2019年 08月 14日 ( 3 )

余韻 船出

f0050534_15201835.jpg






















f0050534_15201828.jpg



























f0050534_15203444.jpg


























f0050534_15203505.jpg




























f0050534_15203546.jpg
































f0050534_15201843.jpg




















f0050534_15203496.jpg

FUJIFILM X-H1&X-T2 FUJINON16-55mm 50-140mm


鳥羽湾を出て船は一路横浜に向かう

ゆっくりと、心で確認するように風景が遠ざかる。この余韻が今までの飛行機や鉄道の旅ではなかった感覚だ
飛行機みたいに、離陸して一気に異次元に行くワープみたいなものも好きだが、今回の飛鳥の旅で余韻の素晴らしさを何度も実感した

家内と毎月 クルージング積み立てをしようか?と鳥羽湾に沈みゆく太陽を眺めながら話した




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2019-08-14 15:24 | | Comments(0)

飛鳥クルーズ サヨナラ鳥羽湾

f0050534_15021338.jpg

















f0050534_15022632.jpg

























f0050534_15022732.jpg





















f0050534_15022621.jpg






































f0050534_15021389.jpg




































f0050534_15021343.jpg

















































f0050534_15021479.jpg




















FUJIFILM XF1 X-H1+FUJINON16-55mm
LUMIX LX100Ⅱ


鳥羽湾でのお昼寝のあと、再びプールと大浴場。そうこうしているうちに銅鑼が鳴り響き、飛鳥は再び横浜へ

鳥羽の地元の方々が見送りに来てくれて、PILOT船から、お別れの放水。そして船上では、おわかれのご挨拶に、みんなで赤いハンカチを振ります
なんか船の旅立ち、余韻がありよいです


夕暮の鳥羽湾を眺めながら、デッキでくつろいでいて「おれ、決まっているかな?」なんて思っています 爆

f0050534_15064968.jpg



















































f0050534_15064935.jpg









































f0050534_15065738.jpg


























f0050534_15071530.jpg


























f0050534_15065764.jpg



そして夕日が沈むと再びディナーの時間。とりあえず、船の上のルールでドレスコードがあり、カジュアルですがジャケット着用です。でもポロシャッだけのひとも結構いました。ちなみにディナーは1730~1930~ と2回に分けて行われます

僕らは1930~の回です、この晩は家内はメインは魚、僕は再びステーキです
ステーキはとてもジューシーで美味しく、焼き加減も丁度良かったです。飛鳥クルーズ 食事はいつも最高でした。そして・・・・




















f0050534_15073275.jpg





























f0050534_15073380.jpg































f0050534_15071406.jpg
デザートではスタッフのこんなパフォーマンスの在りました

常にお客様を楽しませる 満足させる。ある意味 船旅は究極のエンターティメントです









f0050534_15073394.jpg



























f0050534_15073363.jpg

楽しい1日も瞬く間に終わり、バーでナイトキャップのバーボンを飲み、ウォンバット君も大満足の1日でした






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2019-08-14 15:14 | | Comments(0)

飛鳥クルーズ Day2 8月2日 まったり





f0050534_12384906.jpg


































f0050534_12384915.jpg



飛鳥クルーズ2日目は、朝ご飯の後に船内散策、ロビーの吹き抜けとかゴージャスです。そしていつでもどこでも、ドリンクのサービスとか受けられます






f0050534_12385053.jpg




船に乗ったらとりあえず船首に行ってみたかった。理由はタイタニックの真似がしたかったのですが、家内からそれだけはやめてくれと強いリクエストがあり断念・・・涙

































f0050534_12402358.jpg


艦首のラウンジも眺めは良いです。ソフトドリンクはすべて無料です










f0050534_12402354.jpg











f0050534_12402224.jpg


夜間はバーですが、家族連れ灯が多いので、意外とバーは空いています。洋上でひと夏の恋の出会いを期待していたのですが・・・・・













f0050534_12384994.jpg
メインクルーの一覧です

f0050534_12385801.jpg



























f0050534_12460820.jpg


























f0050534_12460869.jpg



























f0050534_12460891.jpg






そして船旅と言えば洋上プール。浮き輪に乗っかりボーっとして楽しみました。家内と小一時間、浮き輪でボーっとしていると、プールの監視員のイケメンのお兄さんが来て「もうだいぶプールにいるので、熱中症に注意してください」と冷たいお水を持ってきてくれた。親切なのと、しっかりお客さんの目配りをしているのだなと感心しました。細かい配慮、さすが飛鳥です

小一時間プールでくつろぎ、それから展望大浴場。これは苫小牧―仙台のフェリーでもありましたが、浴室は格段に広くきれいでした
ジャグジーを楽しみ、落ち着くともうお昼。お腹がすいた!!何もしていないのに 爆

f0050534_12513600.jpg

















f0050534_12513671.jpg




















f0050534_12513690.jpg












f0050534_12515123.jpg
















f0050534_12515088.jpg
お昼はビュッフェと海鮮丼が選べますが、やはり海鮮丼。夏の鳥羽湾を眺めつつシャンパンで海鮮丼に舌鼓。美味しかったのと、お風呂でリラックスしたお腹にしみわたりました
Foodフォトの定番はZeiss Touit50Mです


f0050534_12535407.jpg
デザートもついています。でも、ここで貧乏性が・・・・・・・




f0050534_12545393.jpg






















f0050534_12545355.jpg




























f0050534_12550434.jpg

他のお客様の、飛鳥に乗ったら定番のガンバーグを食べないと!!との声が耳に入りました
実はクルーズ、基本的に食事も食べ放題という事で、和食レストランからバイキング会場に移動して、カレーとハンバーグとデザートいただきました

ハンバーグ、たしかに美味しかったですが、カレーもいけています

やはりこの食事でお里が知れてしまいました、貧乏人根性丸出しでした 汗

そして食べた後は、お昼寝 、ふたたびプールと大浴場のローテーション。人間 堕落しそうです 笑
でも何もしないことが最高の贅沢を実感しました
それとスタッフが常にいつでもとても親切フレンドリーです


特にフィリピン系スタッフ。マニュアルではない笑顔。素晴らしいです。以前フィリピンにXセミナーで行った時も皆さんとてもフレンドリーでした。何か日本人、マニュアル化しすぎていると感じます。最近はワーキングホリディでも、あまり日本人を雇いたがらないと聞きます。権利ばかり主張し、スキルがない、怠けるからという悲しい声を、オーストラリアでもしばしば耳にします

船旅、一番豪華なのはスタッフの笑顔とおもてなしかもしれません






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2019-08-14 13:22 | | Comments(0)