2020年 02月 15日 ( 2 )

ACROSⅡ展より 深山孤岩図

ACROSⅡ展より 深山孤岩図_f0050534_07002861.jpg


深山孤岩図

長野県 梓湖

120 フィルム  PENTAX 645NⅡ   45-85mm O56

今回の撮影は昨年5月から行った。日本全国から、どの撮影地をどうやって探すのかと聞かれることが多い。答えはバイク旅でのリサーチ。僕はよくバイクで旅をする。しかも北海道から九州まで。特に林道や山奥の狭路を好んで。車と違い体がむき出しのバイクは、土地の光 温度 香り 風に敏感。その中でまたここに来たいなという場所を撮影に選んでいる。フィルムの撮影には撮影地の選択もアナログがベストだと思う。梓湖は年に何度も渓谷沿いの道をバイクで楽しみに訪れるお気に入りの場所。ちなみにオーストラリア全土もバイクで走破した。

作品はネガフィルムからのスキャンデーターです。展示作品とは大きく異なります。あくまでサンプルとしてご覧ください



by masabike | 2020-02-15 07:07 | 写真展 | Comments(0)

ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力

ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06235306.jpg


FUJIFILM ACROSⅡ  PENTAX645NⅡ+SMC35mm+MARUMI ND500+O56



ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06311132.jpg


UJIFILM ACROSⅡ  PENTAX645NⅡ+SMC150-300mm+MARUMI Y2



ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06320511.jpg

UJIFILM ACROSⅡ  PENTAX645NⅡ+SMC45-85mm+MARUMI O56




昨日 無事にACROSⅡ企画展 和美・Katachiスタートしました。J-WAVE効果もあり 20代 30代のモノクロ写真を撮ってみたいという方が大勢お越しいただきました。そして多くの皆様と 富士フイルムのスタッフの皆様も改めて、フィルムモノクロームでのプリントしたときの作品の存在感 そして粒状性からくる独特の作品の深みと力強さに驚かれていました


今回の作品 撮影時に大伸ばしのプリント作品にしたらこうなるだろうというイメージのもとに撮影しました。被写体も引き延ばしたときの存在感 奥行き感そして質感をかなり考慮して選択しました。特に今回は新雪を被った草むらや木の枝で、フィルム独特のハイライト部の粘りを見せました。そして何よりも全倍サイズに引き延ばしたとき、やはりデジタルではでない圧倒的存在感をフィルム作品は出してくれます。今回実は自分自身でもモノクロフィルムでの風景写真展は初めてです。ポートレートとストリートスナップでは、モノクロフィルムの写真展は経験がありますが、風景では初の試みです

ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06364035.jpg






















ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06364095.jpg


















ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06364048.jpg




















ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06363955.jpg




















ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06363981.jpg
そして昨日はモノクロフィルムでの個展なので、多くの業界の方も関心が高く見に来ていただきました皆様ありがとうござました







ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06355917.jpg



























ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06355921.jpg


























ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06355938.jpg
























ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06384173.jpg
























ACROSⅡ 企画展 和美 Katachi 相原正明写真展  Day1 フィルムの力_f0050534_06355985.jpg
そして夜はスライドトークショウ バレンタインの夜に多くのお客様にお越しいただきとてもうれしかったです。皆様ありがとうございました。昨日のトークは、デジタルと違いスペックではなく、なぜ今モノクロ写真なのか?どのような視点でモノクロを撮影するのか? アート全般で油絵や日本画と比較してのモノクロ写真の立ち位置。そしてモノクロは撮影半分 暗室半分で作品の完成となる話をさせていただき、現像法  ペーパーの選択 プロラボのプリンターの方とのコミュニケーション そしてフィルターワークなどをお話しさせていただき、最後は展示作品を見ながら、ペーパーや覆い焼 焼きこみの説明をさせていただきました。そして何よりも世界で銀塩フィルムとデジタルの両方の世界が楽しめ撮影できるのは富士フイルムだけということもお話しさせていただきました。

本日の在朗は10:45~18:30
明日 16日 日曜日は 12:00~19:00 そして14:00~15:00はスライドトークショウです。こちらは参加無料です。詳しくは富士フイルム ホームページをご覧ください。本日も皆様のご来場 お待ち申し上げております




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2020-02-15 06:48 | 写真展 | Comments(0)