2020年 02月 06日 ( 2 )

フィルムの力  富士フイルム ACROSⅡ企画展 和美・Katachi 

フィルムの力  富士フイルム ACROSⅡ企画展 和美・Katachi _f0050534_07510704.jpg

FUJIFILM ACROSⅡ⁺PENTAX 645NⅡ+SMC45-85mm+MARUMI Y2フィルター

フィルムの中判、質感のあるものが撮りたくなる。新雪が降り注ぐ草原、このハイライトと草の柔らかさ、そして奥行き感がフィルムならではの世界
ネットでは、プリントをお見せできないのが残念です

ぜひプリントを見にフジフイルムスクエアにお越しください


富士フイルムスクエアでモノクロフィルムの作品展をします

写真の原点であり王道のモノクロフィルムでの作品 ぜひお楽しみください




会期 2月14日~2月27日 10:00am~07:00pm (最終日は16時終了)

開催場所 フジフイルム スクエア ミニギャラリー

入場無料


アクロスⅡ作品 約15点


期間中 2月14日 2月16日 トークショウを行います。



皆様のご来場 お待ち申し上げております

以下 富士フイルム様HPより写真展紹介とACROSⅡに関して


写真家の相原正明氏が、2019年秋に発売されたモノクロフィルム「ネオパン100 ACROSⅡ」を使って撮影した、日本各地の心に響く美しい風景と造形を展示します。千葉県大東崎、滋賀県琵琶湖、富山県日本海と、同氏の日本撮影テーマの一つである水に関わる風景に加え、どうしてもACROSⅡで撮ってみたかった雪の情景も撮り下ろしで展示予定です。

富士フイルムのミラーレスデジタルカメラX/GFXシリーズを駆使する「X-フォトグラファー」でもある相原氏は、「最近では、XのフィルムシミュレーションでACROSモードも使って撮影するけど、フィルムで撮影する緊張感とプリント仕上がりの質感には、異なる次元の高揚感があります」と、久しぶりに懐かしい友に再会したかのような恵比須顔。「そしてフィルムならではの濃厚で奥行きのある絵作りがとても楽しかった」と撮影後の感想。「特に風景の奥行きを感じさせる消失感は、フィルムでしか表現できないと感じた」と述べておられます。

フィルムで育ったベテランから、フィルムを使ってみたいユースまで、きっとACROSⅡにチャレンジしたくなる写真展です



<ネオパン100 ACROSⅡとは>

 富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋一旦は黒白フィルムの販売を終了しました。しかし、販売継続を望まれる多くの声を受け、代替品の研究や製造プロセスの抜本的な見直しなどあらゆる角度から再検討し、新製品として誕生したのが、モノクロフィルム「ネオパン100 ACROSⅡ」です。先代ACROSの持つ世界最高水準の粒状性とシャープネスを継承し、なおかつハイライト部の階調をメリハリのある設計とすることで、より濃淡がはっきりと表現できる立体的な階調再現を実現しました。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2020-02-06 07:56 | 写真展 | Comments(0)

Tokyo Bay 20200205 身近な風景

Tokyo Bay 20200205 身近な風景_f0050534_07351580.jpg


LUMIX S1R+SIGMA14-24mm


最近 東京ゲートブリッジにはまっている

冬なので、空気が澄んで橋のラインがきれいに出る

昨日も事務作業に嫌気がさして、現実逃避で撮影に 笑


東京に住んでいると大自然は遠いい。前にも書いたが、遠くに行く時間がないからいい写真が撮れない、大自然に行く時間がないから風景写真が撮れない。そういう方多いです。でもそれはもしかしたら被写体頼み、被写体の力に頼りすぎているのではと思います。都会の風景もまさにランドスケープです


以前、友人のオーストラリア人の建築家が「どうして東京はこれほど建造物のバリエーションがあり、面白いのに日本の風景写真家は撮影しないのだろう?ビルを山に見立て、高速道路を川に見立てて撮ればいいのに」と言っていた。英語で街の風景でもランドスケープと呼ぶ。

ネイチャーフォトからランドスケープフォトグラフィーへ志向をシフトするころだと思う。

身近で自分がじっくり向き合える被写体が一番大切で、奥が深く面白い



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2020-02-06 07:42 | Tokyo City | Comments(0)