2020年 01月 13日 ( 1 )

写真はどこでも撮れる。どこでも絶景

写真はどこでも撮れる。どこでも絶景_f0050534_22122192.jpg
FUJIFILM XF10 銀座のカフェにて

写真展をしているといつも同じような、質問をアマチュア写真家の方からいただく。その中で最も多いので「撮りに行く時間がないからよいのが撮れない」です。確かに、撮りに行く時間がないと撮れないです。
でも遠くに行かなくても、近くでもあるいは通勤通学の途中でも、そしてお家の中でも写真は撮れます

撮れないと、自分で自分の心にリミッターをかけているだけだと思います。好奇心に自分で蓋をしているだけだと思います。広告代理店サラリーマン時代は営業マンでした。スタジオ希望だったので、撮れないとなると何でも撮りたかったです。打ち合わせの資料用に、会社の前の銀座通りを撮るだけでも楽しかったです。目の前に広がるものはすべて光と影からできている。つまりすべてが被写体。風景写真 モデル写真 鉄道写真 ストリートフォト ジャンルを分けない。ジャンルを分けることは心を分けてつまらなくしてしまうこと。今日も光と影を見つけ 時と遊び 楽しくシャッターを押そう。そうすれば、ほら!写真が撮れた



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2020-01-13 22:20 | 写真アート | Comments(0)