2018年 06月 04日 ( 3 )

写真展 STAR SNOW STEEL より

f0050534_15020093.jpg
Nikon Df+Nikkor70~200mm ISO6400

宗谷本線 抜海~勇知 

今回の鉄道写真展 STRA SNOW STEELは鉄道のある情景、鉄道のある風景写真展 夜の鉄道のドキュメントと思っていただければと思います

列車は形式よりも、そこの風景に合うかあるいは、光を放つ被写体としてどうかと言う点で見ています

そして仕事にもスポンサードにも絡まない、あくまで100%自分のわがままで撮影した作品群です


見たら夜汽車に乗りたくなる写真展にしたいです

現在は仮ですが東京&大阪とも、ほぼ連日ギャラリートーク 無料&予約不要をするつもりです

鉄分と旅の濃い話をしたいです。写真や鉄道に興味が無くても楽しめるギャラリートークにしたいです。専門的なテクの話は無粋なので、あまりしないと思います


相原正明

東京展 富士フォトギャラリー (銀座) 7月6日~12日

大阪展 富士フイルム フォトサロン 大阪 7月20日~26日

ほぼ全日在廊します



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-06-04 15:10 | 写真展 | Comments(0)

30年目のオーストラリア Day8 (2018/05/15)

f0050534_07270621.jpg










f0050534_07270570.jpg

夜明け前のEsperanceを出発、目指すは砂漠の村Eucla.約900kmのリエゾン笑
途中にはオーストラリア最長の直線道路もあり、単調さとの戦い。西側最後の町、Nowsmanで給油と朝ごはん。今オーストラリアはディーゼルでリッター150円ぐらい。だが砂漠の村ではリッター200円ぐらいになるので、砂漠地帯に入る前に満タンにします

そして人間も満タンにします。毎度おなじみのソーセージとベーコンエッグサンド、それとコーヒー牛乳。これで一人1000円ぐらいです。そしてオーストラリアのアイスコーヒー美味しいのですが超高カロリーです








f0050534_07270696.jpg

途中の村での休憩では、こんな古い車のポンコツがオブジェになっています







f0050534_07270648.jpg









f0050534_07270643.jpg

Euclaについて即ロケハン兼撮影。砂漠の砂丘は常に形が変化するので、前回の撮影データーは使えない。そして大砂丘群までは村から5キロだが、ブッシュ地帯をかき分け入っていく。4WD出来ない、しかもやわなSUVや生活四駆ではアクセス不能。ランクルや今回のようなパジェロでないと近づけない。そして迷路のようなブッシュをぬけて、、ふかふかの砂丘をよじ登らないと撮影できない。これからほぼ1週間砂との戦い。カメラはどこまで持つのだろう

夜は村のロードハウスで夕飯。今日の肉盛?と西オーストラリアのビールEMUです。オーストラリアは州ごとに地ビールがあります。その州に行ったら地元ビールを飲まないともめます 笑


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。



by masabike | 2018-06-04 07:36 | | Comments(0)

光と影の処方箋 6月13日  玄光社より発売

f0050534_07173673.jpg
6月13日 玄光社より新刊「光と影の処方箋」を発売させていただきます。おかげさまで前作「ランドスケープフォトの極意」が好評でしたので、よりビジュアル的にして且つ風景以外の作品も収めました。

最新作品を多く収めました。ぜひぜひお手に取っていただければ幸いです。7月のSTAR SNOW STEEL写真展会場でも発売いたします


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。




by masabike | 2018-06-04 07:21 | 写真集等出版物 | Comments(0)