2020年 01月 04日 ( 2 )

有明海 黎明

有明海 黎明_f0050534_08525632.jpg
FUJIFILM GFX50R+FUJINON100-200mm


作家の藤原正彦さんが、素晴らしい数学者を生み出した土地は風景が美しいところが多いと書かれていたことを読んだことがある

多分、風景が人間の情緒 情感をはぐくむのだと思う


常に美しい自然と対峙し、内観を問う時間が多いからかなと勝手に想像する


元アシスタントのY君 彼のおおらかさ、人に好かれる懐の広さは、この有明海に育まれたのかもしれないと、この朝 沈む月と対峙しながら思った


写真は カメラで撮るが、それは途中経過に過ぎない。最終的には写真は人が撮る。なぜかカメラあるいは現代ではスマホで撮るのに、撮りての心がにじみ出る。だから写心だと思う。プロとして仕事で撮る経験が長くなると、アマチュア時代のことを忘れて、あざとい写真を撮るプロが増えてくる。

自分でもロケに出て初日~2日目ぐらいは、内観しないとあざとい写真のダークサイドに落ちそうになる。

有明海と夜明けの月を眺めていると、無心無我無欲で撮ることの大切さ再認識させられた

元アシスタントのY君 いつも心にこの有明海の風景を忘れないでいてほしい。忘れたときは…本人が一番わかるはず


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2020-01-04 09:02 | 日本風景 | Comments(0)

月光雲遊図

月光雲遊図_f0050534_08444269.jpg
LUMIX S1R+SIGMA14~24mm

御輿来海岸は夕景が名所。だが深夜 幻想てきな風景が展開されるのはまだあまり知られていない


午前3時 有明海を見渡す丘に10名ほどの人がいた

皆熱心に和気あいあいと撮影されていた。有名撮影地で、久しぶりに写真を楽しんでいる人たちを見かけた
コンテストに入るためでもなく、賞を狙うためでもなく、自分の好奇心で撮られている楽しい趣味の時間 でも一生懸命の時間


僕以外の人たちは、夜明けを告げる鳥たちの鳴き声とともに家路についた。みんな年末のお仕事が忙しいと話していた

写真で生業をして、写真だけでここにきているのならば、この人たちよりももっと熱く撮り、もっと好奇心を掻き立てて撮らなければと思ってしまった
アマチュアの人たちの熱意に心を動かされました



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2020-01-04 08:52 | 日本風景 | Comments(0)