2018年 03月 06日 ( 7 )

御礼

f0050534_17454260.jpg

皆様のご支援のおかげで、久しぶりにブログランキング1位になりました
家内にとても良い結婚記念日のプレゼントになります

ありがとうございました
これからも、楽しく力強くそしてお腹のすく写真もアップしたいと思います
今後ともご支援よろしくお願いいたします


相原正明


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。









by masabike | 2018-03-06 17:48 | イベント | Comments(0)

夜鉄 行先は夢の中 by Nikon D5

f0050534_15420978.jpg


Nikon D5+Nikkor20mm/1.8

まるで夢の中のように音がしない世界に、列車が滑り込んできた。そして再び音もなく闇の中に消えていった。
翌朝、起きた時、自分が見た世界は夢だったのでは?と思った

カメラの再生ボタンを押したとき、夢の世界が広がっていた。夜の鉄道、現実と夢の狭間の世界、また新たに取り組むテーマが増えてき

Nikkor20mm/1.8とても気に入っている大好きなレンズ
D500の発表会で手にして、発売前に予約したレンズ。代表作バングルバングルの夜を撮ったのもNikonF3P+Nikkor20/2.8 Nikkor20mmは僕にとってラッキーナンバーかもしれない

D500


死ぬまで新しいテーマを見つけられる気がする
そして撮ることの楽しみを実感する



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。










by masabike | 2018-03-06 15:48 | 鉄道写真 | Comments(0)

原点 GFX力

f0050534_14582575.jpg



FUJIFILM GFX50s+FUJINON32~64mm ACROS+R
GFXを使い始めて1ヶ月とすこし。発売時にテストでも使ってみた。

個人的にはこのカメラで一番撮りたいのは、広角でモノクロの風景。特に大きな風景あるいは繊細な時間。カラーはもちろんFUJIFILMの色再現性でデジタルカメラの中では断トツのTOPクラスだと思う。だがあえて僕はそのカメラでモノクロームを撮りたい。


その訳はなめらかで、かつシャドー部の、素晴らしい粘りと諧調。これはカラーで色が付くと埋没してしまう。そして広角+モノクロームというランドスケープの原点に立ち返った作品を撮りたい。望遠ズームで切り取ったちまちましたネイチャーフォトではなく、宮殿の大広間に飾っても、存在感を発する王道のモノクロームの風景。大胆かつ繊細な絵を撮りたい、創り上げたい。被写体と対峙して、心を一つにして撮らせていただいたようなそんな作品をGFXで撮りたい。ちまちました写真はこのカメラと、このカメラの設計者、そして向き合う被写体に対して失礼になる。
そのためにきちんと撮影できる、自分の写真の基礎力という原点を洗いなおす必要がある

高みを目指し、高度な機材を使うほど、初歩的な基礎力が大切になる。エフェクトや裏技なんて言うものは、しょせん、化けの皮が剥がれる安物のメッキみたいなもの

GFXを持った時、常にカメラと被写体とわが心との内面の対話が求められる




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。








by masabike | 2018-03-06 15:09 | 日本風景 | Comments(0)

進化 LUMIX G9Pro

f0050534_10230557.jpg
LUMIX G9Pro+LEICA8~16mm

この数ヶ月G9proを使い感じたことがある。これまでのLUMIXシリーズ、静止画に関しては「楽しく写真をとる道具感」がかなりあった。だがGH5が出たことにより、かなり静止画に思い切り割り切れることにより「作品を撮るためのWeapon」に進化しつつある。以前はみんながステルス戦闘機で空中戦をしているところに、ゼロ戦で空中戦に参加しました感があったが、いまG9proは間違いなくステルスになりつつある
そして動画はGH5譲りのハイスペック、時間制限はあるものの、しっかり表現できます

テレビ&ビデオで世界の頂点を極めたPanasonic、もしかしたら今回のCP+で一番のダークホースだったかもしれない。



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。







by masabike | 2018-03-06 10:30 | 日本風景 | Comments(0)

満8年

f0050534_09140281.jpg


FUJIFILM X-H1+Carl Zeiss Touit32mm


今日は僕たち夫婦の結婚記念日。結婚満8年です。多くの皆様に支えられ助けていただき、力を笑顔をいただいた8年でした

本当にあっという間です。幸い、夫婦の危機と言うのはなかった?(たぶん 爆)ですが、ここでは書けないいろいろなことがたくさんありました


そして僕は相変わらず旅の空の下が多く、1年の半分は家にいません。結婚する前に、オーストラリア人の写真家の友人から「マサ マックス3ヶ月だぞ。それを超えて取材すると、家が空き家になるぞ」とアドバイスを受けましたが、はるかにそれをしのぐ6ヶ月はいないです


何せ結婚式の前日も長野県でGF670のトークショウをしていましたし、挙式後1週間目には、タスマニアの原生林の奥にいました。そして翌月は友人の結婚式でオランダに行き、アイスランドの火山の爆発で飛行機が飛ばなくなり、アムステルダムに1週間釘付けの波乱のスタートの結婚生活でした

でもいつでも、帰ると待っている人がいる。これは撮影の大きな力になっています。昔は旅の終わりは旅の始まりでしたが、今は旅の終わりは、本当に旅の終わりになりました。そしてキュレーターの家内は、僕の作品の最大のサポーターであり、最強の評論家でありディレクターです

これからも二人三脚で楽しい我が家と、楽しく力強い作品を生み出したいです

本当はブログをご覧の皆様全員を我が家にカレーパーティーにお呼びしたいのですが、それは宝くじが当たるまで、お待ちください





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2018-03-06 09:22 | おのろけ | Comments(0)

静かな時 富山地方鉄道

f0050534_09025882.jpg
Nikon D5+Nikkor24/1.8mm


ブルーの世界に、信号機が灯のように輝いていた。列車をいざなうように

夜の世界、Nikon D5のISO20000まで常用と、たぐいまれなき操作性の良さとシャッターフィーリングが最強の武器になる
D5にとって、スペックは本質を隠すためのカモフラージュではないかとすら感じる


夜の世界、自分の頭の中でどれだけたくさんの絵コンテが作れるかで撮影の良し悪しが決まってくる。撮影が終わり宿に帰ると、ハイになった気分が、より新たな絵コンテを生み出してくれる。撮影はエンドレスになる



でも撮れる喜び、これが一番うれしい



富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。





by masabike | 2018-03-06 09:08 | 鉄道写真 | Comments(0)

碧い時 富山地方鉄道

f0050534_07352154.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm

広と夜の境目の時間。なぜかこの時間になると胸がときめく。そしてアドレナリンが湧いてくる

長い夜のスタジオが開く時間


FUJINONレンズは、夜の撮影で色汚にじみが少なく、フレアーも少ないので安心して自分の好きなフレーミングが出来る




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで 和の写心(毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね



ブログランキング応援クリックお願いします。応援たくさんしていただけるとたくさん写真がアップされます 笑
下のランキングバナーをクリックしてください。






by masabike | 2018-03-06 07:41 | 鉄道写真 | Comments(0)