2018年 09月 24日 ( 2 )

54年ぶりの景色

f0050534_14593542.jpg
FUJIFILM X30


僕の部屋から庭越しに、見える景色が変わりました

我が家の路地を挟んで向かいにあった、築54年の木賃アパートが解体され、空と遠方のビルが見えています


小学1年生のころ、空き地にアパートが建って以来、我が家の居間からは大きな空が見えませんでした。それが大きく変わりました。


実はうちの町内でこの2年ぐらい古い昭和初期の住居が解体され、新築に変わる物件が多いです


目の前にあった、木賃アパートも311の時には、ゆれて台形にひしゃげるのが肉眼で解りました。家が倒れると思い恐怖を感じました。同時になぜか恐怖が大きくなり笑いが出てきたことを思い出しました。だからこそ解体されたのもうなづけます



我が町のエリアは関東大震災のあと、住む家を失った人々のために、昭和の初期に売り出された昭和の分譲地だからです

この時期に急に建て替える理由は多分、来るべき震災に備えてだと思います。特に熊本地震のあと新築が多いです

我が家も、熊本地震の後リホームしました

特に震災食後のNHKのメガクライシスという番組を見て、耐震建築 耐火建築に関する考え方の間違いと矛盾点がよく解りました

古い家を思い出とともに残す、これも大事です。でも思い出を残すために住んでいる人が、あるいは財産や資産を失っては、元も子もありません

窓から眺められる景色を見ながら、地震のことつくづく感がさせられます




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2018-09-24 15:10 | マイガーデン | Comments(0)

僕がXを使う理由

f0050534_14454143.jpg

FUJIFILM X30 WB/AUTO Color/STD


いよいよフォトキナが明日から始まります


各メーカーいろいろなカメラがうわさされていますし、すでに今月発表されたカメラもあります


FUJIFILMもX-T3や、うわさのGFX系新モデルもあります


今僕の場合は、作品とコマーシャルはXが中心です。


その訳は毎回申し上げる通りに、「撮って出しの色の良さ」です


上の写真は昨日 信州ロケの時に松本のお菓子屋さん「開運堂」さんで買った和菓子です

X30のデフォルトで撮りました。WBはAUTO、フィルムシミュレーションはSTD。照明は単に室内のLED。それでこれだけいけます


一番大事なことはお皿の色が白く抜けていること。旅物広告のグルメ取材では大切です。

その理由はレタッチする時間が無いからです

白いお皿が白く出ないと、お料理が美味しく見えないです



羽田に着いたらそのままデーターくださいと言うロケがこの数年多いです


また海外のエアラインの撮影でも、撮影終了時にそのままHDごと納品もあります


スタジオに戻りレタッチ、そんなことはもう時代遅れになりつつあります。競合他社よりも1秒でも早く自社の商品あるいはイベントをSNSにUPしたい、そんなクライアントさんには、現場で完成形に追いこめるXシリーズは最強です


正解がない色、それを心のままに表現してくれるXシリーズはスペック競争とは別の次元に存在するカメラだと僕は思っています





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2018-09-24 14:56 | カメラ | Comments(0)