2015年 03月 31日 ( 2 )

レンズの力 春の光2 by Carl Zeiss Otus85mm

f0050534_22504464.jpg
Otus85mm+Nikon D800E


桜を撮り帰宅すると、玄関のガラス戸に春の光が留まっていた。絞りを開放でそのエッセンスだけレンズに食べさせた。

FUJINON16~55mm


30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2015-03-31 23:05 | カメラ | Comments(0)

レンズの力 春の光1 by Carl Zeiss Otus85mm

f0050534_22504400.jpg

Otus85mm +Nikon D800E

九州より戻ると、家の周りに桜の香りが流れていた。近くの桜並木に行くとそこには春の光とエネルギーがあふれていた。この怪しくそして繊細な春の光を撮るのはやはりOtus。MFのみの設計。極限までの光学設計と針の孔のようなフォーカスポイント。誰もが使いこなせないレンズ。ネットやテキスト読んだだけではつかえない、撮り手を選ぶレンズ。使いこなせなければ、50万円のガラスの置き物になってしまう。でもツボにはまった時、他のレンズを寄せ付けないOnly OneのOtus worldがそこにある。この超弩級レンズが55mm&85mmと我が家には2本ある。ツボにはまった時は、まさに大判フィルムで撮った如くの作品が撮れる。
 このレンズはまさに作品を撮り、プリントするためのレンズ。プリントをしないのならば買わない方が良いとまで言いたい。それはレーシングカーを買い、コンビニの買い物だけに使うようなものだ。その代り作品を撮る写真家はぜひその凄さを1度味わってもらいたい。極上の写真(画像ではなく写真)を味わったら上質の画像には戻れない。極上寿司を食べた後に、上寿司を食べたときの落胆と同じことを味わうことになるからだ。Otusで撮った作品は,銀塩だろうがデジタルだろうが関係ない。それはOtusで撮ったか、否かしか問われない世界だからだ。

近い将来otusの作品が僕の写真展に登場するだろう。極上のプリントと供に!

FUJINON16~55mm


30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2015-03-31 23:03 | カメラ | Comments(0)