2019年 07月 19日 ( 3 )

光は突然にやって来る

f0050534_07245806.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm


キャンプ場でお茶を飲んでいた時、心のセンサーに何か引っかかった


空の一角が、少しピンクの点が現れた。僕は急いで首から下げていたX-H1持って海岸にかけていった


タスマニアの神様はいつも、一番写真を撮る状況ではない時に、一番のシャッターチャンスをくれる。

常に刀は抜いて切れるようにしていなければならない。そして切る気持ちでいなければならない。光はそこにいるフォトグラファーが、仕事で来ているかホリディかは忖度してくれない




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2019-07-19 07:56 | タスマニア | Comments(0)

タスマニア 色& 光

f0050534_07245899.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm


X-H1は昨年 1月にタスマニアでプロモーション用の撮影を行った。夏とはいえ、雪交じりの雨など厳しい環境だった。そして1日に四季があるといわれるぐらい、様々な光と色が撮れた。X100から多くのXシリーズにかかわらせていただいたが、毎回 フィールドでしっかり実戦テストをしてカメラを鍛えてきた。これはお客様のためにとても大切。人生の中で貴重な一瞬の時を、永遠にとじ込めるのがカメラ。その大事な思い出をしっかり鮮明に撮ることが出来るカメラを作りあげることが大切

そのためにはクライアントにしっかりした報告を忘れない。カメラはいつもすべての使う人の永遠の思い出のためにあるからだ






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2019-07-19 07:51 | タスマニア | Comments(0)

Camp fire at Adventure bay Tasmania 27th June 2019

f0050534_07243193.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON10-24mm


タスマニアの冬の長く寒い夜がはじまった。でも気持ちはとても暖かかった












f0050534_07244441.jpg













f0050534_07244485.jpg




オーストラリアはどんな田舎の小さな村にもキャンプ場 キャラバンパークがある。そして設備はとても清掃が行き届ききれいだ。しっかりしたトイレとシャワーが完備されている。そしてキッチンも

夕方 キャンプ場に着くと、Janiceさんの友人たちが先にキャンプを張っていた。その近くに陣取らせていただきテントを設営したあとは、まずはたき火を囲んでお茶をする。













f0050534_07245968.jpg
オーストラリアのキャンプで必需品は、イスとマグカップそしてキャンプでの与太話である 笑。これから長い夜、火を囲んでいろいろな話が飛び出すだろう。でも1つだけ暗黙のルールがある。オーストラリアは多民族国家。キャラバンパークは旅人も含めて、いろいろな人種や民族の人が来る。なので政治と宗教の話は基本的に誰もしない。暗黙のルールがある




f0050534_07244387.jpg
この夜の食事もBBQ。隣のキャンピングカーのBBQバナーをお借りして作った。本場 オージービーフとソーセージ。キャンプの定番。でも野菜が足りていない気がすますが・・・・・

f0050534_07243193.jpg























f0050534_07243131.jpg


























f0050534_07243191.jpg

この世のバリーさんは、ワインの力もあって、とても饒舌だった。やはり観光局でのいろいろな国のメディアの人たちとの取材の裏話。タスマニアとシドニーを結ぶSPIRIT OF TASMANIA というフェリーの観光案内所で働いていた時の、フェリーでの楽しい旅の話。本当にバリーさんの人生は観光業だったんだなとよく分かる。それと僕との出会いの話、娘さんのMeghanの結婚式の話などなど、火を囲んで5時間近い楽しい団らんの時間だった

空を星が覆い尽くすころ、火もおしまいになりテントに入る。入る時バリーさんが「おやすみMasa」と言ったときの充実した顔がとても印象的だった。バリーさん、今度 帰る時は山でキャンプしましょう。もちろん竹鶴を持ってくるので、長い夜になると思うけど


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。













by masabike | 2019-07-19 07:42 | | Comments(0)