2019年 08月 03日 ( 2 )

コシナ 本社 Otus作品展示 7月30日

f0050534_15124194.jpg



























f0050534_15124114.jpg






























f0050534_15124183.jpg




















f0050534_15472660.jpg

Nikon D5+Carl Zeiss Otus28/1.4
FUJIFILM XF10(最後の1枚)


以前ミュゼふくおかでの写真展の時に展示した、Otus55mm+Nikon D800Eでの作品群KatachiをZeissさんのレンズ製造をされているコシナ様の長野本社に展示することとなり、お伺いしてまいりました。長野は涼しいと思いお伺いしましたが、超猛暑 涼しい工場に入ると生きかえりました笑

今回は長辺1.6メートルのモノクロ作品(写真弘社 ラムダプリント イルフォード銀塩バライタ紙)6点の展示です

工場の広い廊下ですと見栄えが良いです



f0050534_15183824.jpg





























f0050534_15192529.jpg




























f0050534_15195338.jpg
































f0050534_15192570.jpg








































f0050534_15195359.jpg



































f0050534_15213792.jpg






































f0050534_15232156.jpg



今回はミュゼふくおかで展示した5点 プラス予備の1点の合わせて6点の展示です
撮影のタイトルを兼ねたテーマはKatachi


オーストラリア撮影25年のタイミングで、もう一度写真の原点に戻り、標準レンズ+モノクロームで、物のフォルムの美しさを表現するという事で、Katachiと言うシリーズを撮り始めました。この流れは今年のNikon Z7での個展 SPIRITやLUMIX GINZA TOKYOでのEarhtraitのモノクロ作品にもつながって来ています。

次のステップの僕の写真の方向性です。otusがなければ、この原点回帰の作品制作は無かったと言っても過言ではありません
その作品を飾っていただいてうれしいです


今回はコシナ 長野工場の事業所長の関様と広報の佐藤様にじっくりとご案内していただきました

f0050534_15311478.jpg

またコシナさんの工場にはFUJIFILMさんのGF670で撮影した、僕の作品も飾られていました
タスマニアの夜明けの作品です



f0050534_15311460.jpg




















f0050534_15311317.jpg










f0050534_15472638.jpg

見学とお打合せの後は、会社の近くで、美味しい長野のおそばとシメジの天ぷら &笹寿司ご馳走になり大感激でした
やはり自分の使う機材が生産される現場と現場の方々にお会いする大切さを改めて、認識させられた今回の長野訪問でした

コシナの皆様 またお伺いさせていただきます



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。

















by masabike | 2019-08-03 15:34 | 写真アート | Comments(0)

飛鳥に乗って来ました 

f0050534_14335598.jpg











f0050534_14335576.jpg

























f0050534_14335573.jpg



























f0050534_14335550.jpg








f0050534_14340212.jpg



















f0050534_14340298.jpg


















f0050534_14312687.jpg


FUJIFILM X-H1+FUJINON18-55mm LUMIX LX100Ⅱ(最後の1枚)


8月1~3日 飛鳥 サマークルーズで横浜~鳥羽の航海に行って来ました

もともとこれは家内と家内の母が旅する予定でした。家内の母が、人生一度でいいからクルーズに行きたいと言うので、だいぶ前から申し込んでいたのですが、7月に急逝したので、家内の母の代わりにクルーズしてまいりました


先日は海に面したバルコニーのあるお部屋で、ウエルカムドリンクでシャンパンもありました。乗船してすぐに家内の母の写真と、大好きだったウォンバゥットのぬいぐるみをお部屋に飾りました

お部屋はスィートルームで、ツインのベッドと浴室 クローゼット ソファーそしてバルコニーもあります
夢のようなクルーズです


f0050534_14341067.jpg




























f0050534_14341156.jpg
































f0050534_14341191.jpg
乗船してすぐに行われたのが、緊急時の対応と集合場所の確認で、救命艇のところに集合して、各々の救命艇の確認作業です。日本のクルーズかなりしっかりしています










f0050534_14341777.jpg

























f0050534_14341712.jpg
























f0050534_14341711.jpg
その後艦内探検をしました 笑 気になったのが図書室。どんな本があるのかと思うと、日本伝記伝説大辞典なんてマニアックなものもありました。あとは船旅なのに・・・タイタニック もあります


f0050534_14471573.jpg




















f0050534_14471574.jpg
でも長いクルーズで人気のあるのは長編ものみたいです
長編とくれば、塩野七生さんみたいですね。海外クルーズに行ったら読みたいです





f0050534_14483787.jpg
























f0050534_14483754.jpg






















f0050534_14483659.jpg
そして飛鳥で凄かったのは展望デッキでした。横浜が一望でした

艦内散策していると、「冷たいおそばいかがですか?」とクルーに声を掛けられて見ると、お~~ざるそばのサービス


f0050534_14522038.jpg












f0050534_14521020.jpg













f0050534_14521059.jpg


出稿までまだ2時間近くあり、かつ夕飯まで4時間以上あるので小腹を満たしに、ざるそばいただきました

ラウンジでは常連のお客様も多いみたいで、クルーのひとから「XXXちゃん久しぶり、元気だった?大きくなったね」なんて声をかけてもらう、お子様や家族ずれも多かったです。クルージングの常連 明らかに違う世界の人たちと言うイメージでした。でも子供のころからクルージング、うらやましいです

あとクルーはフィリピンなど海外の方が多いですが、とても親切でフレンドリーで、かつてきぱきと正確なサービスで素晴らしかったです。変にやる気のない、あるいは融通の利かないマニュアル的な日本人を使うよりも良いかもしれません。あとやはり海外の航路やお客様も考えると、英語が母国語のクルーは大切です



f0050534_15060331.jpg






































f0050534_15060326.jpg




































f0050534_15060450.jpg




































f0050534_15060379.jpg
そして莫大な数の紙テープに囲まれて、17時 飛鳥は伊勢湾 ・鳥羽目指して横浜港をあとにしました



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2019-08-03 15:09 | | Comments(0)