2020年 01月 02日 ( 5 )

黒子

黒子_f0050534_22361804.jpg
本日 自分のした仕事の裏表を見ることができた

本当に大切な仕事は、名前も出ない 顔も出ない そして撮ったことすら歴史の歯車の1つとして
流されてしまう


プロとしての仕事ができたことを自分の心で確認できれば、それで満足。

写真家としての仕事は作品を作ること

プロフェッショナルカメラマンとしての仕事は、黒子に徹して、クライアントの最低100%の満足のために尽くすこと

先生と呼ばれていては仕事はできない

誰も拍手はしてくれない。それは無事に終えること、完ぺきで終えることが当たり前。拍手のために仕事はしない

最後に自分で自分の仕事をほめて上げられればそれでよい。そしてそれがいつも変わらずにできればよい

そしてカメラはそのための最高のパートナーであるものを選び、かつ嗜好品ではなく最高のウエポンであること。クライアントの目的を達成するためであれば、カメラは犠牲にしてもよい。仕事の目的貫徹ならばカメラの1台ぐらい犠牲にしてもよい。そう思っている。なぜなら、カメラは買いなおすことができる、だがターゲットは二度と戻らない時間だから、買いなおせない。

新年 2日目の夜。とても満足を得られた。
幸せ


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2020-01-02 22:43 | 写真アート | Comments(0)

共存

共存_f0050534_17130007.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON100-400mm


 大きな風景を見せるとき、大きな風景だけでは大きさもわからない。そして日本らしい風景は人の営みを感じることにあるかもしれない


オーストラリアのダイナミックな風景はまさに地球のポートレイト。人間のちっぽけな命なんて拒絶する凄さがある。
それに対して、日本の風景は繊細でかつ人の営みが共存していること。ここが外から見る大切なことだと思う
人やあるいは人工物 それをいかに取り込むかが、日本の風景の面白さと素晴らしさかもしれない

単に花鳥風月だけではもったいない
そしてこの共存  写真の世界にも当てはまる。富士フイルムがACROSⅡを販売し始めた。従来のACROSより若干 固めの階調。個人的には風景や建築を撮るのに、従来品より新しいⅡのほうが僕は好きだ。ここでフィルムしか撮れない世界に再び今気持ちが向かっている。フィルムとデジタル どちらが良いか?そんなのはもう氷河期のころの陳腐な話だ。デジタルもアナログも どちらも独自の世界観がある。それをいかに使いこなし、この2つの世界で自分の世界観を共存する形で作り上げるかだ。これはほかにも、ミラーレス&ミラー式イチガンでも同じ。あるいは純正レンズとサードパーティーのレンズでも同じ。どちらの優劣をつけるのではなく、どの表現方法、あるいは世界観が自分にはふさわしいかが問題

カメラもレンズもフィルムも 、作品を作るための手段であり通過点。最終決定ではない。何を使うかではなく、何を表現し伝えるか? カメラ趣味から写真趣味に向かってほしい。カメラやテクニック語る人は多く入るが、写真を語る人、写真のコンセプトや哲学を語る人は少ない。スマホの進化と普及、これはもしかしたら多くの人の目と関心がカメラから写真に向く絶好のチャンスかもしれない。手段ではなく目的に目を向けてほしい。そのために僕は作品ではカメラマンではなく写真家でありたい


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










by masabike | 2020-01-02 17:27 | 日本風景 | Comments(2)

ご挨拶

ご挨拶_f0050534_16443418.jpg


本日はうちの両親のお墓にお正月のご挨拶に行ってきました
先月が父の命日、今月が母の命日なので、ちょうどお正月が真ん中にあたるので、お墓のお掃除とお供えしてきました
父が好きだった あんパンとキリンラガービールをお供えして、家内が般若心経を唱えて、新年のご挨拶をしてまいりました

年齢がかさむに従い、親の恩の大切さ、自分を生んでくれ世に出してくれた大切さを感じます

砂漠で一人で、地球と向かい合い、話していると、すべての命は奇跡の連鎖であると教えられます

特にランドスケープを撮っているときれいなだけ、珍しい瞬間では作品と呼べないです。そのきれいの向こう側、その先にある、SPIRITの存在、地球の意思を撮らないと、作品ではなく絵葉書、作例になってしまいます。いかに地球の奇跡と向き合い、感じてそれを作品にするか、毎回考えさせれます。

その奇跡を生み出してくれた、親に感謝するのがお正月持つとも大切かなと最近考えます


小春日和のお正月2日 とても良いお墓参りでしたが、帰路は都内首都高速の道路情報を見ると、真っ赤な渋滞表示。首都駐車場でした


お墓にご挨拶できて、気持ちよくなったお正月でした



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2020-01-02 16:50 | イベント | Comments(0)

撮り初め

撮り初め_f0050534_16331124.jpg

LUMIX S1R+LUMIX24-105mm


ことしのお正月はのんびりする予定です。あと家内の母が昨年 なくなったので喪中のために、初もうでも松飾もないです。でもその分、なんかとてものんびりしています。元日は家から六義園まで、のんびり散歩でした


六義園近くで、昨年の名残の色を見つけました。
あと2日もすると忙しくなります

つかのまののんびりです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2020-01-02 16:36 | イベント | Comments(0)

新年のご挨拶with ラッキー

新年のご挨拶with ラッキー_f0050534_16220327.jpg
2020年 いよいよ新しい年 日本の節目の年が始まりました

皆様どうぞよろしくお願いいたします

ラッキーも,もうすぐ満19年になります。元気です。

何か一言あるそうです

ラッキー 「もっとおいしいエサが欲しいニャ」
だそうです 笑


ことしも皆様 よろしくお願いいたします。


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2020-01-02 16:25 | Comments(0)