2019年 07月 02日 ( 1 )

最果ての光

f0050534_18234156.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON16-55mm

タスマニア南部に浮かぶ島ブルーニーアイランド

この先にもう土地は南極までない。昔、キャプテンクックが上陸したところにキャンプ場がある


冷たく重い風が南極からくる。だがこの冷たく重い風が、ぼくの欲しい光と色を創り上げてくれる


いつまでもこの風と光が来る大地で作品を撮り続けたい。日本からはるか離れた大地なのに、なぜか僕はオーストラリアで撮影する方が気持ちが高揚し、大地とシンクロできる。以前、撮影に同行してくれた、写真家のHarQ氏に「相原さんは、ここで撮影していると、大地からエネルギーが注入されているのがわかります。日本にいるよりここのほうが元気でしょ?」と言われたのもうなづける

元気な気持ちで撮影できるとパワフルな作品ができると思う。いつまでもパワフルでここで撮影を続けたい





by masabike | 2019-07-02 18:30 | タスマニア | Comments(0)