2019年 09月 21日 ( 3 )

Minganew PUB Western Australia

f0050534_12352929.jpg
今回 3泊した 西オーストラリアの荒野の田舎の村、超1級辺境地 Minganew.

ある夜 撮影も終わり夕飯を食べにパブに行くと、異様な盛り上がりと興奮、何かな?と思ったら全員が地元のAFL オージールールズともフッティーとも呼ばれる、オーストラリア独自のフットボールのサポーターたち。AFLは超過激 けが人続出 流血必死。ボウルを持った世界最強のスポーツかもしれない

でもなにやら落ち込んでいる人もいる、どうやらこの日、シーズン最後のグランドファイナル出場の大一番を掛けた、彼らが応援するウエスタン ブルドッグが僅差で敗退したらしい。





f0050534_12350491.jpg
























f0050534_12350547.jpg




























f0050534_12350496.jpg

























f0050534_12350456.jpg
































f0050534_12353099.jpg

夕飯 食べて飲んでいると、「負けちゃったよーどうしよう」「Fxxxxxx」とのコメントなので、来年はきっとグランドファイナルだよ!というと、みんな「そうだ来年だ!!」と割と気持ちの切り替えが早い。でも何人かが「どこか好きなチームはある?」と聞かれたので、本当はあるけど、無いと答えておいた。身の安全のため。皆さんかなり熱くなっているので。個人的にはアデレード クロゥズが好きなのですが・・・・、へたに敵チームだと血を見るので 笑

彼らの後ろのメニューボードにも"Minganew Football Club"と書いてあります

で、いずこの国も同じで、最後は反省会



f0050534_12353040.jpg
























f0050534_12352957.jpg






























f0050534_12353099.jpg






































f0050534_12353020.jpg


最初は副クラブ会長 、そして最後に会長が、みんなに、「あとわずかだった、本当にあとわずか!来年はグランドファイナルに行こう!!」とげきを飛ばし、会長は椅子の上から大ジャンプをして床にこけていた。ちなみにこの後、日本のラグビーワールドカップの話になり、ワラビーズ(オーストラリアのチーム)応援してね 最近日本も強いよね、ジャイアントキリングで南アフリカに勝ったよねという話になり。最後は日本でラグビー人気あるの?まあまあ、でも一番の人気は野球。というとほとんどの人がやはり、野球は知らなかったです、ひとりが、あのアメリカだけでやっているボールゲームじゃない?というお話になりました

でもパブは飲み屋でレストランで集会場。地元の人との楽しいひと時です。田舎のパブ、一見 西部劇風ですが勇気を持ってG,Dayと言って入りましょう

ちなみに9月28日 このAFLがメルボルンでグランドファイナル。オーストラリアが一番盛り上がり燃える日です


f0050534_12514227.jpg



















f0050534_12513877.jpg

ちなみに試合はこんな感じです。ぜひネットでご覧ください



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。











by masabike | 2019-09-21 12:52 | 西オーストラリア州 | Comments(0)

オーストラリア My オミヤゲ

f0050534_11062552.jpg



オーストラリアに何度 行ってもやはりお土は持って帰ってくる。特に2度と行かないかもしれない田舎に行くとなおさら。というわけで今回の一番のお土産は、西オーストラリア のゴールドフィールドと呼ばれる田舎町。Menzisnの郵便局で売っていた、スタビホルダー。何に使うか?実はこれはウレタンでできていて、缶ビールをななっかに入れて飲む。ウレタンの断熱効果で、手で持っていても暖まらない、オーストラリアならではの発想。田舎のパブではだいたい自分のパブの名前の入った、スタビホルダーを売っています。うちにもかなりたくさんあります






f0050534_11062428.jpg

それからキャンプでお世話になった、インスタント食品。とくにこのスープ美味しいです。あとはインスタンドインドライス。病み付きになる味でしたよ

でも娑婆で食べたら、美味しいのかな?笑






f0050534_11072515.jpg

オイルサーディーン缶。日本は意外と高いので。これで200円ぐらいです。ふたを開けて油を少し捨てて、お醤油をたらして、ネギを入れて火であぶって食べると、マイウーです







f0050534_11062468.jpg
そしてさすが大陸、本当のバイクでのアドベンチャー雑誌売っています。日本みたいにアドベンチャーごっこではなく、マジアドベンチャーです。あと不動産の広告等のお勉強のためにVOGUE LIVING。お勉強大事ですよ







f0050534_11062537.jpg
最後に、カンタスさんの機内でいただいた、アメニティキットの入ったポーチ。かわいいので、バッテリーやカメラの掃除道具を入れるのに良いかと。





f0050534_11171917.jpg
そしてなんといっても、オーストラリア ワラビーズ ワールドカップジャージ

これが一番のお土産です。今日はオーストラリアVSフィジー。どちらもいろいろお世話になった国なので、応援するのが難しいです 汗



皆さんも本日は、応援よろしくお願いします




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。











by masabike | 2019-09-21 11:18 | | Comments(0)

"Standing" FUJIFILM X Series Facebookより転載

f0050534_09580040.jpg



【和の「写心」By Masaaki Aihara】

「Standing」神奈川県横浜市 横浜ベイブリッジ
FUJIFILM X-H1 + FUJINON XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

普段僕は意外と、不動産広告や建築の仕事が多い。しかも不動産の広告は皆さんが週末に新聞のチラシや、駅のポスターで見るようなマンションの広告を撮影することが多い。外観もあればモデルルームもある。だから僕はネイチャーフォトグラファーとか名乗っていないのですが(笑)

建築や不動産の仕事は、風景ととても似ている。なぜなら相手が巨大で動かないと言うか、動けない。だから撮影前にロケハンと平面図、立面図、日影図、あるいは設備図とにらめっこして、建物が美しく見える角度と時間を捜す。更にお施主さんや建築家の意向を最大限に生かす。特に建築家は設計やデザインの時に、イメージする角度や絵があるので、それを充分表現できるように撮影する。ただ実は建築と言っても、大きく分けるとビルや家屋のような建物と、橋やトンネル、あるいはダムなど土木と2つの流れに分かれる。2015年、富山・高岡のミュゼふくおかカメラ館での写真展で、富山の風景という事でダムを撮影して以来、ダムとか橋とかの土木系の建造物の撮影にとても写欲が湧く。水をせき止める、道を支えるなどシンプルな目的のための100%の機能美。その無駄のない機能美を、どの角度からどの時間で撮ると、自分がイメージするダムや橋の力強さが出るかなと、毎回建築物と向き合い対話して撮影する。これは風景を撮る時とまるで同じ。山の代わりにコンクリートの壁のダム、木の代わりに鉄骨の橋である。なぜか日本のネイチャーフォトを撮る方は人工物を毛嫌いするか、撮らない人がいる。やはり究極の機能美は自然界の風景に通じるものがあると思う。昔の山水画でも、景色の中に寺や橋を入れている。石元泰博の桂離宮、マーガレット・バーク=ホワイトのダムとかもぜひ参考にしてほしい。自分が今、撮りたい建築物がある。飛騨の山中にあるスーパーカミオカンデ(実は以前、ある出版社の企画で撮影する予定がキャンセルになった。今でも大変心残り)奇蹟に近い確率の、宇宙からのシグナルを捕まえるためだけに作られた構造物。「人類が創りだした究極の風景」、「地球と宇宙をつなぐ風景」として撮影したい。ネイチャー系の方も、「人工物なんて」と食わず嫌いなことを言わないで、秋になり光がシャープになってきたこの頃ぜひ、建築物を撮ってほしい。被写体と向き合い対話することは、ネイチャーであろうが人工物であろうが変らない。そして撮りたい気持ちと、心の感動をいつもXはサポートしてくれる。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










by masabike | 2019-09-21 09:59 | 建築土木 | Comments(0)