2018年 06月 24日 ( 3 )

30年目のオーストラリア Day15 to16 (2018/05/22~23)

f0050534_12204626.jpg












f0050534_12204669.jpg












f0050534_12204640.jpg














f0050534_12204736.jpg















f0050534_12204797.jpg

















f0050534_12205730.jpg















f0050534_12205762.jpg

















f0050534_12205824.jpg


















f0050534_12205882.jpg

LUMIX G9Pro+LEICA12~60mmm  42.5mm

更パースの空港に着く前に荷物の整理、移動のための再パッキング、不要となったキャンプ道具と予備の三脚をタスマニアの居候先に返却する段取りなどなど、移動日は、気持ちがブルーになる日です。
しかも空港のセキュリティーで、意外と引っかかったりするので、飛行機に乗る日は、かなりブルーになります



西オーストラリアで2週間のロケの終了は、ドライな砂漠からウエット熱帯雨林の撮影へのスイッチ。装備も対応も視点もまるで変わる。どちらかというと真逆な世界。
砂漠では白 青 赤を撮る視点。だが熱帯雨林では、いかにグリーンの諧調を捉えるか。以下に足元の光景を見つけるかにかかってくる。砂丘以上にどこもかしくも同じに見える世界。心を整え、森の小さな変化に耳を、肌の感覚を研ぎ澄まし、小さなシグナルを見つける。更に地道な作業となる



パースからケアンズは、シドニーのトランジットも含めて12時間以上の移動。撮影ポイント間の地さは2時間、ただ緯度の差による、生活時間の差は3時間以上。これに着いたら雨期が終わっていなかったケアンズの気候差を入れると、湿度20%ぐらいから湿度99%、気温25℃ぐらいから30度越え。しかも蚊とか虫の数も多数


この差にすぐに対応して、着いたらすぐ撮影。だから今回みたいにラウンジが使えると、少しでも休息し、データー整理し、クライアントに連絡報告もでき、かつ野菜不足を補える、ラウンジのお食事は助かりました。新しくなったカンタス航空 パース空港ラウンジ。料理とワインのレパートリーが豊富です。かなりこれはポイントの高いラウンジです



運転お疲れ気味の、HarQ氏、しっかり栄養%休息補充していただきました
f0050534_12222139.jpg





















f0050534_12222064.jpg













f0050534_12222051.jpg

僕はカンタスさんのマイレッジでアップグレードしていただきました、HarQさんすいません 汗

エアバスA330のビジネスクラスはまさに空飛ぶオフィス。快適ですがうれしくなって眠れなくなりそうで、困りました 笑





f0050534_12222076.jpg










f0050534_12222175.jpg













f0050534_12222070.jpg
LUMIX G9pro+LEICA42.5mm


シドニー空港のトランジットは3時間強。ここでもラウンジが使えて、二人でゆっくり休息と朝ごはん。このアドバンテージは大きいです

シドニーからさらにケアンズまで3時間強のフライト。オーストラリア大陸は広大です。砂漠地帯から熱帯雨林。地球と対話し、地球の恵みを分けていただきそれを作品にするのが、ランドスケープフォトの大切さと、移動の時に考えます。移動の間は、次のロケ地の情報確認、レンタカーの再確認などなど忙しいです

いよいよこの後は太古の熱帯雨林。 クィーンズランドです



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 



by masabike | 2018-06-24 12:44 | | Comments(0)

30年目のオーストラリア Day15(2018/05/22)

f0050534_00511600.jpg













f0050534_00511828.jpg







f0050534_00525087.jpg

西オーストラリアロケ最終日、早朝のピナクルスを撮影し車でパースへの帰路に就く。Todoyaでランチ。コーラミュージアムカフェと言うお店全体コーラのお店でランチでしたが、ランチはコーラではなく、本日のおすすめスープとカプチーノ


西オーストラリアの田舎は開拓時代の雰囲気を残す町が多くスナップ写欲をそそられますが、メインの撮影のタスクをこなすのに最後のパースに着くまでキープします




f0050534_00511812.jpg








f0050534_00511746.jpg



f0050534_00511879.jpg


途中、いくつかの森でとまり、ここならではの植物ヤッカを撮影。HarQ氏はヤッカがお気入りで、かなりコンセントレーションしていました






f0050534_00511748.jpg












f0050534_00511719.jpg









f0050534_00511756.jpg
LUMIX G9Pro+LEICA12~60mm 42.5mm


陽がだいぶ西に傾きかけたころ、無事にパース空港に到着。車はボロボロドロドロです。走行距離5464キロ。まずまずの距離です
HarQさん、運転おつかれさまでした

撮影は、シャッターを切るときは独りですが、撮るまでには多くの人のヘルプが必要です。カメラのメンテやアドバイスをしてくれる、プロサービスのスタッフ。撮影機材の運搬や、リレーションをしてくれる、カンタス航空さんのサポートの皆さん。そして、後方支援してくれる、タスマニアの僕のホームステイ先のJohnston familyの皆さんなどなど。多くの人のサポートなくしては作品はなしえません。シャッターを押すために、多くの人たちのサポートがあります。仕事を完成させるとき、いつもその人たちのことを忘れないようにしないとだめです、俺が俺が出は不可能です。あるいみワールドカップのチームと同じです。エースも必要ですが、チームプレイがないと勝てません。暴走するだけの、天狗になったエースでは良い結果は出せません。これを忘れないように、いつも自分にも注意します。


いよいよこれから撮影は大陸を横断して第2ステージです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 




by masabike | 2018-06-24 01:05 | | Comments(0)

バースデイプレゼント

f0050534_23561594.jpg














f0050534_23561588.jpg









f0050534_23561503.jpg
















f0050534_23561596.jpg











f0050534_23584882.jpg












f0050534_23584869.jpg












f0050534_23584879.jpg

FUJIFULM X30(上3枚) X-H1+FUJINON16~55mm(下3枚)


今年の誕生日、家内から、ゴージャス誕生日プレゼントをいただきました。温泉旅行です。しかもスーパービュー踊り子号の先頭席(正確には最後尾の最前列席)

展望車状態です。そして旅と言えば、お弁当です。今回は米沢牛&豚角煮弁当。プラスビールです。働いている車掌さんに申し訳なく、ビール飲みながら車窓を楽しみました。最後列の眺めは面白く、2時間の旅はあっという間。特にトンネルと鉄橋が、眺めの変化が大きく面白かったです

今回先頭席、意外と2週間前の予約でうまくとれました。ラッキーです。この眺めとお弁当は最高のコンビネーションです


やはり個人的には、旅の王道は鉄道かな?




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




 




by masabike | 2018-06-24 00:05 | | Comments(0)