2019年 03月 08日 ( 2 )

あの男がやって来た

f0050534_19000012.jpg











f0050534_19000060.jpg
FUJIFILM X-T2+18mm


我が家のデススター並みの防御シールドを破って、あの男がやって来た。男の名は 江口善通。職業 写真家 。うちに写真家がやってきたのは5年ブリぐらいかもしれない。あまり同業者は招かない 笑

しかも手土産を持って


f0050534_19024805.jpg











f0050534_19024850.jpg







f0050534_19033409.jpg











f0050534_19033490.jpg


自家製のモツ煮込み。しかもこのコンニャクが味が染みて美味しすぎる

鳥新の、名物焼き鳥と豚白菜鍋で宴会はスタート

今回はニコン写真展 お疲れ様とCP+お疲れ様宴会。あと写真展でお客様より頂戴したお酒がたまったので、みんなで楽しもうという事で開始しました

でもブログのライカの記事を見て、江口氏はライカ持参でした。我が家にライカを持ってきた人は、友人の写真家・平野和司氏以来2人目

意志が弱かったら、ライカの沼にはまりそうです


f0050534_22352526.jpg













f0050534_22352539.jpg
昨日はうちの元アシさんの山下君と、お手伝いいただいている写真家 高木君も参加していたので、ライカを囲んで盛り上がりました



f0050534_22352413.jpg













f0050534_22352416.jpg






















f0050534_22352485.jpg

写真家4人での話題は、ライカのこと、ニコンのこと、フジXシリーズのこと、写真展に関してのこと、パリについてのこと、写真家の生き方についてのこと、さらにうちの奥さんが帰ると、ル・コルビュジエのことなど、話題が盛り上がり、宴会が終わったのは、深夜の12時半すぎ。久しぶりに飲んだ、喋った、笑った、そして食べた 爆



f0050534_22421763.jpg

宴のあと。今朝の我が家の玄関です。オーストラリアワインが面理由です。左から2番目、バロッサバレー(南オーストラリオア)の赤が一番おいしかったです








富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2019-03-08 22:43 | イベント | Comments(0)

パリジェンヌ

f0050534_08553179.jpg


FUJIFILM X-H1+Carl Zeiss Touit1.8/32mm


【和の「写心」《番外編》 By Masaaki Aihara】

「パリのレストランにて」フランス パリ
FUJIFILM X-H1 + Carl Zeiss Touit 32mmF1.8

パリのレストラン。料理の味もさることながら、スタッフのプロの仕事には感心させられた。程よいタイミングで、オーダーを取りに来る、何か欲しいなと思い眼が合うと素早く来てくれる。そしててきぱきとした綺麗な動作。食べる楽しみに集中してもらうために、お客に余分な動きや、心の乱れを起こさせない、そんな感じをレストランで食事をするたびに受けた。(たまたま運が良かっただけかもしれないが 笑)

パリ・モンパルナスのレストラン。このお店のメニューはステーキしかない。ウエイトレスさんが来て聞くことは、肉の焼き方と、ワインの種類のみ。忙しいランチタイム、クールにてきぱきとカッコよかった。運ばれてきたステーキはボリューミー。日本で想像する、おしゃれなフランス料理とは異なり、ガッツリ胃袋に挑戦してくるサイズだった。ステーキを食べていると「お味はいかがと?」と聞きに来てくれた。さりげなくおしゃれで、でもなにかとても温かみを感じる女性だった。

海外に旅をするとき、必ずその国の言葉であいさつと、写真を撮っても良いですか?というフレーズを覚えておく。挨拶と笑顔は、見知らぬ土地での、お互いのバリアを消してくれる。「写真を撮らせていただけないですか?」とお願いすると、快く承諾してくれた。5枚撮りお礼を述べると、かっこよくステーキのお皿を下げて去っていく。そして再び、テーブルへきて「デザートはいかが?」と言われ、彼女の笑顔に負けて、お腹がステーキでパンパンだったが「デザートください」とお願いしてしまった。笑顔はお客の財布を緩めて、ズボンのベルトをきつくする 笑

柔らかい照明の少し薄暗い店内、ボディー内手振れ防止機能のついているX-H1はムードのあるレストランでは強い味方となってくれる。そして静かな電子シャッターはお店の雰囲気を壊さない。誰もがカメラの音を気にすることなく、料理と会話を楽しんでくれる。雰囲気を壊さない、写真家を空気のような存在にしてくれる。それがパリでのX-H1だった。

レストランを出てメトロに乗ると、偶然、彼女に車内で出会った。僕は旅に行くと自分の撮った日本の風景のポストカードを持っていく。メトロの中で彼女に「これ僕の作品、日本の風景です」と言い、フィルムカメラTX-1で撮った、山水画のようなパノラマの四国の風景写真を渡した。すぐに彼女はスマホでポストカードに書いてある僕の名前と作品を検索していた。ちらりと眼があった時、微笑が印象的だった。何か富士フイルムのカメラと写真が世界の人をつないでくれているような気分になった。X-H1、パリに連れて来て間違いのない相棒だった。Merci !

 



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2019-03-08 08:59 | 2019 パリ | Comments(0)