2019年 02月 10日 ( 5 )

凍る大地 By FUJIFILM GFX50s

f0050534_17144818.jpg
FUJIFILM GFX50s+FUJINON23mm


夜明けの春国岱。時さえも凍りつきそうな朝。この空気感を写すのは、カラーよりモノクロの方が僕は出ると感じた。

超高画素のGFXを導入して以来、モノクロを撮るのが多くなった。緻密な画質はモノクロームのグラデーションを再現するのに、いちばんうってつけかもしれない


1億画素?のGFX100が完成したら、新雪の春国代をモノクロームで撮ってみたい






ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 








by masabike | 2019-02-10 17:19 | 日本風景 | Comments(0)

大地のデザイン LUMIX G9P LUMIX LEICAレンズMOOKより


















f0050534_05573270.jpg


























f0050534_05562336.jpg






















f0050534_05573202.jpg


LUMIX G9pro+LEICA 200mm


西オーストラリア州

撮影協力 カンタス航空


発売中のLUMIX LEICA DG LENSES BOOK掲載作品です

オーストラリアの中でも最も大地のパワーがあふれていると、僕が感じるのが西オーストラリア州のアウトバック。そこは地球が作り上げた大地の作品であふれています。その大地の表情を200mm(フルサイズでは400mm)で切り取ったのが今回の作品です

ぜひLUMIX LEICA DG LENSES BOOK他にも多くの作品を掲載しております。ぜひよろしくお願いいたします




ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 








by masabike | 2019-02-10 06:05 | 西オーストラリア州 | Comments(0)

富山県美術館

f0050534_05431066.jpg

Nikon Z7+Nikkor 105/1.4






















f0050534_05524168.jpg
Nikon Z7+Nikkor58mm/1.4

















2017にオープンしたばかりの富山県美術館。内藤 廣氏設計による、とてもシンプルで光が美しい美術館。何度かおとすれたが、毎回企画展も素晴らしいが、この建物地震が素晴らしいアート作品。特に僕はここの階段が大好きです

そして高画素でミラーショックのないZ7、その線の繊細さを緻密に表現してくれました



Nikon The Gallery Z7企画展

 “SPIRIT” 相原正明写真展のお知らせ

このたび2月19日より東京・新宿にございますNikon The Gallery2にてニコン新製品 ミラーレス Z7での撮影による、企画展 SPIRITを開催させていただきます。今回は初めてのニコン様での個展開催となります。16歳 高校1年生の時にNikon F2を買っていらい、憧れのニコンのギャラリーでの初の個展です。

タイトルと作品コンセプトのSPIRITは、この国に息づく大地のSPIRIと、その大地が生み出した自然物人工物問わず物にも宿る、SPIRITを意味しています。  

作品は秋から冬の日本の風景と、日本の風土生み出した、自然物と人工物の形の美しさを表現いたしました。そしてカラーとモノクロ、数々の表現の対比を織り込んだ作品展です

開催期間 2019219日(火)より34日(月) 日曜日休館

開催時間 10:30am-18:30pm 最終日は15:00まで

開催場所 ニコンプラザ新宿 内 THE GALLERY2

     〒163-1528 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿得るタワー28

     Phone 03-3344-0565

詳細はNikon THE GALLERY 相原正明 写真展 SPIRIT をご覧ください


また期間中 2月22日(金) 18:30-より会場でトークイベントも開催いたします。予約不要で参加費無料です。また期間中は多くの時間在廊を予定しております。更に直前にブログ&Facebbokでの告知になりますが、ギャラリートークも開催いたします。こ(予約不要 参加費無料)

今年はNikon F生誕60周年 そして僕も還暦を迎えました。節目の年に素晴らしい写真展を出来るように頑張りたいと思います。皆様ぜひご来場よろしくお願いいたします

写真家 相原正明



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 








by masabike | 2019-02-10 05:51 | 建築土木 | Comments(0)

雨晴海岸 by Nikon Z7

f0050534_05431074.jpg
Nikon Z7+Nikkor Z24-70mm


 富山県の撮影名所 雨晴海岸。この日はあいにく、風が強く厚い雲の覆われていた。だからこそ、僕はこの地を訪れた
晴れていて、立山連峰が見えるとすれは美しい風景だが、きれいに収まりすぎてしまうので、ドラマが欲しかった
そこで天気の悪い日を選んで訪れた。


ランドスケープフォトはいかに筋書きのないドラマを、たくさん揃えるかが醍醐味で面白さかもしれない







Nikon The Gallery Z7企画展

 “SPIRIT” 相原正明写真展のお知らせ

このたび2月19日より東京・新宿にございますNikon The Gallery2にてニコン新製品 ミラーレス Z7での撮影による、企画展 SPIRITを開催させていただきます。今回は初めてのニコン様での個展開催となります。16歳 高校1年生の時にNikon F2を買っていらい、憧れのニコンのギャラリーでの初の個展です。

タイトルと作品コンセプトのSPIRITは、この国に息づく大地のSPIRIと、その大地が生み出した自然物人工物問わず物にも宿る、SPIRITを意味しています。  

作品は秋から冬の日本の風景と、日本の風土生み出した、自然物と人工物の形の美しさを表現いたしました。そしてカラーとモノクロ、数々の表現の対比を織り込んだ作品展です

開催期間 2019219日(火)より34日(月) 日曜日休館

開催時間 10:30am-18:30pm 最終日は15:00まで

開催場所 ニコンプラザ新宿 内 THE GALLERY2

     〒163-1528 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿得るタワー28

     Phone 03-3344-0565

詳細はNikon THE GALLERY 相原正明 写真展 SPIRIT をご覧ください


また期間中 2月22日(金) 18:30-より会場でトークイベントも開催いたします。予約不要で参加費無料です。また期間中は多くの時間在廊を予定しております。更に直前にブログ&Facebbokでの告知になりますが、ギャラリートークも開催いたします。こ(予約不要 参加費無料)

今年はNikon F生誕60周年 そして僕も還暦を迎えました。節目の年に素晴らしい写真展を出来るように頑張りたいと思います。皆様ぜひご来場よろしくお願いいたします

写真家 相原正明



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 








by masabike | 2019-02-10 05:46 | 日本風景 | Comments(0)

FUJINON10-24mm カメラ雑誌 広告掲載作品

f0050534_05262687.jpg


FUJIFILM X-H1+FUJINON10-24mm
ACROS R  Mode
Cradle Mt Tasmania ,Australia

Special Thank,s QANTAS














f0050534_05270351.jpg

昨年 1月にXH1で撮影した、タスマニアの作品が只今発売中の、アサヒカメラをはじめとする主要カメラ雑誌に掲載する、富士フイルムさんの作品として使用されました。真夏のタスマニア、光と風がとても気持ちの良い朝でした。雲の流れが楽しく、XH1の手振れ補正を利用して、手持ちで機動性を生かし、雲の動きに合わせて、カメラポジションを逐次変えての作品です。

雑誌のスキャンデーターでは観にくいので、広告掲載のボディーコピーの原文です。ご参照ください
広告作品の場合、写真も大事ですが、それと組み合わせるボディーコピーもとても大切です。コピー+写真で、初めて広告として完成します。どちらが欠けても、どちらが不満足の出来では、おしまいです。作品とコピーの組み合わせで好きだったのは、80年代のサントリーの広告で、特に高崎勝二さんの作品が好きでした


 40DegreeSouthと呼ばれる、南極の風を受ける島がタスマニア。その大地を撮り続けて20年になる。島の空気は世界で最もピュアと言われている。いつもその透明な空気感を如何に表現するかが課題だ。この日も、南極からの風が、高原の大地を流れていた。光と雲が舞い、巨木が空に向かって歌う。FUJINON10-24mmはその卓越した光学性能で、その臨場感と世界一ピュアな空気中の酸素の原子まで表現できる気がする。心に描いた色と光を、FUJINONレンズはX-H1と組み合わせることで、思いのままに捕獲してくれる。僕の好きな20世紀近代建築の巨匠ル・コルビジュエは「家は生活の宝石箱」と言った。ならばXFレンズとXシリーズは「カメラは光と色の宝石箱」と言っても過言ではない。この日も僕のレンズは、たくさんの光と色の宝石を捕まえてくれた。



コンパクトで切れの良い広角ズームFUJINON10-24mm は風景撮影や、落語の楽屋撮影ではなくてはならない相棒です。ぜひお試しあれ




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 







by masabike | 2019-02-10 05:38 | 広告仕事 | Comments(0)