンジ オーストラリアワインの品ぞろえが素晴らしく、もう成田から気分はオーストラリアです
今回は成田~カンタスQF80便~メルボルン~パースというルートです。運よく、メルボルンまでのフライトは、後ろの席が誰もいなかったので、3席占拠して横になれました ラッキーです

メルボルンでは毎度おなじみの、ボーダーセキュリティーのお部屋でカメラのカルネ通関です。毎回ひやひやです





f0050534_21095956.jpg

国内線のチェックインが終わり、やっと朝ご飯。ハングリージャックのハンバーガ、某M社よりもジューシーで美味しいです。それにしてもでかかったです。
メルボルン~パースのフライトは偏西風が強くて、50分ぐらい遅れました。対地速度もB737で600km/hと遅めでした





f0050534_21100850.jpg

今回のレンタカーはトヨタカムリ。まっさらの新車です、当初は小型車でヒュンダイでしたが、レンタカーのカウンターで、1日プラス500円で、中型車の新車にアップグレードできますがどうしますか?ときかれて、思わずyesと言いました









f0050534_21100777.jpg







f0050534_21095954.jpg



今回は空港に近いモーテルです。Cityでないと、安いのと車が停めやすいです。部屋の前まで車がつけられるので、モーテルが便利です。1泊8000円です。今回も荷物が6ケース カメラバッグ 3つ スーツケース キャンプグッズのダッフルバッグ 三脚ケースなどなどで、総計60キロです

部屋に着くと、三脚の組み立て、カメラとレンズの点検と

  撮影しやすいように再度。その他雑用盛りだくさん。でもオーストラリアのモーテルでは当たり前の電気ポットですが、うちの奥さんがフランスのプロバンスに行ったとき、「今度のホテル高級だったんだよ、部屋に電気ポットがついてた」と自慢するのですが、なんのこっちゃと思ったら、フランスでは電気ポットは、高級ホテルでないとついてこないそうです。オーストラリアでは地の果ての、バラックのようなモーテルでも。
、電気ポットはありますよ


f0050534_21100865.jpg
f0050534_21100793.jpg
f0050534_21100811.jpg


夕飯はモーテルの近くのパブで、ステーキ&ビール。今回はWild Yakという初めてのブランド。パブでステーキ食べてビール飲んで、テレビでクリケットとフッティを見ると、オーストラリアに来たなと実感します


# by masabike | 2019-09-04 21:46 | アウトバック | Comments(0)

FUJIFILM Face bookから転載 出会いの色と光

f0050534_20522287.jpg



【和の「写心」By Masaaki Aihara】

「出会いの色と光」岐阜県 神岡町
FUJIFILM X-X-Pro2 + FUJINON XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

今年の紅葉シーズンに備えて、長野、岐阜、富山の3県にまたがるエリアにロケハンを兼ねてバイクツーリングに出た。山の中で、細かい林道やあるいは農道を走り撮影場所を探す時、バイクの機動力はとても便利。車だとこの先、Uターン出来なかったらどうしよう、と迷う場所でも行ける。そして僕の乗っているアドベンチャータイプと呼ばれるバイクは視点が高いので、被写体を捜すのにはとても便利。車に例えるならばマイクロバスの運転席ほどの高さ。そして何よりも体に当たる風がダイレクトなので、気温、湿度、そして森や海や雨の匂いも分かる。五感を総動員して、大自然の中を移動して捜すので良い被写体に巡り合いやすい。今回もそんなわけで、山奥の林道に分け入り、最後は富山県有峰湖に出て、北アルプスの撮影場所を捜し、日本海の夕日も見るつもりだった。ところが途中、富山に抜ける林道の分岐で数日前の台風で通行止めの表示。「あちゃ~~」と思ったのだが、これはこれで迂回して別ルートに行くと何か素晴らしい出会いがあると思い、逆にワクワクしてバイクを走らせた。

高原の牧場に出た。森を背にして大きなコテージがあった。だが眼は、その森に留まった。森の中で何かカラフルなものがこちらに合図をしている。バイクを止めてよく見ると、色とりどりの雨傘が森につるされていた。晩夏の高原を走り去る、風によって踊らされていた。空は夏最後の力がみなぎる青空。でも空の端には、夏との別れを悲しむような入道雲が湧き立ち、この光景を見物していた。予想外の光景、しかもランドスケープではない被写体。でもこの偶然の出会いに、写欲スイッチが入り、気がついたら200枚ぐらい撮影していた。旅先での予想もしないシーンや出会い、オールラウンドに対応してくれるのにXF18-135mmほど強い味方はいない。特に手ブレ補正は、バイクを降りた直後は息も切れているのと、ライディングで手の筋肉がパンパンで、手ブレしやすくなっている時に強い味方だ。これは自転車旅やウォーキングでも同じこと。そして意外と寄れる最短撮影距離など、まさに決定的瞬間を逃さないためのレンズ。もし今の時代、ブレッソンが生きていたらXF18-135mmを見てどう思い、そしてどう使うだろうか?そんなわけで僕はこの偶然の出会いの光と色を楽しんだ。普段はコンセプトを立てて撮影している。でも注意しないと、コンセプトにとらわれすぎて、絵として素晴らしい一瞬、写真として二度とない決定的瞬間を逃してしまう。20代のころはそんなこともしばしば。だが色々と経験し、感動したり、好奇心がくすぐられたらまず1枚撮ろうとマイシューティングルールを作った。そしてそのマイシューティングルールに、今回もX-Pro2 + XF18-135mmはとてもよく答えてくれた。ぜひあなたのXとあなただけのシューティングルールを作り素晴らしい秋の光と色を捕まえてほしい。そして捕まえたなら忘れずに!!お店でプリント。光と影は鮮度が大切だ




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2019-09-04 20:54 | 日本風景 | Comments(0)

7月2日シドニー  See you again Australia

f0050534_13535810.jpg





















f0050534_13535829.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm

ブラッカーさんのお家で、朝起きて外に出ると、靄が立ち込めて空気が重かった。もう秋真っ只中。明日の朝は梅雨真っ只中の日本にいると思うと気が重い




朝ごはんを食べると、ブラッカーさんは農作業に。僕はお別れを言いシドニーに向かった。空港に着くと、もう黄昏。

撮影の仕事の無い、久々旅人としてのオーストラリアはもうおしまい



f0050534_13492181.jpg
































f0050534_13492058.jpg





























f0050534_13492083.jpg










帰りのカンタスのフライトは、マイレッジでプレミアムエコノミーにアップグレード。楽ちんな空の旅でした

でも羽田について、たいへんなこともありましたが・・・・・・、それはまた別の機会に


今回はLUMIX GINZAでのオーストラリア撮影30周年写真展に記念して、30年間 お世話になった人たちにお礼を伝える旅でした。全員にお会いで気なかったですが、良い笑顔にたくさん出会えました



f0050534_07465391.jpg



























f0050534_07505347.jpg





























f0050534_13504528.jpg


































f0050534_13504618.jpg





























f0050534_13504658.jpg
































f0050534_13504613.jpg






























f0050534_13504571.jpg





























f0050534_13504626.jpg



























f0050534_13504693.jpg






























f0050534_13514980.jpg




























f0050534_13514933.jpg




































f0050534_13515006.jpg



































f0050534_13515084.jpg









































f0050534_13515608.jpg






































f0050534_13523599.jpg

































f0050534_13524190.jpg
































f0050534_13525420.jpg
もしかしたら、この人たちと出会うため、あるいはこの人たちと再会するために30年間 オーストラリアに通っていたのかなとも思います
そしてまた今晩から、新しい出会いと再会のために、オーストラリアの大地に帰ります




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。













# by masabike | 2019-09-03 14:03 | | Comments(0)

シドニー 7月1日 ブラッカーさん

f0050534_07465391.jpg


























f0050534_07465238.jpg









f0050534_07492049.jpg






f0050534_07492057.jpg


























f0050534_07492000.jpg

























f0050534_07465487.jpg

FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm 50-140mm


7月のオーストラリアの旅の〆は、シドニー郊外の農場で人生の大恩人、ブラッカーさんにご挨拶に伺う事でした

今シドニーのcityから2時間 ぐらい山の方に行ったところで、農場をしています。ピーカンナッツと馬と牛の育成をされています
実は僕が初めてブラッカーにお会いした1995年の6月だったと思います。当時彼はカンタス航空の日本支社長をされていました

僕はフリーランスになりたてで、オーストラリアロケのためにサポートをお願いしに、オーストラリア大使館のご紹介で伺いました

作品を持ってオフィスに行ったのですが、英語でのプレゼンは初めてだったので、すごく凄く緊張していました
美人な秘書の方に案内され、オフィスに入ると、がっしりして厳しそうなブラッカーさんがいました

握手とご挨拶をして、椅子に座ると担当直入に"What do you want"と切り出されました。社交辞令とか無なので、面くらいましたが、彼は「忙しいので申し訳ない、僕に何をしてほしいのかな?作品はすべて見た、素晴らしい!自分も昔ブッシュパイロットだったので、いくつか飛んだ場所もある。」僕もストレートにサポートのお願いの内容をお伝えした。彼は即答 OKをくれた。そして、「忙しいのでこれで失礼していいかな?」と言われたので「サポートの条件は?」とお尋ねした。当然企業なので、事前事業ではないので、リターンが生じる。彼は少し考えて”Enjoyそれだけだよ”と答え、仕事に戻っていった


2ヶ月後撮影から戻り、作品をお見せすると、とても喜んでくれた。そして即答で「次はいつ行く?、次に行くときは家によって食事をしてくださいね」と言われた。秘書の方からは、絶対に行ってくださいねと念を押された 笑 そしてそれ以来、オーストラリアに行くと、彼のお家によって、ご家族と食事を共にすることが多い

いまはカンタス航空を退職されて、子供のころからの夢だった、農場を持つことを実践されている。


f0050534_08200851.jpg






















f0050534_08200814.jpg
そして彼の農場に行くには、川をフェリーで渡り行かなければならない、かなり山奥だ

農場の見回り 、ピーカンナッツの収穫 牛や馬のお世話などなど見ていると、朝から晩まで働きづめ。すごいタフだと思った


f0050534_07491922.jpg























f0050534_07491926.jpg






























f0050534_07491931.jpg

























f0050534_07491986.jpg
いつも泊めていただいている、お客様用 コテージには僕の作品が飾ってある。本当に涙が出るぐらいにうれしい














f0050534_07465255.jpg





























f0050534_07465202.jpg



作業が終わり、息子のリチャードとパートナーと4人で近くのパブに行った。ちなみにこのリチャード、少し日本語が話せて、昔は渋谷のHMVでお皿をまわしてDJをしていたこともある。そしてなんと、生卵かけご飯が好きなので驚きだった

パブでの話題では、意外と飛行機のことが多かった。ブラッカーさんは根っから、飛行機と飛ぶことが好きだったみたいで、実は飛行機の操縦ライセンスを持っている。セスナとDC3とタイガーモスの操縦免許だと言う。そしてなんとオーストラリア スカイダイビング協会のメンバーだともいう。本当にタフガイだ  


f0050534_07493136.jpg



























f0050534_07465308.jpg











f0050534_07505310.jpg











f0050534_07465315.jpg

パブから戻ると、彼と彼の奥さんの手作りローストビーフの夕食。暖炉の前で、この1~2年のこと、仕事のこと、日本のことたくさん話、たくさんワインを飲んだ。最後には息子さんに抱擁されて、暖炉の前で居眠りを…でも昼間の仕事が大変なので、仕方がないですよブラッカーさん









f0050534_07505201.jpg

























f0050534_07505347.jpg

翌朝は 夜明けに彼の撃つライフルの音で目が覚めた。農場にやってくるウサギや狐を追い払うためだ。本当に農家は忙しい


今回は1泊だけの滞在。次回はまたピーカンナッツの収穫時期に遊びに来て、収穫お手伝いしますよ

そして本当に24年間  僕をサポートしてくれてありがとうございました。本当に人生のターニングポイントの大切な人です




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。













# by masabike | 2019-09-03 08:23 | | Comments(0)

タスマニア7月1日 

f0050534_09423545.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm タスマン海上空


実は6月30日 飛行機のトラブルがあり、フライトがキャンセルとなり、タスマニアにもう1泊することになった。空港までバリーさんが迎えに来てくれて、お家に逆戻り


f0050534_09404255.jpg




























f0050534_09404210.jpg
























f0050534_09412181.jpg




























f0050534_09412185.jpg




でももう1泊 タスマニアに入られるので良かったかなと思いました。バリーさんの奥さんも長男のブレットも、また戻ってこないでねと、ジョークを飛ばしていました。30日の夜はアンナプルナのお持ち帰りカレー。なかなかスパイシーで美味しかったです
そして7月1日は 朝4時に起きて、バリーさんの奥さんに空港まで送ってもらいました。レンタカーを返してしまったので・・・・、何から何までバリーさんたちのお世話になっております
でも夜明けのタスマン海は綺麗でした




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








# by masabike | 2019-09-01 09:47 | | Comments(0)

バリーさん 6月29日

f0050534_08523751.jpg
























f0050534_07434977.jpg










f0050534_07434978.jpg

6月のタスマニアの旅の最終日は、バリーさんの隠れ家に泊めていただいた。夕ご飯も朝ごはんもバリーさんが作ってくれた

夕飯はステーキとソーセージ、朝はベーコンエッグ。シンプルだけでとてもおいしかった。夜は暖炉に当たりながら、彼の大好きなジェームスボンドムービーを見ながら、ボーイズトーク。若いころの恋愛話や、失敗談、タスマニア観光局時代の思い出話。そして彼の大好きな、イギリスの戦闘機 スピットファイヤの話などなお、話しても話しても尽きることがない。本当は1ヶ月ぐらいいてゆっくり彼とタスマニアを旅をしたい。わずか6日間でごめんなさい










f0050534_07433574.jpg































f0050534_07434936.jpg





























f0050534_08554522.jpg




































f0050534_08554590.jpg
































f0050534_08564399.jpg

6日間ではあったけど、キャンプもして、多くの共通の友人たちにも会い、飲み、食べて、笑い、そして思い出を温めるとても良い時間だった






f0050534_09273831.jpg

バリーさんと初めて会ったのは、1998年 オーストラリア政府観光局主催のタスマニアメディアツアー。僕のランドオペレーション担当だった。初めて会ったのに、家に招待してくれて、家族みんなに紹介してくれた。そして2001からタスマニアを撮影するに当たり、あらゆることを面倒見てくれた。レンタカー、撮影許可、空撮の手配、そして、タスマニアに来るならば我が家に留まり、家族の一員になる様に。ここのソサエティーのメンバーになることが、タスマニアを一番よく撮れる方法と言ってくれた。

家に滞在し、ホバートにいる時はリラックスして過ごすように。そして家族の一員となる様に。居候している時は、ワンちゃんの散歩、皿洗い、奥さんの買い物手伝い。そして家族のイベントへの参加。中でも長女のメーガンの結婚式への参列はとても印象的だった。タスマニアでの多くの作品は、彼と彼の家族がいなければなしえなかったと思う。いつしか南半球のホームになっていた。
ある夜、日本のFMラジオの電話インタビューがあった。生中継で深夜12時から1時だった。彼もブラックコーヒーを何杯も飲んで、眠いのを我慢してお付き合いしてくれたのが懐かしい

本当にタスマニアでの個展でも、彼のサポートが無かったら成功しなかったと思う。南半球 日本から1万キロ離れた場所に、もう一つ別の家族と我が家を作ってくれたバリーさんには本当に感謝の言葉しかない






f0050534_09154984.jpg
そしてホバートでの結婚式も彼と奥さんのJaniceがアレンジしてくれた



f0050534_09040445.jpg
そしてタスマニアでの写真展では、いつもたくさんの友人を呼んでいただき、僕のスタッフもお家に泊めていただいたり、家族のようにしてくれた



f0050534_09142404.jpg














f0050534_07460986.jpg
FUJIFILM X-T1 X-T2&X-H1 16mm 16-55mm 35mm



そしていつもいつもパブで飲みながらたくさんの話をしてくれた。バリーさん まだまだタスマニアで撮りたい作品がたくさんあるので、これからもよろしくね
またウィスキーを日本から持って行くよ!!





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










# by masabike | 2019-09-01 09:37 | | Comments(0)

富山~東京 8月27日

f0050534_07555303.jpg




























f0050534_07555349.jpg




























f0050534_07555441.jpg


































f0050534_07555429.jpg

ツーリングは行ったら帰らなければなりません。富山から東京まで再び500kmを走ります。そのために朝はモリモリ食べます。特にブロッコリーとタマネギが好きなので。でもやはり富山と言えば、マスずしです。一度でいいから、マスずし 丸ごと食べてみたいです

実は年に4~5回血液検査を健康診断ですのですが、いつも血液良好です。多分普段の食事の中心が、ネギ タマネギ ブロッコリー 青魚 大豆系だからかもしれません。前にも言ったように、ジャンクフードとスナック菓子は、ほとんど食べません





f0050534_08004317.jpg























f0050534_08004439.jpg
















f0050534_07561176.jpg

27日は、朝から大忙しでした。8時半に高岡市長さんにご挨拶訪問、9時にホテルで朝ごはん 9時半チェックアウト 10時過ぎにミュゼふくおかごあいさつで、11時にミュゼを出ました

福岡ICから高速に乗り、砺波で降りて、国道を荘川沿いに走ります。ここは僕の大好きなルートで、適度なワインディング、絶景そして交通量が少ない。もうバイク最高のルートです
途中、荘川沿いで記念写真兼 ロケハンしました
f0050534_07561165.jpg

荘川沿いに走り切り、白川郷ICから再び高速で高山へ。高山は混むので、街はずれを走りパス。平湯を目指します。平湯温泉でお昼の、温泉卵を食べようとすると、お店のおばちゃんに、あと20分かかると言われて諦めました

f0050534_07561065.jpg

























f0050534_21105158.jpg

ここから超タイトコーナーの安房峠へ。大型車はすれ違いできないような道ですが、安房トンネル開通前はここを、大型観光バスが走っていました たまにすれ違えなくて、渋滞していました。昔、GS400に乗っているころ、ここで地元ナンバーのRGγ400とバトルしたことがあります 爆



安房峠を越えるあたりから、風の中に雨の香りがしてきて、雲行きが怪しくくなりました

f0050534_21110027.jpg



f0050534_21110056.jpg
お昼は松本近くの風穴の里で、冷えたキュウリ。でもやはり物足りなくて、ざるそばを頼みました。お店の人に、大盛りにしますか?ときかれ、ハイと言うとこんな状況でした。でもなんとか完食しました

松本で、松本警察で野暮用を済ませて一路お江戸へ。八ヶ岳にさしかかると雨。八ヶ岳PAでカッパを着こむ。雨はバイクの天敵です、帰り道に前日の事故現場を通ると道路の復旧工事中でした、やはりかなりのダメージの事故みたいでした

上野原~小仏峠トンネルまで渋滞!!平日なのに!! 八王子で小休止をして我が家についたのが1920.




f0050534_21092828.jpg


f0050534_07561188.jpg

今回の走行は約1000kmでも、あと少しで1000km完走だったのに残念、もう少し走れば良かったです 爆







富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









# by masabike | 2019-08-30 08:19 | Motor Bike | Comments(2)

不思議な森

f0050534_16450020.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON18-135mm

富山に行く途中 予定していた林道が通れずに、う回路を走って出会った不思議な光景


森の木々から、カラフルな雨傘がぶら下がり、不思議な光景だった
予想しない、出会いと驚き これも旅の楽しみ




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






# by masabike | 2019-08-29 16:47 | 日本風景 | Comments(0)