2019年 06月 17日 ( 6 )

Carl Zeiss Otus1.4/100mm+FUJIFILM GFX50S

f0050534_18365154.jpg


























f0050534_18365148.jpg






























f0050534_18365150.jpg



























f0050534_18365155.jpg

Carl Zeiss Otus 1.4/100mm+K&F アダプター +FUJIFILM GFX50s



GFX50Sでフィルムシュミレーションを使用してのOtus.
さすが5000万画素越えの威力。特にGFXマニュアル撮影時 EVFファインダーの拡大率が高いので、Otusはじめ名玉と言われる過去のレンズも使いやすいです

少しだけ周辺減光する気がしますが、それも僕は味のうちで好きです

もう少し時間がある時、金属物 バイクやSLで試してみたいです



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。























by masabike | 2019-06-17 18:41 | カメラ | Comments(0)

Carl Zeiss Otus 1.4/100mm



f0050534_16241680.jpg













f0050534_16094068.jpg





























f0050534_16094189.jpg


週末我が家に存在感300%のレンズがやって来た。Otus100mm.今までの3本のOtus 28mm 55mm 85mm以上に存在感が強いレンズ
フィルター径98mm も半端ない

そしてOtus独特の黄色系の表示が凄みを醸し出している



f0050534_16221475.jpg



























f0050534_16221416.jpg


Otus100mm+Nikon D5


いつもOtusはNikon D800系で使うが、今回はフラッグシップつながりでD5にした

画質もプロラボに聞くと、D5系の方が諧調のつながりが滑らかというので今回は、こちらで試した
相変わらずモノクロでの線の描写は申し分ない
This is Otus!!である
























f0050534_16221405.jpg
































f0050534_16222424.jpg































f0050534_16223363.jpg


カラーで撮影の場合でも、赤がNikkorと異なり、濃厚な描写となる。最後の1枚はf2.8で撮影したが、ほかの作品は全てf1.4開放で撮影している
ピント合わせはファインダーで合わせた後、LVで拡大して再度確認して合わせる必要がある。ものすごいシビアーナピント。まさにOtusはどれもじゃじゃ馬なスポーツカー



















f0050534_16223294.jpg











f0050534_16223398.jpg

上の2点も開放f1.4. 風が吹くとピンと位置が変わりかなり難しい。まさに相変わらず使えるものなら使ってみろ的レンズ

でも使いこなせたときの官能は最高のレンズ まさにKing of Lens

こんどはFUJIFILM GFX50Rで試してみます



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




















by masabike | 2019-06-17 16:33 | カメラ | Comments(0)

明日 PHOTO NEXT日本写真学会 講演

6月18日Photonext(パシフィコ横浜)にて開催される 日本写真学会主催の講演会に登壇させていただきます


登壇時間は11:50~12:35です。

後援参加は有料となります詳しくは日本写真学会HPをご参照ください


被写体並びに表現方法別の機材選び

講演内容

超高感度&高速AFが可能にした、夜鉄の世界 Nikon D5


f0050534_07192937.jpg
Nikon D5+Nikkor20mm/1.8





風景写真の王道を生かす組み合わせ。

広角レンズ+ 高画素カメラFUJIFILM GFX LUMIX S1R




f0050534_07221572.jpg

FUJIFILM GFX50s+FUJINON23mm






f0050534_07233876.jpg
LUMIX S1R+LUMIX24-105mm



スーパー 50mmレンズによるコンセプト撮影

 Carl Zeiss Otus55mm LUMIX50mm  Nikkor58mm




f0050534_07280864.jpg

Carl Zeiss Otus55mm+FUJIFILM GFX50s





f0050534_07352858.jpg


LUMIX S1R+LUMIX50mm













f0050534_07365384.jpg
Nikon Z7+Nikkor58mm







フィルムスキャンにより4K時代に再び脚光 中判フィルムカメラの世界 PENTAX67


f0050534_07373770.jpg
PENTAX67+SMC55mm+Kodak TraiX







手ブレ防止と高画素 2つの組み合わせで楽しむ旅フォト

FUJIFILM Xシリーズ



f0050534_07390601.jpg
FUJIFILM X-H1+FUJINON16mm


電子無音シャッターだからこそ許される伝統芸能の世界 FUJIFILM Xシリーズ





f0050534_07400789.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON16mm 電子無音シャッター使用
みなさまのご来場お待ち申し上げます




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2019-06-17 09:43 | トークショー | Comments(0)

LUMIX GINZA本日 相原正明写真展 休廊

f0050534_09284565.jpg
LUMIX GH5+LEICA12mm/1.4




相原正明写真展に連日 多くのお客様にご来場いただき誠にありがとうございます

本日17日月曜日 休廊日です。またのご来場をお待ち申し上げます
また明日18日は相原はパシフィコ横浜で開催されます、Photonext講演で終日不在となります
申し訳ございません





by masabike | 2019-06-17 09:32 | 写真展 | Comments(0)

LUMIX GINZA本日 相原正明写真展 休廊

f0050534_09284565.jpg
LUMIX GH5+LEICA12mm/1.4




相原正明写真展に連日 多くのお客様にご来場いただき誠にありがとうございます

本日17日月曜日 休廊日です。またのご来場をお待ち申し上げます
また明日18日は相原はパシフィコ横浜で開催されます、Photonext講演で終日不在となります
申し訳ございません





by masabike | 2019-06-17 09:31 | 写真展 | Comments(0)

砂漠の友

f0050534_08072740.jpg










f0050534_08072602.jpg





















f0050534_08072788.jpg

僕が写真展を開催しているLUMIX GINZAの隣のブロック 銀座6丁目にあるフレームマンさんのギャラリーで写真家平野和司氏が個展を開催しております
しっかりしたコンセプトと緻密な構図、まさに写真展とはこうあるべきというお手本の容易な素晴らしい写真展を開催しております

建築家でもある平野氏らしい、計算された美しさがあります
実は彼とは30年以上のお付き合い。じつは30年前 エアーズロック(現 ウルル)のキャンプ場で知り合い、一緒にグレートギブソン砂漠をバイクで横断した友であります


f0050534_08055663.jpg
Nikon F2+Nikkor28mm FUJICHROME RDP

当時、エアーズロックから西オーストラリア ラバートンまで砂漠を貫くアドベンチャールート ガンバレルハイウエイ 1500kmを走るつもりでオーストラリアに行き米s多。ですがそこは難易度AAA。ひとりでは警察の横断許可が出ないのでどうするか悩んでいた時に平野氏と出会いました。人生で最もつらいバイクでの3日間 いまでも昨日のように思い出されます。途中、100km/hで大転倒をした僕を、いろいろ助けてくれた大事な恩人でもあります
初めてのオーストラリアで、誰も当てにしていなかった荒野で、ほぼ同じ年 同じ排気量のバイク(これが大切です、排気量が違うとペースが異なります) そして妙に初対面で馬が合うなと思いました。まさに運命の出会いでした

当時僕は広告代理店のサラリーマンを辞めて写真家になるべく第1歩を、平野氏も建築事務所を辞めてもーストラリアに来ました。お互いに背水の陣でした


それからも日本で一緒に旅をしたり飲んだりの30年のお付き合いです
今回は偶然、同じ期間に同じエリアで写真展 まさに運命です

f0050534_08063324.jpg



















f0050534_08212940.jpg








f0050534_08213060.jpg




















f0050534_08212921.jpg





















f0050534_08213048.jpg



















f0050534_08213409.jpg
そして先週 6月14日の夜平野氏ご夫妻と、うちの奥さんと4人で銀座 鳥繁でお互いの写真展の成功を祈願して宴会しました。この鳥繁は20世紀近代建築の巨匠ル・コルビュジエが、上野西洋美術館を設計する際に来日した時に、立ちより気に入られたお店です

焼き鳥も美味しいですが、〆のドライカレーが絶品でした


平野氏ご夫妻も建築関係なのでこのお店にして宴会でした。ル・コルビュジエのこと、オーストラリアのこと、写真のこと、話の尽きない楽しい3時間半でした
これからまた30年 長い楽しいお付き合いをさせていただければと思います

平野さん 写真展おめでとうございます平野和司氏 写真展は銀座 フレームマン エキシビションサロン銀座で6月25日までです。ぜひぜひ見てください






富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。

















by masabike | 2019-06-17 08:16 | イベント | Comments(0)